まさかこの地味なカードで企画かぶりするとは思わなかった。
そんなジローナです。
なぜジローナなのか。理由は2つ
1.渡辺監督がオフに視察に行ったこと。
2.板倉がCFGという噂を聞いて、さらにジローナの可能性の噂もあった。

しかし、板倉はCFGではあったけど、フローニンゲンでした。
なので、理由のひとつは無くなっている笑

さて、ジローナですが、会長がグアルディオラの弟さんということで、
ポジショナルな良いサッカーをしています。
個人的にはシティなどのリソースがあるチームよりジローナのような
リソースが無いチームの方が参考になる気がする。
シティvsリバプールも見ましたがシティの命綱はフェルナンジーニョの能力だったわけで
あんなの真似できない。
なので、少しは仙台の参考にもなるかな。と
ただ、今年のヒントにはなるかどうかわからない。
まだ、なべちゃんがどこに行くのかよくわかってない。

アラベスは良くわからない。現在5位と大健闘。
昇格初年度の一昨年はペジェグリーニ監督で大躍進。
国王杯準優勝。
ペジェグリーニにがセインツに去った去年は大苦戦。
#なお、ペジェグリーニのセインツは大失敗に終わった。
2回の監督交代を経て現監督のアラベルドになりなったことくらいしかわからない。
ほぼ初見です。


スターティングメンバー

スタメン

ジローナは3142。
アラベスは442

ジローナのビルドアップ


ジローナのビルドアップはほとんど左サイドで行われる。
左CBのファンペとWBのグラネルがポイント。両選手共にサイドチェンジが出来るので、左で作って右で攻める感じ。

ちなみに、アラベスは最初前プレスをしてなかった。これは様子見なのか、スカウティングで嵌められないと見たのかは不明。アラベスは2トップがアンカーを見て、中央を封鎖する形をとったが、
前述通りファンペとグラネルがサイドチェンジできるので問題なくビルドアップが出来た。
ジローナ_ビルドアップ

ジローナのビルドアップを止めるために前プレスを試みる。
両SHが左右のCB。
2トップが中央のCBとアンカーを止める。
これをGKを使い回避する。

ジローナ_前プレス回避

WBがフリーなのでここで時間を作れるようするに、前プレスの待避所となる。
この時WBに対しSBが食らいついたらガルシアorポルトゥがSBの裏を使い疑似カウンター発動するのだと思う。
この試合はSBが食らいつくことが無かったのでわからないが…

ジローナのポジショナルな攻撃@左サイド


ビルドアップが安定したジローナはポジショナルな攻撃に入る。
WBのグラネルはもともと中央(ボランチ/アンカー)の選手なので
大外でドリブルやクロスというタスクはこなせない。
その代わりにIHにウイングも出来る、ガルシアが入っている。
したがって、グラネルがSHを引っ張ってその裏をガルシアが使う。
ジローナとしてはガルシアの動きでSBを引き出したかったが、SBは動かずボランチがガルシアについていくことが多かった。


ジローナ_ポジショナルな攻撃左サイド


ジローナのポジショナルな攻撃@右サイド


右サイドは個のチームのストロングポイント
ポッロとポルトゥで右サイドを制圧する。
ポッロとポルトゥは両選手ともハーフスペースでも、大外でもタスクを熟せる。
図はポルトゥが大外に出てポッロがインナーラップをする図だが、もちろん逆も可能。

ジローナ_ポジショナルな攻撃_右サイド

なお、ここでもポルトゥの動きにSBが動かなかった。
IHと大外の出入りを頻繁にするジローナに対して4バックが安易に動かない。
なので、ジローナはペナ角(アシストゾーン)に入れる機会は少なかった。
この辺りアラベスが整理されているのはさすがだったし、彼らの強さの片鱗だと思う

ジローナの守備について


次は守備の話。
ジローナは前プレスで嵌めるというのはあまりなく、532で撤退。
特に3-2で中央を封鎖する意思が強かったと思う。


ジローナの守備
アラベスはDHが一枚落ちてSBを高く上げる。
中央は封鎖されているので大外から運ぶしかなかったが、
ジローナは大外の時はWBを一列上げて迎撃。
後ろはスライドして4バックに変化。逆サイドの大外は捨てる。
中盤の3枚はスライドせずに中央3レーンに集中。
ようするに、大外を捨てるのと中央のレーン空けるのとリスクを比べたとき中央のレーン空けるほうがリスクあると判断しているのだろう。当たり前だが。結構重要な話。
中盤3枚スライドすると逆サイドのハーフスペースが空く。これは危険ということだ。

守備面もジローナは安定していた。
中盤で奪うと2トップへ縦に放り込むカウンターに移行。
このカウンターがアラベスには最も有効な攻撃となった。

ジローナとしてはカウンターだろうとポジショナルな攻撃だろうとどっちでも良い。
彼らはストゥアーニが点を取るために組み立てられている。
ストゥアーニが点が取れるシュチエーションが作れればなんだっていいのだ。
実際に先制点はスローインからトランジション何度か発生。
結果左からのクロスを上がり、ストゥアーニが個人技さく裂。華麗なバイシクルで決めた。

後半のアラベスの修正


ここまで書けば満足なのだけど、一応試合の行方も書く。
後半は、アラベスが修正。アラベスが押し込む時間が多くなる。
その修正はSHがIHをピン止め。
アンカー脇を狙撃するだった。

後半の攻撃
DHのガルシアが運んで、アンカーが食らいつけば、落ちたFWにパスし侵入だった。
それでも、ジローナは最終ラインが良く跳ね返したと思う。
押し込まれたが決定的な形で最終レイヤーには運ばせなかった。
やはり、守備では中央3枚を封鎖する。というのはかなり効果的に感じた。

また、ジローナはこのアラベスに対して、SBの裏が空くのでそこをポルトゥで使用すれば逆にチャンスになると考えそこまで修正はしなかったように思った。
そんな後半だった。

なお、後半アラベスが追いつくがこの同点弾は、クリアボールをIHのガルシアが大外拾うがそこで、奪われてしまう。
このシーンが中盤3枚が中央3レーンにいない唯一といって良いシーンだった。
ここからSBが深くまで侵入。クロス上げられてという形だった。


ハイライト





最後に

結局ジローナは最後までアラベスを崩せなかった。
ジローナを見ると仙台っぽいなと思うのだが今日もまた仙台っぽかった。
最終レイヤーにどうやって入るか。ペナ角(アシストゾーン)にどうやって入るかが課題の試合だった。
アラベスの最終ラインが素晴らしいともいえるんだろうけど…
そんなゲームだった。



本記事は5レーン&4レイヤー理論の練習です。
5レーン&4レイヤー理論とはせんだいしろー氏が提唱した理論詳細は

「5レーン&4レイヤー理論」

を読んでください。

さて、取り上げるのは尚志VS帝京長岡です。

<尚志の特徴>

尚志は、第2レイヤーで奪いきる守備が特徴。
東福岡戦では、2レイヤーで受け手前進させるアンカーをFWを一枚下げ4-4-1-1でビルドアップ阻止。

前プレスその1

サイドに展開されると中盤スライド3枚でセンターを守りサイドハーフがSB迎撃に行く。
そのまま東福岡を窒息死させた。
中盤のスライド

<帝京長岡>

帝京長岡はこの試合で初めて見るチームだが、ツイッター上で注目集めていた。
どうやらポジショナル指向のチームらしい。


この試合はビルドアップとビルドアップ阻止が非常に面白かったので
そこを中心に書く事にする。

<長岡のビルドアップとそれに対する尚志の阻止>

まずは、両チームとも基本陣形は4-4-2。ミラーなので捕まえるのは容易だった。
なので、先に仕掛けたのは長岡。
DHを一枚落として2CBからのパスコースを作る。
第2レイヤーで受けたDHからボールを捌いていく。

4-1-3-2

尚志は前述したように第2レイヤーで奪いたい。
それには第2レイヤー間で受けるDHを捕まえないといけないので、4-4-1-1でDHを捕まえる。
対4-1-3-2

これに対して長岡は2CB VS 1FW で数的有利になっているところを上手く利用。
1枚のCBでFWをクリップ。余ったCBでボールを運び第2レイヤーにボールを進める。

CBで運ぶドリブル

第2レイヤーに入られて困る尚志は中盤から1枚上げ4-3-1-2に変更
中盤を1枚上げて落ちたDHを捕まえる。2トップで2CBをクリップし運ばせない。

対運ぶドリブル

これに対して長岡はサイドからボールを運び3枚の中盤に対してスライドを強要。
そこのスライドの遅れをつくもしくは、スライドで埋めきれない逆のハーフスペースまでボールを運んで第2レイヤーを突破する。

スライド強制

この前進を防ぐために尚志は4-4-2に戻す。
このループが繰り返されていた。


これほど目くるめく展開が高校選手権で見られるとは思わなかった。(しかも、前半だけで!!)
めちゃくちゃ楽しかったです。
某代表でさえ予想外な5-4-1に45分間何もできなかったというのに!!!笑

◆勝敗の分かれ目

ビルドアップVSビルドアップ阻止を書いて満足なのですが、
せっかくなので勝敗の分かれ目も書きます。

相手のミスで先制した尚志。
後半途中にFWを変えて4-5-1 に変更します。これが完全に悪手でした。
第2レイヤーへの侵入が防ぐ手が無くなり、中盤の5枚が引き出され第3レイヤー侵入も許す苦しい状況を作ってしまった。(ハーフスペース書くの忘れた…)
後半1
しかし、最終レイヤーに中々入り込めなかった。
中央3レーンを4バックで埋める尚志に対してそこから最終ラインを引き出せず最終レイヤーのハーフスペースを長岡が使えなかったのが要因だったと思う。

問題点
長岡はもう少しハーフスペースから大外に出ていくランニングがあると
最終ラインの4枚を中央3レーンから引き出す事が出来たと思う。

もちろん攻められても中央3レーンは絶対に空けない尚志の最終ラインも素晴らしかった。

あけましておめでとうございます。
正月も終わりオフは終了です。

さて、仙台の2019年シーズンがスタートしました。

また、ひとまず編成はこれで終了。A契約が1枠空いています。
仙台伝統ですね。シーズン途中に足りない部分を補う事になるでしょう。

移籍市場ですが、こんな感じになりました。
INOut
DF 島尾GK イ ユノ
DF 照山 颯人DF 板倉 滉
MF 飯尾竜太朗MF 菅井 直樹
MF 石原 崇兆MF 奥埜 博亮
MF 兵藤 慎剛MF 古林 将太
MF 松下 佳貴MF 中野 嘉大
MF 道渕 諒平MF 野津田岳人
MF 吉尾 海夏MF 矢島 慎也
MF 田中 渉FW ハーフナー
FW 長沢 駿FW ラファエルソン




IHをやっていた、野津田、奥埜、中野の3人がみんな居なくなるのは想定外でした。
立ち位置を理解している3名がいなくなったので、また立ち位置はトレーニングやり直しになると考えます。
ただし、面白い人材が揃っていると思います。
また、システムが同じチーム及びポジショナル指向のチームから選手を獲得しているところが最高ですね。

神戸でリージョを経験した、松下&長沢
マリノスでポステコさんを経験した吉尾。
ミシャ式で3421を経験した兵藤
山雅で3421を経験してる石原
甲府で3421を経験している道渕。
長崎で3421を経験している飯尾。
そして、謎の島尾。←

このような感じですのでフィットするのは早いと考えます。
これに関しては強化部は良く考えているなと思います。気が付いた時には鳥肌が立ちました。
流出したメンバーは痛いですが、出来る限り最小に止めたかなと評価しています。

さて、残留組を含めてシステムは3-1-4-2で並べてみました。

FWFW
ハモン石原
阿部長沢
ジャメ
IHIH
WB松下兵藤WB
関口吉尾道渕蜂須賀
石原崇リャンDH田中関口
永戸椎橋飯尾
富田
島尾
CBCBCB
永戸大岩平岡
ジョンヤ常田蜂須賀
島尾平岡照山
GK
シュミット
川浪

◆最終ラインについて

並べてみると思った以上にCBがきついかな。と
板倉の抜けた左CBと菅井の抜けた右CBをどうするか。
島尾がもしかするとCBで使うかもしれませんね。

ただ、4バックの可能性もあるかもしれません。正直最終ラインは4バックの方がしっくりくる。
ただし、4-3-3にすると左のウインガーが薄いですしどうなりますかね。
ここは始まるまでわかりません。

期待しているのは永戸の左CB、そして、中央の常田。この二人がスタメンを奪うと仙台はかなり上までいけるんではないでしょうか。

◆中盤について
椎橋を軸に出来るのが唯一の救いでしょうか。
IHに関しては1から出直しです。ただ、兵藤松下吉尾に関しては前述の理由で吸収が速いのではないでしょうか。なので、あまり心配していません。
むしろ、奥埜-野津田よりも松下は大きな展開が出来るし、兵藤は彼らより縦に入れる事が出来るので
去年足りなかったものはこのメンバーで見つけ出す事が出来るのではと期待しています。
また、道渕は去年の甲府を見てみるとWBでしたが、大外で仕事するというより中で仕事をしていたのでIHで使った方が彼の良さが活きるような気がします。

◆前線について
唯一戦力ダウンしていないポジションです。
むしろ最初からハモンロペスという大砲がおり、ハモンの動きを戦術化できるので戦力アップかなと。
ハモンが残ったのは本当に大きい。
長沢は完全にハーフナー枠です。競り勝て無いとは思いますが、それでもハーフナーより動けるので使えるシチュエーションは多いのではないでしょうか。


◆全体的な評価

少ないリソース、資金で今年も良くやったな。と思います。
ダゾーンマネーが入ってきて国内移籍も活発化しているので、多少の流出は仕方ない。
大切なのは流出した後どう補強するのかだと思いますが、今年は上手く纏められたと思います。
十分に合格点をあげられるでしょう。

ただし、去年より期待値は落ちてしまいます。去年の編成は120点でしたから。
それだけに11位という結果は個人的にとても失望しています。。。
渡辺監督は今年もまた苦労の年となりますが、頑張ってもらって一桁を目指してもらいましょう。
一桁順位は達成できる編成にはなったとは思います。

↑このページのトップヘ