スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン

前半


失点とシャドウのケア

この試合開始4分で失点してしまった。
確かにビエイラの吉野のいなし方はうまかったが、そこよりも気になったのはボランチが真ん中を閉じれなかったこと。
そして、その中を佐々木に刺された。

中央が空く守備

なぜ中央閉じれなかったかというと、シャドウの存在である。
ボランチがシャドウにつられるケースがあり、真ん中を消せない。
失点はこのパターンからであった。
また、逆にシャドウを捕まえられずシャドウから運ばれるケースもあり、
1トップ2シャドウと4-4の守備の噛み合わないところを利用されてしまうケースが多かった。
だったらなぜWボランチだったのか。というのは内緒。3ボランチの方がちゃんと消せた気もするが…

仙台の攻撃はサイドから

開始早々にビハインドを負った仙台だが、この試合はここ2戦と違い決定機を作れた。
それはサイドからのクロスという形であった。

サイドからチャンスを作る

両サイドから決定機を作れたのだが、左右理由は違う。
左はドウグラスが戻らず前残りするのでシンプルに蜂須賀が運んで数的有利を作ってクロス。
右は真瀬が佐々木-柏をピン止めし、森島と柳の1vs1 を作る。

こんな感じで、左右からチャンスを作ったが、大迫がビックセーブ連発でゴールマウスを守った。

ハイネルの影響について

さて、ちょっと話は変わってハイネルの影響についてお話をしておきたい。
前半も後半も良くも悪くもこの試の主役はハイネルであった。

前半はハイネルの不安定なポジショニングに仙台がまともに向き合ってしまって中盤を開けてに大きなスペースを作られてしまった。

ハイネルのメリット

逆に仙台がボール保持時には怪しいポジショニングで中央にスペースを作っていたが、
そこを咎める事は出来ない仙台。

ハイネルはカオスを生み出す。
そして、アスリート能力が高く、それを活かしデュエルを制する。そして。推進力もある。
だから、ここで違いを作れるのだと思う。
ただし、基本アンストラクチャを生み出す。
それは非保持時もそう。
なので、ストラクチャーな5-4-1が作れない広島。
それがいいのか悪いのかみたいなところがあった。
ま、前半の仙台はそれを咎められないのだが…でも、「前半の」がポイント。

後半


ハイネルを咎めろ

ということで、後半だけれど仙台はハーフタイムで整理し狙いどころを定める。
それがハイネルがが空ける中央のスペースである。

ハイネルを咎める

このスペースを石原や関口、ゲデスが利用しボールを前に進める。
また、サイドも前半と同様の仕組みでクロスまで行けるので、前半以上に仙台が主導権を握れた。
ただし、得点は生れない。

兵藤入れて4-3-3で殴れ

なので仙台は兵藤を投入。
4-3-3にシステムを変更しよりハイネルが空けるスペースを咎める形にする。
また、真瀬が右サイドバック、関口が右のウイングに移動。
セレッソ戦では関口がサイドに移ってから中央で起点を作れず結果推進力を失ったのだが、この日は兵藤がきちんと中央で起点を作れる。
なので、サイドに移った関口の推進力を活かせる形に。
仙台はサイドの推進力と中央の起点。 これが揃うと強いのだが久しぶりにそれが揃った瞬間であった。

そして、同点に追いつく。
同点は柳がボール奪取。兵藤とゲデスのワンツーで抜け出しクロス。
これは一度クリアされるものの拾って2次攻撃。椎橋の縦パスからゲデスへ通る。
ゲデスが倒されるもののボールを真瀬が拾ってクロス。
これに兵藤がきれいに合わせて同点。となった。

ハイネルいなくなったら…

同点後も仙台ペースで正直勝ち越せる予感はあった。
が、流れは突然に変わる。
それは、80分にハイネルが交代すると流れが一変し広島ペースになる。
これはハイネルの代わりに入った青山がハイネルと違い秩序を守れるため、中央が簡単に開かなくなった。

しかし、仙台は中央から攻撃するので中央で奪われ広島がカウンター。
という形になった。
なので、残り10分は勝ち越しどころか引き分けが御の字な流れになった。
実際広島に決定機はあったのだがクバがビックセーブで防ぎ
1-1のドロー。痛み分けとなった。

最後に

前節偉そうに「手応えが無い」と書いた。
木山さんは「もうちょっと出来る事があった」と表現した。
その「もうちょっと」は見えたゲームであり、「手応えは少ないかもだがあった」ゲームであった。
仙台はやはりサイドに推進力があり中央で起点を作れる。
この2つが揃えば良いチームになるということが改めて分かった。
そして、サイドの推進力はジャーメインが怪我し離脱以降なかなか生み出せなかったが、
関口がサイドに回ることでそれを作り出し、
中央は兵藤が入る事で周りがリンクし機能した。

この状態を続けられる事が重要で、この日は広島が良くなった事で中央で起点が作れず
仙台の良さは出せなくなってしまったのでそれを相手がどのような状態でも作る事が重要でそれが出来ればもう少し結果もついてくるのだろうなと思った。

兎に角光は見えた。ここから上向きになればいいなぁと思う。
でも、現実は怪我人が増えてて険しいが(赤﨑が骨折で離脱した…orz)

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン

前半


前プレスで先手を取る!

約1週間前にルヴァンカップで手も足も出なかった仙台。
しかし、その経験を活かしこの日は前から嵌めに行く。

仙台の前プレス

セレッソはボランチが1列落ちて3バック化。
そして、松田が中に入り3-2でのビルドアップという形だった。
そのビルドアップに対して仙台はきっちりと対策を落とし込み。
仙台は4-4-2のセットからサイドハーフが外を切りながら最終ラインに圧をかけていく。

この方法で仙台が上手く主導権を奪ったように見えた。
しかしながら、この時間で仙台は決定機が作れないのは課題であって、奪っても奪った後どこに付けるかが不明確。
そして、受け手もスペースがどこに出来るかわからずセレッソの守備網を外す事が出来なかった。



15分くらいから外される前プレス

ところが、結構早い段階から仙台の前プレスが外される。
それは、GKがビルドアップに加わり始めたのが要因だった。
仙台は変わらずに2トップ+両サイドハーフが最終ラインに圧力をかけるが、

左から運ばれる仙台

GKが加わる3バックだとSBの松田がフリーになった。
というのも坂元が蜂須賀をピン止め。ヨニッチがワイドに開くがそこに行くのが西村なので、どうしても松田がフリーになってしまうのであった。
また、左から運ばれた時に清武がボランチの裏に入ってきて起点を作る。
SBから清武という経路で前進できた。
16分はメンデスがオフサイドになったものの典型的なシーンだった。
なお、仙台の右サイドは清武が中に入るのもあって、SBの丸橋に対して柳が圧力をかけるので左サイドよりは運ばれなかった印象である。

そして失点

前プレスが外され撤退守備が多くなった時間だった。
U字ターンで左から右サイド展開さたシーンだったがこの時に
左サイドでは浜崎が引き出され、右サイドでは椎橋が引き出されてしまったのでCBの前に誰もいなくなってしまった。
そこに清武が上手く利用しフリーを作った。
そこにいち早く気づいた関口がカバーしに行くが、メンデスにブロックされ間に合わず。
フリーで打たれて失点となった。

そこまで速いサイドチェンジでは無かったので出来れば浜崎に位置を取り直して欲しかった。
ま、彼はDH初めてまだ間もないのでこれを機会にまた勉強してほしいと思う。
彼はある程度上手くやっている。

それでも、追いつく!

先制された仙台。
そして、次第に仙台がボールを保持し、セレッソがブロックを作る時間が多くなる。

仙台の保持

セレッソは椎橋と蜂須賀をより警戒していたように見えた。
そして、この二人を常にチェックする。その役は坂元と奥埜の役割だった。
松田は少し絞って西村番をする。

ただし、この時どうしても噛み合わなく真瀬のところがフリーになりがちだった。
が、真瀬は中に絞る事が多く自らセレッソのCBに寄る形になって上手くそのかみ合わせを活かせなかったように思う。

この日の仙台は両ウイングは中に絞る。大外はSBが使う。
という設計だったが、それが常にそういう状態だったので臨機応変に対応出来なかった。
そして、真瀬は中に入ったプレーは慣れて居なさそうで彼を大外にしても良かったのじゃないかと思う。
この辺りはまだまだであった。

それでも左からは何とか運べてクロスを上げられる。
でも、それが中々合わず。柳と真瀬は苦労していた。
その一方で左サイドに顔を出して期待感があるクロスを出せた浜崎。
というのは仙台には朗報であった。
そして、そのクロスからCKを獲得。CKから蜂須賀が決めて仙台が前半終了間際に追いつく事が出来た。

後半


オープンな展開からの落とし穴

先制されながらもセットプレーで追いついた仙台。
後半もその勢いで仙台が主導権を握る。
セレッソは後半早々から両SH(特に清武)の運動量が落ち中盤にスペースが出来始める。
そこの空いたスペースに関口や真瀬がドリブルで運び利用。
仙台が徐々にゲームを支配したかなという矢先に失点。

この失点は仙台が前から行くか後ろで行くか中途半端な状態になったのが要因。
真瀬が前の最終ラインを捕まえるのか、後ろのSBをを捕まえるかが中途半端。
でどちらに圧力掛からず。
SBから清武が仙台のDH裏で起点を作りラストパス。
それに反応した坂元が流し込みセレッソが勝ち越す事になった。

行けそうだっただけに大きな落とし穴。
選手の意思が少しばらけてしまってカウンターを受けてしまった。

交代で入る選手のタスクが…

失点直後に清武が柿谷に交代。
これでオープンな状態を回避し、4-4の強度を再び取り戻していくセレッソに対して仙台は
石原、赤崎、ゲデスを投入し4-4-2にして、前に圧力をかけたい仙台だったが、
運べる関口が右サイドにいったことで中央で起点が出来なくなり
最終ラインからただ前線に蹴るだけになってしまいゲデス赤﨑を活かせなかった。
事実65分に椎橋の前プレスから長沢がシュートを打った後シュートすら打てず
セレッソの4-4の前にボールを失い続けるしかなかった。

最後に

1度追いついたけれど完敗であった。
前後半ともに入りは良かったものの変化対応できず失点。
特に前半は研究してきたぜ!!!という内容からあっさり対応できない状況になるのは切ない。まだ、応用が利かないのしかないのかなとも思うのだが。

それと選手層がきつい。怪我人も多く現役大学生の真瀬をここまで使わないといけないのはやっぱり苦しいなと。わかってるけど改めて思う。
そして、彼はウイングは本職じゃないわけだし。。
それが仙台の現状を示しているよな。
その中で上手くやっているとも言えないのがなんとも切ない状況であるが…

ここ数試合得点の匂いがあまりしないし、個人的には手ごたえもない。
これは、4-2-3-1のせいなのか、松下、道渕、ジャメ不在が効いているのかは判断がまだ出来ていない。
でも、不在のメンバーの影響は大きいとは思う。

そして、交代枠が5枚あるが、なかなかそれを活かせない。
今日も1枠残している。そして、使った枠で良い効果をもたらせたかというそうじゃない。
このレギュレーションは金がなく、構築中のチームにとってかなりしんどいレギュレーションであるのは間違いない。

そんな中でどう勝ち筋を見出すか。
ちょっと見えなかったのがとても辛い。
去年の武器シマオもまだいないし、そういえば永戸も鹿島にいあった。
なので、武器はなんですか?といわれれば、ジャーメインのスピードです。
と言いたいがジャーメインも怪我で不在。
次に蜂須賀及び松下のサイドチェンジからの攻めです。とも言いたいが
松下も怪我。蜂須賀はチーム事情で左サイドを担当していて右サイドほどの存在感を出せていないのが現状。

苦しい。試合はあるので彼らが戻るまで時間を待つわけには行かない。
とにかく僕らは何で勝つのか。きっついけど見出さないといけない状態である。
「百折不撓」
何度折れても志を曲げない事が大事なんだと思うのです。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン

前半


清水の保持時の狙いと右サイド

キックオフ直後主導件を握ったのは清水であった。
清水は主に右サイドから仕掛けていった。

清水の保持

右サイドはヘナトがビルドアップを助け、金井と金子が仕掛ける。
そして、トップ下の後藤がペナ角を取るような仕組みであった。

左は西澤が落ちる事が多めその代わりファンソッコが高めで幅を取る。
そこからは右サイドと同じ。
大外から斜めに入れてペナ角を取るような仕組みであった。

そんな保持アタックで右に対応できなかった。
ヘナトと金井の対応で西村が迷い後手を取られる事が多かったように思う。
なので、右から決定機が作られた。
ただ、西村が守備がイマイチだった。しかし、意図的だった可能性がある。
今までの試合と違い守備をある程度免除したような気がする。
それは後で書くとして、兎に角右からキックオフから決定機を作られるのだが柳が守備で踏ん張りCBと連携し跳ね返したのが大きかった。

仙台のこの試合の狙い

さて、西村守備タスク免除は仙台の狙いだったという仮説についてである。
この試合仙台は今までの非保持で嵌めて奪ってカウンター。
という色から保持でボールを動かして主導権を握る意識が強かった。

仙台の保持アタック

清水の守備は4-4-1-1で椎橋を後藤で見て展開させないぜ!という意思を見せるが
仙台は浜崎から運ぶ事が出来た。
これは清水にとって想定外だったのかもしれない。
そして、浜崎が持つと竹内が迎撃に来るのだが、その竹内空けたスペースを関口が使い逆サイド展開。
西村がそこを単独で突破しろ。そして、決めろ!という設計図だった仙台。
それなりに効果的だったと思うし、前半10分過ぎからは主導権を取り戻せたように見えてまずまず狙い通りだったと思う。

給水後サイドチェンジ多めの清水

ただし、給水後は再び清水のペースになる。
立田からのビルドアップだった。仙台は間違いなく想定外だったんじゃないかなと思う。
少なくても俺は想定外だった。
清水の変化

立田から運び、逆サイドに展開し蜂須賀の背中を取るようなサイドチェンジが増える。
これに対して仙台は誰が対応するか苦労していた。
2CBには2トップが対応なのだが、ボランチが落ちてきてその基準を崩す。
SBが対応するとファンソッコから運ばれる。
と苦戦。
また、立田1枚だけがサイドチェンジ出来るのなら2トップをマンツーマン的につけてしまえば良いのだが、落ちてくる竹内もサイドチェンジを蹴れるので竹内、立田を見ないといけない。
2トップがこの二人対応するとヴァウドから運ばれる(サイドチェンジは無いが)
という感じで久しぶりに非保持状態で苦労した仙台だった。
ま、この日のテーマは保持で上回る。
だったので、これまでの試合ほど非保持の対応は落とし込んでないのかなと妄想している。

保持時の課題

なので、非保持嵌められない。より保持出来ない。
もしくは、保持出来てもゴールへの脅威が足りない。
というところを課題にした方が正しそうな前半。
何故か、というとトップ下の関口が下がりすぎてしまう。
ビルドアップを助けるためなのだろうが、そうすると、前が3トップだけになってしまう。
さらに、真瀬はストライカーでは無く大外タスクペナ外からクロスを上げる事だったので
ペナ中にはなかなか入らない。
となると、西村と長沢しかペナ中にいない事になる。
しかも、この試合西村で刺す。だったので、西村がペナ中に入るのだけれどその時に長沢しか点を取れるところに配置していない。
なので、点を取れる感じは無く西村が独力で刺すしかなかった。
もちろんそれはわかっていてそれで良しとしたと思うが…
前半は少なくてもゴールには足りなかった。

後半


仙台の修正と清水の非保持の悪化

前半の課題はきちんと修正し、関口が下がるのは改善した。
また、清水の非保持も修正。ただし、清水の修正は修正と言えるのかは微妙。
むしろ悪くなった気がするが、、、

後半

清水の修正は4-4-2 に変更して中央を封鎖したい!だったのだが、2トップの基準が良くわからず、ボランチがちょっと開くと2トップはパスコースを消せないので簡単につけられる。
開いた仙台のボランチが受けると清水のボランチが食いついちゃうのでボランチ感が空くので関口がそこで受けるようになった。
なので、前半よりもペナ中に人をかけられるようになったため攻撃的にそして、清水を押し込めるようになった。

西村と心中も。。。

ただし、残念ながらゴールは生れなかった。
西村と心中。
最後の最後まで西村を引っ張ったがゴールは生れなかった。
やはり、最後のサードに工夫も足りないし精度も足りない。
それはわかっていて、まだ、仕込めていないのはわかっていて、だからこそ西村にぶん投げたのだ。
西村がノーゴールで石原と変わった時点でこの試合は決まったのだ。
仕方ない。そういう運命だったのだ。

最後に

この試合保持で行こう。
というのはわかる。清水の非保持はまだまだ未完成で、行けると踏んだのだ。
実際持てたし、決定機も作った。
足りなかったが…
そこに虚しさも感じてしまって、それは錆びついたんだ。とハッキリとしてしまったからで、2年前であれば間違いなく仕留めていた。
それも1点では無く複数点仕留めていた。そのくらい清水の非保持は良くなかった。
あれから二年。
僕らは保持を諦めた。
非保持に展開してピンチを乗り切った。
それは理解している。そうするしかなかった。
ただ、改めてこう目の当たりにするとあゝ…
と思ってしまうのである。わかってはいるはずなのに。
ただ、ここから再び保持にもチャレンジするよ。という第一歩だった。
間違いなく第一歩であり、ようやく18年のホーム清水戦くらいから止まった針を動かすところまで戻ってきたのかなと思う。
ここから再び頑張っていきましょう。磨いていきましょう。磨いて行けば錆は取れる。
錆が取れれば切れ味は戻るから。

ハイライト


↑このページのトップヘ