カテゴリ:Jリーグ > ジュビロ磐田


スターティングメンバー

スタメン

前半


電光石火の2得点

8分まで2得点。電光石火だった。
2得点とも磐田が仙台陣内で得たセットプレーからのカウンターであった。
カウンターは完璧な運び方であったし、再現性もあった。
ただ、磐田のリスク管理及びトランジションが上手くいっていないかったと思う。
この試合磐田は前から行こう。という合言葉があったかはわからないのだけれど、
前へ行き過ぎていたように感じる。

不安定な前プレスを利用し保持する仙台

その前へ行くという意識は仙台がボール保持しているときもあった。
仙台はそれを利用してチャンスを作る。
序盤の攻撃
仙台はいつも通り2-2のビルドアップ。
磐田は撤退時4-5-1。なのだが、4-5-1から前プレスがちょっとリスキーであった。
SH化する山田とボランチの上原が仙台のDH,CBに対して前プレス。
そして、WBがSBへ前プレスであった。
しかし、その前プレスしたときに空くスペースを仙台はうまく使いボールを運んだ。

この状態で磐田と仙台はかなり差があるように見えた。どうやっても磐田は守れない。
守っているつもりでも簡単に剥がされてしまうという状況でにっちもさっちもいかなかった。
なので、この時間帯に3点目を決め終らせないといけないゲームであったが、
それが出来なかった。というのがこのゲームを難しくした。

給水タイムでの修正

磐田は給水タイムを利用して修正。
前プレスを諦め、4-5-1で撤退。とりあえず、仙台にいい様に使われていたスペースを閉じる事を優先。
また、前プレス行く場合もCBにはいかずDHまでというルールだった。
引水タイム後
前プレス時の話。5-4-1でも基本は同じであるが、
中央を閉鎖する。そして、外外経由に誘導する。SHに入ったところをWBを当てボールを回収だった。
この修正で磐田がイシニアチブを取り始める。
イニシアチブを取り始めた途端にセットプレーから今野が決め1点差にしたことも
磐田にとっては大きな出来事であった。

3センターの狙い

イシニアチブを取った事で磐田の3-1-4-2の狙いが出始める。
基本的にはIHでSB-CB間を攻略しようぜ!!という狙いだった。
磐田の狙い2
上記のように、IHがCB-SB間へ突撃。CBがカバーしたのなら、
ルキアンと1vs1の形が作れる。ここで沈めた勝ったのだと思うが、この1vs1を2-3回作れたがルキアンがゴールを決め切ることが出来なかった。

後半


磐田が仙台の弱点に狙いを定める

後半立ち上がりは両チームともに前半の流れで戦っていた。
動き始めたのは、磐田がアダイウトンを投入し磐田が攻撃の姿勢を強める。
後半の狙い
2トップ後は仙台の弱点である左サイドを攻める。
5バック化するので、高橋のところに誰もいけない。
(たとえ行ったとしても、永戸が大外に引き出されハーフスペースが空いて、そこにIH利用される)
なので、そこから押し込むのだが、ルキアンがSHの裏を突き起点を作っていた。
ただ、ここで深さを作ってもここから磐田がペナ中に入る方法がクロスしかなかった。
そして、そのクロスのターゲットになるはずのルキアンがクロスの出し手になってしまっている。
という矛盾を抱えていた。これが、押し込むけど決定機がほとんど作れなかった理由である。
また、クロスに対する守備は完璧だった仙台。
山雅戦でも書いたことであるが、平岡-シマオのコンビは単純なクロスで崩れない。
そういう強さがある。

5バックで逃げ切る

押し込まれる仙台は1点リードという強みを活かし逃げ切りを試みる。

5バック化
5バック化で守備の基準を整理した。
5-4-1にすることで、個々の守備基準をはっきりさせる。
このことで磐田は以前より押し込めず、仙台が逃げ切りに成功したゲームであった。

最後に

欲を出して言うともっと簡単なゲームにしたかった。
そういう25分までの内容だった。相当な差があったし、あそこで3点取れていれば苦労する事も無かったかなと思う。
また、押し込まれた後にそれを跳ね返し攻撃に持っていく「攻撃のための守備」が出来なかったことも反省材料である。

ただ、磐田の決定機は1,2個だけ。仙台が押し込まれながらもきちんと守ったゲームであった。前半戦は負けた相手に対して、きっちり勝ち点3をとれた事は素直に評価したい。
何よりも勝ち点3は大きい。この勝ち点3を持って首位対峙と行こうじゃないか!!


スターティングメンバー

スタメン

前半


序盤のボール保持と距離感

立ち上がり
最初に思ったのが「磐田の3ラインが間延びしているな。」だった。
なので、これは楽に攻略出来るかな。と思ったけどこの間延びが悪い方に出てしまった。
まずは、仙台のボール保持時の話から。
ボール保持_序盤
ボールを持った時に磐田のブロックは緩く深い位置にいるCBからジャメへ縦パスを入れる事を選択する。
ただし、この縦パス距離があるのでどうしてもズレたり、スピードが足りずにジャメが大井を外せず大井に奪われる機会が多かった。
スイッチの縦パスで奪われるので、仙台としてはリズムが出ない。
また、この仕組みでロストした後、WBにボールを展開される。
ジャメロスト後
そうなると、DFラインが深いため仙台の選手全員から距離があるので、前プレスにいけず
4-4-2にしてから良くなったネガトラ時の前プレスがかからない状況になってしまった。
前プレスがかからないので4-4-2で自陣撤退モードになるのだが、それがさらに良くなかった
この話は「改善出来なかったこと」に書くが、4-4-2自陣撤退モードでは守れない状況で仙台は全くうまくいかなかった。

1失点後の改善

GKからせつないゴールで失点した後、前半30分までは仙台がボール保持を改善出来、攻め込めた時間帯だった。
1失点後の仙台
CBから一発でFWの足元。というのを止め中盤を上手く使いながら相手を押し込む事に成功する。
(もちろん、要因として磐田が先制し少し引いたこともあるが…)
そうすると、CBがセンターハーフライン付近でボールを持て全体的に押し込める。
また、ここで石原崇が失点前より高い位置を取れたので、
ネガトラ時に最終ラインへ圧力をかけやすく、
仙台の4-4-2の良い前プレスがかけられ即回収が出来るようになり仙台のペースだった。

改善出来なかったこと

ただ、改善出来なかったは4-4-2の撤退時のバランスだった。
そのことにより、2失点目を生んでしまう。
まずは、撤退時こんな感じで、山田がフリーになる。
磐田のボール保持
山田から展開されるのは嫌なので、椎橋or 松下が山田をケアに行く。
山田のケア
すると、ボランチの片方の後ろに大きなスペースが生まれる(図の場合椎橋が出た状態)
このスペースにシャドウの荒木が入ると仙台はCBが引き出される形になる。

2失点目の構図

ジョンヤが引き出されるとその後ろに大きなスペースが生まれそこを使われる。
このスペースを使われたのがまさに2失点目の状況だった。

また、1失点目も仙台の単なるエラーのように思われるがCBが前に引き出されその裏のスペースを使われる。そういう意味ではこの日の失点は共通点があるのかなと思います。

なぜこんな事になるのかというと仙台は前から嵌めるとき「人基準」で嵌めていく。
それが撤退時にも出てしまうとスペースを守れないという事になる。
この日はまさにそれだった。
仙台は手倉森さんが去って以来この「スペースを守る」という守備を作れないでいる。
やっぱりそれはしんどいなとも思ったりする…

後半


前プレスと撤退守備の改善

さて、2点ビハインドになった仙台。
後半修正したことをは2点。
まずは、前プレスだった。
前半は距離があるために前プレスを諦めていたが、後半は距離があっても気合と根性で走って前に詰めるだった。
後半の前プレス
相変わらずの人基準だが、それでもこれで相手陣内でボールを奪い返す事に成功。
49分が象徴のシーン。ロングスプリントしながらも圧力をかけると、
石原崇が松本からボール奪いチャンスをカウンターに成功。
このプレーをきっかけに仙台は磐田を自陣に押し込む事に成功する。
(あと、大岩が入った事によって守備のインテンシティが上がり中山とアダイウトに自由を与えなかった。という要素もあるが)

また、撤退守備時にも少し改善を入れる。

撤退時はSHがケア
ボランチが上がった場所のケアにSHが入る。これでCBが前のスペースにつりだされる事を防いだ仙台がチャンスが決定機を作り始める。

ハーフスペースのプリンス誕生

仙台はこの流れを加速するためにカイナに代えて道渕を投入。
道渕がハーフスペースで躍動する。
カイナの動きには無いDFの背後に走ってボールを引き出す動きが非常に良かった。
道渕投入後の仙台
また、ハモンがハーフスペースで受けた時には真ん中のレーンに位置取るのも良かったと思う。

失速とロドリゲス無双

ペナ角攻略も出来た仙台は追いつくのには時間の問題だと思われたが、残念ながら長くは続かなかった。
流れが変わったのはジャメがピッチを去った事が要因の一つ。
長沢とハモンだとどうしても立ち位置が取れない事が多い。(ただし、ここはそんな気がするだけ)
もう一つは磐田がボール保持時にもWBが最終ラインに残りハッキリと5バックにし、道渕が使っていたペナ角のスペースにを埋めていた。
ただ、攻撃時にも5バックになった事により攻撃の枚数が確保できない。
そこで、磐田はシャドウを大久保とロドリゲスに変更。
これで、中山を混ぜた3トップで攻め切る。という選択だった。特にロドリゲスが止められず。とりあえず、左サイドに張っていたロドリゲスにアバウトなボールでも送っておけば、
シュートまで行ける。
ようするに質の優位性で殴られ仙台はどうすることも出来なかった。

そんな感じで、またしても名波さんの磐田に完敗。
後半良い時間もあったが、磐田との6ポイントマッチは0-2の敗戦となった。

最後に

前半を中心に振り返ってみた。
磐田、仙台ともに弱点がハッキリとしていてどちらが自分たちの距離感でゲームを進めるか
で優位不利がハッキリとした。
仙台は前半磐田の間延びした距離感に付き合いすぎて仙台の良さが出せず、
仙台の弱点をひたすら露呈。

後半は仙台が修正(修正の仕方は少し強引だったが)。そうすると仙台の良さが出た。
なので、磐田の距離感に付き合ってしまったのがもったいなかったなとは思う。
この辺りはもう少しタフに後半のように無理やりにでも自分たちの距離感にすべきだったし
そういうアクションを取るべきだった。前半はそのあたりが曖昧になってしまった。
もちろん、ちゃんと作ればどんな距離感でも対応できるのだろうが、そこまでの完成度がないのが辛いところである。

そして、6ポインターで負けてしまったのは本当に痛い。
でも、下向いても何もない。次のリーグ戦も6ポインターの清水戦。
反省するところは反省し、修正し清水戦勝つ事に集中してほしい。
いつかも言ったが今年は「前進と後退の繰り返し」である。悔やんでる暇はない。
次は前進しよう。

勝てない。結果が出ない。
でも、内容は悪くない。だから大丈夫。信じて前に進むだけさ

ジュビロ磐田ついて

負けないけど勝てない。そんな感じがずっと続いてる。
ただ、この時期は一斉開催でチェックが出てないのでどういう状況かわからないのが実情。仕方ないね!

スターティングメンバー

LINEUP111533881905557

仙台について

結果がでない。でも、やれてる。
矢島まで離脱。本当に怪我人が多くて連戦はなかなかしんどいものがあるけど信念は貫いてる。
この信念が貫けなくなった時が、心配するとき。
まだ、大丈夫。

スターティングメンバー

LINEUP111533881957116

大巨人ハーフナーが初先発何をもたらすか。
そして、どう活かすか。

前半

ハーフナーを活かす

GKからのターゲットが今まで蜂須賀だったのだが、それがハーフナーになったことでシュートシーンに直結した。
立ち上がりの奥埜のシュートしたシーンも
先制したシーンもGKからハーフナーがターゲットだった。

特に狙い目はハーフナーが下って来たCBを引き出した裏に石原西村が使い攻撃をするということだった。
この狙いは上手く言った。

また、ハーフナーは真ん中で高さを提供するだけでは無く、ハーフスペースに入ってポストプレーしボールを円滑に進めるようにしていたのが印象的だった。

仙台の対磐田の守備

さて、1つ目の狙いは上手く言った。
そして、先制にもつながった。

しかし、守備の狙いはハマらなかった。
まずは前プレス。
3vs3の同数プレスを実施も田口、上原が上手くフォローして前プレスを回避してしまい上手く嵌められない。
従って立ち上がりすぐに前プレスを辞めて
撤退守備に変更。
そのため磐田にボールを渡す事になった。

撤退守備に対する磐田の狙い

磐田の狙いは5-4の間。
しかもサイドでは無く中央だった。
ポジションが決まってるのは、上原と川又の2人。
上原は中盤の底でボールを捌く。
そして、川又が頂上でポストプレー。
その後ろを大久保、松浦、田口が好きなように使うという形だった。
ただし、真ん中3レーンに人が集まり過ぎて立ち位置有利ではなかった。
なので、押し込んだ割にチャンスは作ることができなかった。
真ん中で詰まってしまったイメージ。

磐田の変化@4-2-3-1

先制されなかなか上手く行かない磐田はシステムを変更。 
LINEUP111533884775015

442のような、4231だった。
櫻内をSBに小川を左に持っていき、
松浦を左松本を右にもっていった。
システムを変更したが狙いは変わらず真ん中3レーン突破だった。

ただ、変わったのは松本松浦の外から中に入る動きだった。
この動きについて行かないと中でフリーになってしまうので、ついていく。
そうするとSBがフリーになるということで仙台としては苦しい状況になる。

この状況の中で同点に追いつかれる。
ただ、追いつかれるのはSBから逆のサイドまで繋がれてのクロスという真ん中3レーン突撃では無いというのがジュビロ磐田と言うチームだよなぁと思う。

後半

仙台の4バック殺しと交代策

相手が4バックなら僕らは地上戦で位置的有利をつければいい。
ということで55分。ハーフスペースて受けた西村が石原、ハーフナーを使い抜け出す。
この形がまさに4バック殺しだった。

そして、位置的有利を取るのならばハーフナーよりも阿部の方が良い。
ということで、阿部を投入。
その投入後、磐田のCBに対して阿部と石原でプレスを開始。
そして、それが実を結ぶ。
阿部の前プレスで奪ったCKから自ら素晴らしいシュートで再び仙台がリードする。

その後も70分までは仙台が立ち位置有利をとり連続で決定機を作る。

落ちていくインテンシティと、ターニングポイントの75分


しかし、70分以降インテンシティが落ちていく。
特に消耗が激しかったのは奥埜及び富田だった。
中央で徐々にお仕上げが足らなくなると、田口、上原がフリーで持つことが多くなる。
そうなるとパスコースが絞れないので最終ラインは下がるしかなくなる。
そんな具合に間延びしてきた。

お互いにカウンター合戦になる。
このJリーグ夏の風物詩だ。

そして、ターニングポイントは75分。奥埜がボールを奪って中野、西村のコンビで抜け出したが決めきれず。
そのカウンターで逆に中野に決められてしまう。
この西村の決定機後、仙台は足を休めてしまったところにカウンターで、逆に同点に追いつかれてしまった。 

夏の総力戦と決定機。そして、切ない結末

同点に追いつかれたが、仙台は、いやお互いのチームが勝ち点3を諦めない。
お互いに限界を超えていた。
どうしても間延びしてしまう。
なので、割と簡単にゴール前までもっていける
こうなると殴り切った方が勝ちだった。
仙台は83分の古林から石原のボレー
そして、85分の同じく古林から石原のボレーと2つ決定機を作ったが得点には至らない。

磐田は90分にFKのこぼれたところを大井が押し込みゴールを揺らしジュビロが勝ちきった。これが名波浩のチームである。

ところで、このFKを与えたのはリャンくん。
というのが仙台にとって切ない失点でもあった。

最後に

65分まで夢にも負けるとは思っていなかった。
ただ、70分以降間延びしてきたときに3点決めないと勝てないかも。
という感じはあって、75分の決定機だった。
そこでチームも天国から地獄に落とされた。

ただ、やっぱり奥埜と富田の足が止まったところ。そして、その代わりがいない。というところですかね。
リャンが80分に入れたのがやっとだった。

この過密日程、そして猛暑なので90分持たないのは仕方ない。
やはり代わりが出てきてほしいところ。
それでも、足が止まるまでは良いサッカーをしてるので前向いて進もう。
今1番怖いのは自信を無くし今のサッカーを貫けなくなるところである。

名波さんは負けず嫌いだと思うんだよ。
そんな、ジュビロ戦です。

仙台について

現状

また離脱者が増えて、今度は平岡。
違和感ということなのでそんなに時間かからないと良いですが…
そして、板倉が復活。このGWのリーグ連戦に間に合ったのは凄く大きい。

ミットドウィークのルヴァン杯はユース8人を使い(デビューは5人)過密日程を乗り切り中

スターティングメンバー

LINEUP111524542072904
なんと、3412
リャンのトップ下というびっくりシステム。
磐田の343とギャップを作りに来たんだと思う。しかし、今年のDAZN凄くてこの奇襲さえも読み切ってしまう。
なんなの?ほんと。

ジュビロ磐田について

現状

川辺の移籍、ムサエフとアダイウトンの長期離脱で去年の骨格がほぼ無なくなってしまった磐田。
絶賛骨格作りなのだけれど鳥栖戦からはだいぶ安定した感がある。 
なんならこの試合は山田中村のシャドウとか浪漫を求めても良かったのに。

スターティングメンバー

LINEUP111524542464112
ほぼほぼ予想通り。
上原じゃなくて山本なんだ。というくらい。

前半

嵌らないリャンのトップ下

ということで、残念ながらリャンのトップ下は嵌まらなかった。

最初の15分はリャンが頂点の343のようであまり中央から動かなかった。
なので、あまりパスを受けられず。大外からのクロスに競る役になっていた。

流石にそれではまずいと思ったのか、
20分過ぎからリャンが落ちて磐田ボランチの前で受けたり、ボランチ脇で受けたりし始め、この頃からようやくボールが回る。
しかし、この時間も幅を使えず同サイドでボールを回して最後大外という、流れが続く。

それでも仙台らしさが出る時間帯

25分過ぎからの10分感は仙台らしさが少し出た。リャンがハーフスペースで捌けるようになったからだと思う。
この時間帯のリャンのポジショニングは良かったと思う。
29分の攻撃が前半のベストだったと思う。
中盤のルーズボールを制した仙台が、西村へ縦パスそれをリャンに落とすと逆サイドの蜂須賀に、展開しダイレクトでクロス。
西村は惜しくも届かなかったが合っていれば1点だった。

この時間帯のようにハーフスペースで磐田の3バックとボランチの間で常に受ければもう少しチャンスを作れたしそれが狙いだったと思うのだけど残念ながら立ち位置が安定せず、なかなか良い形の再現性はなかった。

磐田の狙い

磐田の前半はリスクを侵さない。耐えること。きつくなったら川又を裏へ走らせるだった。
序盤は仙台の最終ラインが統一出来ていなく縦ポンでチャンスになるシーンもあったが中盤以降は修正。
なので、チャンスはほとんど作れない。
ただし、中村のFK一発でゴールを決められそうな雰囲気はあった。
とりあえず磐田は5バックで後ろを埋めて耐えればオッケーという狙いだったのだと思う。
それは果たせた前半だった。
真ん中3バックが動かされなかった。そのため決定機作られず大外のクロスから危機を招く程度だったかな。という感じ。磐田の想定内。
ゴールの確率的には、FKがある分ちょっと磐田の方が上だった。

後半

磐田の3バックを動かす仙台

仙台は磐田の3バックを動かせなく真ん中の3レーンを使えなかった。
この真ん中を使うために仙台はWBの裏のスペースを使い始める。そこから、CBを引っ張り出して、ハーフスペースを開けようという狙いで、基本的には川崎戦の狙いと同じだった。

45分は西村がギジェルメの裏に流れ起点になり、蜂須賀にスイッチ。蜂須賀がハーフスペースに侵入し、マイナスのクロス。

50分にはこの試合最大の決定機。
リャンが小川の裏へ抜け出し高橋を引き出す。
そして、高橋が動いて出来たハーフスペースに西村が侵入。
新里の素晴らしい対応でシュートは外れる。

とこのようにようやくハーフスペースを使えいよいよ仙台ペースになってきたはずだった。

磐田の2点と素晴らしい小川の判断

しかし、落とし穴があった。
それを説明する前にまずは磐田の狙いを整理する。

と言っても仙台と狙いは同じで彼らもWBの裏を狙いだった。
方法はトランジションの速さでそこを付くとシンプルなものだった。
49分はギジェルメが奪って中村とワンツーでWBの裏へ抜けてクロス。大外で田口が合わせての決定機だった。

これが、落とし穴の布石だった。
そして、55分にスローインから中村からWB裏へ抜け時間を作ってクロス。田口がニアで合わせたのは防ぐが松浦に押し込まれ失点。
スローイン時に対応が遅れたのと中村に厳しいく行けず時間を与えたところ。
そして、田口が入ってきた時の板倉の対応。
このあたりが緩くて失点につながった。

50分の新里の素晴らしい対応との差がゴールに直結した。

さらに落とし穴は深かった。

57分に小川のカットインからミドルが決まり2分間で2失点となった。

この57分の得点。磐田が凄くて説明したい。
仙台の対応としては、55分に失点した構造が頭にあるんでWBの裏のスペースをケアするんですよ。
事実、そのスペースに高橋が走り使おうとするわけです。
この動きに中野とキムは釣られ小川をフリーにさせてしまう。
という構造でした。

たぶん名波さんはWBの裏を狙えとは伝えたんだと思うです。しかし、この応用系は伝えてなくて、小川のひらめきなんだと思うのですよ。
しかも、これ1点目が無かったら仙台は対応出来たんですよね。
このタイミングだから点に繋がるわけです。
それを実行してしまうというのが凄いなぁと思います。

仙台の悪循環

2点失ったが仙台は後半の入りは良くてそれを繰り返せば点は返せたと思います。
実際59分には2トップ1シャドウで磐田を崩して西村がフリーで抜け出しかけるシーンもあったわけです。

しかし、その流れをも自ら手放してしまった。
それが板倉を1列上げた事でより顕著化した。
板倉が居なくなったので後ろで幅を使える選手が居なくなり、ビルドアップ隊は縦縦にパスを出すしかなくなった。
さらに板倉が高い位置を取るようになりパスコースが限定されてしまった。
後ろからビルドアップがうまく行かないとシャドウにも楔が入らない。
仙台の楔というのはレーンを跨ぐ斜めのパスが多いのだが、ビルドアップの時点で使うレーンが限定されてしまうため、簡単にシャドウへのパスコースが消された。
ということだと思う。

磐田のダメ押し


さて、そんな感じで仙台がボールを動かせず苦労しているところをトドメの前プレスを仕掛ける。しかも、ラスト15分過ぎたころから。
これには驚いた。連戦で楽に終われる筈なのに自分たちの勢いを大事にした。と言う事だと思う。

実際効果はバツグンで仙台はその前プレスわ抜け出せず。
80分に関のパスを受けた永戸がボールを奪われそうになりファールで止めるとそのFKを田口に叩き込まれ、3失点で終了。

磐田はこれ以上ない完勝だった。

最後に

2失点してからのゲーム運びは残念だった。
ベンチワークもノープランで自分たちの首を締めた。65分からの25分間に関しては4点目取られてもおかしくなかったと思う。
板倉のボランチなら彼もビルドアップ隊に含むような仕組みにしなければならなかったと思う。

とはいえ、確かに後半の入りは良かったし監督の言うように2点は小さなディティールの差だったとは思う。
次の試合はすぐやってくるので切り替えて頂きたいとは思う。
後半の悪循環も要因は明確なので修正出来ると思う。 

磐田は骨格がようやく出来上がった。
それを示すには最高のゲームだったのではないか。 
この勢いで連戦を迎えるのは精神的に有利だ。
ここから一気に連勝出来る気がする。

それにしても名波さんには色々驚かされるなぁ。この人浪漫を語り浪漫を考えるのに、結局チームは現実的なところで終着するというのが面白い。
負けず嫌いなんだと思うのですよ。
色々勉強になります。


↑このページのトップヘ