特別であって特別で無いそんな試合。

仙台について

前節(東京戦)

3421で入ったもののハマらなくて後半から3142に変更し勝利を掴んだ。
なお、ミッドウィークのルヴァン杯は大岩以外の10人を入れ替えたためこの試合への影響はあまりなさそう。

スターティングメンバー

LINEUP111520760674954
3142を採用
この理由は後ほど書きます。

神戸について

悩める神戸。今年未だ未勝利。
バランスが取れていないように見える。

前節(清水戦)

2-4での敗戦。
一度追いついたもののバランスの悪いサイドのスペースを付かれ2失点。
4123を採用しているが、ボールを持った時にアンカーが下がり343となる。
可変システムなので、トランジション時にサイドのバランスが悪いので、今節どう修正するかが鍵

スターティングメンバー

LINEUP111520760878395

大幅なテコ入れ。シンプルな442に変更。
三田がやっとボランチで先発。
可変しないことで、バランスの悪さもを解消。この試合のポイントの1つだった。

前半

嵌まらない仙台の狙い

さて、仙台が3142にした狙いを整理すると
  • フリーマンのポドルスキを富田で捕まえる
  • 全体を対面させて、ポジティブトランジションの回数を増やしカウンターで優位にたつ
この2点だと思う。

神戸が4123と343の可変システムでネガティブトランジション時に問題を抱えており、致命的なスペースが出来るのでそこを付くと言うことだったと思う。

しかしながら、この試合神戸が442で可変せずトランジション時にスペースが出来ないので仙台の狙いが嵌まらなかった。

それでも中盤に落ちてくるポドルスキを富田で捕まえる事には成功し、神戸にチャンスは作らせなかった。

3142の課題

しかしながら仙台もチャンスがなかなか作れなかった。
これは柏戦でも説明した3142の副作用である。
  1. 中央が2-2になるのでうまくハーフスペースを使えない
  2. 相手の4-4に対して仙台も4-2になり対面になってしまうので攻撃時にギャップが作れない
となり、仙台もうまくフリーな選手を作れないのでチャンスを構築できなかった。

神戸の先制点

お互いチャンスを構築出来ない中、
神戸が少しづつゲームを動かす。
15分過ぎから前プレスを開始。
仙台のビルドアップ隊に対して2トップ+サイドハーフで前プレスを始める。
仙台の前は捕まっているのでどうしても窮屈になってボールロストするケースが出てくる。
そんな前置きがあって、27分に三原の先制点が生まれる。
先制の場面も前プレスで平岡がパスコースを限定され苦し紛れに野津田に出したところを三原に奪った流れでの得点だった。
しかし、この得点以降神戸はシュートを打ててないどころかチャンスを作り出さない。

前プレスが嵌ってただけにこれを繰り返せばよかったのだか、この先制点後やめてしまう。理由はわからない。

後半

仙台の修正

さて、先制されチャンスもほとんど作れなかった。
スペースが空かないなら自分でスペースを作れ!と言うことで、
後半頭から3421にシステム変更。
これでシャドウがハーフスペースを使えフリーになるシーンが増え、スムーズなボール回しが出来るようになった。
シャドウに対して神戸のサイドバックが中に引っ貼られるので大外が空く。
その大外からクロス爆撃が出来るようになる。
しかし、神戸もペナ中で跳ね返し続ける。

仙台の加速その1

システム変更により押し込む事に成功した。さらにこのながれを加速させるために富田に変えて西村を投入する。
富田は守備時には仙台に利益をもたらせてくれるが、どうしても展開力に欠けるので負けていてかつ相手を押し込めた状況ならば、野津田ー奥埜で殴った方が良いという判断だと思う。
これが正解だった。
この交代で仙台が押し切るか神戸が守りきるかというゲーム展開になった。

仙台の加速その2

中で跳ね返し続ける神戸に対してさらに圧力を高めるために、
古林に変えて菅井
阿部に変えてジャーメイン
を同時に投入。
渡部と勝負し頑張っていたが、なかなか厳しかった石原を1列下げる。
渡部に対してジャーメインでフィジカル勝負出来るようなり、石原も下がり、渡部から逃げたことにより彼の強さが目立つ機会が多くなる。
そして、この交代が同点弾の決めてだった。
86分に菅井のクロスをジャーメインが潰れチョン・ウヨンをフィジカルでねじ伏せた石原が押し込み同点。
逆転を狙うがちょっと焦ってしまい丁寧な攻撃ができなかった事
そして、神戸がウェリントンを入れて前で起点を作れるようになったこともあり押しきれず。
1-1のドローで終了となった。 


最後に

神戸がまさか442でバランスを取ってくるとは思わなかっただろう。しかも、その中で先制される厳しいゲームだった。
その中で同点に追き勝ち点1をもぎ取った。
もぎ取れたのは、
今節もシステム変更があり、
また、切れるカードも去年より効果のあるものだったからだろう。
仙台の充実を感じるゲームだった。

もちろん上位を目指すならここを勝ちきらないといけない事も忘れてはいけない。

神戸は4123でボールを持つことに拘るのかと思ったが442でまずは勝つことを優先してきた。驚きであり予想しないものだった。

先制も出来たし、後半も単発ながらハーフナーにロングボールを集めてセカンド拾ってシュートまでは行けていた。
これが逆転されなかった1つの要因でもあると思う。
ただ、ハーフナーが変わって起点が出来ず防戦一方となってしまっていた。
やはり勝ち切るためにはもう少し攻撃の部分を整理する必要があったと思う。
個の力は高いので442で役割を整理していけばそこそこ勝てるだろうとは思う。
ただ、チームとしてそれでいいのかは分からないけれど。

仙台は次節清水とのゲームとなる。
予想通りヨンソンは清水で力を発揮しており前半良くなくても、後半の修正でなんとかしてしまう強さがある。
渡辺さんとヨンソンの頭脳戦は今から非常に楽しみである。

また、例に漏れずルヴァンは書きませんよ。

FC東京について

前節

1節浦和戦は1-1の引き分け。
パスが足元ばかりでほとんどチャンスは作れず。唯一の決定機を東が決めたのみ。
ビルドアップからラストパスまで高萩が行う。残念ながらあまり参考にならないゲームだった。

今節のシステム

4-3-1-2
LINEUP111520169657302

前節とは同じなのか違うのかよくわからない。それほど高萩のポジションは上下に動いていた。

ただ、仙台戦は高萩がビルドアップに加わることは無くバイタルエリアでの仕事に限定していた。


仙台について

前節

3-1-4-2というオプションを見せて今年の戦術の幅を見せた試合だった。

今節はどちらの採用の可能性があったと思う。

今節のシステム

3-4-2-1
LINEUP111520170711821


このシステムの噛み合わせが前半のキーになることになる。
続きを読む

開幕です!

開幕の相手は柏レイソル。
彼らはACLで既に3試合消化しており、ある程度データは入ってるので、そこをアドバンテージにしたい。

今年の柏の特徴

ビルドアップ隊

柏のビルドアップはキムボギョンが最終ラインに加わって3+1でビルドアップ隊結成する。

アタッキングサード

アタッキングサードでは、クリスティアーノが基本自由に動く。
ときに左右大外まで開く。
このときに、両サイドのハモンと伊藤がハーフスペースを使う。
ただ、江坂がこの動きにまだ連動できておらず江坂は消える場面が多かった。
右の小池と伊藤は大外とハーフスペースを被らないように使い分ける。
左のユンソギュンとハモンロペスはそこまで連携とれず。という感じ。

守備について

守備時は両サイドを狭めた4-4-2での圧縮守備。ただし、セレッソほどはっきりとはしていない。
仙台のビルドアップ隊に対する遊撃隊は
1+3で結成。これで同数プレスで嵌め込むのが狙いだと思う。
言い切れないのは仙台のビルドアップ隊が柏の想像していたものと違い嵌め込む事が出来なかったため。

仙台の対柏作戦

仙台は3-5-2富田アンカーを採用。

このシステムは「対和式密集型パスサッカー」になりそう。
ボランチが下がって3-1のビルドアップに対して2トップ+2インサイドハーフで同数プレスで嵌め込む。
突破されても、アンカー富田がフィルターする。
という仕組み。

対柏作戦の副作用

当然システムを変えるので、副作用があります。
良い副作用もあったし、悪い副作用もあった。

良い副作用

良い方に出たのはビルドアップの形が増えたこと。
3-1でのビルドアップ隊が基本形なのだけど、
富田が最終ラインに入って2-2でのビルドアップ隊や、2-1でのビルドアップ隊など形が増えたことが良い副作用だった。

悪い副作用その1

前が2-2(2トップ-2インサイド)に、なったことで、5レーンを使うのが難しくなったこと。
1-2の場合スタートポジションが5レーンの真ん中3レーンなのだが、2-2の場合スタートポジションのレーンが重なってしまうため、ずらさないと5レーンの真ん中3レーンが上手く使えない。

悪い副作用その2

シャドウからインサイドハーフになったことで、FWと中盤の距離が開いたこと。
インサイドハーフのポジション取りがものすごく難しくてFWに近づき過ぎちゃうとビルドアップ隊との距離が開き、パスが回らなくなる。
逆にビルドアップ隊に近づき過ぎると2トップが孤立しちゃう。


これらの2つの副作用と付き合って行くことになる。
という前置きがあって

前半

仙台の柏対策は嵌まるが…

前置きに書いた柏対策でビルドアップ隊を封殺出来たが、
「副作用その2」の影響で2トップが孤立。
ロングボールが増える。
距離感が悪いので、セカンドボールが回収出来ず攻撃が単発でチャンスが作れない。
仙台の唯一のチャンスは柏GKのパスミスを阿部が拾った場面のみで、仙台が意図的に作り出したチャンスでは無かった。

柏の決定機

8分と39分の2回。
39分は伊藤の個人技で4人抜かれたシーン。
個人能力の差が出たシーン。何でもないところから決定機を作る。

8分が唯一仙台がチームとしてやられたシーン。
富田が左サイドに流れたスペースを使われた。平岡がそれに気が付きスペースを埋めに行ったが時に既に遅し。
あの場面富田が左サイドでカウンター阻止。セカンドボールを拾った奥埜が縦に入れたんだけど入れた場所が良く無くて奪われ、再度カウンターを食らった格好だった。
確かに富田と競った江坂の動き直しは早かったけれど、あの場面奥埜が時間を使うか圧力のない場所に入れるべきで、奪われては行けない状況だった。
致命的なミスだったと思う。
それをカバーした大岩ナイスでした。(手に当たってるようにも見えるのでPK取られてもおかしくないプレーだったけれども)

後半

仙台の修正

仙台がうまく行かないのは仙台自身の問題で、中盤と2トップの距離が離れすぎたこと。
「副作用その2」である。
解決するために仙台が出した策は阿部を中盤に落とす(柏ボランチの前でボールを受ける)事だった。
ここで起点を作ることによってインサイドハーフの野津田&奥埜が前半より前に行けるようになり仙台が主導権を握った。

53分にスローインから古林がクロス。これを大外で板倉が合わせ先制。
このシーンは、柏のスローインの守備が緩くなっていた。(詳細はリプレーが流れていたため、確認出来ず)
大外で小池vs板倉を作り出した時点で仙台の勝利だった。

柏の二枚替えの狙い

さて、この6分後柏が二枚替え
ハモン→瀬川
大谷→小泉

これで、瀬川と江坂の2トップ
左サイドにクリスティアーノが出る4-4-2の形になる。
この狙いはたぶん富田を中央から動かすために脇をクリスティアーノや瀬川、江坂の出入りで富田脇のスペースを使う作戦。
また、小泉がビルドアップ時最終ラインに入ってキムボギョンを前に上げることで彼のドリブルでインサイドハーフを剥がし富田のところを動かす狙いだったと思う。
狙らったアンカー脇を実際うまく使えたのは、62分のケース。
そして、80分以降の仙台の強度が落ちてキムボギョンがドリブルで奥埜を剥がしたケースのみだった。

仙台のDFラインとアンカーのインサイドハーフの距離感が良く誰がスペースを埋められる距離にいた事が要因。

最後には中山が二枚目の警告を貰い退場し、仙台が何事もなく試合をクローズ。

最後に

ということで、仙台の柏対策がハマり柏は思うように試合をコントロール出来なかった。
途中から富田の脇を狙う作戦に変更したが、そこも仙台が上手く対応したゲームだった。

仙台の3‐5‐2富田アンカーは柏を自由にさせない事には効果的だった。
しかし、「副作用その1」が最後まで解決出来ず5レーンをスムーズに使えないことで、3-4-3時のように殴り倒す事は出来なかった。
そこに関してはトライアンドエラーで立ち位置を微妙に修正していけば解決するので、大きな問題では無いと思う。

開幕戦で成長を見せ、さらに伸びしろがある事を感じさせながら勝つというのは最高の結果だったと思う。

↑このページのトップヘ