スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_20201112227

前半


この1週間で仕込んだこと

仙台は、柏がCOVID-19の影響で試合感覚が1週間空いた。
これは仙台にとっては天からの恵で、急遽の休みと仕込む時間が出来た。

なので、何を仕込むかが非常に楽しみであった。
そして、仕込んだのは4-4-2からの3-1-4-2の可変システムであったように見えた。


DHの浜崎をサイドに落として、SHを中に絞らせる変化をやっていた。
仙台は椎橋が落ちる事はあったが浜崎が落ちる事は全くなかったのでこれは新しく仕込んだことだと思う。

鳥栖の4-4-2に対して最終ラインで数的確保。
そして、SHがボランチ脇で受け、位置を取る。そこから前進しようぜ!だった。

TACTICALista_202011122146

ただし、それが選手との理解にずれがあるから切ない。
そのずれがハッキリとわかるのが失点時。

TACTICALista_202011122144 (1)

関口はボランチ脇に留まるわけではなく2トップを追い越そうとする。
(そういえば、何かのインタビューで追い越す動きが少ないって言ってたよな…)
なので、ボールホルダーのゲデスは出すべき場所に人がいない。
出せるのは遠い椎橋のみ。そこに出すものの遠すぎるし2DHに監視されているしで、
そこに通すのは不可能で奪われる。

そして、奪われた時中盤が1枚なので(DHの浜崎は落ちているため)CB-DHとの間に広大なスペースがあり、そこをチアゴに使われ失点。という最悪な結果となった。

木山さんがやろうとしている事はまぁわからなくもない。
でも、それを選手たちにきちんと伝わっていない。
だから、バラバラに見える。悲しいね。

ボランチが前に行けない理由

広島戦の後半もボランチが高い位置で相手を捕まえて奪えるようになってから良くなった。
たぶん、仙台はボランチでボールを奪えるかが勝負なんだと思っている。

ただし、この日はボランチが低い。
それは、SBの裏をケアしようとするためだった。
特に左はパラの裏が空くので、そこをケアしたそうな椎橋。
ただし、そのケアのために中央のスペースを空けるのは本末転倒。
しかし、ここの優先度の整理が出来ていないので、サイドのケアに行ってしまう。

TACTICALista_202011122144

なので、高い位置でボランチがボールを奪う事なんて出来ないので仙台は奪えず、
ずっと殴られる状況になる。
嗚呼無情。

後半


前プレスから奪ったのに失点

後半は気合を入れて前から嵌めていく。
それは成功し、キックオフ直後からボールを奪ってシュートまで行けるようになる。

TACTICALista_202011122149

そして、遂に相手のCBから奪ってカウンター。中央で長沢が長い間フリーでそこに出せば決定機、いや同点まで生まれそうな感じすらあったが、誰も出せず。
結局後ろからフォローしたパラが無理やりシュートを打つしかなかった。
これを拾われカウンターを受け、ものの見事に失点。

仙台は前から嵌めていきたいのだと思うので理想に近づければこういう場面は増える。
そのたびに淡泊に失点していら、何のための理想なのだろう。となってしまう。
あそこはカードもらってでもシマオか浜崎が止めないといけない。
そこが緩いから簡単に持って行かれる。そういうところは闘ってほしいと思う。
#もちろん、あの奪い方したのに、きっちりフィニッシュまでもっていけないのもどうなのか。とは思うが

その2点目を決めた本田にさらにケーキにイチゴを乗っけられゲームオーバー。

仙台は2点差になった時点でほとんど死んだ。
最後3バックにしたが、あまり狙いは見えずその後相手自陣に持って行くことが精一杯で
ホームで0-3という完敗であった。

最後に

このチームは壊れている。
ずっといっているが今なお壊れている。治る兆しは全然見えない。

状況はネガティブなものばかりである。木山さんで本当にいいのか。
良いと言える要因がピッチにひとつも落ちてないのが辛い。
そうなると、監督交代も仕方なし。と考える。
その監督交代はしないのか、出来ないのか。
金があればしないと言い切れるが、今の状況だと金がないので解任出来ないとも読み取れちゃうので地獄。

だから、仙台サポはネガる要素ばかりである。
ポジティブな要素がひとつもないから仕方ないのだが…

それでも、サッカーというスポーツは不思議な勝ちは多いスポーツである。
不思議な勝ちをつかむために、今週一週間。たぶん、今年のラストの1週間空きくらいだろう。ここで何を選択するかは非常に重要になる。
ここで、何も作れないとマジで今シーズン終了のお知らせとなってしまう。
そうならないために、奇跡が起こるのを願うばかりである。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_20201132235

前半


ビルドアップは諦めた

中2日ということで、リカバリーしかできなかっただろうから、大きく変わる事は無かったが、この日は、スペースを使おう。という合言葉のもとで、
仙台は2トップに蹴る事を徹底していた。

TACTICALista_20201132234

ビルドアップを諦めた。というとネガティブなんだけど、ボールを失うならゴールより遠い場所で。そして、あわよくば相手の裏側で受け手カウンターということなのだろう。
ただし、SHがサイドに開いているのでトップに当てたあと誰がセカンドボールを拾えない。
なので、仙台の攻めは続かなかった。

ただし、良かったのは面もある。
ビルドアップの途中で奪われピンチという機会は減った。
攻撃はというと、非保持から奪えないし、競った後のセカンドボールを回収できないので、
相手ゴールに向かう事は出来なかった。

非保持局面は相変わらず

非保持は残念ながら相変わらず。
前から嵌めていくと、ギャップを使われ前進される。

TACTICALista_20201132229

4-4で狭くブロック作ってもDHから逆サイドに展開されて前進され、クロスまで行く。

TACTICALista_20201132228

ただし、仙台もペナ中で跳ね返し続けたので0-0で折り返す。
前節と同様にこれなら勝負になるぞ!という前半だった。

後半


DHで奪う事が可能になる

後半は仙台が徐々にペースを握る。
仙台のDHが広島のDHに圧力をかける状況が作れたのでが要因。

TACTICALista_20201132227

何度かDHで奪ってカウンターまで行くことが成功。
前半には無かった相手のペナ中まで運ぶ事が出来るようになる。

そして、この時間で実は広島がボールを運べるチームではないという事が露わになる。
結局DHを潰された時に誰が運ぶのか??
というのをこの日は解決出来なかった。
(もしかしたら、この日出ていなかった柏がサイドから運ぶのかもしれないけど)

オープンで輝くクエンカ

51分にクエンカと関口を投入。
お互い中2日ということで、60分以降は中盤が空くオープンな展開に。
そのスペースが多い中でクエンカの個人技が活きる。

全くフォローが無くても個人技でチャンスを作る事が出来ていて、いよいよ怪我明けコンディションが上がってきた。
ということなのだろう、
ただし、守備はイマイチなのでたぶんこういう感じでジョーカーとして
中盤がオープンになった時の方が効果的にのように見えた。

3バックで輝く照山

そして、仙台が最後の一刺しで勝負を決めに行く。
75分に照山を投入し3バックへ移行する。

照山から前進出来るようになり、広島を押し込める。

TACTICALista_20201132220

照山はボール保持する局面でボールの持ち方も良かったし立ち位置もよかったし。
彼を見ているだけで楽しかった。

でも、最後までゴールは奪えず0-0のまま引き分けとなった。

最後に

戦ったし、気迫を感じる試合であった。
それで結構僕は満足している。(いや、それじゃダメなんだけど)
でも、壊れたチームに対して細かい事言っても効果は無い。
まずは、闘おうぜ。というところからになるが、それはクリアしたゲームであって安心した。
やはり、闘わないと始まらないからね。
苦しい中でも踏ん張っているチーム。そこに僕は未来を感じるのである。

そして、ここ数試合では一番マトモなゲームであったのは間違いない。
それは良かったわけだけれども、16戦のうちこの状況まで行ったのは何度かあって、
やはり、この先。
勝ち切るというところまで行かないといけない試合であった。
でないと状況は変わらない。

この日の後半みたいに前で奪えれば仙台はやれるんだけれど、
奪える。というのが限定的なのが問題なのだろう。
それを常に出来るにはどうすれば良いのか。
どのチームでも嵌められればこのチームは上手く行く。そこまで作り込めるか。
なんだろうなーと思う。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_20201111543

前半


非保持局面について

もう、これを書いてる時点で広島戦も終わってるので単なる感想文です。
第30節。ACLの対応でこの試合が早い消化になった。

非保持。相変わらず嵌めどころがない。
それは、この日神戸が4-4-2にでミラーだったにも関わらず同じ。

さらに、クエンカを使った事でパラに負担がかかる。
そこから簡単にクロスまで行く。
狭く守りたい仙台だが、結局大外使われて広く攻められる。
そんな矛盾を抱えてるので押し込まれる。

そもそも仙台は非保持をどう考えているのか。
4-4でブロックを作って狭く守りたいのだろうか。
それとも、4-2-4のように前から嵌めたいのだろう。
そこがわからない。
そして、保持局面について考えると4-4のブロックで狭く守るのは悪手だと考える。

保持局面について

保持についてだけれど、
この日もDHが落ちて3バック化してビルドアップから攻めたい。
そんな感じだがこの日もボールが前に進まない。
そもそもボールを運ぶのは誰なのか。
何度か言っているが3バック化した時に誰が運べるのか。
それが明白ではない。ボランチなのか、サイドハーフなのか。SBなのか。
はたまた、CBなのか。

そして、このチームは元々縦指向のチームであった。
より深く、そして、速く。
コーナーフラッグ付近を取ってそこからクロス攻撃。CKでもOK。
でも、4-4のブロックで狭く守るとそれが出来ない。
深く、そして、いち早くコーナーフラッグを取る役のSHが低い位置だからである。
なので、縦指向は封印せざる得ない。

封印するのは良いけど、どうするの?となると、SHが高い位置を取るまで、時間を作りながら前進する必要がある。
でも、縦指向のチームが横パス交えてもゆっくりしたビルドアップなんぞ練習しているわけもなく、苦労する。
あと、ゆっくり前進したら相手も立ち位置整えられるので余裕で抑えられちゃう。
そんな感じの仙台。
それでも0-0で折り返す。
今色んな矛盾が仙台にはある。
なので、チームとして組織として機能しないなか失点しない。
ということだけが勝ち点を得る唯一の手段。
それを実行出来ているのでこの前半はOKなんだと思う。たぶん。

後半


先制点からゲームが動く

0-0でワンチャンスはあるぞ。という前半。
でも、開始早々その思いは打ち砕かれる。
47分に何でもない古橋のクロスがネットを許すとチームとして意気消沈。

ショックを受けて立て直せない。
その4分後に同じ形から古橋のクロスに郷家が合わせてあっという間に2点差に。

ファイティングポーズを失ったチームは推せない。と思った瞬間。
関口ががむしゃらに前プレスに行ったのが幸運を呼び、最後長沢が流し込み1点差。

この場面、神戸のチームの方向転換が原因。
ボールを持っているサンペールはパスココースを探して繋ごうとしたが、周りからはクリアの指示。
そして、その指示が出てるので周りは立ち位置を取らない。
慌ててクリアしたのが関口に当たり、長沢にこぼれた。
これで、ファイティングポーズを再び取ることが出来た仙台。
助けられた。
この日もこのままファイティングポーズを取れず崩れていったら立て直せないところまで行ったと思うのでチームとして大きな大きなゴールとなった。

気合で同点

でも、何も解決してない。
それは事実。
そんな中でも、途中出場の佐々木、石原、ゲデスが戦う意思を伝えてくれる。
それで、ピッチ上の選手はもう一度ギアを入れる。
そして、そのゲデスが何でもないロングボールを追いかけてCKにする。
CKから佐々木のクロスに飯尾が飛び込みついに同点に追いつく。

気合の同点だった。

無念の3失点

この気合の同点にもりあが。。。れない。
これが、コロナ禍のスタジアム。
なので、爆発しないし魔物も呼び起こせない。ユアスタの良さが出ないなぁ。
なんて思ったらサクッと失点。

この失点は強度の問題。これは今年ずっと抱えている問題であった。
この強度をどう上げるか。は大きな課題になってくる。
たぶん、強度を上げないと木山さんのやりたい事は出来ないと思うのでこれを解決しないとダメでこれは個人の問題でもあるのかなと思っている。

最後に

ピッチ上にたくさんの矛盾があり、チーム、組織として破綻している。
その中でゲームはやってくる。

仙台としてはこれまでチームとして戦うチームだったので、個人で戦う事に慣れてない。
でも、今は個人として戦わないといけない。
苦手な部分だと思うのだがやるしかないんだと思う。
今の矛盾は簡単ではないから。しばらく個人で戦う事を要求される。

その中でこの日佐々木匠が戦って、飯尾がJ1に慣れてきてというのがこの日の収穫。
チームで戦えない事はネガティブである。
でも、個人で戦えてそこにチームを加えれば一個レベルがあがるんだと思う。

なので、これはいい経験だと思ってやるしかないでしょ。

ハイライト

↑このページのトップヘ