開幕です!

開幕の相手は柏レイソル。
彼らはACLで既に3試合消化しており、ある程度データは入ってるので、そこをアドバンテージにしたい。

今年の柏の特徴

ビルドアップ隊

柏のビルドアップはキムボギョンが最終ラインに加わって3+1でビルドアップ隊結成する。

アタッキングサード

アタッキングサードでは、クリスティアーノが基本自由に動く。
ときに左右大外まで開く。
このときに、両サイドのハモンと伊藤がハーフスペースを使う。
ただ、江坂がこの動きにまだ連動できておらず江坂は消える場面が多かった。
右の小池と伊藤は大外とハーフスペースを被らないように使い分ける。
左のユンソギュンとハモンロペスはそこまで連携とれず。という感じ。

守備について

守備時は両サイドを狭めた4-4-2での圧縮守備。ただし、セレッソほどはっきりとはしていない。
仙台のビルドアップ隊に対する遊撃隊は
1+3で結成。これで同数プレスで嵌め込むのが狙いだと思う。
言い切れないのは仙台のビルドアップ隊が柏の想像していたものと違い嵌め込む事が出来なかったため。

仙台の対柏作戦

仙台は3-5-2富田アンカーを採用。

このシステムは「対和式密集型パスサッカー」になりそう。
ボランチが下がって3-1のビルドアップに対して2トップ+2インサイドハーフで同数プレスで嵌め込む。
突破されても、アンカー富田がフィルターする。
という仕組み。

対柏作戦の副作用

当然システムを変えるので、副作用があります。
良い副作用もあったし、悪い副作用もあった。

良い副作用

良い方に出たのはビルドアップの形が増えたこと。
3-1でのビルドアップ隊が基本形なのだけど、
富田が最終ラインに入って2-2でのビルドアップ隊や、2-1でのビルドアップ隊など形が増えたことが良い副作用だった。

悪い副作用その1

前が2-2(2トップ-2インサイド)に、なったことで、5レーンを使うのが難しくなったこと。
1-2の場合スタートポジションが5レーンの真ん中3レーンなのだが、2-2の場合スタートポジションのレーンが重なってしまうため、ずらさないと5レーンの真ん中3レーンが上手く使えない。

悪い副作用その2

シャドウからインサイドハーフになったことで、FWと中盤の距離が開いたこと。
インサイドハーフのポジション取りがものすごく難しくてFWに近づき過ぎちゃうとビルドアップ隊との距離が開き、パスが回らなくなる。
逆にビルドアップ隊に近づき過ぎると2トップが孤立しちゃう。


これらの2つの副作用と付き合って行くことになる。
という前置きがあって

前半

仙台の柏対策は嵌まるが…

前置きに書いた柏対策でビルドアップ隊を封殺出来たが、
「副作用その2」の影響で2トップが孤立。
ロングボールが増える。
距離感が悪いので、セカンドボールが回収出来ず攻撃が単発でチャンスが作れない。
仙台の唯一のチャンスは柏GKのパスミスを阿部が拾った場面のみで、仙台が意図的に作り出したチャンスでは無かった。

柏の決定機

8分と39分の2回。
39分は伊藤の個人技で4人抜かれたシーン。
個人能力の差が出たシーン。何でもないところから決定機を作る。

8分が唯一仙台がチームとしてやられたシーン。
富田が左サイドに流れたスペースを使われた。平岡がそれに気が付きスペースを埋めに行ったが時に既に遅し。
あの場面富田が左サイドでカウンター阻止。セカンドボールを拾った奥埜が縦に入れたんだけど入れた場所が良く無くて奪われ、再度カウンターを食らった格好だった。
確かに富田と競った江坂の動き直しは早かったけれど、あの場面奥埜が時間を使うか圧力のない場所に入れるべきで、奪われては行けない状況だった。
致命的なミスだったと思う。
それをカバーした大岩ナイスでした。(手に当たってるようにも見えるのでPK取られてもおかしくないプレーだったけれども)

後半

仙台の修正

仙台がうまく行かないのは仙台自身の問題で、中盤と2トップの距離が離れすぎたこと。
「副作用その2」である。
解決するために仙台が出した策は阿部を中盤に落とす(柏ボランチの前でボールを受ける)事だった。
ここで起点を作ることによってインサイドハーフの野津田&奥埜が前半より前に行けるようになり仙台が主導権を握った。

53分にスローインから古林がクロス。これを大外で板倉が合わせ先制。
このシーンは、柏のスローインの守備が緩くなっていた。(詳細はリプレーが流れていたため、確認出来ず)
大外で小池vs板倉を作り出した時点で仙台の勝利だった。

柏の二枚替えの狙い

さて、この6分後柏が二枚替え
ハモン→瀬川
大谷→小泉

これで、瀬川と江坂の2トップ
左サイドにクリスティアーノが出る4-4-2の形になる。
この狙いはたぶん富田を中央から動かすために脇をクリスティアーノや瀬川、江坂の出入りで富田脇のスペースを使う作戦。
また、小泉がビルドアップ時最終ラインに入ってキムボギョンを前に上げることで彼のドリブルでインサイドハーフを剥がし富田のところを動かす狙いだったと思う。
狙らったアンカー脇を実際うまく使えたのは、62分のケース。
そして、80分以降の仙台の強度が落ちてキムボギョンがドリブルで奥埜を剥がしたケースのみだった。

仙台のDFラインとアンカーのインサイドハーフの距離感が良く誰がスペースを埋められる距離にいた事が要因。

最後には中山が二枚目の警告を貰い退場し、仙台が何事もなく試合をクローズ。

最後に

ということで、仙台の柏対策がハマり柏は思うように試合をコントロール出来なかった。
途中から富田の脇を狙う作戦に変更したが、そこも仙台が上手く対応したゲームだった。

仙台の3‐5‐2富田アンカーは柏を自由にさせない事には効果的だった。
しかし、「副作用その1」が最後まで解決出来ず5レーンをスムーズに使えないことで、3-4-3時のように殴り倒す事は出来なかった。
そこに関してはトライアンドエラーで立ち位置を微妙に修正していけば解決するので、大きな問題では無いと思う。

開幕戦で成長を見せ、さらに伸びしろがある事を感じさせながら勝つというのは最高の結果だったと思う。

さて、シーズンインまであと一週間ですが
シーズン始まる前に一度ベガルタ仙台の立ち位置を自分のために整理しておこうと思うのです。

ベガルタ仙台の流れ

我がチームベガルタ仙台は2013年からボールを握って相手を崩す事が出来るように試行錯誤を繰り返しております。

2012年に優勝目前で勝てなくて何が足りないのか。と考え出した答えです。
しかし、手倉森さんはそのボールを握る事を具現化出来ず挫折。
引き継いだアーノルド氏に至っては何も出来ぬまま挫折し一度頓挫します。

引き継いだ渡辺さんは原点回帰ということでその道を閉ざしました。

再度、目指す動きは2015年からでした。
形になったのは15年の天皇杯。柏戦。
藤村をボランチに置きビルドアップの起点をやらせやっと動かせるようになったのです。

16年に 三田を獲得。
藤村のようにボランチでビルドアップの起点をやらせました。
その結果ボールは動くようになりましたが相手を崩すまでに至らず。勝ち切るまでは行きません。

この原因は和式密集型パスサッカーだったためだと僕は思っています。
和式密集型パスサッカーについては後ほど説明します。

17年は持ちながら崩すために和式密集型を辞めチェルシー式(渡辺さん談)の導入します。
僕個人の感想ではチェルシーでは無いんですが、凄く欧州っぽい人を分散させピッチを広く使う仙台式分散型パスサッカーが最終的には出来上がりました。
 
この仙台式分散型パスサッカー(ポジショナルプレーとか言ってますがそんなことは知らないのです笑)これをもっと磨く事が今年のタスクとなります。

和式密集型パスサッカーと仙台式分散型パスサッカー


さて、
  • 和式密集型パスサッカー
  • 仙台式分散型パスサッカー
という2つの言葉が出てきましたがどちらも僕しか使ってない言葉です。
このあたりは日本語化出来ておらずなかなか難しいわけです。

今回は勝手に言葉を作ってます。

和式密集型パスサッカーとは

日本でポゼッションサッカーとか攻撃的サッカーというと大体これに当てはまります。
具体的なチームとしては、
日本代表が岡田監督の勝てなかった時のサッカー(ワールドカップ本戦は別)
川崎フロンターレ

などが当てはまります。
なお、17年の川崎フロンターレは和式密集型パスサッカーの最高傑作です。

図を見るのがわかりやすいと思います。

Image-1~2

1例ですが、
①&⑥がSBで高い位置で外を使いますが、
それ以外はみんなボールによってきます。
ボランチの一枚⑤が下がり3バックに
攻撃のスイッチを入れる縦パスを出す役割はボランチ④
たまに、CBも縦パスを出す役割をこなしますが基本的に中央でスタートします。 
大外はあまり使わず中に絞ってきた7&8が受ける形になります。
この場合当然ですが、相手もボールに寄るのでお互いに狭い場所に集まります。

したがってビルドアップ隊は
密集地帯を突破するためにパス精度が求めらます。
さらに、前に残るボランチ④やアタッカー陣(⑦&⑧&⑨)は狭いところでもキープ及び自力で前を向いてパスを出す能力が求められます。

ざっくりですが、この狭い中でボールを繋ぐのが和製密集型パスサッカーです。
仙台に話を戻しますが、
16年の仙台には狭い中で相手を突破する事が出来る選手はいませんでした。

仙台式分散型パスサッカー

Image-13~2

で、仙台が17年に目指したやつはこんな感じ。
基本的に図のように人が分散し、ピッチを5つ縦に区切った時すべての場所に仙台の選手がいるようにします。
こうすることで、
相手が密集地帯を作れないようにする。
もしくは、密集を作ったとしても密集地帯を避けて攻撃することが出来ます。
和式密集型パスサッカーでの問題点だった
密集地を突破するパス精度やキープし前を向く能力が必要無くなり仙台の選手でもボールを動かせるようようになりました。
これが17年パスが回った理由です。

仙台式分散型パスサッカーの守備

問題は守備です。
守備は17年に整理出来ませんでした。
それが勝ち切れなかった理由だと思っています。

唯一あるのがウイングバック(⑤&④)が最終ラインに降りてシャドウ(⑥&⑨)がサイドハーフに落ちて5-4-1で図のように撤退守備をやるのです。これを僕はポイチ式撤退守備と言っています。

Image-133~2


問題はウイングバック及びシャドウの移動距離が長いのでどうしても守備形成に時間がかかり、トランジションの時に優位にたてない。
また、自陣に撤退するために一度ボールを相手に渡ると、ボールを奪い返したとしても自陣からやり直しになってしまうという問題があり攻撃を継続できません。

仙台式分散型パスサッカーを完成させるには相手陣地で奪う守備の形成無くしてありえない。
というのが僕の考えです。
一度奪われても前で奪い返すことによって再度相手陣地から攻撃を始めることが出来、常に相手を押し込み攻撃することが出来ます。
やはり、一度の攻撃で攻めきるというのは難しいですから何度も何度も繰り返す必要が出てきます。
この繰り返しを「仮想ポゼッション」と定義しておきましょう。きっといつか説明することになります。

なので、撤退守備では無く圧縮守備で奪い返す事を仕込みたいわけです。

これが今年のミッションだと思っています。

おまけ:ミシャ式

浦和のミシャ式がポイチ式の撤退守備を導入せず前から奪う事に拘ったのもこの理由からだと思います。

図はミシャ式のボール保持の形です。

Image-1333~2


4-1-5になり中盤をボランチ一枚にし空洞化することで密集を作らせず、⑤が圧力を受けないようにしています。
この⑤が圧力を受けないことにより、パスを自由に捌くといのがミシャ式の柱だったと思います。

前の5トップに注目し、5バックにして、5vs5を作り守ろうとする策を何度もみました。しかし⑤に対しては何も策を打たず自由にしたために守りきれないチームがたくさんありました。

ミシャ式の問題点

さて、この中盤の空洞化ですが攻撃時にはメリットでした。しかし、前で奪い返すのには大きなデメリットになってしまいました。

Image-13333~2

奪い返すためにはどうしても圧縮守備が必要になるのですが、中盤に一枚しかいないですから、中盤にスペースがたくさんあり圧縮出来ずどうしてもこのスペースを使われボールを運ばれてしまうのです。
それでも前で奪い返すために無理やり最終ラインから人を引っ張ってきました。そうすると、後ろにさらなるスペースが出来るので、致命的なカウンターを受ける事になります。

ミシャ式の中盤の空洞化+前から奪う圧縮守備は絵に描いたモチでした。
これがミシャ式の終焉でした。

そういう意味ではポイチ式撤退守備の方が理に適っていたかなとは思います。
ポイチ式は別の理由で終焉を迎えましたが…。

最後に

色々シーズン前に整理してみましたが、やっぱり難しいな。というのが正直な感想です。
知識というよりも言葉が無いので説明するのにとても難しい。

自分の中の言葉を振り絞りましたがそれが逆に伝わり難くしてるかもしれません。

開き直ると、それでも自分のためにはなったのでいいかなぁと思っています。
仙台は圧縮守備でボールを相手陣内で奪い返せれば完成すると思います。
和式密集型パスサッカーの川崎は今年どのような進化を見せるかも楽しみです。
また、ミシャ式札幌がこの限界をどう超えてくるかも楽しみです。

今年の順位予想したけど去年どうだったのよ。というお話がありまして、どうせなら反省会でもしてみましょう。

正解数は0ということで、1つもあたっておりません。
ニアピンの±1が
  • 鹿島
  • 新潟
  • 甲府
の3チーム。
逆に±5以上なのが、
  • C大阪
  • 磐田
  • 鳥栖
  • 神戸
  • 東京
  • 大宮
の7チームもあり無能感漂います。
簡単に個々を振り返って見ましょう

1位川崎(予想:4位)

監督交代後1年目ということで4位以上の成績は与えられなかったです。
鬼木さんでも問題ないとは思ってましたが1年目から優勝しちゃうとは思いませんでした。
鬼木さんの良いところは守備を仕込めることですよね。
16年シーズンからゾーン守備を仕込んでるなとは思ったのですが鬼木さんの仕事だったんですよね。17年シーズンの川崎、そして、風間さんの名古屋を見て確信しました。

2位鹿島(予想:1位)

石井さんを解任させたいというのが燻最後まで響いたように感じています。元から解任させたい空気が出でしたが、逆転でのJ1優勝からクラブワールドカップでの大躍進で解任出来なくなってしまったわけです。
17年のACL敗退を理由に監督交代に持っていったわけですが、
大岩さんに代わって大きく戦術を変えたわけではなく、石井さんの時より戦術の幅が狭まった感があります。
それが最後勝てなかった理由かなと思います。

3位C大阪(予想:12位)

昇格プレイオフ枠で12位はこれ以上出来ない最高評価のつもりでした。
それを余裕で超す3位はちょっと予想することは無理でしたね。
選手に自由を与える大熊さんから規律を重心するユンジョンファンになって選手の反発とかどうかな。と思いましたが全くそんな心配はいりませんでした。
戦術も鳥栖時代より磨かれていて4-4-2のライプツィヒっぽい圧縮守備からポジティブトランジションで優位に攻める方法はJリーグではとても新鮮でした。

4位柏(予想:11位) 

この順位はちばぎんカップ見たあとにつけた順位でブラジル人3トップで殴るというのが非常にバランス悪くここまで高い順位を予想できませんでした。
シーズン中に良く修正したと思います。
中川が前で頑張ったり、両サイド伊藤、ハモンからのクロスなど段々に良くなってきて気がつけば4位のACL争いまで言ったのは流石でしたね。

5位横浜FM(予想:2位)

中村の放出で色んな騒ぎになった横浜。
でも、このチームは一定の基準で選手を評価してるため問題ないし、むしろ中村の扱いに困ってた部分があっていない方が良くなるんじゃないかなぁと思っての2位でした。

ほぼほぼ予想通りで個人的には満足してます。
ただ、やっぱりプランBを仕込め好なかった事が響いて上位進出ができなかったですね。

6位磐田(予想:15位)

中村が入ったのは攻撃には良い影響はあると思いましたが守備の部分でデメリットが多くそこがどうしても足を引っ張るような気がしてました。
しかし、ムサエフが凄くいい選手でそのデメリットを打ち消す活躍ぶりでした。
ムサエフと組んで川辺も凄く伸びました。
その強力なダブルボランチに支えられ中村が自由に攻撃に専念できたのがこの順位までこれた要因だと思います。
お見事でした。

7位浦和(予想:5位)

16シーズン年間1位もレギュレーションで2位だったわけですが段々ミシャ式に陰りが見えてきた感じがなんとなくしてました。
しかし、正直ここまで崩れるとは思ってませんでしたが…
ミシャ式終焉後、堀さんが4-1-4-1にしてシンプルな可変無しのシステムで立て直しには成功。
褒められた戦い方では無かったですが武藤や長澤など戦える選手を多く起用し泥臭く戦いアジアの頂点にたったのはお見事でした。

8位鳥栖(予想:13位)

フィッカデンティ二年目でしたが凄くフィッカデンティっぽいチームになってきました。
前の運動量を強化したかったのか、豊田を外し田川を起用したのは驚きでした。
最初の頃はいまいち良さが分からず豊田の方がはっきりして選手もやりやすそうでしたが、徐々に豊田よりも裏へ抜ける動きなどが出てきてその理由がはっきりしましたね。

9位神戸(予想:3位)

レアンドロが開幕直後に長期離脱して歯車が狂っちゃいましたね。
得点が取れなくなり、チームのバランスが崩れ最後はネルシーニョ解任に繫がってしましまた。
吉田監督後もなかなか厳しい戦いでしたね。
サッカーの難しさですよね。
あのレアンドロの怪我さえなければ…という感じでした。

10位G大阪(予想:8位)

『壊れてしまった』
という感じ。
まぁーなんとなく今年が長谷川健太最後の年でクラブとしては来年のプランがあるような雰囲気でした。
なので、難しいシーズンになる予想でしたがそのとおりで、長谷川健太退任発表後は全く勝てずでした。
戦術的な問題というよりモチベーションがどこにあるのか。目指すものは何なのか。というのが明確にならなかったということだと思います。

11位札幌(予想:14位)

序盤は苦戦しましたが夏にボスロイド加入後
はボスロイド大作戦であれよあれよ連勝。
ボスロイドは結局14戦10発(ラスト6戦8発)のチーム得点王
その力を借りて最終盤いっきにまくって気がつけば11位フィニッシュ。
ほんとボスロイドの加入は大きかったですね。

12位仙台(予想:9位) 

かなり時間はかかりましたが、ピッチを広く使って相手を動かす戦い方を夏頃から出来るようになりました。
ただ、夏以降は最後決めるところの力不足が響いた印象で、内容で圧倒してるのに引き分けとか逆転負けとか結果に繋がらなかったのがこの順位だった感じですかね。
そこをもう少しなんとかしていれば1桁順位はあったと思います。
それでも良くやった方ではないですかね。

13位東京(予想:6位)

見直した時になんで東京をこんなに高い順にしたのかわからないのですが、
やっぱり得点王を並べてもチームとして戦術やビジョンがなければ厳しいよね。
というシーズンでしたね。

個人個人は力があるのでこの順位でしたが、良いゲームがあったかというと全くそんなことはなくただただ切ないシーズンだったように思います。

14位清水(予想:16位)

小林さんは戦術的にだいぶキツい時代になったのかなという印象。
4-4の撤退守備だと攻撃に行くのにも2トップにかなり負担がかかりますし、そこでなんとか出来ないと守備一辺倒になってしまいます。
また、セレッソ大阪や仙台、ミシャ式と4-4の撤退守備で守りきれる時代では無いのでしょうね。
それでも残留出来たということで、ノルマは達成ということですかね。

15位広島(予想:7位) 

ミシャ式の終わりは見えてきたのは浦和でも書いた事ですが、広島の方が撤退守備をするのでトランジション時に前線の能力に頼る仕組みだったのでそこがうまく行かないと浦和より先に崩れるのかなとは思ってましたがここまでとは。
ミシャ式終焉からはヨンソンが就任し全く違う4-2-3-1を仕込み良くこのメンバーで機能させたと思います。
それができてなかったら降格していました。

16位甲府(予想:17位)

ついに力尽きました。というのが正直な感想ですかね。5-4-1で撤退守備から前のブラジル人で奪い切る戦い方でJ1を勝ち取り続けましたが、ウイルソンが1点しか取れないのがすべてでした。
このやり方で1点というのはどうしようも無かったと思います。 
クラブとしても達磨さんとしても
このやり方とは別にビルドアップを仕込みたくトライしてたのですが形にはなかなかならず。

17位新潟(予想:18位)

Wシウバの放出。
長野で結果を出せなかった文丈さん。
ということで正直残留は難しいとは思いました。
文丈さんどうのこうのというよりも柱が居なくなった事の方が大きかったような気もします。単純にJ1で戦える選手の質を出せなかったかなと。
それは、ロペスになっても同じでした。
最後の方になるまでどう戦うかはっきり出来なかったように思えます。
最後はホニ中心にカウンターで点をとれるようになりようやく戦い方が定まったところでは既にもう崖っぷち。
なんとか勝ち続け最下位は逃れましたがとき既に遅しでした。

18位大宮(予想:8位)

予想外の最下位。降格。
16シーズンは大躍進でしたが家長が川崎に抜かれ、大前を獲得しましたがタイプが違うため攻撃はイチからやりなおしで16シーズンのような快進撃は厳しいとは思いましたが、
まさかここまで勝てないとは思いませんでした。
戦術兵器を引き抜かれる難しさですよね。
広島もそうでしたが、個人の能力に頼ると抜かれた時に継続出来ず崩れていく。
広島は立て直しに成功しましたが大宮は最終的に守備のバランスまで崩れ、シーズン途中にブラジル人を補強しますが、焼け石に水。
一度崩れたバランスを取り戻せませんでした。


★最後に…

予想以上にあたってなくて笑いました。
あと、こうやって振り返ると各チーム意外と見てないなぁというのが際立つ。
かなりアバウトだなぁ。と思います。
お遊びなのでいいのですが、やっぱり悔しいとか雑だなあーと思います。
今年はもう少し頑張ります(今のところね)

↑このページのトップヘ