スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_202011242228

前半


ハマらない仙台のセット守備とエヴェラウド大作戦

仙台は4-1-4-1 継続。
鹿島は4-1-2-1-2 という中盤ダイアモンドにした並びであった。
この時鹿島がボールを持った時に仙台はなかなか噛み合わなかった。

TACTICALista_202011242227

と、永木を下げて3バック化した時に、開いた犬飼に対して兵藤が食いつくと、
ハーフレーンが空くのでそこに、アラーノや土居が入ってくる。
となると、そこに対応するのが、SBのパラにどうしてもなって、中に絞らざる得ない。

鹿島は一列上がったSBに対してウイングの石原が最終ラインに吸収されるところまで下がらないといけないのは仙台にきつかった。

そして、その石原広瀬のところで寄せが甘くクロスを上げられたり、
土居、アラーノが片サイドに密集して、一人多い状況を作ってのクロスがあったりとしていた。
そして、中のエヴェラウド。彼はCBを避けてSBと競り合うのだけれど、柳では止められない。
なので、決定機を量産するもクバがビックセーブでなんとか無失点に抑えていく。

なお、鹿島の左サイドは大外が山本ということで、あまりクロスがあがならなかった。
これは仙台にとっては救い。
ここが離脱中の永戸で、左サイドからもクロスが入っていたら、
対応するのがパラだったため、ひとたまりもなかったような気がする。

仙台の保持時の鹿島の対応

仙台が保持するときには、2トップとトップ下の土居でCBとアンカーをロック。
鹿島の中盤3枚はボールサイドにスライドして仙台に時間を与えない守備を実施。

TACTICALista_202011242223

仙台の心臓である、椎橋をマンマークで止めておく。
そうすると、SBに預ける。
そこに、スライドしてアラーノが対応すると。
これで仙台の前進は止められた。

赤﨑の攻撃時にタスク問題とどこで時間を作るか。

中盤のビルドアップを止められたときに、赤﨑のタスクをどうするか。
長沢のようにロングボールのターゲットにはならないので、
中盤を飛ばす。ということは出来ない。

なので、単純なロングボールでは時間が作れない。
また、クエンカがいない事でボールが入った時に時間が作れなかったので、
仙台が自分たちで時間を作り、鹿島を押し込む事が出来なかった。

なので、縦一発の単発の攻撃に終始した前半であった。

後半


勝負の15分間 小さなミス。大きな代償

悪いながらも0-0でプラン通り。
後半頭から長沢を投入し、勝負するが、開始直後に失点。

最初の失点は、前半の続き。エヴェラウド大作戦。
右サイドに片寄せされ、アラーノが余ったところからクロスでエヴェラウド。

2失点目はシンプルGKのロングボールに平岡が上田に競り負けセカンド拾われ
アラーノが追加点。

3失点目は、浜崎のコントロールミスからパーフェクトなカウンター。

あっという間の3失点であった。
仙台としては、小さなミスだったり、寄せきれなかったあり…
そこをきっちりと点を決めてくるのはさすが鹿島という感じ。

反撃は3バック。色んな事を整理する

さて、仙台は3バックにする。

TACTICALista_202011242221 (1)

これで、流れを変える事に成功。
左のCBに入った椎橋がボールを運ぶとアラーノが対応。
大外WBはフリーで時間がある。
それは、シャドウに入ったクエンカがSBをピン止めしているためである。
なお、SBがWBに出ていくと、アラーノが前へ行ってしまうのでクエンカが空くので、
どうしてもSBはWBにいけない。

TACTICALista_202011242221

なので、WBが時間がある。
そこを、活かしWBから長沢へのクロスから長沢が合わせて1点は返す。
(クエンカが中央でのサポートと椎橋のオーバーラップも最高だった)

ただ、その後は鹿島は4-4-1-1に変更。
仙台は関口を入れて3-1-4-2にしたが、それは上手く対応されて反撃は1点止まり。

結果1-3での完敗だった。

最後に

正直に言えば時間が欲しかった。
もう少し対鹿島を落とし込みたかった。あまりにも無策であって、それをピッチ内で修正出来るほど大人なチームではないから。

特に前半のエヴェラウド大作戦で、ウイングがあそこまで落ちるのがいいのか、SBで対応するのがいいのか。
というところが最後まで決まらなかった。

3バックはオプションではあるが有効で1点返す事が出来たのは良かったとは思う。
4バックでも3バックのような振る舞いは可能だと僕は考えているので、
やなり中2日という短い準備期間がすべてだったのかなーとは思う。

そして、まだ休めない。
こんどは中3日でアウェイ鳥栖。
準備期間がなかなか取れない厳しい戦いが続くが、鳥栖には前回の借りがあるので、
アウェイの地ではあるが借りを返せるように戦ってほしいとは思う。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_202011211438

前半


東京の守備とスイッチ入れるタイミング

FC東京の守備はCFWの永井で椎橋を消しにかかる。
CBに対してはそれほど激しいプレスには来ない。

ただし、SBに入った時にプレスのスイッチが入る東京

TACTICALista_202011211440

そんな感じで仙台はなかなか前に運べない。
アンカーを消されると結構辛いぜ。という事が分かった時間であった。

CBから展開出来れば…

そんな中で19分の決定機(前半唯一のシュート)はCBのジョンヤから展開されたものであった。
アンカーを潰すのでCBがフリーになる。
ならば、CBから展開すればいいんだぜ!!!というシーンであった。

ただし、それが一度しか生まれなかったのは残念だったぜ!というお話。
それと、右サイド側には問題があったので確かにスペースが無かったのも要因の一員かと思う。

山田と佐々木問題

その右サイドは山田と佐々木の立ち位置が近すぎたのが要因。

TACTICALista_202011211441

近いので安部が一人で対応できる。
安部はスーパーで切り替えが早し運動量もあるしでここを安部一人で制圧されてしまった。
もう少し受けるレーンを変えて離れるとかお互いを見て自分の立ち位置を決められるようになりたい。

そして、失点の時も山田佐々木が一列に並んでしまってパスコースが無いところを
山田が無理につないで失ったところだった。

前節もそうだったけど、この辺りはまだ決め打ちなんだな。
これからの部分だとは思う。

東京の保持は高萩がめんどくさい

東京の保持の部分も仙台は苦しんだ。
その要因はアンカーの高萩。ここをなかなか潰せなかった。

仙台は前から嵌めたいので、長沢がCBに行くと高萩が空いてここから展開されてしまう。

TACTICALista_202011211442

なので、長沢がアンカーとデートに切り替えるが、それを見ると高萩が最終ラインに下がって展開。

TACTICALista_202011211443

と臨機応変に対応される。
決め打ちの仙台に対して、相手を見て立ち位置を決められる東京。
と完成度の違いを見せつけられる前半だった。

後半


CBで運べばいいんだろう!

前半はアンカー消されて苦しんだ仙台だったが、
だったらCBで運べばいいんだろう。ということでCBでボールを運び始める。

TACTICALista_202011211446

右サイドは浜崎が入って立ち位置が整理出来たので、ジョンヤの縦パスが活きる。
左サイドは平岡が運んでIHを引き出して、左サイドの3人で崩していく。

前半前進していたのに苦労していたが後半はきちんと解決した仙台

怪我から帰ってきた男part1

それでも、仙台は修正すればよい。
ということで、佐々木のところに浜崎を持って行き、浜崎のとこに怪我から帰ってきた男兵藤を投入。

そして、兵藤がいきなり結果を残す。

仙台はこのように、ボールホルダーを追い越して深さを作りたい。
これは前節からそんな感じだったが、
それを怪我から帰ってきた兵藤がバッチリと実演し、同点ゴールを生んだ。
さすがだぜ!兵藤!

赤﨑のタスクと左サイドでのノッキング

仙台が徐々に良くなってスコアも追いついたが、セットプレーで突き放された仙台。
65分に長沢に代えて赤﨑を投入する。
ただし、これで仙台はノッキングしてしまった。

理由としては
・リードしたことで東京が撤退して後ろのスペースを消したこと。
・長沢が居なくなったので単純なクロスが上げられなくなり、どう攻略するか迷った

ことであった。なので、押し込むがペナ中にに入れないし、クロスも上がらず、ノッキング
という現象が発生する。

そして、赤崎。
長沢のように高さで仕事が出来ない。
撤退されてるなかでスペースもない中で自分の居場所をひたすらに探すのにさまよっていた。

長沢のようなタイプはゲデス離脱している以上いないので、赤﨑が入ったらどうするか。
はチームとして詰めていきたい。
ヒントは78分の飯尾のクロスからファーサイドでフリーでシュートを打てた松下。
このシーンだと思う。

怪我から帰ってきた男part2のゴラッソ

押し込むが…という展開を強いられる後半。
それを打開したいのは、またしても怪我から帰ってきた男。松下だった。
IHで途中出場から、最後はアンカーにポジションに映していた。

で右サイドで詰まりかけたが、それを山田がフォローし、ペナ角で起点を作ってポスト。
これを松下がぶち抜いて同点のゴラッソ。

縦が詰まった時には横でサポートして、ポストで2列目に預ける。というこれからやるべきことが詰まった素晴らしい同点弾だった。

これ以降は仙台のペースで決定機を2つ作るがこの日J1初出場となった児玉がチームを救うビックセーブ。
そして、アディショナルタイムは逆に東京が決定機を迎えるがクバがビックセーブ。
と終盤はお互いのGKが素晴らしい仕事をして
2-2のドローとなった。

最後に

まずは、ガンバ戦がたまたまではない。という証明は出来た試合だった。
そして、怪我人が戻ってきてもこのやり方でやればいいことも分かったし、
復帰した選手がチームをより高みに持って行くことが出来る証明でもあった。
ようやく仙台がチームとして戦える仙台になる証明をしたゲームだったと思う。

ただし、まだ勝てない。
このチームは勝てずに一度壊れている。
なので、結果が欲しいのは間違いない。良いゲームだった。で終わらせちゃいけない。
勝つのにはまだ、失点が安い。
2点とも崩されたわけではないし、防げる失点だったと思う。そのあたりはもっと厳しくしていかないといけない。

ただ、この日は普段より戦えていて際どいところにもカードで止める事が出来てきた。
この日たくさんのカードをもらったが、それは闘えている証拠だと思う。
内容は充実してきた。
なので、やなり結果だ。結果が欲しいのだ。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_202011172216

前半


4-1-4-1の整理されたボール保持について

ここまで苦しむ仙台。唐突に4-1-4-1に変更。
そしたら、突然色んな歯車がかみ合いだす。
驚き。
1週間前色んな要素があったとしてもチームとして壊れてる感があって、
どうやって勝てる状態では無かったが、、、

さて、保持のお話。
やっと、ひし形が復活。

TACTICALista_202011172212

これによって常に複数のパスコースが作れるようになった。
4-4-2の時はSBに追い込まれて、そこでパスコースが無く奪われるか、とりあえず適当に前に蹴るしかなかったが、
この日はSBに追い込まれてもIH、アンカーへのパスコースもあり奪われなかった。

さらに、アンカーに渡ると、サイドチェンジして局面を変えれる。
ということでガンバは前で奪いところが無かった。

クエンカが持つと動き出す

さらに、この日はクエンカがようやく機能する。
クエンカが持つと、周りが彼を信じてクエンカを追い越す。
クエンカは追い越していく選手に時間とスペースを作れる。

TACTICALista_202011172212 (1)

そこからチャンスを作りだしていく。

そんなクエンカだったが、
先制点はクエンカが裏を取ってから自分でペナ角攻略してからのマイナスのクロス。
長沢がそれを合わせた形だった。

周りを使っていたクエンカが自分で仕掛ける見事な攻撃であった。

さて、さらにこの時だが、仙台は左から右に局面を変えて、
さらに右から左に戻って左右に振った。
この時にスライドが遅れてSBが孤立したところをクエンカが裏で勝負した。
そんな得点でありパーフェクトであった。

非保持の設計とガンバの問題

保持局面から先制できた仙台。
非保持でも、安定はしていた。

基本は4-5-1での撤退。

TACTICALista_202011172210

これに対してガンバは片方のSHが絞って中盤がアンカー+IHみたいな形に変化する。
中央が3枚になる事が多いので仙台は噛み合う。

さらに、ガンバのCB陣はドリブルで運べなくパスでしか運べないのでより、2列目を突破する事ができず、保持局面ではガンバが苦労していた。

唯一の負け筋と対策

でも、負け筋はあって、仙台が前で嵌めようとしたときにちょっと怪しくなるケースがあった。
クエンカがCBに行ったときにパラの裏を突かれて、ピンチになる事があった。

TACTICALista_202011172211

なので、仙台はクエンカは大外のSBで止める。
中にはなるべく入らない事。
その代わりに、前から行くときはIHが背中で縦のパスココースを消しながらCBへ圧を掛けていくようになった。

TACTICALista_202011172211 (1)

これで、仙台はある程度安定した。

そして、ゲームは前半終了間際にCKから長沢が頭で流し込み
0-2という願ってもいない最高の形で前半を折り返す事に成功。

後半


ガンバの修正は両SHで幅を取りからパラ裏攻略

前半はSHの片方を中に入れていたガンバだったが、後半は両SHが幅を取る。
そして、ボランチから対角のパスを入れてパラの裏をSH取る形で攻勢に出るガンバ。
TACTICALista_202011172214

この方法で50分及び56分とクロスを入れてチャンスを作ったガンバ。
仙台はかろうじて跳ね返していく。

幅取り対策の柳投入とそれで生まれた問題点

この形を2度食らったところで、柳を投入して裏のケアをする。
パラより柳の方が裏のスペースは消せるためである。

ただし、柳を入れた事で、柳-浜崎-クエンカが大外で一直線に並ぶ時間が出てくる。

TACTICALista_202011172215

一直線に並ぶと、前半のようにパスココースが作れず、サイドで奪われてカウンターを食らう。
パラだと、大外だけじゃなく中にも入れるので一直線に並ばなかったし、
また浜崎が大外まで顔を出す事がなかったが後半は外に張りすぎたのだと思う。

なので仙台は少し苦労した。

そうなっても、この日の椎橋はスーパーで受け手として捕まっていても体の使い方でマークを外す事が出来た。
それが、如実のシーンは68分の椎橋のシーンだったと思う。

椎橋はどうもDHで相方の動きを気にしながらなんやかんやするのがどうも苦手で
アンカーで一人でやったほうが色々とパフォーマンスを出せるらしい。
不思議な子である笑

時間と空間を作り出すクエンカ

正直、ここまでまだ勝ちとは言えななかったしある程度ガンバが持ちなおした時間もあったが、
クエンカと佐々木、そしてこの日の英雄。長沢がゲームを決める。

相手のGKを奪って(どうやって奪ったかはDAZNではリプレイ中だったので確認出来なかったが…)

椎橋からクエンカに渡す。
クエンカが中央でドリブルを開始。ただし、ゆっくり進みガンバの選手を中央に集める。
集まったところで、フリーになった佐々木にリリース。
佐々木のクロスから長沢が叩き込んだ。

この日のクエンカはこのシーンが象徴的なのだけれど、
相手を引き付ける事で周りに時間と空間を作り出していた。
これによって仙台の他の選手がイキイキとプレーできた。
ようやく、クエンカの良さを知ることが出来たゲームでもあった。

ゲームは決まった。
それでも手を緩めない。最後は柳が突然縦に仕掛けあれよあれよとペナまで運んで足を思いっきり振ったことでサイドネットを揺らした。
これで、4-0。

ちょっとこっちが驚くほどの完勝であった。

最後に

驚いた。
長らく死んでいたチームが突然システムを変更してここまで復活するとは。。。
想定外だし、こんなケースはなかなか体験したことが無い。

03年の未勝利を止めたのもガンバ戦であったがあの試合は10回やったら9回負けるゲーム内容でよう勝ったというやつであったが、
この日は10回やったら7回は勝てるゲームで、内容も伴った勝利であった。

それと、この試合仙台は良かった。これは間違いない。ここまでで当然ベストゲーム。
ただし、ガンバは怪我人もいたりコンディションが悪かったのはみてて思った。
やはり、今年は日程が厳しいので、コンディションが保てない。
だから、このように落とし穴に突然嵌る事もあるんだなと感じたゲームであった。


ハイライト


↑このページのトップヘ