スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン
スタメン1

サブ

前半


電光石火の先制パンチ

開始3分いきなりの先制。町田がカウンターから最後平戸が素晴らしいゴールを決めた。
このカウンターは、練習試合の鹿島戦を見るに仕込んだものであり、
今年の町田の伝家の宝刀となりえるピッチを広く使ったカウンターで先制する。
得点シーン

得点のシーンはSBから平戸が落ちてきてボランチ脇で受け吉尾に落とす。
吉尾は逆サイドのジョンにフィード。3バックでスライドが間に合わずジョンがフリーになる。
得点のシーンはそこに最初ポストを受けた平戸が顔を出し若狭とジョン+平戸の2VS1を作る。
ジョンはサイド駆け上がり若狭を引っ張る。空いたスペースを平戸が一閃。ゴールを射抜いて先制。

この形は右から左が2回。
左から右が1回あり再現性はありそうであった。
(鹿島戦もやっていたのでこの中断期間に仕込んだものだと思う)

躍動する井上潮音

先制した町田であったが、
その後はヴェルディに主導権を渡す。
ボールを奪えば伝家の宝刀カウンターがあるのだが、ボールを奪えない。
奪えなければカウンターも出せない。となぜ奪えないか書いてみる。
まずは、ヴェルディのボール保持の形と町田の非保持の組み合わせはこのような形になる
全体像

町田は4-4で中央3レーン閉鎖。2トップでビルドアップ隊に挑む形になる。
ヴェルデは3-2がビルドアップ隊。WBは大外張っとけタスク。
3トップが中央3レーンでなんやかんやするような形。
ただし、この3レーンを4-4で閉じているからヴェルディは簡単に3トップは入れられない。

町田のチームコンセプトからすると中央閉鎖なのだから、2トップも動きすぎずにDHを見張り続け中央閉鎖するような立ち位置を取ればよいのだが、
どうしても2トップがボールに食らいついてしまい中央を空けてしまう。
なので、3CBからDHへ簡単にボールが通されてしまうが町田がヴェルディにボール支配された要因であった。
代表的な例は以下の図を参照
井上潮音から

この図は井上潮音が少し右のHSに流れジョンを引き出し、空いたスペースを佐藤が使い
小池が最後大外タスクでクロスを入れられた。というシーン。
このように、2トップがDHへのパスコースを制限できず、結果井上潮音が躍動し
彼が4-4の間を通すパスを連発。チャンスにはすべて井上潮音が絡んでいた。

そこで、町田は時折吉尾を一列上げて4-3-3でヴェルディの3トップに圧力をかけ、
ビルドアップを阻止しに行こうとするものの中途半端な結果になり返ってピンチを招く結果に。
吉尾一列上げ
少しごちゃごちゃしている図だが、ようするに、吉尾が一列上がった結果、
吉尾が空けたスペースを使われピンチになりました。
ということである。この辺り、スペースを空けてくれればヴェルディは能動的に人が出入りしチャンスを構築出来るようである。

また、ヴェルディのビルドアップは形が複数ありそうであった。
若狭を1列上げて2-3の形とか、GKを含んで4-2の形とか。
この辺りたくさん創意工夫がありそうではあったが、前半だけ言えば町田の守備基準があなかったので、正直どんな形でも容易にビルドアップは出来たんじゃないかなと思う。

給水タイム明けのヴェルディの変化

ゲームは支配して保持率も支配している。それなのに決定機は作れないし
チャンスは井上潮音からしか生まれない。
ここに給水タイム明けヴェルディは1つオプションを投入した。
それが、小池のアイソレーションアタックである。
アイソレーションアタック

こんな感じで左でボールを保持し平から逆サイドの小池へ体格のパスを出す。
小池がスペースを使い質の勝負に持ち込めるわけである。
ただし、そこは町田である。去年までワンサイド守備をやっていてこのスライドはたくさん経験している。
また、対面が奥山であり守備の対人ならJ2屈指のSBで容易にチャンスは作れなかった。
発想的には悪くなかったとは思うが。
また、これ奥山サイドじゃなくて、小田サイドをアイソレーションしたらどうなるか。
というのは一度試したかったかな。と思う。
ただ、ヴェルディとしても、奈良輪と小池どっちの質に掛けるか。
という選択で小池で勝負という選択なのかもしれないけれど。

後半


町田の2トップの守備基準を明確化

前半町田としてはヴェルディに主導権を握られたのは2トップがボールに食いつきすぎて
動きすぎたためパスコースを遮断出来なかったためであった。
それを後半はきっちりと修正出来たのは町田としてはポジティブだった。
井上潮音を消す仕組み0

2トップがボランチを消すように修正。安易にボールに食いつかなくなった。
なので、前半のように井上潮音が余裕を持つことが出来ず、井上潮音は目立たなくなり、
前半出来なかった町田のカウンター増える事になった。
また、CBに圧力にかけに行く場合はボランチが一列上がってボランチへのパスされないように消していたものハーフタイムの修正だった。
井上潮音を消す仕組み1

DHが抑えられたのなら左右のCBから前進

なので、町田優位になるのかと思われたがそうでは無かった。
ヴェルディもハーフタイムに修正を加えていて、井上潮音経由しなくても攻撃が成立するようになったためであった。
左右のCBからビルドアップ

左右のCB特に若狭がボランチを見る2トップ脇を理由しボールを運び、
SH-DH間を上手く付きシャドウの藤本や端戸へのライン裏のパスを供給出来るようになった。
なので、町田のハーフタイムの修正があっても主導権を握り切れず、後半もヴェルディペースになった。
ただ、ヴェルディも町田の最終ラインを崩すようなアイディア、工夫仕組みはあまりなく、
町田の2ラインにサンドされ決定機はほとんど作れず。
唯一の決定機はCKキックからのカウンターで山下がスピードを活かし裏を取ったシーンであった。
(このようなスピードでぶっちぎるシーンを増やしたくて小池を下げて山下という選択だったと思うが、そういうシーンはあまり作れなかった)

逃した勝ち点3と原因

ただ、町田も70分以降強度が落ちていった。
特に両SHは運動量が求められるためかなり厳しい状況で奪ってもカウンターまで行けないような状況であった。
それでも、ポポヴィッチは動かなかった。というのも、本職のSHがおらずカードを切りにくい状況であったのだろう。
結局83分まで我慢。そして、吉尾に書いて中島を投入。(これも最初は安藤の予定だったが、急遽吉尾に変更された)

そして、その中島の何気ないCBの前プレスがバランスを崩すきっかけになってしまった。
失点の場面

ということで、このシーンを見ると確かにSHの交代は簡単に出来ないよな。と思える失点であった。
中島は守備規則を理解していないように見えて、フラッと前に出てしまった。
そこで空けたスペース及びパスコースが連鎖的に使われ最終的には一番危険なゴール前も空ける事に。
そして、その空いてしまったスペースのケアに走った高江もスピードで振り切られPK献上となった。

結果論に近いのだけれど、3列目の崩しを搭載していなさそうなヴェルディだったので
SH交換の選択肢が無いのであればゴール前にバスを並べちゃっても良かったのかなと思ったりもする。

最後に

前半の町田は守備基準が無かったので本当にきつかった。
ヴェルディもそれほど良い状況じゃなかったので、本来ならばもっとカウンターの手数は出せたはずなのだが、残念ながらそれが出来なかった。
再開試合でちょっと気合が乗りすぎたの2トップが無秩序にボールに食らいつきすぎた。
ただ、早い時間に先制は出来たので後ろに撤退しちゃっても良いかと割り切ったのが無失点で折り返せたんだと思う。
後半はそれはきちんと修正。なので前半よりもカウンターは増えた。
ただ、後半は若狭がが面倒くさかった。なので、カウンターの数も不十分なものになった。
町田はカウンターのキレ味は良く、本当に素晴らしいものを手に入れたので
今後はどうやってボールを奪うか。の手段を見に付ければ上位は行けるのでは無いかと思う。


ハイライト

中断そしてリブート

2月末にCOVID-19の影響で日常は崩壊。エンターテイメントはほぼほぼストップ。
スポーツ界も全世界で中止、中断された。

それからほぼ4か月。少しづつだけれど、日常を取り戻し、
ブンデスが無観客試合で再開。
そして、先週リーガ、セリエも無観客試合再開となった。

そして、日本でも日常を取り戻す。
来週からいよいよJリーグが開幕する。(プロ野球は今週金曜日から再開)

ただ、Jリーグに関して言うと今シーズンは降格もない。優勝しても優勝賞金は絞られている。
ということで、去年までとは違い勝ち点にさほど価値が無いのかもしれない。
(ただし、J1に限る。J2,J3は来年の昇格があるためこれに値しない)

今年は各クラブが存在するためのシーズンとなる。
なので、試合の勝ち負けや内容はあまり重要ではなく、生きるために金銭を稼ぐかが重要になる。
まして、仙台の収益は観客入場料の占めるウェイトが大きく受けるダメージが大きい。
だから、いろいろ工夫し新たなチャレンジが必要になる。
新たなチャレンジなので、失敗もあるだろう。でも、短期的にはマイナスかもしれないけれど
それよりもマイナスは失敗を恐れて変化をしないことである。なので、失敗もポジティブに捉えたいなと個人的には思う。
今年に限ってはサポーターから金を絞り出させろ。そのくらいの感覚でいいと思う。
そして、サポーターはできる限りでそれに応じるから。

ま、だからチームや、試合内容、選手、監督よりフロントが主役の特別なシーズンになる。

でも、このブログはいつだって主役は「90分の試合」であり「選手」であり「監督」である。
どうやっても、フロントが主役の文章なんてかけない。そんな能力僕にはない。

個人的には色んな葛藤もあるが、とりあえず今シーズンも書いていこうと思う。
さて、再開後のお話だがいろいろな変化がある

5人交代枠

交代枠が拡大し5人になること。
これによって戦術の幅が広がりそうと思っていた。ただ、ブンデスもリーガもそうなっていはいない。
というのはコンディションに理由がある。
交代枠が5枚あっても、戦術的な交代はできずコンディションが落ち走れなくなった選手の交代。
もしくは、けが人が出ての交代に使われ戦術的な交代が出来ていないように見受けられる。

コンディションについて

ということで、次はコンディション。
再開後はコンディションを制する者は試合を制するようになっている。
そのくらい重要なウェイトを占めている。
突然の中断、そして、再開までの準備不足で選手がいつもの強度で戦えていない。
それに加えてミッドウィークも通常開催する過密日程。
なので、大体60分以降はオープンな展開になる。
ただ、どちらもガス欠気味なのでオープンなのに点が入らない。みたいな状態が多い。
また、個人能力が高いチームが勝つ傾向が高いし、豊富な運動量からの前プレスが特徴のチームは苦戦する傾向にある。
ようするに、札束で殴れるチームが強く、ボールを持てるチームが強い。

もちろん、コンディションが整えたチームは上記ならないので、60分以降殴り続けられるので勝つ確率が高くなる。
なので、勝てるチームは
コンディション良<個人の質<ボールを持てるチーム<その他

みたいな感じになると思う。
また、筋肉系のトラブルは本当に多い。なので、けが人も多くなるんじゃないかなと思う。
それを補う戦力を持っているかもひとつポイントになる。


無観客試合の影響

ブンデスでは明らかにホームチームの勝率が落ちている。
やっぱりホームの声援というのは影響あるんだなーと思っている。いわゆるホームアドバンテージがなくなった。
ということである。
さて、ベガルタ仙台というチームは非常にホームで強いチームなのだがこの影響は受けるんじゃないかなと思う。
逆に言うと、鬼門が複数あるクラブなのでそこで勝つチャンスじゃないかなとも思う。
ただ、無観客は2-3試合であとは観客を入れるのでそのあたりの影響はまだわからない。

夏の移籍について

現実でわかっているのは海外からの補強は不可ということ。
これは国の政策でCOVID-19の影響で封鎖中。過去14日間滞在歴がある場合入国。であり、解除のめどがたってないため。
(これによって10月予定だったF1鈴鹿GPがキャンセルと正式に決定している)
なので、夏の移籍市場に間に合わないとみるのが現実的。
ということで、補強に関しては夏は国内の移動だけになるが、金銭面でそこまで動くか。疑問が残る。
移籍金払えるクラブはあまり多くない。というか無いんじゃないかなと思っている。
レンタルは多少ありそうだが、その程度にとどまるのではないかと予想する。
むしろ、外国籍の海外移籍(韓国やブラジルなど)はありそう。なので、どのチームも戦力はこれ以上積めないのではないかと思っている。

最後に

なので、再開したリーグを見てるといわゆるジャイアントキリングは普段より起きにくく、個人の質で殴れるチームが勝つように感じている。
しかし、海外ほどJは開きが無いのでもしかしたら普段よりカオスになる可能性はある
海外と同じく個人の質で殴れるなら神戸が上に行くわけだけが、質の部分がみんな年とっているので日本の夏&過密日程を乗り切れないはず。
となるとどうなるか。楽しみではある。
僕は現時点ではどのチームにもチャンスがあると思っている。
コンディションさえ整えれば、質で戦える選手は意外といるのでワンチャンある。
なんて都合の良いことを思っている。

ま、兎に角再開後もブログ頑張りますってことを書きたかった。自分がサボらないようにプレッシャーをかけるためにもね。おわり。

ブンデスリーガ再開

ブンデスリーガ再開!

ということで、久しぶりにブログを書きます。

ただ、個人的にはあまりテンションが上がってないのです。
COVID-19の第1波がひと段落し、再開したのですが、日本で同じタイミングで再開したBリーグがすぐに断念。
中断に入ったように簡単ではないので、再開したから最終節までやれる保証はどこにもないし、やれる可能性は低いのかなと思っています。
事実DFLも今週になって、すべての試合消化しなくても降格は通常通り2チームある。と明言したのはそういうことだと思います。

ただ、再開は再開です。

とりあえず、再開前の状況は整理しておきましょう。


といっても、時間がないので優勝争いを中心に他に気になるチームをピックアップしていく形式になりました

中断前状況について(優勝争い)

現在25節まで消化。残り9節を残し中断に入った。
(なお、フランクフルト及びブレーメンの2チームは1節未消化で24節まで消化)
25節時点で

1位 勝ち点 55 バイエルン
2位 勝ち点 51 ドルトムント
3位 勝ち点 50 ライプツィヒ
4位 勝ち点 49 BMG
5位 勝ち点 47 レバークーゼン

っここまでが数字上の優勝争い。
だけど、バイエルンの状況を考えるとライプツィヒまでが可能性あるのかなという感じ。


なお、降格圏は

14位 勝ち点 27 アウクスブルク
15位 勝ち点 26 マインツ
16位 勝ち点 22 デュッセルドルフ
17位 勝ち点 18 ブレーメン
18位 勝ち点 16 パーダーボルン

くらいだと思う。
正直パーダーボルンとブレーメンはかなりきっつい。

バイエルン

開幕からというか、去年からニコ・コバチはメディアにもバイエルン上層部にも信頼を得る事が出来ず
最終的には味方だったウリ・ヘーネスからもフランクフルトに5失点してから突き放され、ハンス・フリックにバトンタッチする。

このハンス・フリックが素晴らしい仕事をしていて就任後の成績は19試合中16勝1分3敗。
(しかもレヴァンドフスキが怪我離脱にもかかわらずだ。)
劇的に変わったのはビルドアップの安定感。
CBにアラバを使い、ビルドアップに深さを作り出し安定。
また、ビルドアップの種類も豊富で他チームの前プレスを破壊してきた。
今のところこのビルドアップを破壊したチームは皆無でほぼ安定している。
レヴァンドフスキも戻ってきて万全な体制で再開を迎える。
このまま、8連覇まで死角なし。
ハンス・フリック恐るべし。優秀な監督に時間はいらないのである。
ニコ・コバチはどんまい!


ドルトムント

2位は我がドルトムント。
こちらも、年明け前にファブレ解任が飛び交うも3バックにしてなんとか成績を持ち直し堪えた。
2020に入ってはハーランド無双状態で手が付けられない状態になり、2位まで浮上。
バイエルンを勝ち点4差で追ういつもの位置まで戻ってきた。
ただし、再開明けは苦難になりそう。
というのも、マルコス・ロイス、エムレ・ジャン、ヴィツェル、ザガドゥが怪我で中断明けに間に合わない。
さらにさらに、ハキミ、アカンジゲッツェも怪我(?)で練習メニューをすべてこなせてない状況。辛すぎる…
しかも、初戦がレヴィアダービー、1節挟んでデ・クラシカー。といきなりクライマックス。
ここに彼ら不在は致命的になる。
ハーランドが神様になればなんとかなる気もするが、18歳にそこまで望んで良いのかは不明。

ライプツィヒ

勝ち点5差で追う形になった、「秋の王者」ライプツィヒ。
年明けは3勝4分1敗と少し失速。
失速の要因は、疲労による影響か点が取れなくなった。ヴェルナーの得点も止まっている。
このコロナの中断はライプツィヒにとっては恵み、疲労がすべてリセット出来るのは吉。
だから、逆転優勝の可能性があるのはドルトムントよりライプツィヒなんじゃないかなと思う。
ついでに、コナテが戻ってくるのも大きい。
このナーゲルスマン1年目のライプツィヒがどこまでいけるか。色々期待している。
(来年は相当選手が引き抜かれそうなので、今年いけるところまで行ってほしい)

ボルシア・メンヒェングラートバッハ

おまけ。
このチームはマルコ・ローゼと俺たちのレネ・マリッチがボール保持時間を長くし規律を保ちながら 奪われた瞬間ゲーゲンプレスを繰り出す素晴らしいチームを作り上げた。
(これは、マルティン・シュミットが出来なかった事でもある)
個人的にはとても大好きなチームなのだが、デニス・ザカリアが手術し今シーズン絶望なのがほんとうに絶望的。
彼が保持でも守備でもキーマンで彼の代わりが居ないのでどうしても彼が居ないと1ランク落ちてしまう。
それがとてつもなく辛い。



個人的な注目チーム


シャルケ04

デービッド・ワグナーがブンデスに戻ってきた。
狂気的な前プレスで僕が衝撃を受けたチーム。
中盤がアンカー1枚だけになってでも前プレスに行くのは驚いた。
なお、足が止まる60分以降は防戦一方。
前プレスが嵌らなかったらボコボコにされる潔いチーム。
現在 6位 勝ち点37 とCL圏からは勝ち点10離されているからここから上位を目指すのは難しいのだけど
見てて面白いチームだからみんな見てほしい。
なお、レヴィアダービーは無料だ。みんな見ような。たぶんドルトムントのビルドアップをボコボコにぶっ壊すぞ!たぶん。(俺はどっちのサポーターなんだかわかんねーなこの書き方笑)


フランクフルト

ニコ・コバチ時代から3バック長谷部をリベロに配置し保持に特化をアドルフ・ヒュッターも継続していた。
しかし、今年レビッチ、ヨビッチが抜かれ今期は大苦戦。
中々勝てず安定しないなか、アドルフ・ヒュッターが選択したのは4-4-2での中央圧縮からのガチノビッチでカウンターにシフト。
その影響で、長谷部や鎌田のポジションは無くなりつつあるのが悲しいところ…
ただ、この流れどこかで見た事ありませんか。
それに気づいた人はベガルタ好きですよ。間違いなく。
こういうチーム見ちゃうとどうしても気持ちが入っちゃう。
この中断期間にどういうエッセンスを入れてくるのか非常に楽しみではある。



ウニオン・ベルリン

最後、若干ネタ枠になりつつある金満ヘルタベルリンにしようかと思ったが、やはり、同じベルリンにあるウニオンベルリン
ブンデスリーガ1部久しぶりの東ドイツ圏のチームであり熱いサポーターと共に初のブンデスリーガ1部の旅を楽しんでいる。
現在、勝ち点30 で11位。初の残留が見えたところで、中断。これがどうでるか。
チームとしては派手さはないがホームで6勝(しかも、ドルトムントやBMGら上位をホームで食ってきた)
熱いサポーターと共に戦ってきたチームなだけに無観客がどう影響するのか
不安要素は大きいが、来年客が入るようになってこのスタジアムをもう一度見たいので是非残留してほしいなと思う。
マジで最高なのよ。ここの雰囲気。無観客でその雰囲気が出ずに逆転降格なんて見たくないわけですわ。
中断明けはそのホームにバイエルンを迎える。


降格圏について

たぶん、1枠はパーダーボルンで決まり。ちょっと選手層的にも今稼いでいる勝ち点的にも厳しい。
で、問題はブレーメン。今シーズン揃えたメンバー的にもこの順位にいてはいけないのだが、どうもよくない。
攻撃も何がしたいかわからず、大迫をウイングで使って酷評したり何がしたいかわからず、
無理に前に付けてカウンターで失点する。というケースが多く、
また、今年からセットプレー専門コーチを入れたのにも関わらず、セットプレーからの失点がリーグで一番多く批判の的になっていた。
コーフェルトの手腕に疑問符をつけないといけないが、ブレーメンはこの若い監督にかなり期待しており 解任については否定している。(責任をセットプレー専門コーチのせいにしていたりする)
この中断期間でどうチームが変化させたか、

ようするにコーフェルトが実力を証明できるかが残留のポイントとなる。

↑このページのトップヘ