カテゴリ:Jリーグ > 名古屋グランパス


スターティングメンバー

スタメン

前半


ピン止めと大外からのクロス

名古屋は4-3-2-1。ようするにクリスマスツリー型だった。
それに対して仙台は、SHでピン止めしてSBで大外でフリーを作ってからのクロスからチャンスを作る。
また、シャビエルの守備が適当なのでシャビエルサイドの永戸のサイドがフリーになる。
また3センターのリトリートが速いので、松下が常にフリーになっていた。
ということで、仙台はストロングポイントである永戸と松下がフリーなので結構なんでも出来たというのはある。

仙台の保持

そして、その勢いでCKから平岡が合わせ先制に成功する。
このCKも監督、選手のコメントから推測するには狙い通り。仕込み通りだったようであった。

SHに選択を迫る名古屋の保持

仙台は早い時間に先制。がそれが重荷になり、若干全体が下がってしまう。
それによって4-3-2-1と4-4-2でかみ合わない部分があり、
そこをうまく利用して名古屋が保持して攻撃する時間が長くなる。

名古屋の保持

図のようにIHにSHが食らいつくとSBが空くのでそこからボールを運んで攻撃する。
ただし、名古屋は大外からクロスしか攻撃が出来なかった。
そして、シンプルなクロスからの攻撃では仙台を慌てさせることが出来ない。
シマオの能力。そして、平岡のカバー。そして、仙台に慣れ日々守備範囲が広くなっているクバ達がクロスを跳ね返し続ける。

クロスまではいけるけど、可能性は低い名古屋。
むしろ、松下、永戸がフリーになりカウンターに可能性を感じる仙台。
なので、押されながらも実は仙台がコントロールしていたのかなと思う。

4-4-2か4-3-2-1か?

20分過ぎからシャビエルがかなり流動的に動き時にIHが下がったりしてくる。
その時は、米本が一列上がったりしていた。
この動きが4-4-2に変化したのかなと思うようなシーン多かったように思う。
ただ。一度はっきりと4-4-2にしている。すぐ4-3-2-1に戻したけれども。

4-2-2-2

なぜ、4-4-2にしたのか。ていうと、やはり守備の修正なのかなと思う。
仙台の攻撃に可能性があったのでそれを消したい。特にここまでのびのびとプレーしている
永戸に対して前田で蓋をしたかったのでは無いかと考える。
ただ、前半の4-4-2は10分もたたないウチに終了を迎える。
結局、4-4-2だと攻撃が4-3-2-1より機能しないので4-3-2-1に戻しのだと思う。
この辺りに名古屋に苦悩が見える。

後半


ネト&赤崎による保持アタック

後半は4-4-2だったが、仙台が前から捕まえる時間が続いた。
ここで、名古屋ベンチは動く。赤崎とネトを投入する。
ネトが入った事で、ビルドアップがスムーズになる。この辺りは風間さんの置き土産なのかもしれない。

ネトが最終ラインに落ちて3バック化。
そして、丸山、中谷が2トップ脇まで運んぶ。そうすとSHを釣る事が出来るので
そこからから自由に展開する。

後半の名古屋アタック

これに対して仙台は中盤の守備無効化され、押し込まれクロスを両サイドから入れられる。
構図は前半と同じなのだが、前半はペナ中に3枚だったが、IHの役をCBがやるので、ペナ中にSH2枚+2トップの合計4枚が入れるので前半より迫力を持たせる事に成功する。
そんなこんなで、仙台はサンドバッグ状態になる。
76分のクバのビックセーブを筆頭にぎりぎりで跳ね返す。
ネト、赤崎の投入後、60分から仙台が追加点を決める83分の20分間は本当に紙一重であった。
ここでもし、追いつかれていたら鳥栖戦のように逆転負けしてた可能性すらあった。
だが結果的にかもしれないが、
ここを守れた。シマオ、クバの個人の能力。平岡のカバーなど後ろの能力の差であった。
(ジョーが居る名古屋に対して質で勝つなんてとんでもない事を言っている気がする)

アベタクの大仕事

69分に長沢に代わりアベタク投入してみたもののあまり効果なく。
ネト投入後の名古屋がボールを握りゲームを支配するなかでアベタクの役割が見いだせないままだった。
むしろアバウトなクリアボールを収められる長沢の方が役割があったのでは無いかと思っていた。
ただ、83分にクバのGKからハモンが競り勝ち裏抜けしたアベタクがペナ内で丸山に倒され
PKを獲得。
結局アベタクはこうやってカウンター時にペナ中に入ってアクションをしたい。
という事で起用されたのだろう。
ただ、想像以上に押し込まれたので、なかなかそのタスクをやれる機会がなかった。
それをたった1度の機会で自分のタスクをこなす。これぞ仕事人アベタクだった。
このPKをハモンがきっちり決めて2-0とした。
(正直外すじゃないかとドキドキしたわけだが…)

5-4-1で逃げ切り

苦しい時間の中で一発で追加点を取り余裕の出てきた仙台は逃げ切りのため、
ハモンに代えてジョンヤを投入。5-4-1で引き籠る。
名古屋は余裕が無くなりネト中心のビルドアップを続けられず
丸山をトップに上げて、クロス爆撃開始。
ただし、クロス爆撃なら仙台の方が上。ひたすらに跳ね返し続け仙台が2-0の勝利となった。

最後に

久しぶりにクリーンシートでの勝利。
クリーンシートの勝利は6月の東京戦以来4か月ぶり。
(前回のクリーンシートはセレッソ戦だがあれはゴールレスドロー)

後ろが迫っている中での6ポインター。勝利は必須条件だった。
そして、勝った。
開始直後のセットプレーと終了直後のPKでのスコア。
内容はぶっちゃけどうなのか。事実、後半は名古屋のゲームであってギリギリの勝利だった。
そんなの関係無い。このゲームは勝つ事だけが評価対象である。
6ポインターというのはそういうゲームである。

とはいえ、もちろん勝ったのにはきちんとした理由はあって、
それは積み重ねたものの差であったりこの日への準備の差であったと思う。

次も6ポインター。相手は絶好調神戸。正直強いと思う。
だが、そんなの関係なく
僕らが信じるこの道を行くだけである。
「信じたこの道を何処までも、いざ行こう仙台がある限り」


スターティングメンバー

スタメン

前半


名古屋スペシャル

仙台はこの試合にスペシャルメニューを用意。
まずは、新システムの4-1-4-1そして、CBの組み合わせがシマオと平岡だった理由から。

名古屋スペシャル
名古屋が今年優れているのは、ネガトラの整理だと思っている。
奪われてからの回収が速くハーフコートゲームを作り出せる。
そんな名古屋相手にCBは単純に撤退するのではなく、FWのところで奪う設計だった。
マテウス及び長谷川に高さは無く地上戦がほとんどである。
そして、2トップが間で受け攻め、押し込む起点にする。
それならば、平岡及びシマオでマンツーマン気味について間で受ける事をさせない。
そして奪いきってしまおう。という作戦。
しかも、シマオが相当強くほとんど奪えてた。

仙台は奪ってから名古屋の前プレスの圧力を受ける前に長沢にロングボールを蹴ってしまう。
ここでキープ及びセカンドボール回収で名古屋に押し込まれる事を防いだ。

ちなみに、完全に余談だが奪う形が良いほど時間が作れるので前プレスの圧力を受けない。
奪う形が悪くなるほど時間が無くなり、前プレスの圧力を受けるようになる。
そいう意味で前半の守備設計は良い形で奪えていたので前プレスの圧力を回避できたのだと思う。

名古屋は4-3-3と気が付き2トップがアンカー脇を使うようになるが、仙台はそこまではCBがついていくことをスタートから整理出来ていたのは大きかったと思う。
アンカー脇

前半のポジショナルアタック

さて、こうやって名古屋の圧力を回避すると仙台の攻撃する番となる。
仙台の設計図
前半は、道渕と松下がハーフスペースを使う事が多かった。
道渕は清水戦と同じようにボランチ脇で受けドリブルでハーフスペース突撃。
これが、先制点へとつながるドリブルだった。
松下は、左で運んだ時にこのCB-SB間に潜り込む事が多かったが、
それが左のニアポスト攻略に繋がっていた。
シュート自体は立ち上がりしかなかったが、左のニアポストの攻略は期待を感じる ものであった。

なお、関口-永戸はもう少し整理が必要だと感じた。
特に関口が大外レーンから移動するタイミングがズレていて、永戸が高い位置取れずノッキングしたり、関口自体が名古屋につかまってノッキングする事が多かったかなーと思う。
もう少し中に入るときと外で受けるときを整理出来れば良かったと思う。

名古屋の打開策

仙台が先制したが、徐々に名古屋が押し込む。
立ち上がりは愚直に2トップに入れる名古屋だったが、そこで奪われてしまうので
徐々にサイドから攻略しようとする。
そして名古屋が右サイドから個で殴ろうぜ!!がきっかけだった。

名古屋の反撃
前田vs永戸のところで優位性を見つけると、そこからチャンスを作ろうとする。
永戸は何度も突破されるので、関口が永戸にサポート入る。
しかし、これが宮原をフリーにすることになり余計押し込まれるとになる。
ここのサイドでは良い形では奪えず、前プレスの圧力を受ける事になってしまった。
失点の場面はこのサイドのクリアを2度3度と自陣で奪われたところからだった。

追いつかれてから、2度ほど決定機が名古屋にあったがなんとかそれ以上の失点をせずに
前半を終えた。

後半


安定するビルドアップ

悪くない前半を過ごした仙台だが、追いつかれてしまった。
追加点の欲しい仙台は満を持して、ボールを持つことを選択する。
なぜ後半にボール保持することにしたのか。なぜ前半からやならなかったのか。
それは想像であるが、名古屋のインテンシティが落ちていく後半の方が保持しやすい。
と考えたからだと思う。
さて、仙台のボール保持だが前半と変わっていた。
後半のビルドアップ
富田が落ちて3バックを形成。
IHがボランチに落ちる。SHが中に入りIH化する。
また、関口に代わり石原崇が入ったので、
仙台左サイドもスムーズに中に入れるようになり永戸も高い位置にとれる。
また、ロングボールはシマオからCB-SBを狙うロングボールへと変更。

名古屋はサイドの選手が守備の基準を失う場面が多かったと思う。
ちなみに、上の図は和泉や前田が守備の基準を失っている状態である。
この設計が非常に良く名古屋としては撤退守備時に非常に苦労していた。
そして、追加点に繋がるのだが、それは独立した項目で扱う事にする。

シャビエル投入は可?不可?

さて、名古屋の後半の変化についてである。
名古屋は右サイドからは攻撃が出来たが、左サイド及び中央では押し込めないので、
左サイドにシャビエルを投入し改善を試みる。
ただし、僕にはその交代が良い方向に出たのかなかなか判断に困ることになっていた。
というか、仙台としてはより楽な交代になった。そんな気がしている
シャビエル投入後
シャビエルが入って確かに左サイドからボールを運ぶ事が出来るようにはなったのだが
仙台目線で見ると怖くは無かった。
というのも、蜂須賀の前でプレーがほとんど。時にもっと仙台のゴールから離れてボールを捌く時間が多かったので仙台の嫌なサイドのスペースを使われることが無く
脅威にはならなかった。
左サイドは47分の右のクロスに和泉が外から蜂須賀の前に飛び込んだシーンが最も驚異的だった。
シャビエルがそういうプレーであるのなら、誰かが名古屋の使えないスペースを使うような設計があったほうが良かったのかなと。
それが無かったので仙台としては助かった。

完璧な2点目と試合を決める3点目

さて、2点目の話を。
素晴らしい2点目だったと思う。
平岡からボランチ脇に位置した石原崇に繋ぐ。
石原崇がタッチラインに向かうドリブルを開始し、食いついた米本を左サイドへ引っ張る。
米本とシミッチ間が広がったところに松下が入りボールを受ける。
松下にシミッチが食いつく。
2点目のポジショナルアタック
するとこのような感じになり名古屋の中盤が左サイドよりに。
そして、中央にスペースが出来たところに道渕が潜り込み。スルーパス。
これはカットされるもののセカンドボールを松下がミドル。
ランゲラクが弾いたボールを長沢が押し込み2点目だったが。
この名古屋の中盤を動かした仙台の動きが最高だった。

勝ち越しを許した名古屋は、榎本、そして、赤崎を投入する。
しかし、米本を外したことで中盤の4枚のトップを繋ぐ選手が居なくなったように思う。
米本が高い位置を取りボールサイドに加わることで数的有利を確保したが、それが無くなった。

そして、この日走り続けた長沢にご褒美となる3点目。
ランゲラクのエラーではあるのだけれど、
フィールドの選手も間延びしており、そして、ランゲラクに戻したときに動きなおしもサボっていてパスコースが少なかった。
名古屋はかなり体力的にきつそうな状況だった。
もちろん、サボらず最後まで追った長沢はとても偉いのだが。

このゴールで名古屋の気持ちを折ると
そのまま3-1での勝利となった。

最後に

会心の勝利だった。
ハモンの出場停止、ジャーメイン、ジョンヤの怪我。常田の守備の課題。
など、この試合に向けてあまり良い状態では無かった。
それでも諦めないで出来る事を信じた。だからこそ、強く輝くことが出来たのだ。

この日のため、出来る事を整理し準備し完璧遂行できた。
また、選手の気持ちも入っていた。この日一人一人のプレイ強度がものすごく高かった。
それが一番だったかもしれない。本当に一人一人が戦っていた。
勝つにはこのくらいやらないと勝てない。という事でがわかったのは大きいと思う。
そこが静岡決戦から一番変わったところだと思う。本当に別のチームだった。

さて、このクオリティ、このプレイ強度があれば今からでも一桁順位を目指せると思っている。
そういう内容であった。今の順位には似合わない内容だった。
だからこそ次の試合が大事で、
この試合は良かった。でも次の試合は静岡決戦の仙台に戻ってしまう。じゃ何も意味がない。大事なのは次の試合。このクオリティこのプレイ強度を保つ事が出来ればもう大丈夫だと思う。

この時期の中3日は本当にしんどいですね。
書く方もやる方も。
前節のセレッソはまだ見直してもいないのでアップには時間がかかります。

仙台について


スターティングメンバー

LINEUP111533358543532

名古屋について

この夏に大型補強。
この日も4人が夏の補強メンバー。
風間式で残留するという強い意志を感じる

スターティングメンバー

LINEUP111533358836776

前半

仙台の狙い

名古屋はこれだけメンバーが変わっていて、しかも前節台風の影響ゲームが無かったのでほぼ初見になる。
わからないところがたくさんあるが、
名古屋は風間式なのでボール保持に特化しているので、名古屋からボールを取り上げたい。 
ということで、仙台は2FW+2IHの四枚で前プレスを実施。

効果は抜群で20分くらいまでは仙台が圧倒する。

名古屋の前プレス対策

前プレスでボールを取り上げられた名古屋だったが20分過ぎに対策を打つ。

それは小林のポジションだった。
立ち上がりは小林が最終ラインに下がってパスを出す役割だったが、
その小林が1列上がってIHの空けたスペースにポジションを取る。
この位置の小林が前プレスの待避所になった。
この対応で名古屋がボールを持つ展開になる。

疲労を起因とする遅さに苦労する仙台

前プレスを小林のところで回避されボールを取り上げる事が出来なくなった仙台はインテンシティの低さに苦労する事になる。

特に前プレス交わされた後の戻りが遅かった。
1失点目はまさにその遅さが全てだった。
仙台右サイドでボールを動かされていたが小林が逆サイドに展開。
そして、ジョーに深い位置に侵入されたのだけれどもこの時に平岡か奥埜がジョー見て蜂須賀のカバーをしなければならなかったがその判断が遅れてしまった。

2失点目も疲労による一歩目の遅さだった。
小林からの縦パスを受けた和泉が奥埜と富田2枚を剥がされての失点だった。

これも、奥埜と富田が同時に和泉に行くも半歩遅れていて簡単に剥がされてしまったのが原因。 
まぁ、和泉のパス及び前田のすべてのプレーは完璧だったけど。

後半

仙台の修正

前半小林が中盤で持つようになって名古屋ペースになってしまった。
そこで前プレス隊を1枚減らして3枚変更。
そして、1枚減らしたことで小林のスペースを消すようになった。

仙台は343 のように見える時間が多くなった。
これにより名古屋から再びボールを取り上げるように成功する。
そして、この時間に1点を返すことに成功する。

押し込まれる名古屋の撤退守備

ボールを取り上げられた名古屋は撤退守備を実施。
そして、撤退守備をより強固にするためにジョー、シャビエルの2トップに変更。
前田を中盤に落とし4-4のブロックの強固を維持する作戦に変更。

これにより名古屋は2トップと4-4の間が開いてしまい名古屋はカウンターしか出来なくなるのだが、最終ラインの4を圧縮して
最悪6-2の撤退守備になっても良い。という事があったかもしれない。
実際仙台はレーンをすべて埋められてしまい仙台らしいレーン間の攻撃は出来なかった。

点をとるために

点をとるために、ハーフナーを入れ343に移行。
しかも、永戸が3バックの左に入る超攻撃的システム。

その中で平岡のクロスから石原のミドルがポストにあてるシーン。(これはハーフナー投入前だけど…)
また、中野クロスからハーフナーのボレーなど決定機があるけれどゴールを奪いきれない。
最後まで攻めるが勝ち点を得るゴールは遠かった。

最後に

前半の小林が1列上げたところが勝負の分かれ目だった。
あそこで対応出来なく、奪いところを喪失。
そこから2失点だった。

後半はむしろ仙台より名古屋の足が止まったし。コンディションの差はそれ程無かったのかもしれない。(それはそれで名古屋大丈夫なのか?)

あと、後半物理的にレーンを埋められてチャンスを作り出すことに苦労してしまった。
それでも決定機を2つ作ったが…決めきりたいところ。
試合はまたすぐにやってくる。
とりあえず、コンディションを取り戻すこと。
やれることはやっているので切り替える事が大事だと思う。

ハリルホジッチ解任とか
関口加入とか激動の2-3日だった。

名古屋について

現状

気つけば3連敗中。
前節はコンサドーレに3失点の完敗。
シャビエルが怪我をして苦労している感じ。

スターティングメンバー

LINEUP111523669113067
名古屋は仙台とミラーを選択。これは仙台対策か否か。
そしてジョーがいない。これはなぜ?
そんなメンバーだった。

仙台について

現状

庄司と阿部が怪我で離脱。
そんな中セレッソ退団後フリーになっていた関口が6年ぶりの仙台復帰となった。
週末の川崎戦から出場可能

スターティングメンバー

LINEUP111523669585546

シュミット、椎橋、菅井、蜂須賀、ジャーメインがリーグ戦初先発。

前半

名古屋の狙いと仙台のビルドアップ

名古屋は前半うまく行かなかったので狙いが分からなかった。従って想像になってしまうのだが、名古屋はミラーにして、下記のように前プレスを仕掛けてボールを仙台から取り上げたかったのだと思う。

1523671658325


しかし、それが嵌らない。
その理由は今年初披露となったビルドアップの形だった。

シュミットはビルドアップ隊に加われるということもあり、菅井をSBにして4バックでのビルドアップを実施。

1523672006340


これで、名古屋は同数プレスをかけられず、青木が菅井に行くとシュミットから長いボールが入り、シュミットに行くと菅井がフリーになり、と苦しい展開となった。 実際は青木がピッチ上でかなり迷っていたように見えた。
マークすべき相手が目の前からいないのだから仕方ない。

また、名古屋は3バックだけど、浦和のように5レーンを物理的に埋める事が出来なかった。
たぶん前プレスで奪い切るつもりだったのでで仕込んで無かったのだろう。
従って、仙台は5レーンを自由に使え完全にゲームを支配出来た。

仙台の得点を振り返る

2得点とも大外から大外という展開から中で仕留めるという形だった。
先にも記載したとおり3バックなのに5レーンが埋まっておらず逆サイドの大外がフリーだった。

1点目は蜂須賀から素晴らしいサイドチェンジが永戸に通った時点で7割決まったようなものだった。そこから永戸が折り返しこぼれたところを石原が押し込んだ。

2点目も椎橋がボールを奪い切り左サイドからクロス。
このクロスが逆サイドの大外蜂須賀がほぼフリーで折り返し西村が決めた。

と、共に大外から大外を繋ぐ再現性のある素晴らしいゴールだった。

名古屋の問題点と解決方法

名古屋はボールを持ったときも不具合があった。
それは距離感だ。
前プレスで特攻するが、後ろは怖くてラインを上げられない。ということで間延びしてしまった。そして、ボール保持時も間延びしていた。
この前と後ろを繋ぐ役目が小林と長谷川のボランチの役割だったが、彼らも長谷川は前との距離感を保ち小林は後ろとの距離感を保ちということで、二人の距離も間延びした為パスが繋がらなくなり仙台に支配された。

2点先行された事もあり名古屋はたまらず深堀に変えてジョーを投入。
最終ラインからジョーに当て、ジョーが前線で時間を作る事で間延びを解消し、ようやく攻撃を繰り出せるようになった。

後半

名古屋の変更点

畑尾に変えてワシントン投入し、システムは以下のようになる
LINEUP111523669197321

さて、これで名古屋はボールを持てるようになる。
4バックになったことで仙台の前プレスが宮原、秋山のところまで届かない。
宮原、秋山のところから前線にパスが入れる事が可能。
また、小林と長谷川が守備からある程度開放され、この二人が近い距離でプレーし良くボールに関われるようになると風間サッカーらしく細かいパスが増え一気に名古屋ペースになった。

名古屋の得点

名古屋の時間だったわけだがすぐに追撃のゴールが生まれた。

このゴールは秋山が中にカットイン。これに、WBの蜂須賀がついていったのだが、
本来秋山がいる大外に小林がいてここに誰もついていけずフリーに。
慌てて蜂須賀が戻るがフリーでクロスを上げられジョーに決められた。
ここの秋山と小林の関係は素晴らしい関係だった。

仙台の修正その1

後半立ち上がりは長崎戦のようなハーフコートゲームになり仙台はロングボールを前線に放り込むだけの展開になりつつあった。
確かに相手にボールを持たせると守備が嵌らずゴール前まで運ばれるがマイボール時はどこが空くかを冷静に判断して相手陣内まで運べ休む時間を作れたのは大きかった。

時間が経つにつれ、守備時に名古屋のどこが空くかを把握していく。
狙いどころはワシントンが最終ラインに吸収され5バックになる。
このとき、インサイドが戻りきれない間のスペースが生まれ、そのスペースをシャドウがうまく使いチャンスを作る。
1523675601893
図はわかりやすくデフォルメしているが…

仙台の追加点

そんな流れから3点目が生まれる。
名古屋のCKからカウンターで西村が決めきった。
西村の課題は数字を残す事だった。
この日は2ゴール。どちらも素晴らしいゴールで成長を感じさせた。
さて、これで余裕が出たのか仙台は守備の修正を加える。

仙台の修正その2

修正その2は守備に対してのもので、小林には基本富田が付く、長谷川には野津田が付く。
という対応をはっきりとさせた。
名古屋はこの二人がフリーで受けられない場面が増え後半開始直後のようなパス回しが減った。
そして、このマンツーマンに近い守備を嫌がりどちらかが下がってボールを受けるようになるがこの二人の距離が遠くなりスムーズなパス回しが出来なくなり名古屋はリズムを失った。

名古屋最後の作戦

リズムを失った名古屋はジョーへのクロス爆撃を開始。
この爆撃でシュミットの不安定な対応をあぶり出す事に成功。
結局3回キャッチに行ったが全てファンブル。
その一回が致命的なミスとなり最終的にはPKを献上+大岩退場。
そのPKをジョーが決めこの日2点目となったがそれまで。
なんとか仙台が逃げ切り勝利。

最後に

なかなか楽しいゲームだった。
名古屋は長谷川と小林の距離感が短い時は名古屋のペースになる。
そして、名古屋はこの二人が短いパス交換で相手の守備を剥がしていくイメージ。

逆に仙台はピッチを広く使い相手が対応出来ず空くスペースを使う。なので、一人ひとりの距離感は名古屋より広くなる

距離感や幅の使い方が全く違うのでどっちが主導権を握ってるか凄くわかりすく、
ざっくり言うとサイドチェンジが出来る時は仙台のペース。
出来ない時は名古屋のペースだった。

では、勝敗を分けたのは?
というと柔軟な対応が出来たか出来ないかだったと思う。
名古屋はプランが遂行出来ない時にはあまりに無力だった。
仙台は自分たちのプラン遂行出来なくてもある程度対応出来る。
この差だったと思う。
ただ、仙台も相手の対応が変化した時に修正する時間がまだまだかかりすぎてる。
もう少し早く対応出来るようになればもっと上に行けるんだと思う。

↑このページのトップヘ