スターティングメンバー

スタメン

前半


仙台の守備の哲学と哲学を殴る鹿島

まず、仙台の守備の哲学から再確認していく。
守備哲学

仙台の守備は対人意識マシマシの守備であることはこれでまでも述べてきた。
でも、マンツーマンではない。 したがって4-4-2の形(もしくは、5-3-2の形)は崩したくない。

では、相手が図のように移動したときにどう対処するか。
どこまで対面している相手についていくか。
相手に付いて行った場合のスペースのケアは明確になっているのか?
というところが課題となる。
で、鹿島はそこの部分を仙台に説いてきたのである。
そして、仙台は残念ながら明確な答えを回答出来なかったのである。
具体的に見ていくとしよう。
鹿島の攻撃その1

このように土居がCBから逃げる。そのスペースを作るため、
レアンドロは高い位置を取らずに永戸を高い位置に引き出した。
そして、平岡が大外までついていくと、真ん中にスペースが空いてしまうのでついていかない。(付いていった場合そのスペースをDHがついたシーンが一度あった)
また、この仙台の左サイドに流れる動きが土居だけではなく、セルジーニョも実施できるのが強みだった。
また、セルジーニョが流れた場合必ず土居が中央に残り両者ともにサイドに流れる。
ということは無くかなり整理されていた。

もう一つはポジションチェンジである。
鹿島の攻撃その2

土居が流れたときにレアンドロが連動して中に入ってくる。
この時に仙台は、永戸がレアンドロの移動にはついていけず、
そして、平岡としては突然目の前に現れるレアンドロに対応できず自由にプレイさせてしまう。

こんな感じで鹿島は対人意識マシマシの守備に対し基本に忠実な配置移動とポジションチェンジという攻略法で仙台の守備を破壊していった。

保持出来ない理由

仙台は上記のように守備が出来ない状態になっていたが、ボール保持も出来なかった。
鹿島が立ち上がり30分で勝負を決めようと圧力をかけてきた。
それを仙台は交わせない。
局面を変えれる松下にはDHのどちらかが必ず対応して、フリーにさせない。
今日のメンバーでは局面を変えれるのは松下しかいない。
松下さえ潰すと圧力に屈する事になってしまった。
鹿島の守備

従って、前線へのロングボールだけになってしまったが、2トップが競り勝てずに
仙台は苦しい序盤になってしまった。

そして、15分にフリーで仙台の左サイド抜け出した土居のクロス。
これは、逆サイドまで抜けるが、小池が折り返し、セルジーニョが合わせ鹿島が序盤の流れ通りに先制した。

30分以降保持と鹿島のカウンター

鹿島の圧力が弱まり、仙台が徐々にボール保持に余裕が出来るてくるといつも通り両SHが
ボランチ脇を使い始め仙台がチャンスを作る事が出来るようになり、ビハインドを戻せそうな雰囲気があったが、鹿島もきちんとペナ中のケアが出来ていたため仙台の攻撃は跳ね返す。
また、24分に怪我で長沢を失ってクロスボールのターゲット1つ失った。
というのも響いてはいたとは思う。

その中でも、やはり仙台は守備ができな状態というのが足を引っ張っていた。
時折見せる鹿島のカウンターも土居が大外に開いたところが起点となっていた。
そして、上記通り仙台は対応できずカウンターはフィニッシュまで行ける。
という事実は仙台にとってとても辛い事実だったと思う。
そして、前半のアディショナルタイムにセルジーニョ、レアンドロのポジションチェンジから最終的には土居がペナ角でフリーに。
そこから、折り返し再びセルジーニョが合わせ0-2に。

試合を決めようと30分間でたくさんのエネルギーを使った鹿島。
そこを1点でなんとか堪えた仙台だったのでチャンスがあるように感じていた。
ただ、この終了間際の失点で鹿島のプラン通りの前半になってしまったように感じた。

後半


通用する保持と新たな可能性

後半も前半30分以降のようにゲームを保持する展開にすることが出来た。
決定機も何度か作れたが最後のところで枠をとらえる事が出来なかった。
また、面白かったのはハモンがもしかしたら関口のタスクの一部を補うかもしれない。
そんな動きをしていた。
ハモンの動き

鹿島の土居と同じ考え方である。
が、仙台の場合、関口は守備のタスクが多く
さらにサイドハーフのタスクもシャドウのタスクもこなさないといけない。
そこに対してハモンがサイドに流れサイドハーフのタスクを少し補ってもらう。
これで関口の負担を軽くなれば良いなと思った。
ただ、仙台のこの動きはアドリブで設計されたものでは無かったからこの辺りは、
今後整理出来れば良い。

ここまではポジティブな要素である。

通用しない非保持

さて、ここからはネガティブな内容。
基本は一番最初に述べたように鹿島の守備に対抗策をもっていない。
なので、どんなに保持出来ても一瞬でピンチになってしまう事であった。
そして、その流れにはあがなえない。
67分、75分と立て続けに失点し、0-4となってしまった。
しかし、2点とも鹿島は見事だった。
まずは、3点目。松下から道渕のパスがズレ、奪われたところからだった。
この時の鹿島の切り替えが早く完璧であった。
3点目

その中で最も素晴らしいのは永木のインナーラップだった。
このインナーラップのおかげで永戸がレアンドロに寄せられず、
結果余裕をもってクロスを上げられた。
永木の攻撃参加は多くは無いのだが上がった時にはちゃんと効果的だったのは素晴らしかった。
4点目は途中から入った名古の判断が素晴らしかった。
4失点目

セルジーニョに平岡がついていった。そのためにCB間が広がる。
名古がそのスペースを使うドリブルを開始。結果平岡がセルジーニョを捨てドリブル止めに入ると、セルジーニョがフリーになるので名古はセルジーニョを使う。
この一連の流れが素晴らしかった。

鹿島は攻撃の回数は多くない。仙台がボール保持する時間が多い。
それでもこのように的確に決定機を作るのはさすが鹿島であった。


最後に

「西の空に明けの明星が輝く頃 一つの光が宇宙へ飛んで行く それが僕なんだよ さよなら仙台」とダンが言ったかは知らないけれども、ダンは西へと旅立った。
これで、1年間で3人目の海外移籍。
順位では結果が思うように出ていないが、選手の個々が評価されているという意味では
これも一つの結果だと思う。これは素直に評価して良いと思う。
ただ、この試合はその旅立ちに全くふさわしくないゲームとなってしまった。

正直、対人意識マシマシの守備で不安だったところを思いっきり鹿島にぶったたかれた。
そこに、シマオマテがいないものだから如実に弱点出てしまったかなと。
そして、もう1つ。
このメンバーだと松下さえケアすれば局面を変えられる選手がいない。
というのもばれてしまったのも痛い。
椎橋がいればもう少し助けになったかなとも思うのだけれど富田だと正直厳しかったなと。
鹿島の研究が素晴らしかったんだと思うし、鹿島に宿題をもらったんだと思う。
ここを超えられればもう一段階チームの完成度を上げられる。
僕らは4-4-2に変更し間もないわけで、仕方ないと思う。
だから、受け入れないといけないし、その上で超えていければ良いと思う。


スターティングメンバー

スタメン

前半


浦和がボールを持てた理由

前節ACLからターンオーバーしたメンバーで大分に敗戦。組長就任後無敗記録が途切れ
再出発となる浦和だったが、
仙台をより研究しており前半から浦和がボールを保持する時間が多くなった。
仙台がボールを持った時の対応から整理していく。
仙台保持

浦和のDHが高い位置を取り、仙台のボール保持の心臓。
椎橋、松下のプレーに圧力をかけて制限。
また、この日の仙台左サイドが蜂須賀ではなく、大岩だった。
この事で右から前に進む事が出来ない。
なので道渕も孤立してしまい、いつものように右から押し込む事が出来なかった。
結局前半で右からクロスを上がることが無いのはきつかった。
左はいつも通り5バック化するので、押し込まれるケースが多く左からだけに頼るのは
さすがにしんどかった。

また、浦和の保持も仙台を研究したものであった。
浦和の保持と仙台の守備

関口が5バック化が仙台の守備を強固にした、重要なキーワードだったが、
浦和はそれをうまく使い関口が下がったらその脇を岩波が使い、ボールを展開させていく
これは仙台にとって非常に厄介だった。
こうやって仙台を押し込んでいった。

ただ、浦和は押し込んでも仙台の中央を崩す術をもっていない。
外のレーンは深い位置まで侵入が出来るが、そこからのクロスは可能性は感じない。
仙台が持たれているがうまく守れている感じだった。

また、裏はシマオの裏を狙おうとするが、仙台はきちんとケアしていた。
なので、単純な裏への攻撃には対応出来ていた。

仙台の攻撃の狙い目

押し込まれる中で仙台もきちんと整理は出来ていた。
松下椎橋には自由を与えない。ただ、その代わりCBとDHの間に大きなスペースが空いてしまう。

仙台の攻撃について

ここを仙台がうまく使う事が出来たシーンが1-2回あった。
前半唯一のシュートになった28分の道渕のシュートもここのスペースを上手く利用したものであった。
前半は確かにあまりうまくいかなかったが、後半反撃に転じるのならばこのスペースを
うまく使えば…と思っていたのだが…

整理出来なかった関口の前プレス

失点について振り返ってみると、弱点であるシマオの裏を突かれた。
という記事を多くみた。大槻監督の受け答えでもシマオの裏を狙っていた旨の会見もあった。
それは事実である。だけれど、個人的は事実だけど事実ではないと思っている。
結果的にはシマオの裏になった。そこに要因があるのではなく、失点の要因は整理出来なかった関口の前プレスだと思う。
関口の前プレスで岩波を捕まえるのは前半二回あった。
一度目は立ち上がりだったと記憶する。
その時は、
関口の前プレス1

上記のように永戸は武藤を見るので、橋岡がフリーになってしまい、関口が岩波に行っても
簡単に橋岡へ渡され前プレス回避されてしまい、効果出来では無かったのだ。
そして、2回目の前プレスが失点に繋がってしまう。
とは言っても、一回目の失敗をもとに修正していたのだ。
関口の前プレス2

図のように仙台は1回目と違いうまく嵌めたつもりだったが、
武藤にうまく平岡と入れ替わり前を向かれてしまった。
そのケアで島尾が食いついたが、間に合わず。興梠がドフリーで裏抜け。
綺麗なループを決められ、先制を許してしまった。

前プレスは悪くないし、1回目と違いボールサイドは連動できた前プレスにはなったと思う。
しかし、それが逆サイドの大岩まで連動出来ず、守備の鎖を自ら断ってしまったり
平岡が中にターンさせてしまったりと拙い守備が連続して出てしまったシーンだった。
渡辺監督も試合後に勝った通り、
42分で前プレスをしかける意味もメリットも見いだせず。
何とももったいない失点になってしまった。と思う。

ただ、後半整理すればまだまだ勝負できると思っていたのだが…

後半


全てを無にするプレー

前半のプレーをもとに仙台は後半DHとCBのスペースをどう使うか整理し
大岩のプレーも整理した仙台が反撃開始する予定だった。
そう予定だったのだが、すでに1枚イエローをもらっている椎橋の軽率で無駄なアフターのタックルで2枚目のイエローが掲示され、仙台のプランが壊れてしまった。

本当に無駄なプレーで危険でも何でもない状況だったのに無理に行ってしまったため、
アフタータックルで文句なしのイエローだった。
インテンシティ高くプレイするのとラフプレーとしてアフターで行くのは似て非なるプレーである。
このプレーに対して、若気の至りとか勉強になった。という意見もわかる。
しかし、個人的には彼はそういう立場ではなく仙台を牽引していく立場にある選手だと思っている。
だから、このプレーの意味、責任の重さなど考えながらプレーしてほしいと考えている。
だからこそ非常に残念で簡単に許す事の出来ないプレーであった。

それでも絶望せず戦い続けた

一人退場したが、仙台は諦めず勝ち筋を探す。
まずは富田を入れて4-4-1で2失点しないように慎重にゲームを進める。
そして、途中出場の石原崇、長沢そして道渕が奪えなくても折れずにプレスをかけ続ける。
決定機と言えるチャンスは作れなかったのは確かだったが、残された10人は懸命に戦ってくれた。
そして、残り10分でハモンロペスを投入しゲームを仕留めにかかるが、
浦和の屈強なCBに最後までチャンスを作り出せず。
10人でオールアウトした仙台だったが、数的不利ではどうしようもなく。
久しぶりの敗戦となってしまった。

最後に

「10 heroic lions one stupid boy」98年W杯。 ベッカムとその他のイングランド代表に対して贈られた言葉である。
シメオネの挑発に乗り退場してしまったベッカム。が当然「one stupid boy」である。
椎橋にこの言葉を送りたい。
それは、その後、02年でリベンジした。という期待を込めてだ。
個人的にはまだ怒っている。最悪な退場だった。
でも、その感情をいつまでも引っ張るわけにもいかない。
そして、このリベンジは必ず晴らすチャンスがある。その時にはこの悔しさみじめさを晴らすべく爆発してほしい。
そのチャンスが巡ってくるまでに戦う気持ちを保ってほしいと思う。
でも、富田がそのチャンスを簡単に許さないと思うが。

そして、「10 heroic lions 」 について。
本当にいいチームになったなーと感じて泣きそうだった。諦めず隙あれば勝ち筋を引き寄せる。
ひいき目かもしれないが、1人少なくても浦和に負けないサッカーをした。
(ま、浦和は0-1でOKみたいな感じでギアを落としたこともあり淡泊になったのだが)
これは、次につながるはず。
ホームに帰って連勝記録を伸ばそうじゃないか。相手は鹿島である。
まさに、相手に不足なし。


スターティングメンバー

myboard

前半


先手をとる仙台とデザインされた攻撃

仙台の攻撃は整理されていた。まぁ元5-4-1として、弱点は知っているぜ!!みたいな。

サイド攻撃

両サイドがハーフスペースに絞る事によって、WBを中でピン止め。
そして、大外を空ける。
その空いてるスペースにSBが利用する。このSBを見るのはシャドウなのだが、
シャドウがSBとデートでどこまでも付いて行くと、ジェイが孤立。
攻撃が出来なくなるので、攻撃へのトランジションを考えるとどこまでも付いていけない。
という事実を札幌に突き付けた。
このサイドアタックから生まれたCKを島尾が決め先制する。

押し込まれた時の陣地回復方法と中央突破

立ち上がりはエネルギーをもって前に出た仙台だったが、
15分過ぎくらいから自陣にリトリート。
札幌はシャドウが列移動し仙台の守備基準を壊しに来る。実際守備基準がこの3戦よりハマらないが、クロスを跳ね返せばいいでしょう。という考え方で守れた。
そして、きちんと陣地回復も出来、ボール保持時間を確保できた。
ビルドアップ

そして、相手を撤退させるとサイド攻撃だけではなく中央突破も出来るようになる。
仙台の中央突破

上記のように動かないジェイの周りを上手く使い、
そこから雪崩式に札幌の選手を引き出していく。
21分40秒の長沢の決定機。
そして、30分35秒の道渕のミドルもこの形からだった。
序盤はとにかく仙台が優位にゲームを進めたと思う。

札幌の攻撃と変化と同点弾

さて、序盤の札幌だが先ほど述べたようにシャドウの列の移動で仙台の守備基準を壊す事に成功していたが、仙台は中央圧縮でペナ中で跳ね返す設計でありそれはうまくいっていた。
札幌の攻撃その1

しかし、前半30分くらいからこの後にキーワードなった対角のパスを出し始める。
それまでの札幌の攻撃は同サイドからの攻撃が多かったので仙台の横のスライドは間に合った。
対角のパス

しかし、
このように大外から逆サイドの大外へ展開されると仙台は要求されると中央が混乱する。
それが、同点ゴールに繋がる。同点ゴールは福森ではなくミンテ経由だったが、
クロスからファーの武蔵が折り返しロペスが押し込み同点とする。

前半は同点で折り返す。お互いにボール保持時に優位があるゲームでどちらにも勝ち筋があり、どちらにも負け筋も残る前半となった。

後半


バランスの良いミシャ弐式

前半お互いに保持が有利という状態で、どちらにも勝ち筋がある状態であった。
後半はそこの修正がポイントになったと思う。
仙台は振られた時のスライドを修正。
関口をより早く落として5バックを形成する。
そして、対角のパスを送っていた福森に対しては道渕がチェックにいっていた。
後半の守備

このように非保持時の対応を修正し安定化を図りたかった。
しかし、押し込んだのは札幌だった。
札幌はミシャ式の立ち位置を修正。(勝手に弐式と呼ぶ)
ミシャ式2

4バック化せずに3バック化に止める。片側のCBをSB化。
そして、福森の対角のパスから数的有利のサイドへ展開する。
そこから、クロスというで中に送るという仕組みであった。
また、これが見事であったのは、前半仙台がボール保持に移るときに時間を作っていた
アンカー脇が3バックの左右のCBで潰せるというところにあって、見事だった。

これによって仙台は保持に移れず、後半は押し込まれる時間が続く。

解決策はスコアの変化

後半15分間押し込まれる時間が続く中で仙台は何か手を打たないといけない状況だった。
が、手を打つ前に状況が変化する。
仙台は前プレスでソンユンに圧力をかけミスを誘発すると、福森から道渕がボールを奪いとる。
クロスはソンユンにあたり意図したところにはいかないものの、関口がDFの間を射抜き
勝ち越しに成功する。
こうなると、仙台は攻撃の事を考えずに今まで通り我慢強く守ればOKな状況になった。

運動量のインテンシティの維持と立ちはだかる代表GK

最後は石原崇、そして、大岩を投入。
運動量と強度を保ち、そして、ハモンを投入。少しでもバランスを崩したらカウンターで
得点する刃を突き付ける。
終盤に札幌がクロス爆撃からチャンスを作るが2度3度の決定機をシュミットが立ちはだかり
無失点で仙台の逃げ切りに成功する。

最後に

これで、リーグ4連勝。
ただし、この4連勝の中で一番苦労した。
札幌前までの3連勝は負け筋を消すことに成功しての完勝と呼べるものだった。
しかし、札幌戦は負け筋を消せなかった。
なので、札幌にも勝つ可能性はあったと思う。しかし、勝ったのは仙台。
少しの幸運とミスを見逃さない仙台の強さがあった。

この札幌ミシャ式を見ていると、札幌はミシャ式を個の力を突き詰める事によってチームを強化しているのが興味深く
仙台も一時期ミシャ式にチャレンジし壮大に失敗したが、
突き詰めるのが個の能力ではなく、
立ち位置だったり相手の構造だったりでを突き詰めてチームを強くしようと思っている仙台にとって、バランスの悪いミシャ式では限界があったのかなーとも思った。

もちろん、この札幌もにも負け筋を消して完勝するのが目標で、それにはもう守備のところで努力が必要かなとも思う。まだまだ満足しない。
僕らはもっと強くなれる。まだだまだ連勝出来る。
リベンジはまだ始まったばかりである。

↑このページのトップヘ