カテゴリ:Jリーグ > 横浜マリノス


スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン

前半


仙台の理想の形は14分のカウンター

まずは、いつものように時系列のお話じゃなくて木山さんが前半何がしたかったのか。
から振り返ってみる事にする。
木山さんがしたかったのは14分のカウンターの形だと思う。

基本的には各個対面処理していく。
そして、パスコースを限定し、出し先で奪ってカウンターであった。

理想

こういう形をたくさん作って点を取りたかった木山仙台。
ただ、これが出来たのは前半では14分だけ。
そして、そのたった1度のチャンスはジャーメインが朴に倒されるもPKにはならず。という紙一重だったが点にはならず。

ただし現実はそうはいかない

なぜ、たくさん作れず1度だけだったのか。
それは、各個撃破!思想なので、仙台の守備網は幅広く対応せざる得ない。
そして、この時サイドと中央の部分にスペースが空く。(ハーフスペースと言っているが)
そこを上手く使われてしまったのが前半だった。

現実

実際に、解説の小林慶行氏が指摘していたSBのインナーラップが複数回あったが、
それは、仙台が各個撃破!
で生まれたギャップをマリノスが上手く使ったためであった。

これによって、仙台は押し込まれ、奪っても仙台が押し込まれた状態での奪取になった。
奪取後は仙台が前線に蹴るロングカウンター大作戦もあったのだがろうが、正確に蹴る時間が無く、マリノスのボールを再回収するトランジションの速度に圧倒され攻め手を中々見いだせない前半となった。

後半


後半の修正は2度追い

ということで、うまくいかなかったので後半きちんと修正する木山さん。
素晴らしい。
修正の方法はウイングの2度追いであった。

後半の修正

そもそも、各個撃破でタイマンする必要がある局面と必要が無い局面があって
必要な場面だけタイマン。
必要じゃない場合はスペースを消しながらボールに圧力をかけていこうぜ!
という考えに変更。

ボールがサイドに出た場合は各個撃破!タイマンするぜ!となるが、
ボールが中央に戻ったらタイマンやめてタイマンする相手を背中でケアしパスコースを消す。
そして、ボールに圧力をかけて縦パスを出させ奪う。
前半1度きりだった縦パス奪ってカウンターが後半は複数回出来て修正は有効で手ごたえがあった。

想定通り間延びする中盤と仙台のカウンター

もうひとつ。
時間が過ぎるにつれてマリノスのトランジション速度及び強度が落ちていく。
65分すぎたところで仙台は最終ラインから時間を確保して前線のウイングに蹴る事が可能となった。
これも仙台のひとつの狙いだったと思う。

これで、徐々に仙台のカウンター回数が増えていきようやくウイングの二人が攻めの局面で特徴を活かせるようになってきた。
ここまで我慢して与えられたタスクをサボらずやってくれたご褒美が与えられる時間となった。

アクシデント!!!

ところが、さー暴れろジャーメイン!!というところで怪我(?)で離脱。
真瀬に代わる。
真瀬はウインガーでは無く独力て突破は望めない。
なので、松下入れて逆サイド展開から真瀬のクロスで仕留めようぜ!
という作戦に変更。
が、松下も投入直後怪我。
アクシデントで仙台の勝ち筋が消えていく。
この時に映された木山さんの顔が今も脳裏に焼き付いている。

無念すぎる…
交代回数を3回使っていたため、松下の代わりは入れられない。
ということで、急遽柳をボランチ。真瀬をSBに変更4-4-1 のような形に変更
が、急造ボランチはやはりきつく最後の最後でスペースを与えてしまいマルコスに決められ敗戦となった。

最後に

もうね。僕は見直しても何といって良いかわからない。
後半の修正からジャーメイン怪我前までの仙台のプランは完璧。
正直70分以降は勝ち申した!と思ったくらい。(決めるところ決められれば)
だからこそ、2つのアクシデントがすべてだったように思う。
ハードラック。
で済ませて良いと思う。
このレベルで戦えれば勝ち点は付いてくると言い切れるのでこのレベルで戦い続けることが重要だと思う。
負けたけどこの試合は良かった。
仙台の戦力だと良かったゲームすべてが勝ち切れるわけじゃない。
良かったけど負ける可能性は当然ある。
ただ、良くないと勝ち点は取れない。なので、切り替えてまた次の試合このレベルで戦えるように頑張ってほしいものです。
もちろん、今日の怪我人の影響でやれることが減ったぜ。となり苦しい状況になるかもしれませんが…

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン1
ベンチ

スタメン

前半


両チームの仕組みについて

神戸の仕組み
神戸の仕組みはは3-4-2-1 から 5-4-1の変化。
ポイントは古橋の位置。前プレスに行くときは5-3-2 に。
行かないとき、もしくは一列目を超えたときは古橋が下がって5-4-1でバランスを整える。
古橋の移動

攻撃の時も中間ポジションとって攻撃の起点。大外に開くときはイニエスタの空間を作る。
どうしてもイニエスタが注目されるが実は古橋が居なくなると死にそうな神戸だった。

マリノスの仕組み
前半の印象は今年もモデルを試すマリノスと去年のモデルを継続する神戸だった。
まずは、マリノスの印象だけれどとにかく今年はラインが高い。
一昨年のライン設定が復活した感じ。
当然それをカバーするためにスイーパーとして朴がエリア外に出ることが多くなる。
それと、3トップ。エリキが左のウイングに入って新加入のオナイウがトップに入る。
エリキは明らかに大外張っとけタスクじゃなさそうだったけど、どんなタスクを持っていたのかはこの試合では分からなかった。
また、オナイウがトップから降りようともせず常にDFラインに張り付いてたのも特徴的だった。

前プレとノッキングするマリノス

さて、試合。
神戸はマリノスをしっかり研究してたと思う。
いつ、どうやって前プレスに行くかが明確だったから主導権を握る事が出来た。
誤解されるかもしれないけど、神戸の方がこのゲームを勝ちに来ていたと思う。
もちろん、それが良いか悪いかはわからないけど…
神戸の前プレスを整理すると多分こんな感じ。
神戸の前プレ
嵌めるときは古橋が2トップの位置に。そしてボールサイドのSBにはWBが高い位置をとっていく。
逆サイドは神戸は諦めて人を配置させない。
だから、マリノスが逆サイドに展開出来ればチャンスにはなったが、
その時間を与えない神戸。
という感じ。
本当は出て行ったSBの裏を突きたいが左サイドのエリキは俺は大外なんて嫌だぜ!!
中で勝負したいぜ!って感じなので、裏をつけないし、
空いてる場所を先にエリキが居座ってしまうので
縦パスの受け手はほとんど捕まっていてマリノスは良くなかったと思う。

また、そういう状態だったからかもしれないが、CBとGKで無駄なパスが多くなり
自分たちを苦しめより圧力のかかる形を作り出してしまい奪われたのが2失点目。

マリノスはラッキーな感じで1点を奪えたのが幸いだったけれどほぼほぼ神戸の試合だった前半だった。

後半


去年仕様に戻すマリノス

後半に入るところで、エリキをトップに。
そして、遠藤を左ウイングに入れる。 あとは、伊藤を試したいので伊藤を畠中に代えたマリノス。
去年のいわいるマルコスシステムになった。
後半

去年のマリノスのシステムに戻った事で息を吹き返す。
両ウイングが大外張っとけスタイルになった事でハーフスペースが空いてくる。
そこをマルコスが入ったり、エリキが落ちて作ったりすることでスムーズになるマリノス。
後半開始早々に追いつくと完全にマリノスのターンとなる。

運動量が落ちる神戸

さて、去年から神戸の弱点は60分で運動量が落ちてしまう事。
そして、この試合もそうだった。
この理由はたぶん色々あるんだろうけどやっぱる古橋がフルスロットルでやれるかやれないか。
が大きい気がする。
この時間帯までリードしてないといけなかったはずであった。出来れば本当は2点欲しかったが…
しかし、マリノスのモデルチェンジに耐えられなかった。これで困る神戸。
ゲームはマリノスのものかと思ったがそうじゃなかった。
ドウグラスに代えて田中順也を投入。これで再び前から行くぞ!となる神戸。
結構突き付けの刃にも見えたので勝負ありかな。と思ったが、伊藤がビルドアップをミスって失点。
痛恨の失点。ま。これは伊藤の良き学習だと思えば安いかな。
これで、神戸が楽になったと思ったがそうは問屋が卸さない。さすが去年のリーグ王者マリノス。
カウンターシュチエーションになり、
大外からサイドチェンジで大外。折り返してエリキが押し込み3-3.
このまま同点で試合終了。
あとは、お笑いPKの末神戸がゼロックス優勝となった。


最後に

僕の肩慣らし。そして、現地バックスタンドで見ただけなので結構テキトウ。
すいません。
でも書きたいから書いた笑

神戸は去年の延長上だったけのでまーそうだよね。って感じ。
やっぱりAチームだと強い。
問題はここにACLがあって2チーム作れるかっていうところ。
この日だって交代枠5枚のうち3枚しか使っていない。
夏に何かしらの補強をするんだろうけどそこまで我慢できるのだろうか…
ていうのが、キーになりそう。

マリノスは前半何がしたかったのかがさっぱりわからないかった。
去年モデルに戻した後半はさすがだったけれど。
新しいことを仕込むのには時間がかかるし、もう少し継続してみないときょうの前半は紐解けないとは感じた。
エリキをサイドに入れるのならば、トップは引いてマルコスと3人で旋回するみたいなイメージだとまーありだよね。となるけれど、今日のオナイウにその雰囲気はないし。
まだちょっとわからない部分は多いなーと思った。
おわり

ハイライト




スターティングメンバー

スタメン

前半


マリノスの狙いと想定外な仙台のゾーン守備

まずはこの試合の前提として、
マリノスは仙台の守備は人に食いついてくる。人基準の守備と分析しそれを利用しようとしていたと思っている。
さて、そのマリノスは保持時は扇原が一列下がって3-3-1-3を構成。
マリノスのポゼッション
マリノスの考え方は
①ウイングは大外に張って仙台のSBを引っ張りだす。
②SBを外に引っ張りたら、開くCB-SB間を狙う。
③そうすると、CBが外に出てくるので、この連鎖を使って中央空けて点を取る。

というのと、マルコスが常にDH裏に配置する。
この理由は、
①SBが中に絞って3センター形成。
②ここに仙台のDHが食いつく。
③すると、DHが空いてマルコスに入ってバイタルで何でもできる状態を作れる
という狙い。だった。
しかしながら、仙台はそれに付き合わない。
仙台はここでゾーン守備。場所を守る守備を実装してきた。

人には食いつかず、中央3レーン圧縮し中央閉鎖が基本的な考え方。
安易に人に食いつかずソリッドの4-4を形成出来ていた。
なので、マルコスが生きない。バイタルで持つことはほとんどなかった。
ならば、と大外ウイング経由の攻撃が中心の攻撃になるが、これにも5バック化で完封。
しかも、左右違う5バック化だった。左はSHの関口が下がり5バック化
右はDHの富田が下がり5バック化形成。5-3-2にで守る。

ゾーン守備1

ゾーン守備2

失点は事故と割り切るべき

マリノスがボールを動かすシーンが多いのだけれど前述書いた通り決定機は作らせない。
しぶとく守っている。と言えるのだが、先に得点したのはマリノスであった。
このシーンはマリノスの狙い通りSBとCBを外に引っ張り出し中央空いたところを
3列目から飛び出した松原が合わせ先制点になった。

さて、このシーンだけSB-CB間が広がったのだがこれは理由がある。
扇原のパスをハモンが1度カット。この時、富田が攻撃のスイッチを入れて前線に飛び出したが、このハモンのトラップが大きくなりふたたび扇原の元へ。
扇原がダイレクトでマテウスに。
この時富田は前線に走っていたので、CB-SB間を埋められず、大岩のところで、マテウスと高野2対1 を作られマテを引き出されてしまったのであった。
これは、事故と割り切っていい。もちろん、富田がスイッチ入れるのが早すぎたとかはあるんだろうが…この試合トランジションは早くしようとしていたのでその意識の高さが仇になった。

得点後のマリノスと仙台のカウンター

さて、先制したマリノスだったがマリノスはここから2バックでビルドアップに変わっていた。
理由は不明(笑)
ビルドアップその2

しかし、これが仙台にとって好都合だった。2トップと2CB数で合う。
さらに、高い位置のハーフスペースに入ったSBはSHで捕まえられる。
こうして、仙台は前から捕まえられるようになった。また、ボールを奪うと2バックでカウンターはよりしやすい。
ということで、仙台のカウンターするシーンが増えたのであった。
また、いや、本来はパクもビルドアップ隊に加えて数的有利を確保したいマリノスだったのだが、この日パクのロングボールの精度はイマイチ。
ズレたとき空中戦を制するのは仙台であり、これまた仙台のカウンターの起点になっていた。
なので、この変化は仙台には好都合なものだったと思うのである。

後半


修正しマリノスのターン

前半先制後のマリノスは良くなかった。
なので当然マリノスは修正を入れてくる。
片側のSBだけハーフスペースに上げて3-3-1-3を形成する。
とはいえ、役割は決まっていて、高野を一列上げる。そして、松原を最終ラインに残しビルドアップ隊に参加する。
マルコスは前半最初と同じようにDH裏に位置して、DHをけん制するポジションに戻る。
ビルドアップ3

これで、バランスが良くなったマリノスに対して、仙台はふたたびカウンターが出来なくなった
ただし、マリノスもボールを持てるが中央は攻略出来ず、5バック化する仙台に決定打も無いままであった。
なので、膠着状態は続く。
なお、仙台はマテがサイドに引き出されても富田が中央をケアするという変化も披露する。
とにかくこの日は右サイドの5バック化出来ていてそこをケアする富田の危機管理能力はさすがのものだった。

ジャメイケ大作戦で間延びを誘発

良く言えばしぶとく焦れずに守っている。悪く言うと守るので精一杯。
という状況で動かないといけないのは1点ビハインドの仙台だった。
1枚目の交代は関口から石原崇。これは運動量、インテンシティの問題だったが
2枚目は戦術的な交代。
道渕に代えてジャーメインを投入。これで疑似3トップになる。
これで、左ハモン、右ジャメで最終ラインの裏へ走る。
仙台はシンプルに奪ったら3バックの裏へ放り込む。これが徐々に効いていく。
60分以降前4人の運動量が落ちたのもあって強制的にラインを間延びさせることに成功した。
疑似3トップ化
ちなみに、守備時はジャメは高野にデート。トランジション時にスピードで振り切る。
まさにジャメイケ大作戦であった。

分断し仙台のターンからの同点弾

ジャメイケ大作戦で間延びさせると、マリノスは前線の4枚と後ろの6枚に分断する。
そうなると、オープンな展開になる。
マリノスは4枚のカウンターだが単発。しかも、この4枚が位置を無視し始めて中央に集まり始める。仙台は中央封鎖の4バックなので仙台目線で言うとわざわざDFに近づいてくるイメージであった。なので、マリノスは個と個の勝負になるのだが仙台は負けなかった。
いや、むしろ仙台の方が優勢。なので、マリノスのカウンターは単発で終わる。

となれば仙台のターン。仙台は押し込んで回収してと良いサイクルに持ち込む事が出来た。
そうすると、仙台がいつゴールを決めるか。という状況になった。
これを回避したいマリノスは大津と遠藤を入れて前線の4枚に修正を入れるが変わらず。
仙台は大岩から蜂須賀に変更。これで右からもクロスを入れて押し込む展開に持ち込むと
89分に永戸起点の幅を使った攻撃から最後はこの攻撃の起点になった永戸が押し込みついに同点に。
この後もオープンな展開になるがお互い点を決めれず。
1-1のドロー決着となった。

最後に

いやー勝てた。勝ち点2を落としたのは仙台だった。
仙台のゲームだった。これまでまさに手も足も出なかったポステコグルーのマリノスにやっと勝負出来た。
そういう、手ごたえもあったが、勝てただけに満足は出来ぬ結果であった。

この空いた2週間を上手く利用しマリノス対策をきっちり仕込みそれがうまくいった。
課題の人基準の守備から場所基準の守備に変更出来たのも凄く良かったと思う。
だから勝ちたかった。ほんとに勝ちたかった。うおおおおん。。。
でも、だいぶチームとして整理が出来てきてやることが明確に出来てきている。
徐々に完成度も高くなってきている。色んな所が噛み合ってきている。
そこは、自信に持って良いと思う。
さて、次は山雅で残留争いの相手だ。そこにマテが累積で出られない。
そういう意味では仙台にとって1つの壁になるだろう。この壁を越えて残留はほぼ決め、
上を目指そう。まだまだ僕たちは一桁を狙える場所にいるのだから。


スターティングメンバー

スタメン

前半

5バックと相性がすこぶる良いマリノス。
去年は全く守備が出来ず大量失点に繋がった。
それをどう解消するかがキーになる。

マリノスの狙い

さて、まずはマリノスの狙い。
攻撃はペナ角をどうとるかである。ぶっちゃけマリノスの選手の動きを
図で表すのは不可能で、選手が入れ替わりが激しくポジションは意味しない。
あるのは立ち位置だけである。誰が立ってても良い。立ち位置さえ取れてればいい。
ただ、無理やり表すと
マリノスの狙い

こんな感じになる。去年の仙台はCBが人に食いついて引き出された結果
ペナ角に自由を与えすぎたので全く守備が出来なかった。
さて、今年はどうだったかというと…
立ち上がりにいきなり蜂須賀と平岡が引き出され決定機を作られ不安になったのだが…

守備の成長と課題

結果を先に言うと去年よりは守れたのだ。
仙台守備

去年からの進歩としては、

  1. 最終ラインの圧縮率が上がった
  2. 3CBが特にアンカーがサイドに寄りすぎ無くなった

だと思う。
そのことによってたとえ、ペナ角に入られても外に追い出す事に成功したし
手ごたえは多少あったのだと思う。
あと、ここでは、守備のタスクがわからないと書いたFWのタスクだが、
実はCBからの縦パスを切ることだったのではと考えている
仙台守備とマリノスぼビルドアップ

ただし、この狙いは当たらなかった。なぜならば、CBからSBの高野経由でのビルドアップ
または、IHの天野、三好が2トップ脇に降りてビルドアップするなどがあり2トップの守備があまり意味ないものになってしまった
ただし、元々守備のタスクというより、攻撃の起点として前に残していく。
という意味合いの方が強そうに感じた。
ただし、課題としては2つ。まず一つ。
この日の守備はゴールを奪われないようにするための守備であった。
なのでほぼほぼクリアで逃げるしかなかったので自分たちが良い状態でボールを持つことが出来なかった。
本来守備は攻撃に繋ぐものであるべきだと思う。
ようするにどこにボールを運ばせてボールを奪うかの設計が無かった。
なので、仙台としてはクリアで精一杯であった。

もう一つ前半2失点とも同じだったが、この532でセットできなかった時の守備の脆さが見えたのかなと思う。
(2失点目は自分たちでバランスを崩してしまったのだが…)

攻撃が不発だった理由

ただし、この攻撃の起点は機能しなかった。
仙台の狙い1

仙台は奪う設計が出来てないので、基本的にボールを持った時に時間が無い
でも、それは想定済みだったのだと思う。
だから、仙台が用意した案は単純なハイボールで長沢と畠中をぶつけてそこで制空権を奪う予定だった。
が、ダメだった。喜田とサンドされ長沢の自由にできなかった。
それと、落としても中央はマリノスが支配。セカンドボールを全く拾えなかった。
#そういえば、ポジショナルプレーって中央支配なんだよ。
#みたいなことを書いたけど、これか!と思ったりもした。(宣伝)
従ってひたすらに、守備のターンになってしまった。

あと、ボール保持時に時間があった立ち上がりは永戸から蜂須賀への対角のボールを放ちマリノスのDFを揺さぶったり、蜂須賀から関口へのサイドチェンジもあった。
時間があれば何とかなったのだが、その時間を与えてくれないマリノスであった。

後半

後半は仙台が少し狙いを変える

仙台の狙い

仙台はCBの裏へ放り込むことを試みる
仙台の後半の狙い

このCBを後ろ向きに走らせ2トップと駆けっこをする。
これでようやくマリノスが慌てるシーンが生まれる事になる。
さらに60分以降はマリノスのインテンシティも落ちて少しだけ仙台に時間が出来始めたのをきっかけにようやく、5分の展開に持っていく。
長沢に代えてジャメを投入してより、この裏を狙う意識を高めようとしたのだが、
実際には回数が少なすぎた。
ここは今でもわからないのだが、CBの前で勝負するプレーが多かったり、ロングボールもCBの前に落ちるボールが多く、この狙う回数が少なかったのは不満だった。

ただし、少ない中でも
76分のジャメがサイドでキープ。
ハーフスペースが空いたところにリャンが走り込みシュートとようやく決定機を作り、
89分に同じように左サイドにジャメがキープ。そこからクロスまでもっていき最終的にはPK獲得に繋がった。
なので、もっと徹底的にこのスペースにジャメを走らせる事を繰り返した方が良かったのかなと思う。

不安材料

ところで、珍しく危機感を感じている。とても不安だったりする。
やはり持てないのだ。持たない。という戦略を2試合選んだだけなのかもしれない。
でも、良い形の攻撃が出来ていない。今日も60分以降もっと持たないといけない展開でもあったと思う。しかし、ポジションがとれずに持てていないのである。
浦和戦の時に

「スペインの中堅より下の弱者の戦い方に近くなったのかなと思う。身の丈あった戦い方とでもいうか。現実的な戦い方をしたなという印象。」
それはもしかすると、去年のレベルの戦い方がまだ出来ていないからなのかもしれない。
とはいえ、奥埜野津田の心臓を抜かれ今年の心臓になるはずだった椎橋が離脱。
なので、仕方ない。ただ、椎橋が戻ってくるのは4月になりそうなので、
それまでどうするか。もがき苦しむことになりそう。

収穫

そんな中でも収穫はたくさんあって、
突然の4-3-1-2ですがこれはマリノスのインテンシティが落ちた後とは言え
ようやく嵌った感がありました。
4-3-1-2

こんな感じで人につくイメージでしたが、結果としてSBにしか余裕がなくなっていた
従ってそれまでよりも前進が出来なくなっており、ようやくマリノスを捕まえる事に成功しました。ただ、もちろん仙台としてはスクランブル。マリノスは色々落ちている状況ではありましたが、それでもです。これも1点返す要素だったと思います。

また、島尾が戦力になること。そして、永戸のCBとしての完成度の高さは
今後に繋がるとは思います。

最後に

難しい状況であるのは間違いないです。
去年とは少し違う戦い方を選択していてで完成度も高くない。これからチームとして作り上げないといけないのかもしれないです。
完成するまでにはまだ時間がかかるかもしれません。
ただ、このゲームだってポジティブな要素はあり、去年とは違うやり方で
マリノスとようやくサッカーのスコアに出来たという事実はあるわけです。
能天気なだけかもしれませんが、次はようやく勝ちを期待できるゲームが出来るんじゃないかなと思います。
また、次節も同じようなサッカーの神戸です。
そういう意味では良い訓練になったのではないかと思います。
是非この経験を神戸戦に活かせてほしいと思います。

エモーショナルなゲームだった。決してポジティブではない。
それでも、いろんな感情が十人十色あったと思う。
悔しくて泣いた人。
情けなくて呆れた人
やりきれず怒れた人。
あきらめず鼓舞した人。

僕もその一人だった。エモーショナルだったからこそ振り返る必要がある。
見えてなかったものが見えてくるからである。


さて、今回は少しスタイルを変えます。

前回対戦について


リーグ戦前回8失点。
このブログでは

  • 位置的優位性
  • 質的優位性
  • 数的優位性

このすべてが仙台は確保できなかったと書いた。
そのあともう少し見直してなんであんなに何もできなかったかをもう少し掘り下げてみた。
要素は2つある。

  1. 前プレス
  2. カウンター

まずは、前プレスから

前プレス

すごくざっくり、かつ分かりやすく書くとこんな感じになる。

マリノス戦前半の構図



マリノスというのは偽SBを採用している。
偽SBといえば、「グアルディオラ」だ。しかしそれ以外では中々採用されない。
それは「ハイリスク」だからである。もちろん「ハイリターン」でもあるけれど。

リスクは当然SB裏。 あそこのポジションは捨てている。
マリノスはSB裏を使われないようないするための予防が無いので使われた場合即死のケースが多い。
ただ、仙台は構造的に使いずらい。なので、マリノスはハイリターンだけを得るゲームになるのである。

カウンターについて


仙台の攻撃時にはWBが高いポジションをとる。
この時のWBの裏は仙台の弱点である。しかし、仙台はそこを使われないように、
5バックになるまでの時間を稼ぐために石原やシャドウの前プレスがある。
これで時間を稼ぐ。
また、Jリーグには高速ウインガーがあまりいない。なので、何となく守れている。
しかし、マリノスは違う。遠藤ー仲川と高速なウインガーがいる。
マリノスのカウンター
この図のようにウインガーにCBが引っ張られる。中で数的同数or数的不利を食らう。
という図でマリノスが3人ないし4人で完結させることが出来るのである。
これが前節かみ合ってしまい仙台は悲惨な状況になってしまった。

仙台は今節この状況をどういう手段で解決するか。といのうがポイントとなる

ここまで書いて思ったのだがプレビューにすればよかった。


スターティングメンバー

スターティングメンバー



前半

SB裏を狙え!

前置きでマリノスの弱点を書いたわけだけど、当然そのSB裏を狙う仙台。
問題はその方法。

立ち上がりは、大岩からシンプルに松原裏を狙った。
石原がそのスペースを使いチアゴを引き出してイエローだった。

さらに、4分には前回攻略出来なかった密集しているエリアをを攻略
最後に大外で関口VS大津を作り出せた。
これは仙台の狙いだった。

また12分もポジトラから左ハーフスペースを阿部が使いカウンターと
ここまでは左ハーフスペースがビルドアップ出口となり前回とは違う流れになった。
そして、それは仙台の成長を感じさせる序盤戦となった。

マリノスの変化についていけない仙台


やられているのは阿部のところ。仙台の左ハーフスペースである。
そこで、マリノスはそこを蓋をする。
その方法は、片方(山中)のみの偽SBを実行。
そして、松原を含める3バックだった。
松原が仙台左ハーフスペースを蓋をする。
これでビルドアップ出口に蓋をされてしまった。
ハーフスペース止め

こうなっては前回の二の舞。攻撃の手段が無くなりひたすらに押し込まれ自陣でボールを失う展開。さらに、IHがフリーになったことでマリノスはそこを起点に攻める事ができた。なので、先に失点もやむを得ない状態となってしまった。

マリノスの撤退守備を破壊する仙台

こういう流れで仙台が先に失点してしまった。
その直後マリノスは451のブロックを作り撤退を始める。
ただし、このマリノスの451のブロックは強度が高くなかった。
451の時に大津がボールに食らいつきてしまう。なので、扇原の脇に大きなスペースが出来る。
そこを阿部が利用し同点ゴール(オウンだった)を生み出した。

442のマリノス 239


同点に追いついたが、残念ながら前プレス時のビルドアップは何も解決してなかった。
しかし、時折見せるビルドアップは素晴らしいものだった。
が、マリノスの弱点を突くには時間がかかりすぎて致命的なダメージを与えられなかった。
ようするにビルドアップで時間をかけることによってSB裏の弱点はマリノスがケアされてしまう。
もっと致命的なダメージを与えるにはあのSB裏をもっと早く。マリノスがケアする時間を与えずに使う必要があった。
しかし、それは仙台の3421では構造的にかなり厳しいという事かもしれない。


後半


仙台の前プレスとマリノスの変化


仙台は前プレスに切り替える。
以下のような構図にする。これは一定の効果があった。
前ハメ



しかしながら、マリノスがすぐに立ち位置を変更。仙台の前プレスに関して扇原をフリーにする構造を作り出す。

前プレス回避


そして、その扇原起点からサイドに展開し、仲川が決めて突き放した。

442の撤退守備VS仙台


さて、ここで2点差になったことでマリノスは442の撤退守備に移行する。
ただ、442の撤退ならば仙台にチャンスは残されていたのだ。
実際に前半の同点ゴールは442の撤退守備を破壊して決めたものだった。
前半言った通りマリノスの442はそんなに洗礼されていない。この程度であれば、
正直仙台にとっていつも通りにやれば何も問題なかった。

ところがいつも通りにやれなく人と人の間を通す勇気が足りない。
そして、左右に揺さぶり続ける忍耐も足りなかった。
結果、雑なDFラインの裏へ放り込みや、パスコースが無くなって無理なパスを選択。
などでボールを失う機会がおおかった。

そして、失うと前述のカウンターがさく裂4人で攻め切られる事になってしまった。
こうなると悪循環で
・カウンターが怖いので安全なパスを選択する。
・安全なバスばかりだと位置が不利になりパスコースがなくなる。
・ボールを失う。
・カウンター食らう

という流れになってしまった。

奥埜-野津田の2ボランチの代償

断ち切りたい仙台は関口に代えて中野、富田に代えてジャーメインを投入。
奥埜と野津田の2ボランチに変更。ジャーメインが野津田のいたシャドウに入った。
これで、勇気ある人と人の間を通すパスの出し手を増やそうと考えた。
が、今度は野津田が前にいないことで44のライン間で有利な立ち位置をとれなくなってしまった。
これによって仙台は前半のように44のブロックを破壊できず。
それなら、サイドに振って横のラインを広げれば良いのだがその忍耐もなく。
仙台らしくない雑な攻撃になってしまった。
その結果が2失点だった。

最後に見せた僅かな望み

このまま前回のリーグ戦同様なす術無く負けるのかと思った。
が、しかしそうではなかった。
この絶望の淵で進化を見せるものがいた。
阿部だった。

野津田がいなくなり立ち位置有利をとれる選手がいなくなり仙台らしさが出なかった。と書いた。
だが、5点目が入った辺りから阿部が立ち位置をとれてパス回しの軸になるような形が見えた。
そして、その形が得点を生む。

これはたまたまではないと思いたい。この状態で何かをつかんだと思う。
いや、これは僕がそう思いたいだけかもしれない。
だからこそ次節以降こういった動きを見せてもらいたいものである。


最後に

またしても、マリノスには大敗。
リーグ戦2試合で13失点。 残念ながら普通ではない状態になってしまった。
前半は良いところまでいったのだが、マリノスの弱点であるSB裏を突くには時間がかかりすぎた。
もう少し早くあそこのスペースを使わないといけないことが分かったゲームだった。
それは今の3421では構造的に不可能なのかもしれない。

今期でマリノスとの戦いはもうない。次に戦うときは来年になる。
その時には3度目の正直になるように仙台が進化している事を切に祈る。

↑このページのトップヘ