カテゴリ:Jリーグ > 柏レイソル

前節とっておきのタイトルを使ってしまったので今節のタイトルに苦労する(笑)

柏レイソルについて

下平さんを首にして加藤望体制になってから評判が良くない。
どうも決まりごとが無くなかなか大変な模様。
しかし、前節札幌戦を見た限りでは
伊東ー小池の右サイドのユニット及び瀬川ー江坂の群馬大宮ユニットが良かった。
そして、対3バックへの前プレスも良かったので簡単な相手では無い印象。
この試合は中団に位置出来るか残留争いに、なるかの分水嶺。

スターティングメンバー

LINEUP111534123225769

札幌戦出場停止になった鎌田に代わりナタン初先発。
その他は前節と変わらず。

仙台について

勝ててないゲームが続いてるがまだ目標の5位まで勝ち点差は3なので下を向く時期じゃない。
ただ、気がつけば12位で13位柏と6ポイントマッチだったりする。
このブログ書くまで知らなかった。
下向いても仕方ないしね。上を見続けたいよね。

スターティングメンバー

LINEUP111534035753651
今日は3142で西村が外れる。
関口がスタメン復帰。

前半

柏の前プレスと3142の弱点露呈

立ち上がりは柏がゲームを支配する。
柏の前プレスは
仙台の3バックに対して
クリスティアーノー瀬川ー伊東の3枚で同数プレス。江坂が富田を見る。
仙台はビルドアップの出口無く苦し紛れにWB(主に蜂須賀)逃げるがそこでパスコースが無くなりロングボールを蹴らせれ柏に回収される。という状態だった。

さらに仙台は低い位置でのネガティブトランジション時に問題を抱えていて、
中盤が富田1枚(IH2枚が怪しいポジション)になってしまうケースが散見された。
なぜこんな事になるかだが、
  • ロングボールを蹴った時にIHがセカンドを回収するため
  • セカンド奪われてもIHがFWと連携して4枚で前プレスかけて奪い返すため
という理由でIHは高い位置を取るべきなのだが、ライン押し上げられない状態でのロングボールなのでIHの位置が中途半端になってしまい中盤の3枚が不安定だった。

瀬川のタスク

さらに柏の作りはもう1つトップの瀬川はCFWにいるがタスクはCFWではなくて、実はトップ下に近いタスク。要するに偽9番だった。
ストライカーのタスクはクリスティアーノだったり江坂だったりが担い瀬川の開けたスペースに入り込む。

で、その瀬川は富田脇に降りてきたり、クリスチティアーノの裏を使ったり、板倉の前にポジションを取り伊東ー小池のユニットを助けたりと柏の攻撃に関してかなり重要なタスクをこなした。

10分間に決定機を複数回作り柏の先制は時間の問題にも思えた。

GKのビルドアップ参加

しかし、仙台は11分にビルドアップの形を変更して柏の前プレスを剥がす事に成功。
ここから流れが一転する。
さて、そのビルドアップだが、
シュミットがビルドアップに参加。
平岡、板倉をSB化させ、CBにシュミット大岩とし、ビルドアップ隊を4枚にする。
柏の前プレス隊が3枚なので、仙台のビルドアップ隊が数的優位を保てるので安定してビルドアップが出来るようになった。

例え無理やり前プレスに来られてもシュミットのキックの精度で逆サイドのWBに逃れる事が出来るのは仙台にとってかなり価値のある事だった。
これにより柏の前プレスはただ体力を消耗するだけになり25分過ぎからは完全にギアを落としてしまった。

後半への布石とパワー不足

安定したビルドアップを手に入れた仙台は右サイドから何度もフリーでクロスが上げられるようになる。
さて、右サイドだが、クリスティアーノの守備が軽く前残りも多いので仙台の右はほぼ安定してクロスを上げられた。
ただ、問題になったのはその後の対応。
一発のクロスでは中々決まらないのでクロスのクリアを拾って2次攻撃3次攻撃に繋げる必要が出てくるのだが、
クロスを跳ね返されたセカンドボールにプレスをかけられなく単発で攻撃が終了するケースが多かった。
それはやはりCBや富田の運動量が足りないためだった。
酷暑の中で良い時より運動量が落ちるためら押し込んでもボールの再回収が出来ず単発で攻撃が終わる。
したがって、仙台も完全に流れを掴む事が出来なかった。

後半

後半頭から瀬川に変えて中川を投入。
江坂をトップに中川をトップ下に。

中川投入で攻め手を無くす柏

ぶっちゃけ良くわからなかったし、狙いが出せたかというと、たぶん出せなかった。
想像でしかないが、前半10分までの前で嵌められた状況の再現と富田脇を突いて攻撃しようとの事だったと思う。
ただし、チームとしての狙いでは無く個人の運動量で解決しようとする狙いは流石に雑だったように思う。
一人の運動量で4vs3のビルドアップを防ぐのも無理であり、
また、瀬川のように富田脇を使うことも無くなった。江坂は降りてくる事はあるけどボランチのところまで降りてきてしまい、富田脇での数的優位、位置的優位も作れなくなってしまった。

そうなると柏は右サイドの伊東ー小池のところからしか攻撃は出来ない状態になり苦しい状況になってしまった。

仙台は前半から継続。

さて、仙台は前半に引き続きビルドアップは安定しているので、あとは如何に相手をゴール前に釘付けにしてゴールを奪うかにフォーカスがあたった。
50分からは運動量を上げてセカンドボールを拾いに仙台のターンを続けるようにする。
さらに仙台は前半から継続してクリスチアーノサイドを狙い撃つ。ここは柏は修正無しだった。
51分、57分、そして先制ゴールとなる58分この時間フィニッシュに行ったシーンは全て蜂須賀が絡んでいた。

58分のゴールについて

その中でも58分は狙い通り形。
左サイドから右サイドに展開。そして、蜂須賀と右サイドに流れた阿部で数的同数をつくる。そうする事により、クリスティアーノと阿部の1vs1を作り出す事に成功。
クリスティアーノ寄せの甘いところから阿部がクロス。
そして、本来阿部がいるべきスペースに対して2列目から奥埜が突っ込んで柏CB2枚の間でニアフリックし、ゴールに流し込んだ。

伊東ー小池対策

先制した仙台は守備に走り回り黒子に徹していた関口のインテンシティが落ちきる前に早めに永戸を投入。先手を打つ。
その永戸は66分に久しぶりに見た彼らしい芸術的なアーリークロスを放ち復調の兆しを見せる。
この日左のクロスから初めてシュートまで行ったシーンを演出。

落ちるインテンシティ

しかし、70分以降仙台のインテンシティが落ち、ペナ内に撤退せざるを得ない状況になる。
ただ、この日は磐田戦よりもペナ中で守る事を意思統一出来たため、押し込まれはしたが中盤に変なスペースが開く事は無かった。このあたりなべちゃんが整理しただと思う。
ただし、ペナ中なので事故が起こると即同点なので苦しい事には変わりなかった。

救世主西村 

そういう状況で仙台は石原に変えて西村を投入する。

その西村が磐田戦の借りを返す。
ペナ内撤退守備で守っていた仙台だが、小泉から大岩が突進を止めるとセカンドボールを拾った蜂須賀がワンタッチで西村へ。
西村がワンタッチで2人抜いてハーフラインから独走のカウンターを沈めてゲームの行方をほぼ決めると85分にもパクジョンスから西村がボールをかっさらい再び独走。
これはディフェンスに当ててしまいゴールライン前でクリアされるが、驚異なっていた。

柏最後の足掻き

柏は最後に山崎、キムボキョンを投入。
4141でクリスティアーノを真ん中で自由にやらせる。
ところが結局のところ伊東ー小池サイドからしか攻撃出来ず。
ただ、その右サイドにクリスティアーノやキムボキョンが顔を出すので数的優位を作って押し込めるが、ペナ中では仙台が体を張ってゴールを守り4試合ぶりの完封勝利を手にした

最後に

磐田戦から修正が上手くできて、
70分以降強度が落ちてペナ中撤退せざるを得ない苦しい状況になった時にチームとして意思統一出来て磐田戦のように中盤にスペースを空ける事が無かったこと
そして、西村が今日は決めきって勝負を決めた事。
この2点が磐田戦からの修正で、阿部もコンディションが上がってきてこの試合ベストパフォーマンスだったし、安定してる石原、高さのハーフナーがいるので、スーパーサブ西村は良いアイディアかもしれない。
とにかく、自分たちのやり方を信じ抜いてさらにここ何試合か足りなかった細かいディティールを出せた試合になった。

一方、柏はとても厳しいのかもしれない。
後半の交代策もイマイチであったし、チームとしての作り込みも感じない。
今あるユニットで勝負。という感じであった。
また、そうなるとクリスティアーノのタスクは何だったんだろうと。
柏のストロングポイントになれるクリスティアーノを活かせずデメリットだけが出てしまうのはしんどい。残りの期間で作り込めないとJ2が見えてきてしまいそうだ。

開幕です!

開幕の相手は柏レイソル。
彼らはACLで既に3試合消化しており、ある程度データは入ってるので、そこをアドバンテージにしたい。

今年の柏の特徴

ビルドアップ隊

柏のビルドアップはキムボギョンが最終ラインに加わって3+1でビルドアップ隊結成する。

アタッキングサード

アタッキングサードでは、クリスティアーノが基本自由に動く。
ときに左右大外まで開く。
このときに、両サイドのハモンと伊藤がハーフスペースを使う。
ただ、江坂がこの動きにまだ連動できておらず江坂は消える場面が多かった。
右の小池と伊藤は大外とハーフスペースを被らないように使い分ける。
左のユンソギュンとハモンロペスはそこまで連携とれず。という感じ。

守備について

守備時は両サイドを狭めた4-4-2での圧縮守備。ただし、セレッソほどはっきりとはしていない。
仙台のビルドアップ隊に対する遊撃隊は
1+3で結成。これで同数プレスで嵌め込むのが狙いだと思う。
言い切れないのは仙台のビルドアップ隊が柏の想像していたものと違い嵌め込む事が出来なかったため。

仙台の対柏作戦

仙台は3-5-2富田アンカーを採用。

このシステムは「対和式密集型パスサッカー」になりそう。
ボランチが下がって3-1のビルドアップに対して2トップ+2インサイドハーフで同数プレスで嵌め込む。
突破されても、アンカー富田がフィルターする。
という仕組み。

対柏作戦の副作用

当然システムを変えるので、副作用があります。
良い副作用もあったし、悪い副作用もあった。

良い副作用

良い方に出たのはビルドアップの形が増えたこと。
3-1でのビルドアップ隊が基本形なのだけど、
富田が最終ラインに入って2-2でのビルドアップ隊や、2-1でのビルドアップ隊など形が増えたことが良い副作用だった。

悪い副作用その1

前が2-2(2トップ-2インサイド)に、なったことで、5レーンを使うのが難しくなったこと。
1-2の場合スタートポジションが5レーンの真ん中3レーンなのだが、2-2の場合スタートポジションのレーンが重なってしまうため、ずらさないと5レーンの真ん中3レーンが上手く使えない。

悪い副作用その2

シャドウからインサイドハーフになったことで、FWと中盤の距離が開いたこと。
インサイドハーフのポジション取りがものすごく難しくてFWに近づき過ぎちゃうとビルドアップ隊との距離が開き、パスが回らなくなる。
逆にビルドアップ隊に近づき過ぎると2トップが孤立しちゃう。


これらの2つの副作用と付き合って行くことになる。
という前置きがあって

前半

仙台の柏対策は嵌まるが…

前置きに書いた柏対策でビルドアップ隊を封殺出来たが、
「副作用その2」の影響で2トップが孤立。
ロングボールが増える。
距離感が悪いので、セカンドボールが回収出来ず攻撃が単発でチャンスが作れない。
仙台の唯一のチャンスは柏GKのパスミスを阿部が拾った場面のみで、仙台が意図的に作り出したチャンスでは無かった。

柏の決定機

8分と39分の2回。
39分は伊藤の個人技で4人抜かれたシーン。
個人能力の差が出たシーン。何でもないところから決定機を作る。

8分が唯一仙台がチームとしてやられたシーン。
富田が左サイドに流れたスペースを使われた。平岡がそれに気が付きスペースを埋めに行ったが時に既に遅し。
あの場面富田が左サイドでカウンター阻止。セカンドボールを拾った奥埜が縦に入れたんだけど入れた場所が良く無くて奪われ、再度カウンターを食らった格好だった。
確かに富田と競った江坂の動き直しは早かったけれど、あの場面奥埜が時間を使うか圧力のない場所に入れるべきで、奪われては行けない状況だった。
致命的なミスだったと思う。
それをカバーした大岩ナイスでした。(手に当たってるようにも見えるのでPK取られてもおかしくないプレーだったけれども)

後半

仙台の修正

仙台がうまく行かないのは仙台自身の問題で、中盤と2トップの距離が離れすぎたこと。
「副作用その2」である。
解決するために仙台が出した策は阿部を中盤に落とす(柏ボランチの前でボールを受ける)事だった。
ここで起点を作ることによってインサイドハーフの野津田&奥埜が前半より前に行けるようになり仙台が主導権を握った。

53分にスローインから古林がクロス。これを大外で板倉が合わせ先制。
このシーンは、柏のスローインの守備が緩くなっていた。(詳細はリプレーが流れていたため、確認出来ず)
大外で小池vs板倉を作り出した時点で仙台の勝利だった。

柏の二枚替えの狙い

さて、この6分後柏が二枚替え
ハモン→瀬川
大谷→小泉

これで、瀬川と江坂の2トップ
左サイドにクリスティアーノが出る4-4-2の形になる。
この狙いはたぶん富田を中央から動かすために脇をクリスティアーノや瀬川、江坂の出入りで富田脇のスペースを使う作戦。
また、小泉がビルドアップ時最終ラインに入ってキムボギョンを前に上げることで彼のドリブルでインサイドハーフを剥がし富田のところを動かす狙いだったと思う。
狙らったアンカー脇を実際うまく使えたのは、62分のケース。
そして、80分以降の仙台の強度が落ちてキムボギョンがドリブルで奥埜を剥がしたケースのみだった。

仙台のDFラインとアンカーのインサイドハーフの距離感が良く誰がスペースを埋められる距離にいた事が要因。

最後には中山が二枚目の警告を貰い退場し、仙台が何事もなく試合をクローズ。

最後に

ということで、仙台の柏対策がハマり柏は思うように試合をコントロール出来なかった。
途中から富田の脇を狙う作戦に変更したが、そこも仙台が上手く対応したゲームだった。

仙台の3‐5‐2富田アンカーは柏を自由にさせない事には効果的だった。
しかし、「副作用その1」が最後まで解決出来ず5レーンをスムーズに使えないことで、3-4-3時のように殴り倒す事は出来なかった。
そこに関してはトライアンドエラーで立ち位置を微妙に修正していけば解決するので、大きな問題では無いと思う。

開幕戦で成長を見せ、さらに伸びしろがある事を感じさせながら勝つというのは最高の結果だったと思う。

↑このページのトップヘ