スターティングメンバー

スタメン

前半


川崎の変幻自在のビルドアップ

仙台は前節と変わらず4-4-2であり、川崎は4バックなので仙台のプランは前節同様
SBに誘導してSBのが出すボールを奪う。というプランだったと思う。
ところが、全くそれが出来なかった。
というのも、川崎はビルドアップの形を複数持っており、仙台に的を絞らせなかった。
たくさんのビルドアップの形があり全部追う事が出来たわけじゃないが、2つ紹介する

・3バックにしてSBをフリーにさせるビルドアップ
ビルドアップ1

・4バックのままDHをフリーにさせビルドアップ

ビルドアップ2
そんな感じで川崎は仙台に前プレスの的を絞らせずスムーズにビルドアップが出来た

押し込んだら数的有利を作る

ビルドアップがスムーズなので、当然ながら仙台を押し込む時間が多くなる川崎。
川崎の狙いは左右のサイドで数的有利を作ってSB-CB間を狙い突破していく事だった。
図は左サイドでの形だが、右でも同じことが出来る。

川崎の押し込み

このようにトップ下がとDHがサイドをサポートする事によりサイドで数的有利を作り出す。
そしてSBに圧力をかけ、SB-CB間を狙っていく作戦だった。
仙台はこのやり方に四苦八苦し、ぎりぎりで跳ね返すのがやっとだった。
なので、仙台は「守れていない」状態が続く苦しい時間が続いた。

変形する時間がないので…

押し込まれた仙台はボールを奪っても形が悪くなっているので時間がない。
仙台は今のやり方だとボール保持は4バック→3バックの変化が必要。
しかし、3バックに変形する時間を作れない。
だから、4-4-2でのビルドアップを強いられたが、4-4-2だと

川崎の前プレ

のように対面守備を作られていてどこにも時間がなく苦しい。
本来ならトップに当てて時間を作りたいところだが、谷口+ジェジウにジャメとハモンが完封されている。
なので、どこにも変形する時間が作れない状況だった。
なお、1失点もその時間がない状況から、トップに当てるもそこで失いそのまま一気にゴールまでもっていかれた。

また、図ではきれいな4-4-2だが、押し込まれているので仙台のSHはもっと後ろにいる事が多く4-4-2も維持できていないため実際は図よりも苦しい状況だった。

反撃の一手と落とし穴

やられっぱなしの前半。20分頃から前プレスを変更。
カイナをより前にだし、4-3-3のような前プレスを見せると実際に26分に登里からカイナが奪いショートカウンターが出来るようになる。
そこからの10分間で登里を嵌めて3回ボールを奪っている。さて、何を変えたのかというと
仙台の前プレス
全体的に前のめり。
ジョンヤが脇坂にくっつきボランチをピン止めさせない。
仙台のボランチが川崎のボランチ対面出来、仙台のSHがSBを見るという形を作った
これでようやく仙台は川崎のビルドアップを止め互角の勝負に持っていける。
この前から奪うと、変形する時間が作れ仙台のペースに持っていける。

ここから、という時に常田-永戸の意思疎通が失敗しカウンターを食らい2失点目
オフサイドだったけど、あまりにも痛い2失点目だった。
ここから反撃という時の落とし穴だった。これで反撃の勢いは失い前半は2点ビハインドで終える事になった。

後半


前プレス継続と決定的な3点目

前半20分以降と同じように仙台は前からプレスをかけるように整理して後半に入った
またビルドアップも整理したような感じだったが、残念ながら確認する時間も無く
53分にPKを与えてしまい3失点目。この試合の行方が決まってしまう。
雰囲気的にはビルドアップも整理出来ており行けそうだったのでとても残念なPKだったが、
完全に質で殴られてしまった。

しかし、下を向いていられない仙台は長沢と関口を入れて闘志を消さない努力をする。
3-0になった川崎は4-4-2で撤退する時間が多くなり、そこから両サイド走らせてカウンター
そして、CB-SB間を脇坂が使い決定的な形を作り出す
CB-SB間迎撃


大岩投入の効果

さて、仙台は3-0になってから防戦一方になってしまった。
ここで、大岩を投入する。これで仙台はかなり戦えるようになる。
CB-SB間を大岩でケアするのだが、大岩だとCBのタスクを背負えるので、

と今まで狙われていた間を塞ぐことに成功する。
また、攻撃にも高さを生かし起点になる事も出来た。
大岩はSBだとこなせるタスクは少ないが、その分より堅実にこなしてくれる。
蜂須賀はこなせるタスクは多いが色々迷ってるので、今の蜂須賀なのであれば、
大岩の方が良いのかもしれな。
CBとしての振る舞い
さらに、おまけとして得点を生む。
素晴らしい得点だった。
得点

ガス欠する仙台ギアを上げる川崎

これで、反撃と言いたいが仙台は早めに3枚交代しているのと
富田-松下にかなり負担がかかっていたため、75分過ぎから足が攣り強度を失っていく
それをしり目に川崎は、大島、山村、レアンドロダミオンを次々とピッチに投入し
再度エネルギーを注入する。
その結果残り5分からは、もう一度ギアを入れた川崎がガス欠の仙台に牙をむく。
こうなると仙台はどうしようもない状態だった。
4失点目をしないようにするのが唯一出来る事だった。
そのまま3-1で試合終了を迎えた

最後に

残念ながら完敗だった。
もう少し良い守備が出来れば良い攻撃が出来たのだけど守備がハマらな過ぎた。
この試合で今年の違和感がハッキリした気がしている。

今季、撤退守備から攻撃がリンクしないと書いてきたのだが、
撤退守備でギリギリで跳ね返すを繰り返すので、奪った瞬間良い立ち位置じゃないのだ。
だから、攻撃にリンクしない。
確かに今年の5-3-2は去年より守れた。
強度は上がって跳ね返せた。だけど、それだけなのだ。跳ね返しても攻撃の良い立ち位置じゃないなので、攻撃出来ない。

この日もそうだ。守備がハマらないから押し込まれる。ギリギリで跳ね返すから良い攻撃の立ち位置にならない。ボールを奪っても時間がない。なので、クリアするしかない。
なので、仙台は3バックに変形する時間を作り出す事が出来なかったのだ。

特撮の悪役ですら変形する時間は待ってくれるのだが、川崎は待ってくれない。
なので、ボール保持の時にギャップと時間を作り出せず苦しんだ。

前プレスがハマってからは少しは時間が作れた。ようするに良い守備をしましょう。ということ。そして、僕らの撤退守備は跳ね返すだけなので、攻撃に繋がらない。なので、なるべく撤退したくない。そのための4-4-2採用なんだとはっきりした。という事が分かったゲームだった。