この時期の中3日は本当にしんどいですね。
書く方もやる方も。
前節のセレッソはまだ見直してもいないのでアップには時間がかかります。

仙台について


スターティングメンバー

LINEUP111533358543532

名古屋について

この夏に大型補強。
この日も4人が夏の補強メンバー。
風間式で残留するという強い意志を感じる

スターティングメンバー

LINEUP111533358836776

前半

仙台の狙い

名古屋はこれだけメンバーが変わっていて、しかも前節台風の影響ゲームが無かったのでほぼ初見になる。
わからないところがたくさんあるが、
名古屋は風間式なのでボール保持に特化しているので、名古屋からボールを取り上げたい。 
ということで、仙台は2FW+2IHの四枚で前プレスを実施。

効果は抜群で20分くらいまでは仙台が圧倒する。

名古屋の前プレス対策

前プレスでボールを取り上げられた名古屋だったが20分過ぎに対策を打つ。

それは小林のポジションだった。
立ち上がりは小林が最終ラインに下がってパスを出す役割だったが、
その小林が1列上がってIHの空けたスペースにポジションを取る。
この位置の小林が前プレスの待避所になった。
この対応で名古屋がボールを持つ展開になる。

疲労を起因とする遅さに苦労する仙台

前プレスを小林のところで回避されボールを取り上げる事が出来なくなった仙台はインテンシティの低さに苦労する事になる。

特に前プレス交わされた後の戻りが遅かった。
1失点目はまさにその遅さが全てだった。
仙台右サイドでボールを動かされていたが小林が逆サイドに展開。
そして、ジョーに深い位置に侵入されたのだけれどもこの時に平岡か奥埜がジョー見て蜂須賀のカバーをしなければならなかったがその判断が遅れてしまった。

2失点目も疲労による一歩目の遅さだった。
小林からの縦パスを受けた和泉が奥埜と富田2枚を剥がされての失点だった。

これも、奥埜と富田が同時に和泉に行くも半歩遅れていて簡単に剥がされてしまったのが原因。 
まぁ、和泉のパス及び前田のすべてのプレーは完璧だったけど。

後半

仙台の修正

前半小林が中盤で持つようになって名古屋ペースになってしまった。
そこで前プレス隊を1枚減らして3枚変更。
そして、1枚減らしたことで小林のスペースを消すようになった。

仙台は343 のように見える時間が多くなった。
これにより名古屋から再びボールを取り上げるように成功する。
そして、この時間に1点を返すことに成功する。

押し込まれる名古屋の撤退守備

ボールを取り上げられた名古屋は撤退守備を実施。
そして、撤退守備をより強固にするためにジョー、シャビエルの2トップに変更。
前田を中盤に落とし4-4のブロックの強固を維持する作戦に変更。

これにより名古屋は2トップと4-4の間が開いてしまい名古屋はカウンターしか出来なくなるのだが、最終ラインの4を圧縮して
最悪6-2の撤退守備になっても良い。という事があったかもしれない。
実際仙台はレーンをすべて埋められてしまい仙台らしいレーン間の攻撃は出来なかった。

点をとるために

点をとるために、ハーフナーを入れ343に移行。
しかも、永戸が3バックの左に入る超攻撃的システム。

その中で平岡のクロスから石原のミドルがポストにあてるシーン。(これはハーフナー投入前だけど…)
また、中野クロスからハーフナーのボレーなど決定機があるけれどゴールを奪いきれない。
最後まで攻めるが勝ち点を得るゴールは遠かった。

最後に

前半の小林が1列上げたところが勝負の分かれ目だった。
あそこで対応出来なく、奪いところを喪失。
そこから2失点だった。

後半はむしろ仙台より名古屋の足が止まったし。コンディションの差はそれ程無かったのかもしれない。(それはそれで名古屋大丈夫なのか?)

あと、後半物理的にレーンを埋められてチャンスを作り出すことに苦労してしまった。
それでも決定機を2つ作ったが…決めきりたいところ。
試合はまたすぐにやってくる。
とりあえず、コンディションを取り戻すこと。
やれることはやっているので切り替える事が大事だと思う。

かなり時間が過ぎてしまったので実験を兼ねてやってみます。

セレッソのビルドアップと相手陣内での攻め

セレッソのビルドアップはサイドバックが出口になっていた。
ここから前進するのだが、外外からクロスという形は無くライン間攻撃だった。

このときサイドハーフが中に入ってハーフラインを使い、サイドバックが大外という攻撃だった。
このライン間攻撃には上手く仙台が532で迎撃していた。 


仙台の撤退守備

セレッソのサイドバック前進に関しては、前プレスをしない。もしろ、サイドバックに食いつきしないようにしていてた。
仙台の優先は532の撤退守備を作る事を優先する。
そして、532で迎撃する。
また、先程書いたようにセレッソは外外で運んで大外からのクロスはほとんど無くライン間攻撃だったが、そこには最終ライン5枚と中盤3枚の横スライドで良く対応出来ていたと思う。
セレッソはサイドのところで詰まる事が多く仙台の狙い通りになった。

532からのトランジション

さて、532でセレッソ迎撃は上手く行ったそこから、マイボールにした時の対応だか、
3バックでビルドアップする場合と、早めに2トップに当てる形があった。
3バックのビルドアップはセレッソの前プレスの仕組み後にお話するとして、
ここでは2トップに当てる時のお話を。

セレッソはボール保持時にSBヲ高めにそして、ボランチ2枚も高い位置に配置するがCBが上手く連動出来ておらず、石原と西村が使えるスペースが空いてるケースが多かった。
したがって、そのスペース起点に出来た。

セレッソの前プレス

仙台の3バックのビルドアップに対して、
山村ー杉本ー高木の前プレス隊を結成して、同数プレスを実施。

仙台はWBの高さが違う。
中野は低い位置でビルドアップを助ける。
蜂須賀はサイドチェンジの受け手に高い位置にいる。
なので、中野には福満を。
蜂須賀にはサイドバックの丸橋が見る。
なので、高木が3バックにいけた。

先制点はそのセレッソの前プレスから板倉がファールをしてしまったあとのセットプレーだった。

仙台のビルドアップ

3バックに同数プレスだが蜂須賀を下げる。
下げたときに丸橋がついてくわけにもいかず、ここが前プレスの退避時として機能していた。また、蜂須賀に入った時に平岡がインナーラップしてボールを運ぶ事も仙台の新しい形として定着してきた。

なので、あの板倉のファールが痛かった訳だが。

相手陣内での優位性 

セレッソは撤退したときに442なので、基本的にIHが位置的優位性を作り出せる。
基本的にはハーフスペースからサイドに流れてSBを引きつける。また、板倉が持ったときには、中野、矢島、西村そして逆サイドの蜂須賀と前へのパスコースがある。
これを全て潰す事は不可能である。
こうして、セレッソに対して優位に立て逆転出来た。

しかし、お分かりの通り少しアディショナルタイムで幼稚な対応で同点に追いつかれてしまった。

こうして色んな局面を整理してきたが、
セレッソの攻め手が足りなくもう少し3枚の中盤を揺さぶれたし、そうするともっと違う結果になったかなぁと思う。
また、外外のクロスが鳴く仙台としては守りやすかった。

仙台に関してはサイドバックには鳥栖戦の修正としてサイドバックに入れられても食いつかず撤退守備と言うことが出来たのは良かった。
サイドバックの前進にはそれで良いかなと。
ただ、この日はそれほど揺さぶられなかったらかや良いがかなりIHに負担がかかる。
その時どうするのだろうか?
というのはこれから気になる事である。

仙台にとってはリスタート。
え?水曜日?そんなものは無かった(笑)

サガン鳥栖について

なんと言ってもフェルナンドトーレス。
彼が合流し、本日ベンチ入り。
前節湘南に引き分け巻き返せるか。

スターティングメンバー

LINEUP111532697005002


予想通りの4312。
いつトーレスが出てくるか。

仙台について

前節コテンパンにやられたが、
あれは事故でマリノスにしか出来ないこと。
戦術的には問題無い。
だから、変に引きずらない事。

スターティングメンバー

LINEUP111532694145980
矢島がいきなりスタメン入り。
ハーフナーがベンチ入り。

前半

お互いに嵌まらないプランA

4312と3142なのでお互いギャップが出来る。そのギャップを上手く使えた方が優位にゲームを進められると思ったのだが、
共に嵌らなくゲームは膠着した。

鳥栖の狙い

仙台の両WBの裏を狙う予定だった。
ただ、仙台は早めにWBが下がり5バックになるためスペースが使えなかった。

また、お互いIHが噛み合うポジションなのでそこがマンツーマンのようになってしまったのも嵌まらない一因だったと思う。 
詳しくは後ほど…

仙台がコントロール出来ない理由

  • 鳥栖の守備に嵌められてしまった。
  • 矢島の動き方
と、大きく2つの要因があった。

まずは、

鳥栖の守備について

1.前プレス時
図のように富田以外は捕まる。
富田はフリーになることが多かったが、
体の向きが後ろ向きに貰う事が多く、富田から展開というのは少なかった。
また、時間をかけて前を向いても全て捕まっていてパスを出せなかった
1532695515085

2.撤退守備時
3トップのプレスを仙台のCBから富田のところまで下げる。
CBはフリーで持てるが出すところがすべて捕まり出しどころがない。
また、ビルドアップの出口のスペースを3トップに抑えられてCBが高い位置にボールを運べなかった。

1532695847183

こんな感じで、噛み合わないはずのシステムが噛み合ってしまい、マリノス戦に続き仙台はボールを運べない状態なってしまった。

矢島の動き方

さらにボールを運べない理由に矢島のボールを保持してない時の動きにもあった。

加入してまだ日が浅いため立ち位置を理解出来ておらずパスコースが作れなかった。
それどこか、WBの中野と一直線上になってしまい、中野へのパスをも消してしまった。

これにより左サイドは機能停止になってしまったのも大きかった。

鳥栖のプランB

30分過ぎに鳥栖がプランBに移行する。
小野を左サイドに置き、原川と高橋秀の2ボランチの442に変化。

中盤のSHをタッチラインではなく仙台の3ボランチ脇にポジションを取りSBに大外を使わせるように変化。
仙台の3枚の中盤を左右に動かし始める。

この時に矢島が引き出され左のハーフスペースに大きなスペースを作ってしまった。
そこのスペースを足がかりに鳥栖が攻撃を仕掛け一気にゲームのイニシアチブをとった。

後半

鳥栖は442のままだったが、
後半立ち上がりにトーレスと高橋義を投入。
高橋義が左サイドハーフ、小野とトーレスの2トップに移行。

仙台は矢島の守備の動きを整理し前半のような大きなスペースを作ってしまう事は無くなった。
しかし、鳥栖は右で作ってキムミンヒョクから一気に左SBの吉田にサイドチェンジしてボールを運び仙台を押し込む事に成功する。

また、60分以降、トーレスが前線から降りてきてスライド時に間が空く富田脇を使われる。
そして、そこのスペースを起点にしトーレスが決定機を演出する。

ただ、それでも点が入らない。
鳥栖は後半立ち上がりから高橋秀が攻撃参加を始めていた。その攻撃参加の回数が時間と共に増えていったが、
この時、高橋秀の空けたスペースのケアができておらず、ネガティブトランジション時の怪しさを見せていた。
これがこのゲームを左右することになる伏線だった。

仙台のプランB

押し込まれボールを運べない仙台は、阿部に代わり西村を投入すると、西村がカウンターでチャンスを作り、鳥栖のネガティブトランジションの怪しさを露わにしていくと、
残り10分にジャーメインを投入し4231に移行。
ロングカウンターに全てを委ねる事になる。

そして、84分に結果を出す。
トーレスのパスを平岡がハーフラインでインターセプト。すると蜂須賀石原と繋ぎ、ジャーメインにスルーパス。ジャーメインが絶妙な裏抜けからのクロスに西村が大外で合わせて、仙台が先制。

石原のいたスペースこそが本来高橋秀が埋めなければならないスペースだったように思う。

また、この6分前にも同じスペースを石原が使い西村への決定的なクロスを送っていた。
ここのスペースは明らかに仙台が狙っていたと思う。
そして、ジャーメインを投入してカウンターに迫力を持たせた仙台の戦略勝ちだった。

最後に

タフなゲームだった。
この試合もボールを運べずに苦戦を強いられた。
しかし、その中でカウンターで迫力をもたせられた。
という事実は結構大きい。
また、ショートカウンターは個人の能力に左右されるがその必要とされる能力を発揮出来たジャーメインと西村。
この二人には期待しかいない。
ジャーメインは後半戦2試合で1ゴール1アシスト。明らかにボールのない時の動きが変わりボールを引き出せるようになっている。
このアシストも上手くボールを引き出せていた。

そして、西村。
リーグ戦7ゴール目日本人トップタイに並ぶ大活躍。
去年は動きは良いけど、数字が欲しいと言っていたのに遂に数字まで付いてくるようになった。
彼は一体どこまで成長するのだろうか。
もう驚きしかない。

一方鳥栖は焦れてしまった。
高橋秀がどんどん攻撃参加し原川の方がバランスを取ろうと苦慮するのは切なかった。
高橋秀は責任感からあの選択をしてしまうのだろうが…
そういう意味では得点を取ればバランスは保てそうな気がしていて、トーレスが新しい鳥栖の武器として活躍出来るのはこのゲームで証明したと思う。彼がチャンスを作り出し得点を決めれれば流れが変わると思う。

そんなこんなでお互いに収穫はあったゲームだった

↑このページのトップヘ