スターティングメンバー

スタメン

前半


ミシャ式を嵌めよう!!

この試合主導権を握ったのは仙台だった。
仙台は非保持を整理して、ミシャ式を嵌めていく。
仙台の前ハメその1
ざっくり言うとこんな設計図。仙台は4バック化に対してFWで対面し、
札幌のGKク・ソンユンにボールを持たせたかった。という意図だった。
ク・ソンユンはビルドアップが上手いGKでは無いので、アバウトに蹴ってしまう。
そのボールを奪って仙台はカウンターにつなげたかった。
(図はハモンと長沢の立ち位置が逆の事が多かったですね。ミスりました)

ミシャ式を嵌めようその2

さて、ク・ソンユンに持たされたくない札幌は2CB化さら3CBに変更。
この3CB化面白いのは早坂,福森はやっぱりSB化する。
DH2枚が落ちるての3バックになる。これ、見ているときは不思議に感じなかったが、纏めるとすごく違和感がある。たぶんビルドアップの能力とかそういう感じなのかなと想像する。
仙台の前ハメその2
札幌はチャナが1列降りてアンカーの位置に降りて3-3-4みたいな立ち位置になる。
この札幌に対して仙台はFWの2枚とチャナとデートする富田で中央を閉鎖し、サイドに誘導する事に成功。
そして、サイドから奪う。たまに大外からのクロスまでいかれるが中でしぶとく対応。
この試合ジェイに対して島尾が負けなしだったのも大きい。

仙台の先制点もサイドで白井が無理に仕掛けたところからのカウンターだった。
このように二つの立ち位置に対して仙台は優位に進めた事は大きい。

ハモンの立ち位置の整理

さて、この試合ポジトラの要になっていたのはハモンの立ち位置であった。
守備ではミンテに付いて行く。
ただし、ビルドアップが終わるとミンテは中に絞る。このミンテにハモンが付いて行かずその場にとどまる。
ハモンのフリー
すると、ハモンはハーフスペースでフリーになる。これが仙台のポジトラの起点となっていた。この位置が守備でも攻撃でも効果的な立ち位置となった。
また、ここで前向いた時にハモンはドリブルからクロスや中に入ってのミドルも出来る。
という事で札幌には驚異的になった。

後半


3-2のビルドアップで仙台を交わす

さて、前半は仙台のゲームだったので、このままではまずいという事で札幌は整理をする。
まずは、立ち上がりから深井を投入。右CBに宮沢を下げる。
後半のスタメン
これでシステムを変化せずに、3-2でビルドアップする。
札幌の修正
こんな感じで仙台は前半ほど中央封鎖できなくなっていた。
その影響で後半早々に押し込められ荒野のミドルを食らってしまって同点にされてしまう。
ただし、ラッキーだったのはその3分後にCKからすぐに突き放せたのは非常に良かったと思う。

もちろん、そうやって前半ほど守備で嵌められない中で、後半ハモンが右サイドに立ち位置を変え福森の裏で起点を作りカウンターに移行できた。というのがここ数試合と違うところだったと思う。劣勢ながら一方的に殴られるわけじゃなく、時折、得点の匂いを感じさせてくれたのだ。

目くるめく立ち位置

さて、ここから立ち位置が目くるめくっていく。
まずは、66分に札幌がアンデルソン・ロペスを投入。
後半のスタメン2
こんな感じで攻撃的なシステムになる。
たぶん、チャナがボランチなのだろうが、ほとんど降りてこない。
これで、殺るか殺られるかみたいな感じでオープンな展開になるが、このオープンな展開を嫌った仙台が兵藤を投入し整理する。

仙台の前ハメ@兵藤投入
兵藤を投入。複数の守備タスクを兵藤に預ける。
ここではそのひとつ、兵藤投入後の前ハメを取り上げる。
兵藤が前線に上がって4-3-3を作る。そして、3バックに対して3枚でビルドアップを阻止する。
また、この時アンカーの荒野が立ち位置をとれない。中央を空けてしまったり、仙台の誰かにつかまるポジションにしかとれず、その結果この3バックが孤立。ビルドアップが出来なくなる現象が発生。この現象は70分-80分の10分間で起こった。
ここで、仙台のペースに戻せた事がこのゲームの勝因だったと思う。


4-5-1でクローズとおまけの追加点

さて、うまく行かない札幌は菅を投入。アンカーを深井に。そして、
福森をビルドアップ隊に戻し、札幌はビルドアップ出来るようになるが、仙台もジャーメインを入れて4-5-1にしゲームをクローズしにかかる。
後半のスタメン4

仙台は最後までハモンがWBの裏をついてカウンターの起点にして、そこにジャーメインがスピードを活かして絡んでいく。
それで奪ったCKをこの日、ポジトラで良く頑張って切れていたハモンが右足で押し込み3-1で勝負を決めた。

最後に

遂に厚別で勝つ事が出来た。歴史的な瞬間であった。そう。世界は変わったのだ!
その歴史的な勝利する事が出来たのは、
鳥栖戦の負けを引きずらずこの試合のために2週間きちんと準備した結果が前半の出来に繋がったと思う。
また、課題のポジトラもハモンロペスに動きを落とし込んで解決出来たのも非常に大きく
これでまた1つ僕らは前進したのだと思う。
気が付けばシーズン当初と全然違うチームになってきているが、これもまた「ポジショナルプレー」のフレームワークを使った事による進化なのである。
決して「ポジショナルプレー」というのは保持局面だけでは無いのである。
このように非保持からカウンターだって「ポジショナルプレー」のフレームワーク使っているのである。
そういう意味では仙台はようやく「オリジナル」の「ポジショナルプレー」の道を歩みだしたのかなーと感じている。
また、ここから壁も現れるだろうけどだいじょうぶ。僕らはその壁を突き破っていくだけの力はある。


スターティングメンバー

スタメン

前半


水戸の先制パンチ

立ち上がりから水戸がゲームの主導件を握る。
金沢は水戸のボールの進め方に対応が苦労していた。
水戸の攻撃

水戸は2トップの一角が大外に流れSBをピン止めし、そこでボールを収める。
そして、SHはインナーラップでハーフスペース突撃。CBとSB間を突く設計であった。
この設計に対応が出来ず。どうしても、水戸のSHが空いてしまい苦労していた。
25分の先制点もこの形。左サイドで黒川が起点に。
ハーフスペースを福満が駆け上がりフリーでDFラインの裏に入れたところ清水が裏抜けから
先制点をもぎ取る。

金沢のボールの進め方

一方の金沢は、もっとラフにボールを進める。
金沢の攻撃
攻撃時、最終ラインからビルドアップはあまりなく、基本的には放り込む。
で、放り込んだ先でセカンドボールを拾う設計になっていた。
まずは、4-4-2から4-2-3-1に変化。1トップ化しロングボールを競り後ろに落とす。
そのセカンドボールを絞ったSHと1列落ちたFWで拾う。
相手が奪っても素早くボランチが圧力をかけて前を向かせないという設計であった。

この試合水戸も非常にバランス良くセカンドボールを拾う事が出来ていたので金沢は思うように攻撃出来なかった。

得点後の金沢ペースの理由

うまくいかなかった金沢だったが、先制点を堺に主導権を奪う事が出来た。
それは、水戸の4-4が下がってしまった。という事が1つ。
そして、2トップが図のようにゴールへの意識が強くなった。という2つの理由が起因していた。
先制点後の水戸
2トップが孤立。そして、先制点前までのようにサイドにも流れる回数が少なく、
縦パスを遮断され、トランジションがうまく行く金沢。
同点弾もDFラインの縦パスを奪い素早く加藤に展開。加藤が個人技で岸田をねじ伏せた同点弾だった。

この同点弾時、解説の松原氏が加藤を簡単にペナ内に入れすぎてしまった。と語っていた。
確かにその通りなのだが、それには理由があった。
水戸の弱点
図のようにSBをケアしないといけない、CB(ンドガ)がFWに食いつきすぎて、
SBをケアできていない。
従って、岸田は飛び込めずディレイを選択。ただし、このディレイしてもフォローに来ないためズルズルと下がってしまった。もう少しンドガにケアをする意識があればペナ中に入れさせなかったのかなーと感じたシーンであった。
また、これが水戸のこの試合の弱点で、金沢としてはもう少しこのンドガ-岸田間を攻め立てたかったが、残念ながら攻めきれなかった。

後半


水戸の修正とセットプレーでの勝ち越し

後半水戸は修正を入れる。
2トップがゴールにベクトルが行くのならば出すボールはDFラインの裏へ蹴る。
相手のDFを背走させる。そこにプレスをかける。というやり方に修正。

また、ボールを保持して中盤を走らせるならば、前半の良い時間帯のように大外まで流れて起点を作る。という事をはっきりさせた事が良かった。

そして、金沢の最終ラインを背走させるロングボールからセットプレーをもぎ取り、
ニアでンドガがゴールを決め水戸が勝ち越した後半の序盤だった。

浅野を投入しカウンターに迫力を持たせる

そして、勝ち越し直後に水戸はSHの木村に代え浅野を投入。
この意図は前半先制後引きすぎた事が流れを失った要因だったので、攻撃の意図を持たせること。
そして、金沢の背後をスピードで突いてカウンターに迫力を持たせる事であった。
この試合大外にFWが流れる形を阻止できない金沢。
安定して大外で起点が出来るので、浅野のスピードあるインナーラップは脅威であり効果で気でもあった。

金沢はDFラインが押し下げられ間延び

浅野、清水が裏を狙い黒川がサイドに流れて起点を作る。
この形で金沢は中々DFラインが上げられない。なので、CB-DH間が徐々に空いてきてしまった。65分以降はほぼほぼ水戸のペースだった。
たまに、金沢が圧縮する守備を搔い潜って逆サイドまで展開できる場面はあったのだが、そこからチャンスは構築出来ず。

80分には、インナーラップからカットインした浅野の個人技でとどめの3点目を決め水戸が快勝となった。

最後に

水戸は代表でスタァ小川と累積警告でCBの要、細川のジュンジュンを欠く中で
自分たちのやる形を表現出来て勝ち点3を得たのは素晴らしい。
やることはきちんとチーム全員に浸透しており一人欠けてもやれるところを見せた。
もちろん、前半先制後ちょっと良くない脆さを見せたが、そこで逆転されず我慢し、後半修正。その後はほとんど水戸のゲームだったと思う。
長谷部さんさすがのチームを作るな。という感想。上に上がって来いよ!!!

一方の金沢は、非常にヤンツーさんらしいチームだな。と派手さは無いけどやることは堅実にやるぞ。と。ただし、水戸ほど細かさは無かったなと。
もちろん、セカンドボールを拾う設計は見事なんだけれども相手が悪いかな。と
勝ち筋は本編でも書いたけど、ンドガのところだったと思う。ンドガの怪しさ人に食いつくところをもう少し利用し前半に逆転してればチャンスはあったかなと思うがそれが出来なかったところで正直分が悪かった。


スターティングメンバー

スタメン

前半


トランジションと仙台の狙い

立ち上がりは仙台のペースであった。
というか、鳥栖のネガティブトランジションがひどく整理されていなかったからである。
前半のトランジション
鳥栖は4-4-2だが、狙いは両SHが幅を取って、仙台を5バック化させて押し込みたかったのだと思う。
ただし、うまくいかない。
ネガティブトランジション時に前線に張り付きすぎているために2DHが孤立。
その脇から仙台は悠々と進める事が出来た。
また、鳥栖は人に食いつくので、DH脇に位置したSHにSBが食いつくと、その裏が空く。
とスペースが空く連鎖が起きていたので仙台がゲームを支配する事になる。

鳥栖の撤退守備

また、撤退守備時にも人に食いつく修正を持っていそうな鳥栖だった。
チームとしての設計は4バックで中央3レーン閉鎖したいような雰囲気があるが、人に食いついてしまうため、3レーン封鎖できず、どこかが空いてしまう。
撤退守備
なので、仙台は決定機が何度も作れた。先制点もペナ内のハーフスペースでドフリーであったのはそのためである。

鳥栖の修正と仙台の問題

さて、必然の先制点を入れた仙台は、前半で勝負を決めたかった。
しかし、鳥栖が少し修正を入れる。
失点後の修正

左サイドの金森をネガトラ対策要員として下げて、不格好な4-3-3になる鳥栖。
さて、右のアンを高い位置を取らせ続けたのは、やはり仙台の左サイド5バック化する守備が狙いだと思う。
が、これも結局は同じで、左のDH脇から侵入できる。
はずだったのだが、ジャメが位置をとれない。高い位置をとり、最初からハーフスペースに居てしまう。
なので、スペースを使いたいのだが、もう捕まっている。なので、左は死んでしまった。
右の道渕はそういうところを位置取れるのだが、修正されてしまった。
なので、後半は1点以上は取れない。
勝負は後半へ。という感じになってしまった。

後半


4-3-3で整理する鳥栖

それでも、仙台は位置の取り方を修正すれば問題ないと思っていた。
ただ、想像以上に鳥栖の4-3-3が良かった。
後半

さて、4-3-3の狙いだが、ウイングは前半と同じように幅を取る。
IHがハーフスペース突撃。これで5レーンアタックする。と考えて良さそうであった。
鳥栖の狙い
ただし、実際には、金森はあまりハーフスペース突撃をしなかた。
その分後半から入った小野が位置取りを的確にとっていた。
また、三丸が大外掛けあがったときは、
クエンカが左のハーフスペースに
小野が中央、金崎が右のハーフスペースとズレがきちんと出来ていた。
小野の投入が位置取りはとにかく素敵で僕らが思い出すべきものだったと思う。

禁断の6バックで対応とそのデメリット

さて、そんな4-3-3に押し込まれれる仙台。
仙台はそれに対抗する策は6バックしかなかった。
禁断の6バック化
両SHが最終ラインに入って6-2-2のような立ち位置で守る事が増えた。
確かに守れている。ただ、これで行くとポジティブトランジション時に
2DHと2CFでなんとかしないといけなくなったのだが、この2枚はすでに捕まっている。
なので、トランジションがうまくいかないので、鳥栖は即ボールを回収。
保持→ネガトラ→保持のループを作り、仙台を押し込みハーフコートゲームが完成した。

4-1-3-2での逆転劇

それでも、ぎりぎり守れていた。
ただ、仙台が決壊したのは豊田を入れて2トップにしたところであった。
2トップでレーンを混乱
ポイントは左サイドの三丸がボールを運んだ時に金崎の立ち位置であった。
1トップだと、中央レーンがファーのハーフスペースに位置出来なかったが、
2トップになったことで、中央レーンとニアのハーフスペースに位置。ファーサイドには豊田が待ち受ける。ような位置をとれる。
このニアに金崎を配置する事がこの試合を決定づけた。同点弾はCB-SB間を金崎が潜り込み慌てた松下が倒してPKを得たところだったし、
逆転弾は金井がカオス的に中央にいて、左のハーフスペースにいた金崎がゴールに押し込み逆転した。

さて、逆転されてしまった仙台は前に出ようとするが、良いチャンスは作れず。
このまま1-2の逆転負けとなってしまった。

最後に

「認めない!認めないよ!仙台さん」ってSPWの井戸田さんのキラーワードを言いたくなるような内容だった。
ちなみに、この後に「甘い!あまーいよ小沢さん!!!」でSPWはブレイクするのだが…
そんなことはどうでもいいか。
で、位置が取れなくなっている。取れない理由は色々あったなーと。
前半のジャメもそうだし、後半の6-2-2もその要因だ。
きっと、戦術藩のしろーさんが書いてくれると思うがパスの出し先にも問題があった。
出来た事が自分たち要因で出来てないのは切ない。
ただ、僕はその中でやっぱり弱点である守備の立ち位置が怪しい事が一番の問題だと考えてそこを中心に書いた。
もうばれているし、そこを容赦なく突かれる。
それによって、僕らは立ち位置をとれなくなっている。プロは厳しい。
弱点だけど、何とかなるかな。ほかのバランスは良いし。とか思っていたのは甘かった。
その弱点からバランスは崩されてしまう。なので、僕らはこの5バック化6バック化という弱点を克服しないといけない。
そういう状況に直面しているのだと僕は思っている。
とりあえず、週末はお休みである。一度現実を見て修正していこうじゃないか。
僕は凄く無責任なところで、仙台は修正出来ると確信している。
静岡決戦の連敗後立ち直ったようにまた立ち直れる。そんな気がしているのだ。
いや、気がしているのではない。立ち直れると確信している。その思いはブレる事はない。
きっとその思いは「哲学兵装」と変わるのだ。

↑このページのトップヘ