カテゴリ: 与太話

仙台が一昨年からポジショナルプレーだ。という評価があって、
なんとなく理解していたポジショナルプレー
しかし、何となくなんですよ。
なので、きちんとポジショナルプレー理解しようと思ったのです。
ポジショナルプレーという考え方はチェスからきているということで
チェスのポジショナルプレーを学びましょうと。
まず、ざっくりググって出てきたのが、
チェスの現代思想(Modern Ideas in Chess) でした。

その中でポジショナルプレーという項目があり、そこに書いてあるのが

「大まかに言って、本書の本質的な目的はコンビネーションそのものではなく、指し手を決定する戦略的精神の進歩と発展に関連するすべての事柄を扱うことである。1手も先を読もうとしないで指し手を決める方法をポジショナルプレーという。コンビネーションとポジショナルプレーによる指し方は、お互いに相反するものではなくむしろ相互に補い合っている。ゲームの構想はポジショナルな指し手に沿って進め、勝敗を決するときは概してコンビネーションによる。」


はっきり言って何を言ってるかわからない。
さらに、将棋を知っているものからすると
「1手も先を読もうとしないで指し手を決める方法をポジショナルプレーという。」
っていうのは全く理解できない。
だから、1からチェスを理解しようという事でこのオフシーズンチェスを勉強しました。
まだ、初めて1ヶ月。
レートは800台なので初心者ですが。。。笑

チェスについて


チェスの盤面は8*8で将棋よりも小さい。
駒は
ポーン 8枚
ナイト 2枚
ビショップ 2枚
ルーク 2枚
クイン 1枚
キング 1枚
の計16枚の駒で戦います。

チェスのポジショナルプレーについての印象


チェスの序盤戦のコンセプトの一つに「中央を支配する」というのがあります。
これは中央に駒を置くことによって自分の駒が動きやすくなり、逆に、相手の駒が動けないという状態が生まれます。
ようするに中央を支配してしまえば、盤面全体を支配できるという事になります。

この中央を支配するという考えが、まさにポジショナルプレーだろうと考えます。
チェスの場合良い位置(中央)を取れば状況によらず有利にゲームを進められるのです。

適切な位置を取る。それによって盤面全体を支配できる。というのがポジショナルプレーです。
ここにサッカーで言う、質の優位性とか数の優位性とかは入ってきません。あくまでも位置取りです。
そして、たぶんどんなに適切な位置でも盤面全体を支配できなければポジショナルプレーは駆逐されるのだと思います。

マテリアルアドバンテージ

では、質の優位性とはなんでしょうか。
チェスで一番近いのはマテリアルアドバンテージだと思います。
チェスでは駒に点数がついています

・クイーン 9点
・ルーク 5点
・ビショップ 3点
・ナイト 3点
・ポーン 1点

ちなみに、キングは取られると負けるので点数は無いです(無理やり付けるととすれば、∞)

例えば、ポーンでナイトを取って次の手でポーンを取られたとします。
この場合+2点得した。優位に立ったといえます。
これは、ポーン2個分得したという事になりますから、大きなアドバンテージとなります。
これが、マテリアルアドバンテージです。
あたりまえですが、チェスはお互いに質は同じ状態から始まります。
相手の駒を減らすたびに質の差が広がります。
サッカーはスタート時から質の差が違いますからここはあまり参考にならないかなと思います。
ただ、戦略としてその質の違いが与える影響というのは考慮しないといけないとは思いますが、
質の違いという概念ないのでチェスには質的優位性という考え方はありません。

????

章が???なのは困ったからです。
数的優位性は困った事にチェスではそういう言葉が無い。
タクティカルプレー(局面での読み合い、チェックメイトへ向かう最終局面)では、駒の利きを集める事はありますが、調べた中では駒の利きを集める。とういう言葉はありませんでした。

なお、将棋では「数の攻め」という言葉があります。
「駒の利きが相手よりも多い場合は、単純に交換していけばそのマスまで自分の駒が進める」
ということです。これは、駒の再利用を前提にしているから出来る方法です。
再利用できないチェスにはあまり無いのかもしれません。
#チェスではサクリファイスというテクニックに近いといえば近いかもしれません。

最後に

さて、まとめです。
もともとポジショナルプレーって何よ。という話から勉強しました。
チェスのポジショナルプレーはあくまでも位置取りしか入っていませんでした。
サッカーに輸入されたときに、質の優位性、数の優位性という概念が加わったようです。
また重要なのは、位置的優位をとってピッチ全体を支配する事が重要なのかなと思いました。

あくまでこれは、個人的に感じた事です。
そして、チェス初めて一か月の人間が書いたので、正しいかどうかはわかりません。
信じるも信じないもあなた次第笑


おまけ
最後の最後。将棋の話。

実は将棋にも中央支配と同じ意味を持つ「5五の位は天王山」という言葉はありますが近年は使われていません。
中央を支配するまたは維持するために手数を使いすぎる。という事が大きな原因だと言われています。
そして、それだけの手数を使っても盤面全体への影響が少ないからだと思われます。
これが、チェスのように盤面全体に影響を及ぼすものであれば手数をかけてでも支配するでしょう。
チェスほど価値が無いという事になります
実際に20年間ほど将棋をやっていますが、私は5五の位を意識したことがありません。
状況によって例外はありますけど。
なので、将棋にはポジショナルプレーという概念は存在しない。というのが今の考えです。

将棋は盤面全体というより狭い局面の連続で戦います。局面の連続というのがとても和式サッカーっぽいなーと思うわけです。和式サッカーも局面で数的有利作って突破していく感じですもんね。
あまり立ち位置とかは考えてない。将棋の考え方のようにピッチは広く支配できないと考えればそれもありなんですが。

あけましておめでとうございます。
正月も終わりオフは終了です。

さて、仙台の2019年シーズンがスタートしました。

また、ひとまず編成はこれで終了。A契約が1枠空いています。
仙台伝統ですね。シーズン途中に足りない部分を補う事になるでしょう。

移籍市場ですが、こんな感じになりました。
INOut
DF 島尾GK イ ユノ
DF 照山 颯人DF 板倉 滉
MF 飯尾竜太朗MF 菅井 直樹
MF 石原 崇兆MF 奥埜 博亮
MF 兵藤 慎剛MF 古林 将太
MF 松下 佳貴MF 中野 嘉大
MF 道渕 諒平MF 野津田岳人
MF 吉尾 海夏MF 矢島 慎也
MF 田中 渉FW ハーフナー
FW 長沢 駿FW ラファエルソン




IHをやっていた、野津田、奥埜、中野の3人がみんな居なくなるのは想定外でした。
立ち位置を理解している3名がいなくなったので、また立ち位置はトレーニングやり直しになると考えます。
ただし、面白い人材が揃っていると思います。
また、システムが同じチーム及びポジショナル指向のチームから選手を獲得しているところが最高ですね。

神戸でリージョを経験した、松下&長沢
マリノスでポステコさんを経験した吉尾。
ミシャ式で3421を経験した兵藤
山雅で3421を経験してる石原
甲府で3421を経験している道渕。
長崎で3421を経験している飯尾。
そして、謎の島尾。←

このような感じですのでフィットするのは早いと考えます。
これに関しては強化部は良く考えているなと思います。気が付いた時には鳥肌が立ちました。
流出したメンバーは痛いですが、出来る限り最小に止めたかなと評価しています。

さて、残留組を含めてシステムは3-1-4-2で並べてみました。

FWFW
ハモン石原
阿部長沢
ジャメ
IHIH
WB松下兵藤WB
関口吉尾道渕蜂須賀
石原崇リャンDH田中関口
永戸椎橋飯尾
富田
島尾
CBCBCB
永戸大岩平岡
ジョンヤ常田蜂須賀
島尾平岡照山
GK
シュミット
川浪

◆最終ラインについて

並べてみると思った以上にCBがきついかな。と
板倉の抜けた左CBと菅井の抜けた右CBをどうするか。
島尾がもしかするとCBで使うかもしれませんね。

ただ、4バックの可能性もあるかもしれません。正直最終ラインは4バックの方がしっくりくる。
ただし、4-3-3にすると左のウインガーが薄いですしどうなりますかね。
ここは始まるまでわかりません。

期待しているのは永戸の左CB、そして、中央の常田。この二人がスタメンを奪うと仙台はかなり上までいけるんではないでしょうか。

◆中盤について
椎橋を軸に出来るのが唯一の救いでしょうか。
IHに関しては1から出直しです。ただ、兵藤松下吉尾に関しては前述の理由で吸収が速いのではないでしょうか。なので、あまり心配していません。
むしろ、奥埜-野津田よりも松下は大きな展開が出来るし、兵藤は彼らより縦に入れる事が出来るので
去年足りなかったものはこのメンバーで見つけ出す事が出来るのではと期待しています。
また、道渕は去年の甲府を見てみるとWBでしたが、大外で仕事するというより中で仕事をしていたのでIHで使った方が彼の良さが活きるような気がします。

◆前線について
唯一戦力ダウンしていないポジションです。
むしろ最初からハモンロペスという大砲がおり、ハモンの動きを戦術化できるので戦力アップかなと。
ハモンが残ったのは本当に大きい。
長沢は完全にハーフナー枠です。競り勝て無いとは思いますが、それでもハーフナーより動けるので使えるシチュエーションは多いのではないでしょうか。


◆全体的な評価

少ないリソース、資金で今年も良くやったな。と思います。
ダゾーンマネーが入ってきて国内移籍も活発化しているので、多少の流出は仕方ない。
大切なのは流出した後どう補強するのかだと思いますが、今年は上手く纏められたと思います。
十分に合格点をあげられるでしょう。

ただし、去年より期待値は落ちてしまいます。去年の編成は120点でしたから。
それだけに11位という結果は個人的にとても失望しています。。。
渡辺監督は今年もまた苦労の年となりますが、頑張ってもらって一桁を目指してもらいましょう。
一桁順位は達成できる編成にはなったとは思います。

さて、シーズンインまであと一週間ですが
シーズン始まる前に一度ベガルタ仙台の立ち位置を自分のために整理しておこうと思うのです。

ベガルタ仙台の流れ

我がチームベガルタ仙台は2013年からボールを握って相手を崩す事が出来るように試行錯誤を繰り返しております。

2012年に優勝目前で勝てなくて何が足りないのか。と考え出した答えです。
しかし、手倉森さんはそのボールを握る事を具現化出来ず挫折。
引き継いだアーノルド氏に至っては何も出来ぬまま挫折し一度頓挫します。

引き継いだ渡辺さんは原点回帰ということでその道を閉ざしました。

再度、目指す動きは2015年からでした。
形になったのは15年の天皇杯。柏戦。
藤村をボランチに置きビルドアップの起点をやらせやっと動かせるようになったのです。

16年に 三田を獲得。
藤村のようにボランチでビルドアップの起点をやらせました。
その結果ボールは動くようになりましたが相手を崩すまでに至らず。勝ち切るまでは行きません。

この原因は和式密集型パスサッカーだったためだと僕は思っています。
和式密集型パスサッカーについては後ほど説明します。

17年は持ちながら崩すために和式密集型を辞めチェルシー式(渡辺さん談)の導入します。
僕個人の感想ではチェルシーでは無いんですが、凄く欧州っぽい人を分散させピッチを広く使う仙台式分散型パスサッカーが最終的には出来上がりました。
 
この仙台式分散型パスサッカー(ポジショナルプレーとか言ってますがそんなことは知らないのです笑)これをもっと磨く事が今年のタスクとなります。

和式密集型パスサッカーと仙台式分散型パスサッカー


さて、
  • 和式密集型パスサッカー
  • 仙台式分散型パスサッカー
という2つの言葉が出てきましたがどちらも僕しか使ってない言葉です。
このあたりは日本語化出来ておらずなかなか難しいわけです。

今回は勝手に言葉を作ってます。

和式密集型パスサッカーとは

日本でポゼッションサッカーとか攻撃的サッカーというと大体これに当てはまります。
具体的なチームとしては、
日本代表が岡田監督の勝てなかった時のサッカー(ワールドカップ本戦は別)
川崎フロンターレ

などが当てはまります。
なお、17年の川崎フロンターレは和式密集型パスサッカーの最高傑作です。

図を見るのがわかりやすいと思います。

Image-1~2

1例ですが、
①&⑥がSBで高い位置で外を使いますが、
それ以外はみんなボールによってきます。
ボランチの一枚⑤が下がり3バックに
攻撃のスイッチを入れる縦パスを出す役割はボランチ④
たまに、CBも縦パスを出す役割をこなしますが基本的に中央でスタートします。 
大外はあまり使わず中に絞ってきた7&8が受ける形になります。
この場合当然ですが、相手もボールに寄るのでお互いに狭い場所に集まります。

したがってビルドアップ隊は
密集地帯を突破するためにパス精度が求めらます。
さらに、前に残るボランチ④やアタッカー陣(⑦&⑧&⑨)は狭いところでもキープ及び自力で前を向いてパスを出す能力が求められます。

ざっくりですが、この狭い中でボールを繋ぐのが和製密集型パスサッカーです。
仙台に話を戻しますが、
16年の仙台には狭い中で相手を突破する事が出来る選手はいませんでした。

仙台式分散型パスサッカー

Image-13~2

で、仙台が17年に目指したやつはこんな感じ。
基本的に図のように人が分散し、ピッチを5つ縦に区切った時すべての場所に仙台の選手がいるようにします。
こうすることで、
相手が密集地帯を作れないようにする。
もしくは、密集を作ったとしても密集地帯を避けて攻撃することが出来ます。
和式密集型パスサッカーでの問題点だった
密集地を突破するパス精度やキープし前を向く能力が必要無くなり仙台の選手でもボールを動かせるようようになりました。
これが17年パスが回った理由です。

仙台式分散型パスサッカーの守備

問題は守備です。
守備は17年に整理出来ませんでした。
それが勝ち切れなかった理由だと思っています。

唯一あるのがウイングバック(⑤&④)が最終ラインに降りてシャドウ(⑥&⑨)がサイドハーフに落ちて5-4-1で図のように撤退守備をやるのです。これを僕はポイチ式撤退守備と言っています。

Image-133~2


問題はウイングバック及びシャドウの移動距離が長いのでどうしても守備形成に時間がかかり、トランジションの時に優位にたてない。
また、自陣に撤退するために一度ボールを相手に渡ると、ボールを奪い返したとしても自陣からやり直しになってしまうという問題があり攻撃を継続できません。

仙台式分散型パスサッカーを完成させるには相手陣地で奪う守備の形成無くしてありえない。
というのが僕の考えです。
一度奪われても前で奪い返すことによって再度相手陣地から攻撃を始めることが出来、常に相手を押し込み攻撃することが出来ます。
やはり、一度の攻撃で攻めきるというのは難しいですから何度も何度も繰り返す必要が出てきます。
この繰り返しを「仮想ポゼッション」と定義しておきましょう。きっといつか説明することになります。

なので、撤退守備では無く圧縮守備で奪い返す事を仕込みたいわけです。

これが今年のミッションだと思っています。

おまけ:ミシャ式

浦和のミシャ式がポイチ式の撤退守備を導入せず前から奪う事に拘ったのもこの理由からだと思います。

図はミシャ式のボール保持の形です。

Image-1333~2


4-1-5になり中盤をボランチ一枚にし空洞化することで密集を作らせず、⑤が圧力を受けないようにしています。
この⑤が圧力を受けないことにより、パスを自由に捌くといのがミシャ式の柱だったと思います。

前の5トップに注目し、5バックにして、5vs5を作り守ろうとする策を何度もみました。しかし⑤に対しては何も策を打たず自由にしたために守りきれないチームがたくさんありました。

ミシャ式の問題点

さて、この中盤の空洞化ですが攻撃時にはメリットでした。しかし、前で奪い返すのには大きなデメリットになってしまいました。

Image-13333~2

奪い返すためにはどうしても圧縮守備が必要になるのですが、中盤に一枚しかいないですから、中盤にスペースがたくさんあり圧縮出来ずどうしてもこのスペースを使われボールを運ばれてしまうのです。
それでも前で奪い返すために無理やり最終ラインから人を引っ張ってきました。そうすると、後ろにさらなるスペースが出来るので、致命的なカウンターを受ける事になります。

ミシャ式の中盤の空洞化+前から奪う圧縮守備は絵に描いたモチでした。
これがミシャ式の終焉でした。

そういう意味ではポイチ式撤退守備の方が理に適っていたかなとは思います。
ポイチ式は別の理由で終焉を迎えましたが…。

最後に

色々シーズン前に整理してみましたが、やっぱり難しいな。というのが正直な感想です。
知識というよりも言葉が無いので説明するのにとても難しい。

自分の中の言葉を振り絞りましたがそれが逆に伝わり難くしてるかもしれません。

開き直ると、それでも自分のためにはなったのでいいかなぁと思っています。
仙台は圧縮守備でボールを相手陣内で奪い返せれば完成すると思います。
和式密集型パスサッカーの川崎は今年どのような進化を見せるかも楽しみです。
また、ミシャ式札幌がこの限界をどう超えてくるかも楽しみです。

今年の順位予想したけど去年どうだったのよ。というお話がありまして、どうせなら反省会でもしてみましょう。

正解数は0ということで、1つもあたっておりません。
ニアピンの±1が
  • 鹿島
  • 新潟
  • 甲府
の3チーム。
逆に±5以上なのが、
  • C大阪
  • 磐田
  • 鳥栖
  • 神戸
  • 東京
  • 大宮
の7チームもあり無能感漂います。
簡単に個々を振り返って見ましょう

1位川崎(予想:4位)

監督交代後1年目ということで4位以上の成績は与えられなかったです。
鬼木さんでも問題ないとは思ってましたが1年目から優勝しちゃうとは思いませんでした。
鬼木さんの良いところは守備を仕込めることですよね。
16年シーズンからゾーン守備を仕込んでるなとは思ったのですが鬼木さんの仕事だったんですよね。17年シーズンの川崎、そして、風間さんの名古屋を見て確信しました。

2位鹿島(予想:1位)

石井さんを解任させたいというのが燻最後まで響いたように感じています。元から解任させたい空気が出でしたが、逆転でのJ1優勝からクラブワールドカップでの大躍進で解任出来なくなってしまったわけです。
17年のACL敗退を理由に監督交代に持っていったわけですが、
大岩さんに代わって大きく戦術を変えたわけではなく、石井さんの時より戦術の幅が狭まった感があります。
それが最後勝てなかった理由かなと思います。

3位C大阪(予想:12位)

昇格プレイオフ枠で12位はこれ以上出来ない最高評価のつもりでした。
それを余裕で超す3位はちょっと予想することは無理でしたね。
選手に自由を与える大熊さんから規律を重心するユンジョンファンになって選手の反発とかどうかな。と思いましたが全くそんな心配はいりませんでした。
戦術も鳥栖時代より磨かれていて4-4-2のライプツィヒっぽい圧縮守備からポジティブトランジションで優位に攻める方法はJリーグではとても新鮮でした。

4位柏(予想:11位) 

この順位はちばぎんカップ見たあとにつけた順位でブラジル人3トップで殴るというのが非常にバランス悪くここまで高い順位を予想できませんでした。
シーズン中に良く修正したと思います。
中川が前で頑張ったり、両サイド伊藤、ハモンからのクロスなど段々に良くなってきて気がつけば4位のACL争いまで言ったのは流石でしたね。

5位横浜FM(予想:2位)

中村の放出で色んな騒ぎになった横浜。
でも、このチームは一定の基準で選手を評価してるため問題ないし、むしろ中村の扱いに困ってた部分があっていない方が良くなるんじゃないかなぁと思っての2位でした。

ほぼほぼ予想通りで個人的には満足してます。
ただ、やっぱりプランBを仕込め好なかった事が響いて上位進出ができなかったですね。

6位磐田(予想:15位)

中村が入ったのは攻撃には良い影響はあると思いましたが守備の部分でデメリットが多くそこがどうしても足を引っ張るような気がしてました。
しかし、ムサエフが凄くいい選手でそのデメリットを打ち消す活躍ぶりでした。
ムサエフと組んで川辺も凄く伸びました。
その強力なダブルボランチに支えられ中村が自由に攻撃に専念できたのがこの順位までこれた要因だと思います。
お見事でした。

7位浦和(予想:5位)

16シーズン年間1位もレギュレーションで2位だったわけですが段々ミシャ式に陰りが見えてきた感じがなんとなくしてました。
しかし、正直ここまで崩れるとは思ってませんでしたが…
ミシャ式終焉後、堀さんが4-1-4-1にしてシンプルな可変無しのシステムで立て直しには成功。
褒められた戦い方では無かったですが武藤や長澤など戦える選手を多く起用し泥臭く戦いアジアの頂点にたったのはお見事でした。

8位鳥栖(予想:13位)

フィッカデンティ二年目でしたが凄くフィッカデンティっぽいチームになってきました。
前の運動量を強化したかったのか、豊田を外し田川を起用したのは驚きでした。
最初の頃はいまいち良さが分からず豊田の方がはっきりして選手もやりやすそうでしたが、徐々に豊田よりも裏へ抜ける動きなどが出てきてその理由がはっきりしましたね。

9位神戸(予想:3位)

レアンドロが開幕直後に長期離脱して歯車が狂っちゃいましたね。
得点が取れなくなり、チームのバランスが崩れ最後はネルシーニョ解任に繫がってしましまた。
吉田監督後もなかなか厳しい戦いでしたね。
サッカーの難しさですよね。
あのレアンドロの怪我さえなければ…という感じでした。

10位G大阪(予想:8位)

『壊れてしまった』
という感じ。
まぁーなんとなく今年が長谷川健太最後の年でクラブとしては来年のプランがあるような雰囲気でした。
なので、難しいシーズンになる予想でしたがそのとおりで、長谷川健太退任発表後は全く勝てずでした。
戦術的な問題というよりモチベーションがどこにあるのか。目指すものは何なのか。というのが明確にならなかったということだと思います。

11位札幌(予想:14位)

序盤は苦戦しましたが夏にボスロイド加入後
はボスロイド大作戦であれよあれよ連勝。
ボスロイドは結局14戦10発(ラスト6戦8発)のチーム得点王
その力を借りて最終盤いっきにまくって気がつけば11位フィニッシュ。
ほんとボスロイドの加入は大きかったですね。

12位仙台(予想:9位) 

かなり時間はかかりましたが、ピッチを広く使って相手を動かす戦い方を夏頃から出来るようになりました。
ただ、夏以降は最後決めるところの力不足が響いた印象で、内容で圧倒してるのに引き分けとか逆転負けとか結果に繋がらなかったのがこの順位だった感じですかね。
そこをもう少しなんとかしていれば1桁順位はあったと思います。
それでも良くやった方ではないですかね。

13位東京(予想:6位)

見直した時になんで東京をこんなに高い順にしたのかわからないのですが、
やっぱり得点王を並べてもチームとして戦術やビジョンがなければ厳しいよね。
というシーズンでしたね。

個人個人は力があるのでこの順位でしたが、良いゲームがあったかというと全くそんなことはなくただただ切ないシーズンだったように思います。

14位清水(予想:16位)

小林さんは戦術的にだいぶキツい時代になったのかなという印象。
4-4の撤退守備だと攻撃に行くのにも2トップにかなり負担がかかりますし、そこでなんとか出来ないと守備一辺倒になってしまいます。
また、セレッソ大阪や仙台、ミシャ式と4-4の撤退守備で守りきれる時代では無いのでしょうね。
それでも残留出来たということで、ノルマは達成ということですかね。

15位広島(予想:7位) 

ミシャ式の終わりは見えてきたのは浦和でも書いた事ですが、広島の方が撤退守備をするのでトランジション時に前線の能力に頼る仕組みだったのでそこがうまく行かないと浦和より先に崩れるのかなとは思ってましたがここまでとは。
ミシャ式終焉からはヨンソンが就任し全く違う4-2-3-1を仕込み良くこのメンバーで機能させたと思います。
それができてなかったら降格していました。

16位甲府(予想:17位)

ついに力尽きました。というのが正直な感想ですかね。5-4-1で撤退守備から前のブラジル人で奪い切る戦い方でJ1を勝ち取り続けましたが、ウイルソンが1点しか取れないのがすべてでした。
このやり方で1点というのはどうしようも無かったと思います。 
クラブとしても達磨さんとしても
このやり方とは別にビルドアップを仕込みたくトライしてたのですが形にはなかなかならず。

17位新潟(予想:18位)

Wシウバの放出。
長野で結果を出せなかった文丈さん。
ということで正直残留は難しいとは思いました。
文丈さんどうのこうのというよりも柱が居なくなった事の方が大きかったような気もします。単純にJ1で戦える選手の質を出せなかったかなと。
それは、ロペスになっても同じでした。
最後の方になるまでどう戦うかはっきり出来なかったように思えます。
最後はホニ中心にカウンターで点をとれるようになりようやく戦い方が定まったところでは既にもう崖っぷち。
なんとか勝ち続け最下位は逃れましたがとき既に遅しでした。

18位大宮(予想:8位)

予想外の最下位。降格。
16シーズンは大躍進でしたが家長が川崎に抜かれ、大前を獲得しましたがタイプが違うため攻撃はイチからやりなおしで16シーズンのような快進撃は厳しいとは思いましたが、
まさかここまで勝てないとは思いませんでした。
戦術兵器を引き抜かれる難しさですよね。
広島もそうでしたが、個人の能力に頼ると抜かれた時に継続出来ず崩れていく。
広島は立て直しに成功しましたが大宮は最終的に守備のバランスまで崩れ、シーズン途中にブラジル人を補強しますが、焼け石に水。
一度崩れたバランスを取り戻せませんでした。


★最後に…

予想以上にあたってなくて笑いました。
あと、こうやって振り返ると各チーム意外と見てないなぁというのが際立つ。
かなりアバウトだなぁ。と思います。
お遊びなのでいいのですが、やっぱり悔しいとか雑だなあーと思います。
今年はもう少し頑張ります(今のところね)

 本ブログ1発目はお遊び要素が強い順位予想です。
しかも、ブログ移籍第一弾。
今オフシーズンでゲームを見たのは
  • 広島
  • 東京
  • 札幌
  • 鹿島
しか見てないので当たるわけないんですよ。
それどころか参考にもならない。
単なる遊びです。
よそう は 逆から読むと うそよ
です。
なので、嘘だと思って暇なときに読んでく欲しいです。

唯一参考になりそうなことを先に書いておきます。
順位のポイントとして、やっぱり
3月〜5月中断期間まで過密日程をどう乗り越えるかだと思います。あっという間に15節消化してしまいます。うまく行かないとそこで優勝の可能性がなくなるでしょう。
戦術を調整をする時間がない。
なので、ACLがあると不利になるかなと。
それと、監督を変えたところも結構苦しむでしょうね。

残留争いは中断期間でチームを作り直せる期間があるので、そこで軌道修正出来るかが鍵になるんじゃ無いかなと思っております。

さて、本題。

1位仙台

いきなり嘘じゃねーか!と言われそう。
本気で思っております。
今年は行けるんじゃないかなぁと5%くらいの確率で。
なので、目標の5位とは言わずACL圏内に。
いや、てっぺんに。

ピッチの幅を5つにわけ全部のレーンをすべて使い相手の守備網を揺さぶって穴を作っていくやり方が実になってきた。
骨組みだったレンタル組の残留は大きいし、
アベタクの加入でゴールへの質を高めることに成功するだろう。
そして、庄司。この男のJ1デビューは本当に楽しみ。この人は勝手に中村憲剛の後継者だと思ってる。そういう逸材。
去年爆発しかけたけど、結果だけが出なかった仙台。今年こそ爆発して結果を。

2位C大阪

ホントは1位にしようと思ったのがセレッソです。
ユンジョンファン体制でチームがガラリと変化。
やってることはライプツィヒっぽい圧縮守備からのショートカウンター。
それに合っていない柿谷や杉本を使いながらも二冠。
今年は田中アトムやヤンドンヒョンなどを補強し、去年よりもより圧縮守備が出来るようになってると思います。

ただ、このチーム運動量が命綱なんで、
試合間隔がが詰まって疲労で走れなくなった時
そして、去年も勝てなかった夏をどう乗り切るかは大きな課題。
なので、その分を割引ました。

3位川崎

和式ポゼッションサッカーの集大成。
5レーンとか意識してない感じがまた良い。
その中でゾーンディフェンスを仕込んだ鬼木さんはとても偉い。
今年もそれは健在だとは思うのですよ。
ただ、
1位は無いだろうなぁーと思ってるんですよ。
確かに前は補強はできましたけどボランチから後ろはイマイチ。という評価をしています。
そこがどうしても気になるんですよね。
その中で過密日程をどう戦い抜くかです。

4位鹿島

昨シーズン途中から大岩さんに変わって無敗が長い間続いたけれど、最終的には失速。
終わってみれば2位。
なんつーかどうなんでしょうね。
大岩さんに変わって石井さんのときから何も変わってないように見えるんですよ。
その点どうなのかな。
ただ、
ダゾーンマネーで帰ってきたウッチー
ヴェルディで戦術兵器と化していた安西
CBのバックアップ犬飼
と補強はうまく行ったと思います。
あとはACLとうまく戦い抜けるかですね。

5位東京

去年のデタラメ編成で残念なシーズン。
今年は心機一転。長谷川健太に。
そして、去年の補強のほとんどを捨て長谷川健太色の濃いメンツを集めた。
ほとんどガンバ時代のコピーが出来るという補強の仕方。
パトリック→オリベイラ
宇佐美→久保
大森→大森
阿部→東
遠藤→高萩
今野→橋本
という具合。
久保のところが不安だけどやれそうな雰囲気を出してるのが彼の凄いとこだよね。

6位磐田

去年はムサエフ川辺という強力なボランチに支えられた中村がコンダクターとして自由にやるという凄くバランスのいいチームを作った名波さん。

今年は川辺が古巣に戻りこのチームの心臓であるダブルボランチが崩壊しキツいかなと思ったらそこに田口を補強。やり方は多少変わるだろうけど今年もやれそうな雰囲気。
このメンツNボックスできるぞ!みたいな雰囲気も出てきたのは面白い。

7位柏

ブラジル人3人でぶん殴る大作戦が失敗。
そこから軌道修正が見事だった昨シーズン。
小池や手塚が出てきて、ブラジル人3人には無かった前線の守備を中川が担当しどうにかバランスを取り戻した。
シーズンが進むに連れハモンが大外でのタスクをこなすようになり右の伊藤ともに両サイドから攻撃が出来るようになった。
今年は大外一辺倒では無くハーフスペースに入ってきたりと5レーンを意識している模様。
ただし、それに伴い中でボールロストする機会が増えるためネガティブトランジション時の整理をしないといけない
でも、
なかなか面白くなりそうな雰囲気がある。
ただ、流石にACLとの両立は厳しいと思うしこのチームはACLにウェイトかけるのでリーグはこのあたりじゃないかなぁと思います。
いいよね。柏のACLに拘る感じ。僕は凄く好きです。

8位鳥栖

気がつけばフィッカデンティ3年目。
今年は鳥栖躍進を支えた豊田がチームを離れ新たな歴史の始まりになる。
今年は入れ替わりも少なく戦術的には継続。
もう少し質を上積み出来るだろう。

チームとしてはフィッカデンティをよく知る高橋秀人の加入は大きくアンカーとしてチームの重心として原川や福田を支えることになり守備は安定するだろう。
問題は得点力
イバルボはフィジカルで圧倒出来るのだが、どうもシュートはうまくなく決定機に決めきれない事が多い。
田川もストライカーで二桁とるタイプでは無いように思えるのでここをどうするか。 

9位浦和

ミシャ式の終焉。
そして、それを継いだ堀が複雑な可変システムを辞め4-1-4-1でシンプルに整理するとACLを優勝。
浦和のデマッテオとなった。
しかし、夏に解任されるまでがデマッテオ
なのでそこは本家と違うところを見せたい。

去年は急造だったため守備は撤退守備で武藤の献身的な運動量が必須だった。
今年もこのままだと崩壊するのが予想されるので新たな要素を付け加えたい。
この順位予想なのはそれが出来るか疑問視しているからだったりします。

10位G大阪

去年は長谷川健太退任発表から大失速。
チームが完全に壊れてしまった。
今年はクルピを新監督に向かい入れ再出発を計る。
しかし、クルピは時間がかかる上に個人的には旧式なイメージがあり、段々戦術が磨かれてきたJ1で戦えるかは個人的にはものすごく疑問である。
ガンバのサッカーは攻撃的なサッカーなんだけどそれをキチンと言語化出来ているのか?
ガンバのサッカーを体現するのにクルピでいいのか。ということが問われていのでしょうね。
アイデンティティの言語化というのは非常に難しいわけですがそこを問われているのだと思います。

11位横浜FM

このチームは非常に面白い選手評価をしていますよね。
ブレが無い。
欧州で活躍出来そうな戦術理解が高く90分タスクをこなせる選手を大事にしてますよね。
だから、齋藤学の放出もわかるのですよ。
齋藤はどうしても消えてる時間があって90分間タスクをこなせないのですよね。
そういうところが放出に繋がっているのだと思います。
なので、そんなに騒ぐ必要は無いのかなと思います。
で、チームですがモンバルエツをもう一年見たかったというのが私の意見なのですが本人がそれを望まなかったということで
ポステコクルーにバトンタッチとなります。
ポステコクルーという監督はちょっとしか見たことないのですが、和式ビルドアップのイメージなんですよね。
なので、もったいないというかもう少しモンバルエツさんよりの監督連れてこれなかったのかなーと言う感じに思います。
このチーム補強もこれからあるような気もしていてなかなかわからないのですよね。

12位湘南

去年のJ2優勝は凄いと思いますよ。
菊地、高山、藤田
と主力と思われていた選手が次々と長期離脱した中で優勝決定までは独走でしたからね。
これはものすごく価値があるとは思います。
キジェさんは毎年欧州から新しい要素を取り入れチームをステップアップさせていってる印象。
ライプツィヒがお気に入りなのであの圧縮プレスをJ1でも見られるのかな?という感じ。
(あそこまで圧縮してはいないけど。)
ビルドアップもきっちり仕込んでるのでJ1でもそこそこやれると思います。
懸念はCFW。
ウェリントン抜けてからずっとここが固まらない。
去年もジネイを使うけどなんか物足りなさがずっとあって今年はそこにステバノビッチを獲得。
彼がどれだけやるかで順位が相当変わってくるはずです。

13位神戸

今のところ今年のデタラメ編成キングにもっとも近いのが神戸。 
ウェリントン、ハーフナー、ポドルスキ、渡辺と去年の東京みたいな前線の豪華さとポジション的に全員使えないじゃん!という小回りの効かなさ。
また、ポドルスキにビルドアップさせず、前で専念できるようにビルドアップできるボランチとして
三田チョンウヨンを補強。
それはまぁーいいけど、その代償として高橋そして、田中を放出しバランスをとれる選手を放出するのは、いいのか?と。
あと、岩波移籍でその後釜がなかなか決まらず那須をキャンプ直前になんとか確保。
それもきつい
で、吉田監督は去年4-1-4-1で前プレスかけたいような雰囲気を醸し出したけど
前述したようにあのFWメンツでどうやって前プレスかけるのか。謎である。
去年の東京のように得体の知れない個でぶん殴るだけのチームになるのが予想される。

14位清水

去年は小林さんの限界を見たので今年はどうするのかなぁーと思ったら、うまく拡張できそうなヨンソンが就任というところで、ステップアップ出来る気がしています。
ただ、補強が噛み合わないのが残念なところで、ほぼ唯一本職CBの犬飼を鹿島に抜かれたのはほんとキツい。
二見と角田なのかね。ファーストチョイス。
前に得点力強化としてクリスランをとったのだけど、4-2-3-1なのでワントップなので彼の良さが出ない。
普通に4-4-2でテセとクリスランのほうが強そうなのだけどどうなのでしょう。
ただ、あのメンバーの広島に4バックを仕込んで残留させたので降格は無いだろうなと感じております。
監督人事としては最善を尽くしたイメージです。 

15位広島

ミシャ式の終焉。森保の解任。
ヨンソンで4-2-3-1を仕込み残留。
と激動のシーズンだった17年今年もヨンソンで完成度を高めるのかと思いきや城福さん就任と個人的には斜め上な展開。
あのメンバーで4-2-3-1仕込んだヨンソンは凄いと思うので残留でも良いと思ったのだが。
さて、城福さんこの間のムアントン戦では、前半ボールを握るもビルドアップが作れてなくてぐでぐで。
4-1-2-3からマイボール3-4-3に変形を仕込んでるものの密集してしまうので良さを生かせない感じ。
もう少し分散してあげないとスムーズにならんよ。
とこのままだと開幕から苦しむかなぁと予想。
ただ、後半のパトリック大作戦は一定の手応えを得たのでパトリック大作戦であれば10位前後が見えてくるかもしれない。
ムービングするとほんと残留争いになるなー。
ムービングをもっと、言語化論理化出来てる監督が日本にも現れてきたなかで未だにムービングだけなのは流石につらい。

16位名古屋

去年プレイオフから昇格と風間さん1年目で非常に苦労しながらもなんとかノロマ達成。
ただ、やっぱり風間さんでは守備が整理できてないと去年のビルドアップのキーマン田口が抜けてビルドアップは初めから作り直しというのが本当にしんどいと思います。
そこを整理しながらJ1で戦えるかというとかなり厳しいと思いますよ。
ジョーを取りましたが彼を活かすにはペナまでボールを運ぶ術を考えなくてはいけません。その中でのキーマン田口がいないのはかなりしんどい。
田口の穴を早いうちに埋められるかが残留のキーになりそうです。

17位札幌

去年のボスロイド大作戦からまさかのミシャですからね。180度方針を変えてきました。
何試合かハイライト見ましたが、ビルドアップのところで失ってカウンターを食らうというシーンが多くてまだ全くビルドアップを仕込めてなさそうでした。
ビルドアップを早い時期に仕込めないと中断期間まで勝てないまであります。
時間との勝負です。
最悪、中断期間に四方田さんに戻してボスロイド大作戦に戻せるか。
が残留の鍵になるんじゃないですかね。
ちなみにビルドアップさえ整理できれば前にはある程度いい戦力が集められたのでミシャでもやれるかもしれないです。

18位長崎

J2でスタンダードなりつつある5-2-2-1。
キープ出来るターゲットにあてて
シャドウにはドリブラーを置いてボールを運ぶというやり方で2位をキープしての昇格。
ターゲットのファンマも良かったけど、何よりも清水でのチャレンジは挫折したけど
長崎で以前の輝きを取り戻した澤田が非常に良かった。
今年も去年をベースとしてそこにベテランの中村や徳永を補強。
ファンマがどれだけタスクをこなせるかが鍵。そこが潰されるとかなりキツくなる。
今年はキツいシーズンになると想像できるけどここにいることに胸を張って今年J1を楽しんでくれ!!!


最後に

当たらんですよ。4つくらい当てたら褒めてください。
でも、ほら1位は当たる気がするでしょ?←

↑このページのトップヘ