カテゴリ:Jリーグ > ベガルタ仙台2020


スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン2

ベンチ

スタメン

前半


1失点までの前プレスについて

さて、木山体制1試合目だったわけだけれど残念ながら全然整理されておらず無秩序だった。
木山さんは基本的には去年からの延長線上だけれど、去年はラインが低くて奪っても攻撃に転じる機会が少なくなっていたので今年は高くして前から奪いましょう。
という感じだったと思う。
ただし、その前プレスが凄く無秩序でひたすらにボールに行ってしまうので浦和に使いたいエリアを明け渡してしまった。
浦和のビルドアップビルドアップその1と関根フリーの構造

浦和は去年と違いビルドアップからルールが決まっていた
最初はGKを含めて1-2-1 でビルドアップ。柏木と汰木がIH化だったけど、
2トップが開くCBに食いついて中央を空けてしまう。
しかも、匠はCBからGKに戻したらGKに二度追いしてしまう。
これが良くなく浦和のビルドアップの余裕を与えてしまう原因になった。
そして、アンカーになる柴戸には松下が、IH化した田中には渉が食いつく。
そうすとSBの橋岡がフリーになるので常田が食らいつく。
と前から食らいついていくと関根がフリーになる。
これを上手く使われたのが1失点目であったわけだが。。。

去年のように中央を締めてサイドに誘導。そこで奪う。みたいなことが出来ず。
仙台は死んでいた。

1失点後の前プレスについて

さて、1失点目後あれ?前から行くと死ぬ。
ということに気が付いた仙台。でも2トップがどこを閉じるかが不明確で結局守れない。
2トップが何となく中央から離れないようになるものの、
今度は2トップ脇に山中の偽SB化して使うのと、柏木が落ちてくる。
そして、2トップ脇からボールを前進させていく。

浦和のビルドアップその2と複数の数的エリア

そして、前進した先には3つの数的有利が生まれていた。
まずは、常田のところ、平岡のところ、シマオのところだった。
特に破壊力があったのは山中の偽SBからのインナーラップ。ここでシマオに対して2対1を作りにいっていた。
これが3点目の構造。
なので、こんな感じで仙台は2トップがボールに食いついてもだめ、中央に居てもだめと
実質守れない状態になっていた。辛い…

幅を取るのはだれ?

さて、3失点したけれど攻撃もほとんど機能してなかった。無念…
何故かというと、
仙台の保持時の問題点と浦和の圧縮守備
SHがハーフスペースで中で立ち位置有利を使うぜ!
と去年の継続だった。
ただし、残念ながら相手を見ていない。今年の浦和は4-4は横圧縮3レーンで守る!
という指向であった。
中央狭く守る相手に対してSHが中に絞ると相手が密集するエリアで勝負することになってしまう。なので、本来立ち位置有利のためのSHが絞ってハーフスペースを使う。
だから効果的なのだが、ハーフスペースを埋める相手にSHがハーフスペース使ってもなんら効果がない。そのために仙台の攻撃はノッキングしてしまった。
むしろ、大外にスペースが出来ているのにそこを使わないのは愚行であったなーと思う。

3失点からの修正で生き返る

正直ダメか。と思った。ただ、3失点後ほぼ全員のメンバーが木山さん中心に集まって
話している。結構長い時間話していた。
これが良かった。
そして、きちんと修正出来た。
仙台の修正

道渕が中に入るのを止め、幅を取るようになった。
そうすると、山中が道渕に食いつく。その裏を蜂須賀やジャメが使って相手を押し込む事が出来るようになる。
相手が狭く守るならば僕らは幅を使って攻めればいいじゃないか!
というのが木山さんの修正だった。
これが効果覿面。
仙台がようやくボールを持てるようになる。
そして、実は浦和の中盤はスライドが遅く汰木が蜂須賀に付ききれないよ。とか
クロスから大外の対応が怪しいよ。とか浦和も未熟なところを隠しきれない。
そこで2得点は出来すぎだったけど、間違いなくこの修正によるものであったと思う。
特に橋岡の絞った時の対応は結構怪しかったし、2失点の起点になってしまった。

本当は仙台は左だけじゃなくて右からのクロスで山中が絞った時の強度も試したかった。
ただし、左は幅撮るのは誰なの?というのが決まらなかった。
常田も渉も幅を取る選手じゃない。
匠が中から外にでて幅をとっていたがクロスがニアで引っかかってしまって、
ファーまでいかないのでそこを試せなかったのは残念であった。

後半


SBで幅を取る仙台

さて、なんだかよくわからないけど前半3-2で折り返せて辛かった割にゲームにはなった仙台。
後半の修正次第では逆転も…と希望が出てきたが、開始直後にPKで失点。
PKを与えたのは常田だったが、そもそもそこに行くまでまたしても山中のインナーラップから仙台の守備基準が破壊されていたのであった。
ただ、このPKの直後常田はパラで交代。
この交代から幅を取るのはSBと決まる仙台。
後半_仙台の攻撃整理

SBが幅を取る。汰木は相変わらずスライド遅れるので、山中が対応。その山中の裏を道渕が使うようになった。
また、渉が少し落ちてボランチのところでスペースを見つける。サイドチェンジに受けれるようなポジションを取る。そして、大外ドフリーになるパラという仕組みで何度か逆サイドまで持っていてフリーを作るもののクロスがとことんひっかかる。
また、蜂須賀と道渕の呼吸が合わず道渕がローポスト侵入をきちんとサポート出来なかった事もあり決定機はあまりなかったが、こういう仕組みでボール保持は出来前半からうまくリカバリーできた。
だからこそ立ち上がりの失点が痛かった…

70分から大外対応するのはSHに変更する

さて、仙台のターンだったが浦和も70分の選手交代で汰木からマルティノスに変更。
この交代をきっかけに、大外の蜂須賀に対応するのがマルティノスになった。
そして、4バックは中央3レーンを常に閉鎖。
なので、前半怪しかったファーサイドの橋岡。という形が出来なくなってしまった。
後半_浦和の修正

なので、この交代とこの修正で仙台は詰んだ気がするのであった。
仙台としては、70分までに3点目が欲しかった。そうすればこのゲームまだわからなかった。
そして、78分に石原がエラーしカウンターを受け5失点目でこのゲームは勝負ありだった。

仙台の前プレスも徐々に整理出来てきた

あと、これはおまけ。
後半ボール保持の修正は出来たけど、守備はどうだったのかという話を少し。
これはひいき目が入るが少しずつ図のような守備が出来てきた気がする。
後半_仙台の守備と前プレスを秩序化

道渕がサイドに絞ってハーフスペースを閉鎖しようとしていたのは見えたのでこのように
去年ような3-2での中央閉鎖みたなシーンはなんとなくあった。
ただ、匠がGKにもプレスをかけちゃってこの3-2のボール閉鎖を崩してしまうのだけれども…

とにかく、後半はこういう意識は前半よりあったしどこを守ればいいのかという意識が少しは生れた。その成果はあって前半より前で引っ掛けられて前で奪えた。
というのは良い傾向なのではと思った。
ただ、匠はこの日ハードに走っていて今年にかける思いを感じた。
それは感じたのだけれどそのプレーが絡まってスタンドプレーに見えた。
前半は全員がそんな感じであったけれど後半はピッチ上は落ち着いたものの
匠だけは相変わらず暴走をしていてまだ青いなーと感じた。

最後に

圧倒的に仙台の事しか書いていないが仙台はこんな感じであった。
前半はかかった感じでみんなボールに行って無秩序。その後も浦和のビルドアップ対応できず3失点。
そこから立て直したのは素晴らしいし、後半もある前半よりは戦える内容であった。
ま、それでも後半0-2なのだけれども…
仙台はトラブル続きのキャンプ。そして、監督が変わりやり方はそこまで変わらないのだろうけどやはり色々変わっていて絶賛、改装中であった。
だから、良くないし完成度も低いしこのままではかなりしんどいのだけれど、
ここからどれだけ上積み出来るか。そして、どの程度の時間で上積み出来るか。なんだろうと思う。今日の試合の修正を見ると上積みできると確信はしている。ただ、それでいつ勝てるようになるか。っていう感じ。
怪我人も多いし今年もまた、去年同様にあといくつ負けられる?
という序盤になるのかもしれない。
けれど、サポーターもフロントも焦れず木山さんをサポートしてほしいなとは思う。

あと浦和は去年かなり無秩序で辛いのかなと思ったがこのキャンプでかなり整理出来ていたと思う。ビルドアップも守備も初戦にしては上出来で順位を低めに見積もった私は上方修正しないといけなくなった。
また、チームが整理した事で山中がようやく移籍した意味が出てきた。
山中のインナーラップは本当にめんどくさかった。あれが無ければもう少し戦えたと思う。
そんなルヴァンカップ初戦だった。
おわり。

ハイライト


全体的な評価

表1
新加入

*1.新加入は色付きで示す。
*2.放出の色付きは19年シーズンリーグ戦の半分(1530分)以上出場した選手


放出について
近年ベガルタ仙台は意図しない主力の放出が2-3人/1シーズン 続いたわけですが、
今年はそれを最小限に食い止められた。
表1でわかる通り、リーグ戦の半分以上出た選手は永戸とハモンの2人のみ。
しかも、ハモンは非更新ということで仙台が意思をもって放出したということになる。
従って仙台として想定外の放出は永戸の1人だけとなった。
この事実だけでも、今年の編成は評価が出来ると思っている。

とはいえ、単純に去年の主力の半分以上が新加入の選手であり、複数年契約を結んでいたのでこのオフに関してはプロテクトがうまくいった。というわけじゃない。というのは一言付け足して置く。
クバにしても、シマオにしても松下、道渕、長沢この辺りは加入1年目の選手である。
あと、関口、富田、平岡あたりは年齢的に仙台が出さざる得ないオファーが来るとは思えない。みたいな部分もあって、結果的に残留となった。

加入について
加入について一番目が引くのはやはり、クエンカ。
これには驚いた。去年の鳥栖のやり方に近くなるのだと思っておりピンズドの補強だと思う。
さらに言うと全体的に「堅守速攻」を意識した選手を獲得したイメージに。
ただし、アレクサドレ ゲデスやパラがどこまでやれるかは未知数。
さらに、浜崎は青田買いに近く即戦力になるかは不明。
と結構評価が高そうなメンツな割に蓋を開けてみてなければわからない部分も付きまとう。
特にパラがうまく行かないと致命的になる可能性はある。なぜならば、本職の左SBがパラしかない。期待を込めて照山も左SBに加えたが新人2年目で本職はCB。永戸の穴が埋まらないと結構苦労しそうな気もする。

部分的な評価


FW編

FW

FWに関しては半分以上入れ替える形に。
残留は2人。去年の核であった長沢に俺のジャーメイン。
そこに新たにアレクサドレゲデスと赤﨑を加え4人態勢となった。
去年4-4-2の堅守速攻に適したメンツになったように思う。
個々の能力について少し書くことにする。


ゲデス
You Tube で確認したところ、縦に速くドリブルでペナに内持っていけそうなFW.
カウンター局面で力を発揮しそうで結構やれるのではないかと予想する。
ただ、買取オプションない単年契約。
所属チームは22年まで契約を残しているみたいなので、頼りすぎると来年苦労しそう。
そこまで考えると結構起用が難しい。

赤﨑
去年名古屋では主に途中出場が多かったようだが5得点とインパクトを残した。
90分計算すると1試合0.8点とそこそこの決定力になる。
基本的には裏抜けから正確なフィニッシュというイメージだが、ミドルシュートもあるらしい。去年決定力に泣いた仙台にとっては大きな戦力になると思う。

放出メンバー
アベタクと石原。なべちゃん政権の功労者を放出。
石原は18年くらいから仙台の出来ないところをカバーしてくれれていたのだが、
それがタスクオーバーを招いてしまった。
最終的には彼が得意なエリアでプレー出来ない原因にもなった。とても申し訳なかった。
ただ、堅守速攻の4-4-2では彼の持ち味はあまり行かせないので放出となったのかもしれない。
アベタクはコンディション。ここ2年半分以上出れなかった。というのはやはり致命的だった。コンディションが整えば間違いなくJ1で通用するので琉球でも頑張ってほしい。
ハモンロペスに関してはあれだけチャンスを与え給料も高いわりに6ゴールは物足りない。
Not his Dayが多すぎる。ハモンが決めていればという試合がたくさんあった。
それもそのはず、決定率は脅威の5.4%。多分J1最低の決定率。放出は致し方ないかなと。

ジオゴアコスタは秘密兵器で、秘密のままで終わった(笑)

MF編

MF

LSHについて
リャンヨンギを放出したものの、去年限界を感じていて放出は妥当。
(もちろんそう割り切れない自分もいるけど)
リャンの話をするとクッソ長くなるから置いといて(笑)
そこにイサッククエンカを補強。
安定感ある関口、ハーフレーンでも仕事が出来る石原崇、そして、ドリブルと変化を与えるクエンカと去年より強力になった。単純に強化されたといっていいだろう。

RHSHについて
カイナを放出も匠が帰ってきてカイナのタスクは匠がこなせるはず。
去年ブレイクした道渕。途中出場から足りない部分や組織を整理出来る頭の良い兵藤。
若い田中、佐々木がいる。ここも単純に去年より強化されたと思う。
最悪関口が左とかも出来るし匠、兵藤も左右出来るので問題にはならないであると思う。

DHについて
ここは去年から変わりがない。ので割愛。
もしかしたら、吉野がボランチ起用になるかもしれない。(ここでは登録DFなのでCBとした)
中原が半年過ごし、新監督になったので去年よりも何かをもたらせるかもしれない。
もちろん椎橋が去年のままで満足するわけがなく彼の意地を見たい。
そういう底上げは十分あると考える。

DF編

DF

LSBについて
一番の問題はこのポジションかもしれない。
永戸が鹿島移籍。 永戸は2ゴール10アシスト。 38得点のうち12ゴールに関わった選手を埋めなければならない。
そこに同じタイプのパラを獲得。彼にすべてがかかる。
ここまで全体的に強化だった部分が多いもののここだけは蓋を開けるまで分からない。
また、去年からLSBの本職が居ない。よってパラが外れると一気にピンチになる。
もちろん個人的には4バックになってからLSBを任されている仙台のキミッヒ事テルくんに期待はしているものの2年目で永戸の穴を埋めろは酷。どうしても、パラに頑張ってもらう必要がある。
ま、ただ仙台のレベルで永戸を過不足なく補強というのはかなりキツイ。仕方ない部分もある。

RSBについて
ここは浜崎を獲得。放出は無し。浜崎獲得はここ2年J2で注目した選手はJ1の上のチームにもっていかれるのでJ2ブレイクする前の(ブレイクしそうな)選手を取ろうぜ!っていう感じ。
また、LSBのパラがダメだった時に蜂須賀を左、右に飯尾or浜崎という事は出来るので
そのリスク管理も出来ている。ただ、蜂須賀を左というのはここ数年やっていないので
あまりやりたくないオプションではある。

CBについて
大岩は去年シマオにスタメンを取られて以来なかなか結果を残せなかったのと
出場機会が無く右SBなどであったのもあり、スタメンを求めて出ていくのは仕方ない。
それ以外は吉野が加わったのみ。(吉野はボランチかもしれない)
去年鉄壁のシマオと平岡のコンビだった。が彼ら抜きで戦えるようにならないといけない。
そのプランがあるのか。はちゃんとチェックしないといけない。
また、LSBがダメな場合は3バックまであると考えると最低限のメンバーか。

GK編

GK

放出はなし。
関、クバ、川浪の3人はハイスペック。層の厚さはJ1でもトップクラスじゃないかな。
そこに、レンタルからイ・ユノ、そしてユース上がりの小畑が加わった。
ただし、GK5人態勢は多すぎる気もする。JFLの編成が始まったら貸し出しはありえると思う。出来ればイ・ユノだと枠も空くからいいなー。
でも、小畑君の出場機会も欲しいので彼のレンタルもある気がする。

木山さんについて

なんだかんだ言って、一番のインパクトは監督交代だったりもする。
渡辺晋氏から木山さんに交代。
どういうサッカーをするのかはまだ未知数。
ただ、山形時代の印象(そんなに見てないけど)だとゲームを寝かせるのが上手いイメージ
でそこから、スイッチを入れて相手を攻略する。みたいなイメージである。
プレイオフの大宮戦なんかはベストなのかもしれないなーと思っている。
それを仙台にどう持ち込むか。
そして、このほぼベストな補強をどう使いこなせるか。実は一番未知数な部分である。
ただ、大崩れは無いのではないかと思っている。あんまり根拠ないけれども…

最後に

補強としてはほぼ完璧。
去年、一昨年より主力も抜けてない。
フロントとしてはほぼ完璧な仕事をしたと思う。
あとは木山さん次第だろう。頼むぞ木山さん!!

ただ、ひとつだけ。オフが完璧なだけに序盤苦労するとサポーターや周りから不協和音が出て崩れる可能性がある。僕が懸念しているのはここ。
きっとなべちゃんの影響が大きくまだ引きずる人たちもいてもおかしくない。
だから、木山さんで結果が出ないと色々言われちゃう気がするんですよね。
でも、そこは我慢して序盤苦労してもきっと結果が出ると信じるしかないと思う。
もちろん、内容精査して、ダメならダメと言うのも必要だけれどきっと我慢が必要。
そんなシーズンになるんじゃないかなと思います。
おわり

↑このページのトップヘ