スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_2020121207

前半


電光石火の先制点

キックオフから17秒での電光石火での先制点だった。
この日の仙台はシステムを大分と同じ3-4-2-1のミラーにして、WBの裏を蜂須賀で取ってクロス。
それを逆サイドの石原が詰めて先制点だった。
このWBで裏を取る形はこの得点の直後にも見せていて仙台の狙いだった。
と思うのだが、実はその形はこの2回だけなので、どうなのだろうか。

とにかくこの先制点はボールを持たなくても良くなった。
という意味でも仙台に大きなアドバンテージになったと思う。

仙台の前プレスが嵌らない理由

そんな、さっくり先制した仙台だけれども、ボール非保持は結構苦労していた。

島川が最終ラインに落ちて4バック化する大分に対して仙台はいつも通りの外を切るプレスでボールを奪いに行く。

TACTICALista_2020121207 (1)

ただ、この時にシャドウがボランチ脇まで降りてきて、そこにボールを付けられ攻撃の起点とされていた。
内に誘導しているにも関わらず内側の受け手を捕まえられていないという切ない現象が発生。
なので、仙台は大分を嵌められなかった。

しかし、決定機が作られたわけじゃない。
シャドウに入ったところから、パスでしか展開できないのがその理由。
前のパスコースはマンツーマンですべて捕まっていて前進出来なかった。
フリーのSBに渡されたら攻撃が遅れるので5-4-1で撤退する時間があった。

ここで、ドリブルで縦に運ばれたらきつかったが、ドリブルという選択は最後まで無かったので仙台とは怖くなかったと思う。

覚悟の5-4-1へ移行

前プレスが嵌らない仙台は、先制しているので無理する必要は無く、ひたすらに負け筋を消していけばよかったので、
給水後、内側への誘導前プレスを止めて5-4-1で撤退する時間が増える。

TACTICALista_2020121208

大分のシャドウが使うボランチ脇のスペースを仙台のシャドウが先に消して、縦に入れさせない。
前プレスはSBに入った時に行く程度に減らし縦に入れさせない事を優先させた。
この状態で無理に縦にパスを入れれば仙台の守備網に引っかかり仙台のカウンターが発動する。
なので、保持している大分は前に進めず最終ラインでのパス回しが増える。

また、この日は仙台が5-4での守備だったから苦手な横スライドが普段より簡単であったため、
横に振られても対応できた。
ということで、大分はボールは保持すれど、仙台のゴールに近づけない前半となった。

後半


ボランチのスライドで修正

さて、後半は仙台が修正。
俺たちは前から行きたい!という意思を見せるために前プレス時のボランチの動きを修正した。

TACTICALista_2020121209

前半と同じようにシャドウが外を切って内側に誘導する前プレス。
これと連動しボランチがボールサイドにスライドしてシャドウを捕まえる。
ということで、縦に誘導し誘導先でようやくボールを奪える事に成功し、完全に仙台ペースになるかと思われたが、、、

シャドウの変化で押し込む大分

大分も60分くらいに修正。
シャドウをボランチ脇じゃなくてWB前に持ってくる。

TACTICALista_20201212010

これで、石原と蜂須賀の両WBをピン止めして、大分の松本、田中がフリーな状態を作る。
松本、田中に仙台のシャドウが出ていくと三竿、岩田がフリーになりそこから前進される。

ようするに、仙台は大分のWBとCBを両方をシャドウ1枚で防がないといけない
という状況を作り出す大分。
これを防ぐ方法が無い仙台。
大分は空いた方から前進し仙台を押し込んでいく。
ただ、押し込んだ大分は結局はサイドからクロスしか攻略法が無く、それをすべて跳ね返す仙台の最終ラインという形に。

今日は中央にシマオが居るため単純なクロスでは最終ラインは崩れずひたすらにクロスを跳ね返す。

我慢比べからのセットプレーで勝負あり

攻める大分、守る仙台の我慢比べが続く。
そして、焦れた方が負けるというゲーム。
結論から言うと焦れたのは大分だった。

5-4で撤退する仙台に対して鈴木が最終ラインから少し雑なロングボールを入れる。
これを照山が悠々とカットしカウンターへ。
クエンカに代わって入った関口は最初は縦に仕掛けるが、
カウンターできないと判断しキープから一度落ち着かせ、
2次攻撃へ繋げる。
保持の形になった仙台は松下のパスからトラップで一枚外した山田がフィニッシュまで持って行く。
そして、そのフィニッシュで得たCKを自ら大分ゴールに沈め決定機な2点目を生みだした。

その後は2点差になった事で大分は前がかかりでバランスを崩し、
攻めるが雑になっていった大分は仙台の5バックを破壊するクオリティは無く、
このまま2-0の勝利となった。

最後に

完勝!!
そして、木山さんになってから僕のイメージする木山さんらしい勝ち方がようやく出来た試合だった。

ここまでは、自分のチームが主語でどうアクションしていくか。が中心だったけど、
今日は相手チームが主語でそれにどうリアクションしていくかが中心で、
木山さんは後者の方に長けていると思っている。

保持率も73対27と圧倒的に保持されたけれど、決定機は仙台の方が多かった。
ようるすに、保持は飾りだということだ。
大事なのはゴールに近づくこと。
パスを何本も成功させてもゴールに近づけない事もあるし、
一本のパスでゴールに近づけることもある。
それを体現したゲームだった。

大分は去年から撤退されると苦労し終盤中々勝てなかった。
そんな中で今年、前プレスの嵌め方がかなり良くなって、相手陣内でボールを奪っての得点。というシーンで撤退されても奪い返すことで活路を見出した。
ということで、木山さんは、だったら保持なんてしないよ。と潔くボールを蹴り込み、
前プレスも諦め5-4-1で撤退して大分の苦手なブロックの崩しを強制し、去年の勝てない大分の状況を再現させたのは見事。

ま、でも、これは17秒での先制ゴールがあったからこそ選択できたのかもしれない。
もし、あれがなかったら同じ事が出来たのかは不明だし、
後半押し込まれたところでの我慢比べのアドバンテージもなかった。

なので、やはり先制点はこの試合かなり大きなポイントだったと思う。

仙台はこの勝ち方をベースにしていきたい。と思うが
やはり、点をどう取るかが課題となってくるのだろう。
何度も言うがこの日は早々に点を取れたのでこの課題は解決できたが、いつもこういう風には行かない。

攻撃回数は多くない中でどう点を取るか。これを解決出来れば来年は問題ないと思うが、、、
果たしてそれを出来るか。ですね。

ま、兎に角今年は残り2戦ということで、しかも、残りは6ポイントマッチの清水、湘南。
ここを連勝すれば最下位は脱出できるだろうから、必ずこの調子で2連勝して
形だけだけれども残留圏で20年シーズンを終えれば悪くはないんじゃないかなと思える。
残り2試合。兎に角頑張ろうじゃないか!

ハイライト




スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_20201252058

前半


ハマる前プレス

仙台は3バックの柏に対して前プレスを実行。

TACTICALista_20201252033

これに対して柏はビルドアップを諦めGKからロングボールを前線に蹴り込む。
そのターゲットはクリスティーノであった。(なぜオルンガじゃないのかは不明)
そして、ここに平岡が競り、セカンドを回収することで仙台は守備からボールを保持する時間を作っていくことに成功した。

5バックに対してどう攻めるか

ボール保持時には、SBが攻撃の起点となった。
柏はシャドウが非保持時にも中央に残るのでSBに圧力がこない。
なので、ここから落ち着いて前進が出来た。

TACTICALista_20201252036

SBからウイングに当てて、IH、SBのランニングで奥行を取ろうという仙台の形だが、
ここが、5バックの3CBの1枚が付いてこられて裏を取れなかった。

仙台のチーム設計としては、ここを取ってクロスしかなく、この位置が取れなかった場合にチームとしてどうするか。が見えてこなかった。
なので、チームの戦いから個人のアイデアの戦いとなってしまったが、
それがチームとしてリンクせず。

ボール保持は出来るし相手陣内には押し込めるがアタッキングサードで決定的な形を作れなかった。

失点は突然にだけど柏の形で

仙台が保持する時間が増える中で、柏は一発で得点を決める。

TACTICALista_20201252042

三原が中央に絞ったところから、ヒシャルジソンが敢えて逆サイドへ動いてパスコースを作り出し、クリスティーノにボールを入れる。
ここで、平岡の寄せが中途半端で、寄せきれず、オルンガとのワンツーで抜け出され1発での失点となった。

このヒシャルジソンの動きはマンマーク気味の仙台を手玉に取られた。
そして、中盤アンカー1枚になる弱点を柏の最大の武器でぶったたかれてしまった。

そんな感じで仙台は保持する時間は長かったのだが1発でやられ、
前半0-1で折り返す。

後半


前半より柏に持たれた理由について

後半、柏はより保持の時間が長くなった。
これは、柏がやり方を変えた。
というよりも、仙台が4-4-2に変更したのが要因だった。
TACTICALista_20201252046

4-4-2に変えたことで、ウイングがCBに行けなくなりここからシャドウに当てるパスが増え仙台は単純に押し込まれてしまう。
そして、仙台は4-4-2で押し込まれた時にブロックが機能しているとは言えない状態なので、
柏の決定機が増えていった。

そんな中でのCKから2失点目だった。

さて、なぜ4-4-2だったのだろうか。イマイチ僕は理由がわかっていない。
強力なカウンターに椎橋1枚ではなく浜崎2枚で対応した方が良いと考えた可能性もあるが、
そうすると、2枚のDHが図のように相手の2枚のDHに食いつくのでその狙いは本末転倒な気がするし、
保持時に変化をもたらしたかったのかもしれないが、保持時は4-1-4-1に可変し後半と立ち位置は変わっていないのでシステム変更する理由にはならない気がする。

もっと何かあったけど出せなかったのかもしれない。
このチームへの理解がまだ足りないようだ。。

2点差の中での必死にもがくが。。。

2点差になっても仙台の選手は諦めず必死に戦っていた。
途中投入の松下から決定機を作っていくが決め切れない。

そして、この2点差になってからは選手個々で戦っている感が増していく。
その中で確かに松下は輝いたわけだけれど、仙台としてはもう少しチームとしての形を増やしたいなと感じた。
決してバラバラというわけではないし、完全に引いた柏に対しチャンスも作っていたんだけれど…

仙台というと、ナベちゃん、テグさんからチームで戦う事。
チーム戦術の中で戦う事が多かったのでどうも、このアイデア出していこうが個人的にピンとこない。
それが、僕の中はでは印象悪く映る。

ま、それでも、長沢の決定機を作りだしたり何度も強調しているが、どん底よりは自分たちのやるべきことが明確になってはいるのだが…

最後に

もっと、チームとしてやるべきことを増やさないといけない。
と強く感じたゲームだった。

やっぱり、1個しかないという大きな課題と直面してたゲームだった。
そして、それが出来ないとアイデア出していこうになってしまうのも辛すぎた。
やはり、調子が良いチームと戦うとこうした課題が見つかる。
これを伸びしろと思えば良いのだけど、もう残り3試合しかない。

ようするに、木山さんと1年戦ったけど、やはりチームが作り上がらなかった。

ただし、いろんな要素があるのでそれが「仕方ない」で済ませられるのかはわからない。
そういう状況だからこそ、残り3試合は結果に拘って来年への道筋を見つけ出すべきだと思う。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_202011281837

前半


原川で空転する前プレス

さて、今月2回目の鳥栖戦。
仙台としては、前回ホームで酷いゲームをしたのでアウェイとはいえリベンジしたい。

そして、あの時よりは色々と整理してある程度の自身を持って乗り込んだ。
が、しかし、このゲームもうまく行かない。

それは、前プレスかけたときに原川のところで前プレスを外され、空転していたためである。

TACTICALista_202011281844

鳥栖は4-4-2 だが、保持時に2-1 + 原川 でビルドアップをする。
この時の原川が仙台は捕まえらずそこからひたすらに前進され決定機を作られた仙台。

また、逆サイドの樋口がアンカー脇まで絞って中央を崩しにかかっていた。

改善策もうまく行かず

そんなこんなで一方的に殴られた仙台。
給水後から、少しやり方を変える。

TACTICALista_202011281845

CBに行くのはウイングに変更する。
それで、浮く原川には佐々木なり、椎橋で圧を掛けようとする狙いがあったような気がする。
ただ、佐々木や椎橋が原川に圧力かけに行けず、結局フリーで展開されてしまう。

さらに、ウイングが中央に絞った事で大外が空くのだけれど、
それをSBで対応しようとすると距離があって行ってもアフター気味のファールとなってしまった。
これが、パラが退場仕掛けたシーンにも繋がる。
そんなわけで、この改善策もあまりうまく行かなった。

保持はアンカー監視で前詰まる

非保持のところで、うまく行かない仙台だけれども、保持でも上手く行かない。

TACTICALista_202011281846

鳥栖は非保持も4-4-2 で2トップをアンカーの高さに配置。
そこから、ボールサイドのFWだけがCBに圧力をかけて、1枚はアンカー監視とする守り方であった。

これは今後の課題なのだけれども、こうなるとCBが運ぶしかないのだけれど、なかなかCBが運べないので、最終ライン間でのパス回しに終始し、
圧に屈してアバウトなロングボールを蹴り相手へ渡す。
そんな感じが続き、仙台は前半我慢するしかなかった。

ただし、クバのファインセーブや、オフサイド平岡のゴールラインぎりぎりのクリアに助けられてなんとか0-0で折り返すことが出来たのは幸運だった。

後半


4-4-2で原川を捕まえ空転を防ぐ

さて、前半改善策もうまくいかず、後半どうするか。
というところで、仙台は4-4-2で対抗する。

TACTICALista_202011281853

ミラーゲームにし、DHにはDHという具合に原川を捕まる事に成功。
これで、鳥栖は前半ほど中央を使えず、外外への攻撃へシフトしていく。

また、徐々に鳥栖のロングボールも増えて前半のように仙台がひたすらに押される事は無かった。
ただし、怖いのは仙台が縦に行ったあと奪われてオープンな状態からのカウンターであった。
これは依然として負け筋としては残っていかが最終ラインとクバが適切に対応し堪える仙台。

保持の時は4-1-4-1継続の可変システム

4-4-2のままだと保持した状態がイマイチ。というのは長らく勝てない時期にわかっていた事なので、それを解決するために、保持時は4-1-4-1継続する可変システムであった。

TACTICALista_202011281925

とはいえ、前半対策されているのでどうにかしないといけない仙台だったけど、
前半とは鳥栖のボールの奪い方が違う。
特に鳥栖がロングボールでボールを失った時には仙台に前プレスがかからず、4-4-2で撤退することになる。

TACTICALista_202011281926

鳥栖の圧力が無いので仙台はジョンヤを中心にゆっくりとボールを回しサイドチェンジを混ぜながら徐々に相手陣内に侵入しクロスを入れるシーンが多くなっていった。

勝負は復帰組投入が合図

ということで、良い守備が出来、そして、その守備から徐々に良い攻撃の形が見えてきた仙台は、給水明けにゲデス、松下の怪我から復帰してきたコンビを投入。4-4-2 から4-2-3-1への可変システムにし、彼らにすべてを託す。

すると、その采配が的中。78分にクバのロングボールをSBと競り合ったゲデス。
長沢、松下で時間を作りサイドへ展開すると、浜崎が言いクロスを上げて、長沢が頭で合わせて4試合連続ゴールを奪い、遂に仙台が先制する。

残り10分は4-4-2でブロックを作り体を張ってこの1点を守り切り仙台がアウェイの地で4勝目を挙げた。

最後に

ということで、修正して修正して最終的には4-4-2からの可変システムで勝ち切った仙台。
苦しかったあの日々の努力が無駄じゃなくてこうやってチームに戦略の幅を与えている。
という事を証明したゲームだったのだと思う。

そして、良い時には勝てる。でも、こういう悪い試合でも勝てるようになった。
というのも大きな一歩であって、このチームはようやく勝ち点を稼げるフェイズにまで上り詰めたのだなーと感心する。

いや、こんなレベル低いところで関心しちゃだめなんだけれども(苦笑)

そして、怪我人が戻ってきてこの日のように違いを作ってくれる。
残り4試合しかないけれどもそれでも、このチームは上に行ける!という証明をしようじゃないか!!

ハイライト


↑このページのトップヘ