スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン

前半


3バックに対する仙台の嵌め方

神戸は前節の札幌戦で上手くいったためか、このゲームも3バックを採用。
ただし、この3バックが仙台は嵌めやすかったように見える。
そして、嵌め方が前回3バックの相手だった札幌戦(こっちも札幌か)よりも進化していた。

仙台の嵌め方

仙台はマッチアップ対面主義と位置を守るハイブリッド。
ウイングは中に入ってハーフスペース突撃のパスと左右のCB持ち運びをけん制。
WBにはSBが対応し、イニエスタは浜崎がマンツーマン的につく。
椎橋は色々なところのスペースのカバー。
という感じで仙台は神戸を上手く嵌める事に成功した。

保持アタックはDH-CB間起点

さらに、仙台は保持アタックでも優位に立つ。
狙いは間延びしているDH-CB間。

保持アタック

特にイニエスタ裏を突く事が多くて、
そこにSBの柳、もしくは浜崎がそのスペースを使う事が多かった。
特に、柳はタスクが明らかにSBじゃなくて、シャドウとかIHとかに近いものであった。
そういう意味では石原を右に持って行ったような感覚か。
あと、シンプルに関口も空いていて、そこも使っても攻められる。
前節のマリノスがこの辺りのケアが完璧でなかなか攻められなかったがそれを経験しているだけに、十分な時間とスペースを与えられている感があった。
また、このエリアをケア出来るのが山口一人で空洞化している感じもあって神戸は辛そうであった。
なので、給水タイム後に修正をする。

先制点はクロップ式ゲーゲンプレス@ドルトムント時代っぽいやつ

と前節で話を振ったのにまだしない。
給水タイム直前に試合が動いたのでそこの話を。
仙台は前から嵌め込む事が出来たのは最初に書いた通り。

そして、先制点もその応用であったのだが、失い方が非常にクロップ式ゲーゲンプレスっぽかったので取り上げる。

先制点

吉野からのサイドチェンジだった。
が、ちゃんとウイングに通すというよりもSBに渡す。
逆サイドに展開してSBの西がサイドチェンジのボールを持った時に孤立していた。
そこに西村が圧をかければフォロー無く奪える確率が高くなる。
なので、必然のカウンターだった。(西も前に運ぼうとリスクを負ったので余計に)
ただ、クロップ式のように「相手に嫌な位置で持たせる」意図があったとは思えない、
たまたまな感じはあったけど、ハマっていてあのサイドチェンジで持たせた事でその局面を作りだす事が出来た。

給水タイム後の修正とその先をいった仙台

さて、そんな話を挟んでの給水タイムの話。
神戸は前プレスの的になっていたサンペールを一列上げて4-1-2-3の形に戻す。
それによって、保持時に空いた関口を埋める形になった。

飲水タイムの修正

また、IHの山口が1列降りる事でそこのスペースを消す事をやっていた。
ただ、それでも仙台はそれを上回る策を用意。
やはりイニエスタ裏である。
ここに長沢が降りてきて起点を作って仙台の攻撃は潰せなかった。
なので、前半は仙台ペースのまま折り返すことになった。

後半


4-1-2-3にした効果~守備編~

後半も4-1-2-3のままで試合に入る。
そして、ハーフタイムでかなり修正したように見えた。

後半守備修正

図のように対面守備ベースで前から嵌める神戸。
特にトランジション時に仙台のウイングをSBで見れるようになったのは大きな変化であった。
3バック時はウイングバックが高い位置を取るのでその裏でウイングが活きていたので雑にそこを預ければ何とか時間を作れたのだけれどそれが出来なくなったのが非常に大きかったと思う。

ただ、それで仙台の攻め手は柳へのロングボール大作戦であった。
真瀬じゃなくて柳っていうのがポイントで、真瀬が大外でSBを引き付けて柳が同じレーンちょっと内側(非ハーフスペース)を上がり神戸の守備基準をズラす。
そこからの攻撃は数回は出来ていた

4-1-2-3にした効果~攻撃編~

また、仙台が嵌めていたビルドアップも4バックに変化してから回避出来るようになった。

ビルドアップ

SBが浮くようになるのでここから展開出来るようになる。
中盤が1-2のアンカーに2IHだとここにIHなりウイングなりいくのだが、
この日の仙台は2-1なのでここに誰も行けない。
(ウイングが行くとはCBがそこのスペースから運ばれるので行きたくない)
なので、神戸が保持する時間が増えたのが後半だった。

ただし仙台も4-4-1-1で撤退しても中央消しながら我慢して守れたのが大きく
単純に中央を神戸に使わせなかった。
また、サンペールを関口が消したのも神戸に流れを渡さなかった要因のように思う。

追加点が大きな勇気に

後半神戸が持つ時間が長く仙台が我慢しながら過ごす。
そして、給水タイム後最初のプレーでゲームが動く。
スローインからだった。

山口を蜂須賀が球際かってドリブル突破。
ペナ角まで侵入して、マイナスの折り返し。
そこにピッチに入ったばかりの赤﨑が入ってすぐゴールに冷静に流し込み仙台が追加点
やっと結果を出した赤﨑。
この日決定機を生み出してた蜂須賀。
そして、給水タイム前にも椎橋にも球際負けて外されており強度が落ちた山口という面もあったと思う。

失点はシステム変更の対応が要因

最後に失点の場面。

直前に初瀬、藤谷、藤本を入れて3-1-4-2にシステムを変更になっていたのが肝だったと思う。

失点時

3バックの中央に入ったダンクレーが持ち運んで一発裏狙いのパスに小田が反応折り返しに藤本が詰め1点返すわけだが、
このダンクレーの持ち運びには赤﨑が蓋をしないといけなかったが、
この時フェルマーレンの方に意識がいってるように見えた。
これは、4バック時にはフェルマーレン意識でダンクレーの対応は関口だったため
赤﨑は関口に任せたのだと思う。
しかし、関口はこの前に山口をケアに一列落ちていてダンクレーに対応できず。
フリーで上がらせてしまったのが原因。
このあたり整理出来ていなかったのが惜しいなと。
ま、赤﨑の伸びしろでもある。頑張れ赤﨑!!

その後は仙台が飯尾がCBに真瀬がSBにおいて5バックで逃げ切り。久しぶりの勝利を手にすることになった

最後に

やっと勝った。
というのが本音。
だけど、まー勝てないけれど内容は柏戦以外悪くは無かった。
いや、むしろ良かったくらいなので、心配はしてなかったけど、やっぱり結果も欲しかったですよね。
結果というのは怖くて正しい内容、良い内容だとしても結果が出ない事で自信を失う事にもなりますからね。
そこのマネジメントが上手かったし、
この神戸という強大な戦力に勝った事で仙台は大きな自信を得たかなと思います。
若い選手がたくさんいるし、この試合も試合中チャレンジしてやる事が出来ていて
内容も前半は圧倒出来て選手は非常に楽しかったゲームだと思いますし
個人的にはこれで勝ち点のケチャドバ状態になるんじゃないかなと思います。

「お前らがこの試合を面白がれるかどうか!作戦どおりいったら、そりゃ面白い試合になる。面白い試合になれば観客も盛り上がる。お前達も余計楽しくプレーできる。そういう時だよ。自分の想像を超えたいいプレーができちまうって時は!」
達海 猛@ジャイキリのセリフなんですが、まさにこのゲームはこういうゲームだったんじゃないですかね。
真瀬も浜崎も慣れないポジションでもこういう体験が出来たのは本当に大きいなと思うのです。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン

前半


仙台の理想の形は14分のカウンター

まずは、いつものように時系列のお話じゃなくて木山さんが前半何がしたかったのか。
から振り返ってみる事にする。
木山さんがしたかったのは14分のカウンターの形だと思う。

基本的には各個対面処理していく。
そして、パスコースを限定し、出し先で奪ってカウンターであった。

理想

こういう形をたくさん作って点を取りたかった木山仙台。
ただ、これが出来たのは前半では14分だけ。
そして、そのたった1度のチャンスはジャーメインが朴に倒されるもPKにはならず。という紙一重だったが点にはならず。

ただし現実はそうはいかない

なぜ、たくさん作れず1度だけだったのか。
それは、各個撃破!思想なので、仙台の守備網は幅広く対応せざる得ない。
そして、この時サイドと中央の部分にスペースが空く。(ハーフスペースと言っているが)
そこを上手く使われてしまったのが前半だった。

現実

実際に、解説の小林慶行氏が指摘していたSBのインナーラップが複数回あったが、
それは、仙台が各個撃破!
で生まれたギャップをマリノスが上手く使ったためであった。

これによって、仙台は押し込まれ、奪っても仙台が押し込まれた状態での奪取になった。
奪取後は仙台が前線に蹴るロングカウンター大作戦もあったのだがろうが、正確に蹴る時間が無く、マリノスのボールを再回収するトランジションの速度に圧倒され攻め手を中々見いだせない前半となった。

後半


後半の修正は2度追い

ということで、うまくいかなかったので後半きちんと修正する木山さん。
素晴らしい。
修正の方法はウイングの2度追いであった。

後半の修正

そもそも、各個撃破でタイマンする必要がある局面と必要が無い局面があって
必要な場面だけタイマン。
必要じゃない場合はスペースを消しながらボールに圧力をかけていこうぜ!
という考えに変更。

ボールがサイドに出た場合は各個撃破!タイマンするぜ!となるが、
ボールが中央に戻ったらタイマンやめてタイマンする相手を背中でケアしパスコースを消す。
そして、ボールに圧力をかけて縦パスを出させ奪う。
前半1度きりだった縦パス奪ってカウンターが後半は複数回出来て修正は有効で手ごたえがあった。

想定通り間延びする中盤と仙台のカウンター

もうひとつ。
時間が過ぎるにつれてマリノスのトランジション速度及び強度が落ちていく。
65分すぎたところで仙台は最終ラインから時間を確保して前線のウイングに蹴る事が可能となった。
これも仙台のひとつの狙いだったと思う。

これで、徐々に仙台のカウンター回数が増えていきようやくウイングの二人が攻めの局面で特徴を活かせるようになってきた。
ここまで我慢して与えられたタスクをサボらずやってくれたご褒美が与えられる時間となった。

アクシデント!!!

ところが、さー暴れろジャーメイン!!というところで怪我(?)で離脱。
真瀬に代わる。
真瀬はウインガーでは無く独力て突破は望めない。
なので、松下入れて逆サイド展開から真瀬のクロスで仕留めようぜ!
という作戦に変更。
が、松下も投入直後怪我。
アクシデントで仙台の勝ち筋が消えていく。
この時に映された木山さんの顔が今も脳裏に焼き付いている。

無念すぎる…
交代回数を3回使っていたため、松下の代わりは入れられない。
ということで、急遽柳をボランチ。真瀬をSBに変更4-4-1 のような形に変更
が、急造ボランチはやはりきつく最後の最後でスペースを与えてしまいマルコスに決められ敗戦となった。

最後に

もうね。僕は見直しても何といって良いかわからない。
後半の修正からジャーメイン怪我前までの仙台のプランは完璧。
正直70分以降は勝ち申した!と思ったくらい。(決めるところ決められれば)
だからこそ、2つのアクシデントがすべてだったように思う。
ハードラック。
で済ませて良いと思う。
このレベルで戦えれば勝ち点は付いてくると言い切れるのでこのレベルで戦い続けることが重要だと思う。
負けたけどこの試合は良かった。
仙台の戦力だと良かったゲームすべてが勝ち切れるわけじゃない。
良かったけど負ける可能性は当然ある。
ただ、良くないと勝ち点は取れない。なので、切り替えてまた次の試合このレベルで戦えるように頑張ってほしいものです。
もちろん、今日の怪我人の影響でやれることが減ったぜ。となり苦しい状況になるかもしれませんが…

ハイライト




スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン

前半


似た者同士

仙台と柏。似た者同士だったと思う。
ビルドアップはお互いに最終ラインから前線へ蹴る。
仙台はいつも通り、ターゲットはゲデス&ジャーメイン。
ただし、1トップは赤﨑なのでそこはターゲットにはなりえない。
柏のターゲットはオルンガと両ウイング。
両ウイングは仙台が前に出たときに裏が空くのでそこを上手く付くような感じ。
お互い蹴るので仙台はいままで前から嵌めていたやり方が効果的ではない。
赤﨑がボールに食いつきすぎたせいもあるが、サボった札幌戦よりは食いついた方が心象に良い(苦笑)

前半立ち上がりはお互いストレス無く前線にボールを蹴れた。そこで優位にたったのは仙台だった。
06分の蜂須賀のクロスからゲデスのヘディングシュート。
13分の中原のサイドチェンジからジャメ道渕で右突破して最後混戦のシーンなど
出だしは悪くは無かった。

中原の起用の理由と頓珍漢な保持

仙台は中原をIHに使っていたが、どうやら仙台はいつもより蹴り合いせずボールを握りたかったように見える。
実際に中盤から繋いでいくシーンが多かった。

仙台の保持時の立ち位置

中原が落ちてきて、椎橋とWボランチになり、ゲデス-道渕がシャドウ的な立ち位置。
ウイングに石原とジャーメイン。
という立ち位置を取った。

たぶん、これはいつものように蹴り合いになると強度が保てないから保持しながら体力温存
という事を考えたのかなと思う。
ただし、この中原落ちるのが柏の前プレスの目標となってしまう。
20分の失点がまさにその形。
ジョンヤから中原に渡った時に三原に圧力かけられ十分な余裕ないまま縦に付ける。それを奪われカウンター。
そして、簡単にひっくり返され失点してしまった。

中原投入は川崎戦ではうまく機能したが、それはお互いに間延びした状況であった。
今回のように規律が保てていて強度がある時間帯で使えるほど整理出来ていない。

機能しない保持

また、そのユニット出来にもイマイチだった。
運ぶ役割だったジョンヤで良かったし、中原が落ちてくるのではなくてジョンヤのために高い位置取ったほうがスムーズに行った気がする。
また、落ちてくるのであれば運べない吉野側で落ちて蜂須賀と吉野を助けたほうが良かった。
この辺り凄くあべこべで頓珍漢な仙台だったと思う。
もしかしたら、その場のノリでやってみた。てへぺろ。であっても全然おかしくない雰囲気であった(地獄)


給水時の修正がゲームを決める

そんな、幼稚な仙台に柏のネルシーニョが大人な修正をする。
それが29分の給水タイムに契機に実施。
ここでの対応が勝敗を決める。

仙台がいつもよりボールを持ちたいと見抜いき、前から奪う作戦に変更。

給水後の修正

4-4-2に変更し、椎橋基準で2トップを待機。
中原には三原をマンツーマン的につけ、中央を封鎖。
ビルドアップを助けるために落ちてきたSBに対してSHが高い位置で圧力をかける。慌てて出て縦パスを奪ってカウンター。
という形であった。

これが見事にハマり40分に追加点を得た柏。
それだけでは無く給水タイム以降自陣脱出すら出来なかった仙台。
ロングボール大作戦も多くのメンバーがビルドアップを助けるために降りてくるので3トップが孤立。セカンドボールを拾えず地獄のような給水後であった。

後半


中原を下げないことで保持を整理

そんな自陣で地獄の無限ループにハマった仙台は中原をむやみやたらに下げるのを止める
また西村起用し、右ウイングで裏を狙わせる事でベクトルを前に向けさせず、今年の仙台に戻すと早速、ジョンヤのパスから赤崎が抜け出しクロスに反応した西村が押し込み、CASKからの復帰後初ゴールを決め、1点差に詰め寄る。
これで再び戦えるとなった状態になった仙台。

また、赤崎が重要にとどまらず左右に流れゲデスが中央にいるようなポジションチェンジは良かったと思う。
これも、その場のノリだった気もするが…

強度保てず間延びした状態での博打

がしかし、その戦えるぞ!となったのは一瞬であった。
中3日3試合目でコンパクトにできず間延びした中盤。
柏のGKからのビルドアップに対して仙台は前で嵌めようと試みる。
間延びする中盤

しかし、圧力掛からず高橋から簡単に逆サイドに展開され、最終的に中央の江坂に入る。
ここで、普段より椎橋が孤立していたが、
そして、その孤立してて味方の戻る時間を稼ぐべきだったはずの椎橋が博打で一発で奪いにいってしまう。
それをものの見事に外されオルンガへ。
やってはいけないオルンガと吉野のよーいドン。
ペナ内では赤子の手をひねるようにあっさり交わされ失点。
ゲームの行方を決める3点目が決まってしまう。

あゝ無情

その後はちょっとどうしようもなかった。
中盤間延びし個人の能力で戦うしかなくなっていた。
ただ、何度も(というか、ほぼ全試合で書いたが)仙台の最終ラインは質は高くない。
そこに、オルンガや江坂やら仲間の質でぶん殴れるとどうしようもなかった。

そして、最後には吉野の心は折れてしまいパニック状態に。
最後は荒治療。平岡を投入。吉野を一列上げる事を実施。

それでも、失点は止まらず。5失点の大敗となってしまった。

最後に

大敗であった。
そして、前半の内容を見るとそれは当然だよね。っていうほどちょっとグデグデな内容だった。
後半立ち上がりは上手く修正出来たように思えたが、強度が落ちて力尽きてしまった。
それがすべてだった。
吉野がどうしても悪く見えてしまうが、そもそもオルンガと対面であの形を作られたら代表クラスのCBではないと同じ結果になったようなように思う。
そうならないように前線から圧力をかけてオルンガに対して渡らないようにすべきだったが、その強度が保てなかった。
やはりかなり詰まった日程での疲労が蝕んだと思う。

従ってこの試合はあまりポジティブな面は無かったと思う。
しかしながら、西村がウイングでもだいぶ動き方が分かってきた。
とか、小畑君がちゃんと尻拭いしてやっぱりスーパーな事を示したりだった。

ただし、逆にいうとそれだけで、最後までファイトした仲間が羨ましく、そういう姿勢を見たかったな。というのが率直な意見である。
ただ、それは柏はやることがハッキリしているから出来る事でありこの日の仙台はそういう状態では無かった。

もう終わってしまった事なので切り替えて、そして修正してもう一度チャレンジしよう。
とりあえず、これで休めるのでコンディションを戻してもう一度戦える状況を作ってもらうしかない。

ハイライト


↑このページのトップヘ