カテゴリ:Jリーグ > FC東京


スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_202011211438

前半


東京の守備とスイッチ入れるタイミング

FC東京の守備はCFWの永井で椎橋を消しにかかる。
CBに対してはそれほど激しいプレスには来ない。

ただし、SBに入った時にプレスのスイッチが入る東京

TACTICALista_202011211440

そんな感じで仙台はなかなか前に運べない。
アンカーを消されると結構辛いぜ。という事が分かった時間であった。

CBから展開出来れば…

そんな中で19分の決定機(前半唯一のシュート)はCBのジョンヤから展開されたものであった。
アンカーを潰すのでCBがフリーになる。
ならば、CBから展開すればいいんだぜ!!!というシーンであった。

ただし、それが一度しか生まれなかったのは残念だったぜ!というお話。
それと、右サイド側には問題があったので確かにスペースが無かったのも要因の一員かと思う。

山田と佐々木問題

その右サイドは山田と佐々木の立ち位置が近すぎたのが要因。

TACTICALista_202011211441

近いので安部が一人で対応できる。
安部はスーパーで切り替えが早し運動量もあるしでここを安部一人で制圧されてしまった。
もう少し受けるレーンを変えて離れるとかお互いを見て自分の立ち位置を決められるようになりたい。

そして、失点の時も山田佐々木が一列に並んでしまってパスコースが無いところを
山田が無理につないで失ったところだった。

前節もそうだったけど、この辺りはまだ決め打ちなんだな。
これからの部分だとは思う。

東京の保持は高萩がめんどくさい

東京の保持の部分も仙台は苦しんだ。
その要因はアンカーの高萩。ここをなかなか潰せなかった。

仙台は前から嵌めたいので、長沢がCBに行くと高萩が空いてここから展開されてしまう。

TACTICALista_202011211442

なので、長沢がアンカーとデートに切り替えるが、それを見ると高萩が最終ラインに下がって展開。

TACTICALista_202011211443

と臨機応変に対応される。
決め打ちの仙台に対して、相手を見て立ち位置を決められる東京。
と完成度の違いを見せつけられる前半だった。

後半


CBで運べばいいんだろう!

前半はアンカー消されて苦しんだ仙台だったが、
だったらCBで運べばいいんだろう。ということでCBでボールを運び始める。

TACTICALista_202011211446

右サイドは浜崎が入って立ち位置が整理出来たので、ジョンヤの縦パスが活きる。
左サイドは平岡が運んでIHを引き出して、左サイドの3人で崩していく。

前半前進していたのに苦労していたが後半はきちんと解決した仙台

怪我から帰ってきた男part1

それでも、仙台は修正すればよい。
ということで、佐々木のところに浜崎を持って行き、浜崎のとこに怪我から帰ってきた男兵藤を投入。

そして、兵藤がいきなり結果を残す。

仙台はこのように、ボールホルダーを追い越して深さを作りたい。
これは前節からそんな感じだったが、
それを怪我から帰ってきた兵藤がバッチリと実演し、同点ゴールを生んだ。
さすがだぜ!兵藤!

赤﨑のタスクと左サイドでのノッキング

仙台が徐々に良くなってスコアも追いついたが、セットプレーで突き放された仙台。
65分に長沢に代えて赤﨑を投入する。
ただし、これで仙台はノッキングしてしまった。

理由としては
・リードしたことで東京が撤退して後ろのスペースを消したこと。
・長沢が居なくなったので単純なクロスが上げられなくなり、どう攻略するか迷った

ことであった。なので、押し込むがペナ中にに入れないし、クロスも上がらず、ノッキング
という現象が発生する。

そして、赤崎。
長沢のように高さで仕事が出来ない。
撤退されてるなかでスペースもない中で自分の居場所をひたすらに探すのにさまよっていた。

長沢のようなタイプはゲデス離脱している以上いないので、赤﨑が入ったらどうするか。
はチームとして詰めていきたい。
ヒントは78分の飯尾のクロスからファーサイドでフリーでシュートを打てた松下。
このシーンだと思う。

怪我から帰ってきた男part2のゴラッソ

押し込むが…という展開を強いられる後半。
それを打開したいのは、またしても怪我から帰ってきた男。松下だった。
IHで途中出場から、最後はアンカーにポジションに映していた。

で右サイドで詰まりかけたが、それを山田がフォローし、ペナ角で起点を作ってポスト。
これを松下がぶち抜いて同点のゴラッソ。

縦が詰まった時には横でサポートして、ポストで2列目に預ける。というこれからやるべきことが詰まった素晴らしい同点弾だった。

これ以降は仙台のペースで決定機を2つ作るがこの日J1初出場となった児玉がチームを救うビックセーブ。
そして、アディショナルタイムは逆に東京が決定機を迎えるがクバがビックセーブ。
と終盤はお互いのGKが素晴らしい仕事をして
2-2のドローとなった。

最後に

まずは、ガンバ戦がたまたまではない。という証明は出来た試合だった。
そして、怪我人が戻ってきてもこのやり方でやればいいことも分かったし、
復帰した選手がチームをより高みに持って行くことが出来る証明でもあった。
ようやく仙台がチームとして戦える仙台になる証明をしたゲームだったと思う。

ただし、まだ勝てない。
このチームは勝てずに一度壊れている。
なので、結果が欲しいのは間違いない。良いゲームだった。で終わらせちゃいけない。
勝つのにはまだ、失点が安い。
2点とも崩されたわけではないし、防げる失点だったと思う。そのあたりはもっと厳しくしていかないといけない。

ただ、この日は普段より戦えていて際どいところにもカードで止める事が出来てきた。
この日たくさんのカードをもらったが、それは闘えている証拠だと思う。
内容は充実してきた。
なので、やなり結果だ。結果が欲しいのだ。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_20209221546

前半


整理してきた非保持

仙台は4バックを諦め(ま、左SBがないからね仕方ないね)3バックにしてきた。
この1週間でかなり3バックを整理出来たなという感想であった。
特に非保持は良かった。

TACTICALista_20209221443

嵌め方は4バックと基本設計は変わらず、長沢はアンカーを消しながらボールホルダーに圧力をかけていく。
シャドウは中に入ってウイングのへのパスコースを消し、捕まえているIHやWBに誘導する。
そして、パスの出し先でボールを奪う設計。
正直これは、渡辺時代の3バックより良かったし、あの時にこの設計が欲しかった。
あれば、もう少し結果が出てたんじゃないかと思う。
なので、実際東京はボールを持っても攻めきれずロストしていた。

保持はイマイチ

しかし、保持はイマイチであった。
スムーズな前進が出来ず苦労していた。
仙台の設計は多分こんな感じで準備していたんじゃないかと予想する。

TACTICALista_20209221444

たぶん、前プレスで後ろの3-2が嵌められるのは想定済み。
ただし、SBをウイング(シャドウ?)でピン止め。
WBが浮くのでここで時間を作って前進するつもりだったのではないかな。
ただし、現実はこのWBも浮かない。

TACTICALista_20209221444 (1)

WBに対してSBが圧を掛け、ウイングはCBが対応することで仙台に圧を掛けた東京。
これに苦戦。
打開策は逆サイドチェンジで逆の大外に振ることなのだけれど、1度も成功せず。
仙台は同サイドアタックしかなかったので守られてしまった。

トランジション時のCB-DH間の管理

それと、仙台が悪かったのはトランジション(保持から非保持に切り替わる局面)である。
特に東京の3トップは前に残るのでCBがラインを上げ切れなくDH-CB間が開くケースが多い。

TACTICALista_20209221446

なので、中盤で引っかかると一気に前3人の能力でカウンターを仕掛ける。
12分の得点の場面もそうであった。
ファールで止めたもののクイックスタートでスピードを殺さずフィニッシュまで。
この辺りはFC東京の武器なのであろう。

それ以外にもカウンターを仕掛ける。やはり、この3人の前残りは仙台にとっては脅威であったと思う。

後半


ギアを上げる東京

前半はサクッと先制した東京。何となく前半でゲームを決められそうな雰囲気もあったのものの仙台の守備が嵌り流れを維持出来なかった。
なので、東京は後半の立ち上がりにギアを上げてゲームを終わらせにかかる。

特徴的だったのは、SBが非常に高い位置を取ったのと前半は前に残っていた3トップがプレスバックをかけ、ボランチの自由を奪い始めたことであった。
これで、ハーフコートゲームになるが、東京のシュートが枠に飛ばないので仙台としては助かったし東京としてはここで得点を取れなかった事がゲームを難しくした。

前プレス回避の4バック化

開始10分間はハーフコートゲームになった。
ところで、仙台は1つ変化を見せる(前半も少しやっていたのだが)

TACTICALista_20209221544

平岡が大外に開いて時間を作る。
この形が4バックのようにも見える。仕込んだ手なのか、選手の独断なのか。微妙なところであったが、平岡が大外に出たときに捕まえるのを苦労する東京。
そして、この手に対抗することなく体力的に限界を迎え前プレスが出来なくなり仙台がボールを持つ展開になる。

3-1-4-2にしてみたが…

仙台は兵藤、ゲデス、道渕を投入して、3-1-4-2にして攻撃の強度を上げて疲労の色が濃くなった東京に対してボールを持って攻める。
しかし、引いた相手に対してシンプルなクロスか、関口が個人で打開する方法しかなく決定機を作れない。

そういう意味では3人目、4人目の動きが中々連動しない。それが木山さん仙台の課題。
ここが解消すれば、もう少し結果は出てくると思う。
そして、この時間帯は仙台が決定機を作るより前の能力のパワーでなんとかしちゃう東京の方が決定機により近づいたのは悲しい事実。

最後は永井が走りまくり仙台のビルドアップを阻害し最後まで1点を守り切り東京の勝利となった。

最後に

まずは、この戦いは継続じゃない。勝ち点を取りに行っ戦いだと試合直後にツイッターで言ったのは間違いであった。
これは継続であり、現状の最適解であると思う。
もちろん、5バックになるので後ろに重くなっちゃうのはデメリットなのだけれど、
サイドバックの数が少ないので仕方ない選択だった。と思う(柳も契約上出れなかったし)
久しぶりに1週間空いたので3バックでも4バックと同じような嵌め方を落とし込めたのは大きい。
が、やはりボールを持った時に同サイドアタックしかなくそこからラスト30mは個人で頑張るしかない現状はやはりキツイ。
もう少し何かがあれば勝てるようになるのだが…

ここに蜂須賀がいれば逆サイドチェンジがあるのでもう少し楽になるが…
というところが、現状だと思う。
ただ、4バック時代サイドバックで苦労していたので3バックでほぼ同じ状態出来たのは前進と考えたい。


ハイライト



スターティングメンバー

スタメン

前半


左右広く使う仙台狭く守る東京

お互いに立ち上がりから「前から嵌めに行く」というよりは、4-4-2のブロックを作って撤退。真夏の決戦で互いに体力温存したい。
という意図が濃く出た立ち上がりだった。

東京の考え方は4-4-2で中央圧縮。大外は空けて守っている。
当然大外に入った時点で片寄はするけれど、たぶんそこまで大外を重要ししていなかったのだと思う。
なので、仙台は大外からのクロス爆撃でゲームを進める。
仙台の攻撃思想
これが仙台の考え方であった。
基本的には大外からクロス爆撃。本当はここにペナ角攻略するひと手間があっても良かったとは思うが、あまり無かった。13分のハモン程度であまりペナ角攻略しようぜ!という意図は見受けられなかった。 なお、クロス爆撃では森重-渡辺が完璧で決定的なシーンを中々作れなかった。

また、DFラインが高ければラインの裏へ蹴っていた。
とにかく、東京のカウンターが怖い。
ということで、仙台は出来るだけリスクを取らないようにシンプルにプレーしていた。

三田でペナ角攻略

さて、FC東京もシンプルにラインの裏へ放り込んでくることが多かった。
ディエゴは相変わらず島尾が止めるのが仙台としてはかなり大きくここはかなり戦術的に優位に立てる。
そこは、前回大会と同じだった。
前回との違いは、SHに入った三田右サイドだった。

三田のペナ角攻略
このように、前回の大森よりも中-外の役割がはっきりしていて、
仙台のペナ角に入る回数は多くなったかなと思う。

このようにな仕組みで仙台を押し込むと関口が下がって4バック化するのだが、
そうすると、DH脇を起点に東京が押し込む。というの工夫も見えた。
ただ、お互いにどれも定機にはならず、ゴールレスドローで前半を折り返す。

後半


シンプルにサイドから

後半を受けて仙台はよりシンプルに大外を使うようになる。
後半の攻撃
仙台は東京攻略のために選択したのはトランジションを早くして、
より素早く攻めようという考え方だった。なので、奪ったらSBの裏。という共通認識を植え付けていた。その時、FWをサイドに流してSBの裏を使う。
そこからクロスを上げて何かを起こしたい仙台だったが、東京も戻りも速く
磐田戦のように優位に立てず前半と同じようにCBに跳ね返されるだけのクロスとなった。

勝負の4-4-1-1

早く攻める仙台に対して東京は4-4-1-1を選択。
この4-4-1-1 仙台の武器である2CBを永井でピン止めできる。
そして、シマオの特徴であるデュエル機会を減らし、苦手な永井との走り合い。
また、永井の後ろからSB-CB間をディエゴが走る。というのものだった
4-4-1-1
仙台の1stDFがシマオなので、永井vsシマオとなるケースが多く、後ろからスペース見つけて飛び込んでくるディエゴには平岡が対応。というケースが多くなり優位だったシマオvsディエゴが作れなくなる。

そして、セカンドボールを拾った東からある程度ラフに蹴った裏へのボールに抜け出した永井がシマオに倒されPK.それを紆余曲折ありながら結果的にディエゴが決め東京が先制する。

輝くリャンヨンギ

ルールとしては正しく、
誤審では無いのだが仙台側にとっては簡単に受け入れられないPKであった。
そして、そのストレスを仙台は活力に変換しボール保持時のエネルギーに変える事は出来た。
ただ、FC東京もさすがでこの時間仙台の勢いを殺すために封印してきたSHを含める前プレスを実施。
仙台のエネルギーはその前プレスで殺されてしまった。

そんなこんなで、手詰まり間のある仙台は、リャンを投入。
久しぶりに効果的なリャンを見れた気がするのだ。
リャンはボールサイドに寄るんだけど、それでもちゃんと位置は見れていて、
相手選手の間(主にCB-SB間)で受ける事は出来ていたのは良かった。
リャン
リャンがフリーで受けてシュートシーンを作る事は出来ていた。
ただ、ハモンが受けたらシュートしかないのは残念だった。もう少し工夫すればチャンスは広がった気もする。

結局最後まで仙台は東京のゴールネットは揺らせず、0-1での敗戦となった。

最後に

首位相手に闘えた。といえばいいのか、それとも首位相手に決定機は作れなかった。
といえばいいのか難しい試合。
とはいえ、お互いに決定機は無かったのだ。なので、仙台としは勝ち点1は取りたかったゲームではある。
事実はスコアを先に動かされた時点で勝ち筋はほぼほぼ無かった。
なので、0-0のうちにもう少しなんとかしたかった。
ただし、クロスから決定機は無く、クロス以外の工夫が無いのは残念でもう少しアイディアを絞り出したいゲームだったかな。と
もちろん、東京は固いから首位なのであるのだが…
もっと、リャンのやった事をチームとしてやりたかったな。とは思う。

でも、下を向いている暇はない。次の試合はやってくる。そして、ジャメもアベタクも戻ってくる。ポジティブな内容である。次のホーム川崎戦でこの日の鬱憤を晴らしてくれることを祈る。


スターティングメンバー

スタメン

前半


仙台の狙いと守備について

ゲーム立ち上がりから4-4-2ミラーのため対面での守備。1vs1激しいデュエルを仕掛ける。
これが仙台にとって最も重要だった。
スピードある選手でもスピードに乗る前に寄せてしまえば怖くない。ということである。
(ただし、対人意識マシマシの守備なので怖い部分もあるのだけど)
仙台はボールを保持して動かし東京の4-4-2を動かす。ということを優先せず。
不用意に失ってカウンター食らわない事を優先。なので、仙台はボール保持には拘らずロングボールを交えながらの展開になった。
そういう中でボール保持時より、ボール非保持の方がより仙台の狙いが見えた前半だった。

仙台は4-4-2の守備が基本。
それに対して東京はボランチを下げて、最終ライン3枚でビルドアップを行う。
前半の守備
ビルドアップ隊は数的不利だが、その先はほとんど対人で捕まえていた。
特に特徴的だったのは関口VS室屋のところ。そして、シマオVSディエゴのところ。ここの2か所はほとんどマンマーク。
時に関口が最終ラインまで下がって5バックになる事もあった。
島尾VSディエゴのところは次の章で扱う

前半30分過ぎにFC東京が3バックの左に高萩が落ちてドリブルでボールを運んでから
仙台は形を4-3-3に変更しボールを運ばせないようにする
対ビルドアップ
ところが、FC東京は東が椎橋脇を上手く使うようにこころがけていた。
対ビルドアップ_2

椎橋脇が空くのでそこをビルドアップの受け口にする。
なので、仙台の4-3-3はあまりFC東京ビルドアップを止める物にはならなかった。
ただし、その先は仙台がきちんと捕まえているのでFC東京はチャンスは作れなかった。

シマオVSディエゴ

さて、珍しく人名が章のタイトルになっているわけだが、
この試合島尾VSディエゴがかなり重要なファクターだった。
立ち上がり15分で島尾がディエゴを圧倒。何もさせなかった。
多分、FC東京はここまで完封されるのは予想外だったはず。
この時間以降ディエゴは島尾から逃げるのだが、逃げるときの設計はされていなかった。
ディエゴが外に逃げる
FC東京の右サイドに逃げるときが多かったが、
たぶんそれはチームとしては設計されておらずチャンスにはならなかった。
そして、ディエゴが中央に居ないので攻撃もそこまで成り立たなかったように見えた。
時より入ってくる右サイドからのクロスも仙台は余裕をもって跳ね返す事が出来ていた

圧縮にはオーバーロードで一点突破

FC東京は守備時に4-4-2で3レーンを埋める圧縮守備であった。
面白かったのは、それに対してオーバーロードで一点突破しようとしていたのが面白かった。
これは狙いじゃなくて、対人意識マシマシの守備だったためにFC東京に引っ張られ、カイナ関口が近い距離でになったのでそうなったのだと思うが…
今まで全くなかった形だった。33分長沢のシュート場面は象徴する形だった。
オーバーロードアタック

後半


オープンな展開になった立ちあがり

後半立ち上がりは凄くオープンな展開となった。
立ち上がりにFC東京のゴールキックのセカンドボールを拾って一発の縦パスで長沢にあて
シュートまでいけたのだが、ライン間が前半より広がったのだと思う。
たぶん、それはFC東京が3ライン間を意図をもって広げたと考えている。
それは、対人意識マシマシの仙台に対してスペースを確保する。
より、スペースを広げる事によってFC東京の良さ出すために広げたのだと思っている。
(実際はどうなのかはわからない)
仙台にとっては磐田戦に起きた現象に似ていてライン間を広げられると、釣られ広がった相手にスペースを与えてしまう。
それに加えて、縦パス一発でチャンスになるために急ぎすぎて縦パスを狙いすぎ引っ掛けてカウンターを食らうという形になってしまった。
その時間帯で唯一の決定機が51分の高萩のミドルだった。
それだけだったが、仙台としてはコントロール出来ている時間帯では無かった。

そして、もう一つFC東京は前半無秩序だったディエゴの動きを整理していた。
島尾から単純に逃げるのではなく、島尾を釣りだすための位置にしていた。
そして、釣りだしたスペースに永井が飛び込むような設計をしてきた。
島尾を釣る
ただ、仙台もたぶん想定済み。
島尾の相方が平岡なのはこの釣りだされたときのスペースのケアするためなのかなと思う。
常田より大岩より、平岡が適している。だから平岡なのかなと思った。

60分以降は仙台がゲームをコントロール

60分を過ぎると仙台は落ち着きを取り戻す。
きっかけは、焦らず縦パスを通すわけじゃなく繋げる時には繋ぐ。という意識に変わった事だと思う。
60分に圧縮サイドから逆サイドに展開。そこからのクロスに石原がオーバーヘッドという展開があったが、それ以降は仙台がボール保持する事が多くなった。
ボール保持すると仙台は徐々にクロスまで行けるようになる。

仙台のクロス設計は徹底してファーサイドだった。
仙台のクロス設計

圧縮守備の弱点ファーサイドを狙うと室屋VS関口を作り出す事が可能になる。
ここの1VS1を制すれば得点の確立が多くなる。そこをちゃんとわかっていた仙台であった。
そして、先制点もまさにそのファーへのクロス。そして、関口VS室屋を制していの先制点だった。

4-1-2-3に対抗する交代策

先制した仙台。
追いつくためにFC東京はリスクを背負いながら4-1-2-3変更。
仙台は、山雅戦とは違い5バックにはせず4-4-2のまま。キャラクタを変える。
4-3-1-2

仙台が5バックにしなかったのは、1ボランチになった東京に対してカウンター1ボランチ脇を使いながらカウンターを決め切れると考えたからだと思う。
アンカー脇を攻める

実際にカウンターからハモンが決め切り2点目をとる。
また、4-3-1-2にしてから仙台が何度も決定機を作る事が出来た。
なので、渡辺監督の采配はお見事だったと思う。

さて、4-3-1-2の狙いなのだが、
たぶん下記構造にて東をフリーにしてクロスを入れる事を狙ったのかなと思う。

4-3-1-2の狙い

ただしは中で跳ね返し仙台が2-0で完勝となった。

最後に

シモツネ最高ですよね。
「関口ーーーー!!!均衡破れる仙台スタジアム!!!」が好きで何度も聞いてしまう。
なので、タイトルにも採用しました。
シモツネが本当に久しぶりに仙台スタジアム凱旋で負けるわけにはいかなかったし、勝てて良かった。

試合は完勝。
読んでいただければわかるようにそこまで山雅戦とやっていることは変わらないのだと思う。球際で負けない事。戦う事。それを徹底していることでこの連勝を生んでいる。
そして、それを引っ張るのがシマオ・マテ。未だポテンシャルの底が見えない。もしかしたらJ最強のファイターなのかもしれない。
ここまできたら、ジェイ、ジョー(そして、叶わないがトーレス)とのマッチアップも見たくなる。どこまで戦えるのか。楽しみでしかない。

たぶん今の出来なら簡単には負けない。
ただ、不安なのはやっぱり対人意識マシマシの守備だと思う。
ここが、外されたり、ポジショナルアタックによって守備の基準を壊されたときにどうなるかだとは思う。でも、ようやくここまで来たな。としみじみと思うのである。

まさかの水前寺清子だぜ。
しかし、まさにそんな試合だった。
とにかく仙台には創意工夫があって東京には無かった。その差が勝敗を分けた。

仙台について

ハモンロペスが移籍した西村の穴を埋めるべく仙台に電撃復帰。
当面は左シャドウで起用する模様。しかし、個の能力強化出来るとは思わなかった。
これで、質の優位性も確保出来ればもっと上に行けるそんな気がします。

FC東京について

長谷川健太氏がガンバ大阪時代のセルフコピーで序盤素晴らしい結果を残すものの
夏以降暑さと連戦での疲労から走れず勝ちきれない試合が続く。
現在5戦勝ちなし。2週間休めて、涼しくなったので今日は以前の姿を取り戻せるかがポイントになる


スターティングメンバー

スタメン


前半

まずは、東京の仕組みから整理していくことにする。

東京の前プレス


FC東京は仙台のビルドアップ隊に対してオリベイラとSH2枚で前から同数プレスをかける。
永井は一列下がりCHを監視する時間がおおかった。特に永井はスピードと運動量を生かし
CBにいってCHを見るなどむちゃぶりすらこなしていた。
しかし、しばしば前プレスを外された。
ただ、2列目3列目のバランスを崩さない。さらに、CBが強力で質で抑える事ができるため守れていはいた。

ただし、東京のビルドアップからの攻撃はあまり効果的なものは無いため、
ほとんど前プレスで奪ってのショートレンジカウンターで仕留める方法しかなかった。

このショートカウンターがハマったのは、4回程度あった、14分と22分は仙台の判断ミスから奪った攻撃だった。
東京の意図的にできたのは16分の場面だった
このシーン。ビルドアップは森重-橋本のビルドアップから、高萩がライン間で受け、オリベイラにつなぐ。
一度奪われるものの、大森のネガトラが早くリカバー。
このゲーゲンプレスが非常に良かった。この形をたくさん作れる事ができれば、もっとチャンスを作れそうだった。が、再現性はなかった。
ゲーゲンプレス

ちなみにビルドアップは、SHが絡んで高萩がライン間にスペース見つけて攻める。
だった、4312のような感じで極端な図だとこんな感じだった。
ビルドアップ

さて、この高萩が非常にいやらしく仙台としては厄介な存在だったが、
そこより、ビルドアップにも前プレスにも絡んでくる大森、東のSHが東京の心臓だった。
サイドハーフのタスクについて

さて、心臓のSHのタスクについて
  • 前プレス隊
  • ビルドアップ隊
  • FWがサイドに流れたときに中央に入る。
  • 撤退時のSBサポート

ざっと並べてもこれくらいのタスクがあって、これらをすべてこなしていた。
この何かが欠けるとうまくいかなそうな東京は正直脆いような気がしてしまう。
もちろん90分タスクをこなす事が出来れば何も問題ないのだが…

前プレスを外す仙台

FC東京は仙台のビルドアップ隊に対してFWとSHで前から同数プレスをかける。
このプレスに対して仙台は奥埜、富田が位置的優位を確保。
3トップとの橋渡しとなる。
この奥埜と富田の動きが特に奥埜がいち早くスペースを見つけボールを回収。
そして、展開とうまく仙台の潤滑油となる事ができていた。
だがしかし、仙台が押し込むまでにはいたらなかった。
東京は質の高い最終ラインと中盤のライン間を攻略できず。
ペナルティエリアまで侵入できなかった。

覚醒する奥埜と富田

まずは、奥埜から奥埜の成長は位置的優位を常に取り続ける事ができるようになった。
そのため、今回のように同数プレスをかけられても、ロングボールに逃げなくて済む。
この日仙台が前プレスを外せたのもこの奥埜の成長があるから。
DAZNの実況解説では野津田が戻ってきた効果でボールがの周り方が変わったというが、それよりも奥埜の成長のほうが関係していると思う。

そして、富田。
ネガトラのポジションとデュエルは彼のストロングであるが、この仙台のサッカーになった時どうしても富田のところでパスがノッキングしてしまう事があった。
しかし、ミスはあるがノッキングする事は少なくなった。
それどころがか、遠い逆サイドまで見えるようになった。

まさに9分シーンが象徴。
富田サイドチェンジ


ということで、東京がやや優位だった前半。しかし、SHが90分持つのか。というところがポイントになる前半だったと思う。

後半

仙台は前半の反省を生かす

CBとは戦わないという選択

押してダメなら引けばいいじゃない。
ということで、石原がCBの2人に勝てなかった前半だったという事に触れた。
それを解決するために石原がCBから逃げる。CBとは戦わないという選択だった。
その選択がいきなり先制点につながる。
自陣からのカウンターだったわけだが、石原はCBがついてこれな場所で受けている。
ここを起点としてのカウンターだった。結果はオウンゴールだったが狙い通りで先制する。

ゴールシーン




先制後も仙台がゲームを優位に運ぶ。
すべて石原が絡むのだが、CBとは戦わないボランチのちょっと後ろや、サイドの位置で受けて起点を作る。
55分の阿部のミドルも石原がCBから逃げて中盤のスペースで受けている。

後半ビルドアップ



さて、その中盤で受けれるというのには東京のインテンシティが落ちたことも影響してきたわけである。

タスクをこなせなくなるサイドハーフ

東京のサイドハーフである。
タスクが多いのは前半に触れた。
案の定というのが正しいのだろう。時間がたつにつれサイドハーフのタスクがこなせなくなった。
そうなると、東京はチームとして機能しなくなっていく。
中盤もスペースがおおくなり仙台にそのスペースを与えパスを回される。
こうなるとなす術がなくなっていた。

このサイドハーフの交代がリンスだった事を考えると、このサイドハーフのタスクをこなせるのが先発の二人しかおらず彼らのインテンシティが落ちるとチームとして機能しなくなる。
ということで、本来は前半チームとして機能している間に点数をとって、後半は撤退からカウンターで仕留めるという勝ち筋しかないのかなという感じだった。

唯一の光は2トップのカウンター


ただ、まだ光はあった2トップでのカウンターだった。
仙台がボールを持てるようになり、前に出たので前半よりシンプルにカウンターが出来るようになった。
オリベイラと永井は単純に縦に走らせるだけで脅威となるのはチートだった。

ただ、65分に永井が下がるとこのカウンターもできなくなり手詰まりとなってしまった東京。それ以降はあまりチャンスも作れず。

仙台は椎橋そして永戸を投入しゲームをクローズ

最後にハモンを出して彼が得意の左サイドから裏抜けてシュートシーンを作るあいさつ代わりのシーンを披露した。

最後に


仙台はこれでホーム4連勝。リーグ戦も5戦4勝1敗。順位も4位に浮上。
3位FC東京との差も勝ち点1としACL争いに加わる位置まできた。
守備も今回記載しなかったが、WBをSBにぶつけて4バックのスライド対応ということもこの試合見せるシーンがあった。まだまだ進歩できる余地を残す。
FC東京にも90分の中での戦術の幅という面で圧倒した。
それでも、欲を言うと前半みたいな苦しい時も後半の変化を前半のうちに修正出来るようになるともっと高見に行けると思う。
欧州のトップチームはその対応がとにかく早い。
そこにちょっとでも近づきたいなと思った。

FC東京はやはり、バランスが悪い。
プレイモデルはある。しかし、それを実現するためのタスクの割り振りが非現実的になっている。
もう少し取捨選択をしないといけないと思う。
長谷川健太氏がどの方向性を見せるかわからない。けれど、一つは横圧縮という解もある。
良い手本がJ2だが、隣のクラブがやっている。あれをすべて取り入れるのは不可能だと思うが…

続きを読む

↑このページのトップヘ