カテゴリ:Jリーグ > 横浜FC


スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_202010162330

前半


横浜FCのビルドアップと仙台の前プレス

川崎戦と同じ4-4-2を採用した仙台。
ただ、川崎戦と違い前から行こうとする意志は見せる。
ただし、横浜FCの洗礼されたビルドアップの前になす術無く奪うところを見つけられない。

TACTICALista_202010162243

手塚に2トップがピン止めされて、2CB+GKに圧力をかけられない。
さらに、仙台は4バックが出来るだけ中央に残そうとするために、大外の守備はSHが対応する。
大外のSHとDH間に横浜FCのSHが入りビルドアップの出口となる。
そして、SH-CBから裏を狙って仙台を押し込む。

なので、意思とは裏腹に4-4-2で撤退する事が多くなった。

仙台のボール保持の仕組みと前進できるパターン

ただし、この日は4-4-2に撤退したら、そのまま僕たちのターンにならない。
ということにはならず、前進できるパターンはあった。
キーマンは椎橋。

前節の川崎戦は椎橋が降りてきても何の解決にもならず、単に後ろに重くなっただけだった。
それをちょっとだけ改善。
椎橋が右に落ちてきたときには仙台は前進出来るようになっていた。

TACTICALista_202010162321

右に落ちると前を椎橋が前を向けるのでそこからスキップパスをFWに出し、攻撃のスイッチを入れる事が可能になっていた。
これは良かったと思う。

そして、一度前進すると、この日怪我から戻ってきた松下が違いを見せつけチャンスを作るパスを連発。
なので、ある程度は攻められたと思う。

給水後に前プレスが激しくなる横浜FC

ただし、それも給水タイムまで。
給水タイム後、明らかに切り替えが早くなり前プレスが鋭くなる。
そして、椎橋に対してDHがどこまでも付いてくるようになる。

TACTICALista_202010162324

こうなると川崎戦アゲイン。仙台はビルドアップ出来ず苦しむ時間が続き、仙台のターンに出来ずハーフコートゲームとなってしまう。

しかし、仙台は守った。
特に最終ラインは狭く守る事を凄く意識し、ペナ幅の距離感で中央を空けなかったのが良かった。
さらにSHが献身的にどこまでも守備のために下がってきてくれて相手に自由を与えない。
なので、展開は横浜FCだったわりに決定機はほとんどなく、凄く久しぶりに無失点で前半を終える事に成功した。

後半


前から嵌めたいけど…動き出す六反

ハーフタイムで整理して、もう一度前から嵌めたい仙台。
ところが、今度は六反が動き出す。

TACTICALista_202010162326

前から人で合わせるとどうしてもGKが空く。
そしてGKの六反が蹴っ飛ばし疑似カウンターの形を作られる。
六反はエデルソンだったのか!?と思う場面が複数回あって驚いた。
コースは3つ左右の大外。
そして、中央の斉藤に付けられる。
なので、結局前から行って横浜FCのビルドアップを阻む術は仙台には無かった。

ところで、六反はたぶん、というかそんなパスは持ち合わせてなかったはずだ。
横浜FC移籍でこんなにキャラ変するとは。。。
成長というのはいつするかわからない。年を取ったって成長出来るんだという証明。
そして、個人をここまで成長させられる横浜FCは良いチームである証明でもある。

結局、4-4-2のブロックからカウンターが良さげ…

で、仙台は4-4-2で撤退する事に専念。
これが良かった。というか、改めて思うのはこの4-4-2はチームコンセプトでは無いし、
あんまり練習ではやってないんだと思うんですが、
一度4-4-2を許可したら、バッチリ出来ちゃうのはやはり今まで積み重ねてきた「伝統」なのだろうな。
と思う。
良いか悪いかは別として。

もちろん、守備に全振りしてるので攻撃どうすんの?という大きな課題は残るものの、
この試合決定機はセットプレーくらい。
いつもクバ様頼みだが、クバ様はミドルシュート1本とそのセットプレーのセーブ2回しか出番は無く最小。

もちろん、横浜FCは最後のところに課題を持っているとは言え、きちんと守れた仙台。
というのは大きいと思うんですよ。
札幌戦とか酷い守備だったわけで、そこから見てしまうと出来るじゃん。ってなるんですが…

で、攻めるのはCBから繋ごうと何度もトライするんですよ。
ぶっちゃけ前に蹴ってクリアとかロングボール前線に放り込んでセカンド何とかした方が、カウンターは放てると思うのですが…

そこに今年のチームコンセプトの意地というか、去年には戻らない。
という意思の表れだったのかなぁって思ってはいる。
それが正しいかは別としてプライドは感じだ。(ま、ビルドアップ上手く行く気配がなかったのでバカのひとつ覚えと言われればそれまでなのだけれど…)

最後に

色々思うんですが、僕らは大きな旅から帰ってきた。
そう、ベガルタ仙台は旅のスタート地点4-4-2での撤退で守る。という地点に戻ってきたのである。

映画「スタンドバイミー」は旅を終えスタート地点に戻ってきたとき、
「街が小さく見えた」
と語り成長を感じているわけだが、
仙台はどうんだったんだろうか。街は小さく見えているのだろうか。
僕にはまだその問にはこたえられないし、この先その問を探す2020シーズンになるのだろうか。
そして、今シーズンが終わった時に「街が小さく見えた」と言えれば良いシーズンになるんじゃないかな。
って僕は思う。
とりあえず、今は「おかえり4-4-2」とだけ言っておこうか。

ハイライト



スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

スタメン1

スタメン2

サブ

前半

評判が良い下平監督。そして、横浜FC。
去年の大分といい、J1昇格組は凄く論理的なチームが多いなぁという感想を抱くことになる。

択を強いる立ち位置

さて、その横浜FCは仙台の守備対して惑わす立ち位置をとる。
択を強いる横浜

GKがビルドアップに参加する。
このGK参加はJリーグでもよくあるのだが、ここからが面白い。
4バックになるわけじゃなくてCBが1列上がってボランチとしてプレイし始める。
なので、3-4-2-2と書ける。いや、正確に書くと0-3-4-2-2となる。(ついに1-3-1-4-2とか書かないと表現できないチームが出てきた)

こうやって立ち位置を取ると仙台の選手たちは誰を見ればいいかわからない。
そして、いつもの立ち位置でもパスコースを消せない状況になる。
これが序盤横浜FCが優位に立った要因である。

GKが参加出来なければ!

ただし、GKが参加出来なければ仙台は嵌められる。
それを証明したのが8分。(不運にも六反が怪我してしまったけど…)
3バックなら嵌められる

長沢が面を作ってパスコースを切る。
出される先にはジャーメイン、ゲデス、そしてアンカーには関口がついてボールに圧力をかけ奪うことは出来ていた。
なので、GKを含めるビルドアップさえ奪えれば仙台は優位に立てそうな感じがあった。

時間がたつと修正する仙台

そして、遂にGKを含むビルドアップも対策する。
嵌める仙台
松下がアンカーの佐藤をCBで一列あがる小林を背中で消しながら、GKに前プレスをかける。
両ウイングはWBへのパスコースを消しながらCBに圧力をかけていく。
こうすることで、横浜FCは簡単にビルドアップ出来なくなった。
仙台は高いところで奪えるのだが、クロスが合わなかったりパスがズレたりでシュートまで行けなかったのは切なかった…

保持時の狙いについて

仙台の攻撃設計図についてだが、横浜FCが同数プレスで嵌めてくる感じだったので
仙台はロングボールに切り替える。
ロングボール大作戦

ターゲットは長沢とゲデス。
ゲデスへのボールは風に流されタッチラインを割ることが多かったが、長沢ターゲットはかなり機能していた。
ほとんどのケースで先にボールを触る事が出来ていた。

なので、仙台としては攻守に機能してたにも関わらず決定機はアディショナルタイムまでほとんどなかった。
それは、横浜FCの圧力のせいだと思う。
寄せが激しく松下を中盤で中々フリーに出来なかった。
そのため、逆サイドへの展開が無く同サイドアタックだけになったのは辛かったのかもしれない。
蜂須賀のサイドチェンジは風に乗って一度もゲデスに繋がらなかった。
また、ゲデスに入っても前半はゲデスのキックの感覚がズレでいて、クロスも合わなかった。
湘南戦のように、スライド強要して空いてるサイドに運べればもう少し余裕を持ってたのだが…この前半は出来なかった。

後半


仙台のターン

後半は仙台のターンにした。
仙台は先に失点しているのもあってより前に出ていく。前のめりで横浜FCを嵌めていく
後半の仙台
SBそして、アンカーの椎橋も前プレス隊に加える。
前プレスに全リソース突っ込んで勝負に出る。
ひっくり返されたらゲームオーバーだ。
賭けのようにも見えたが、見直すと木山さんの中では本命の選択だったようにも思う。
そして、これにより85分まで仙台がゲームを支配する後半になった

ゴールシーンについて

前プレスから仙台のリズム。
さらに、前半決まらなかった蜂須賀からゲデスへのサイドチェンジが通る。
しかも、ただのサイドチェンジじゃない、WBの裏を狙うサイドチェンジであり通れば一発でチャンスになる。
まるでトレント・アレクサンダー・アーノルドからマネへのサイドチェンジだった。
ゲデスはこのサイドチェンジを受けペナに運んでサクッと同点弾。
サクッと決めるゲデスも凄いがこのサイドチェンジを出した蜂須賀も凄い。
今年の蜂須賀はこのサイドチェンジの精度が素晴らしい。湘南戦もこの日もサイドチェンジでチャンスを作り出していたし、この日はアシストになった。

横浜FCのモデルチェンジ

一方的に殴られ同点となった横浜FC。
60分過ぎからビルドアップは出来ないので諦めて、カウンター中心になる。
モデルチェンジ
SBの裏に2トップを走らせ、松尾がスピードを活かしてフォローする。
仙台はこのカウンターに手を焼くようになる。
62分、65分のカウンターで横浜FCはようやく決定機を作る。
これで、やるかやられるか。の状態になる。

長沢がいないと…

仙台は殴り続けていたが、85分すぎたあたりでボールを奪えなくなる。
それはCFWに長沢がいなくなり、西村が入った事に起因すると考える。
長沢がいないと前プレス時に面を作れず背中でパスコースを消す事が出来ない。
ただ単にボールを追うだけになり、仙台は再び横浜FCのビルドアップに対して圧力をかける事が出来なくなっていた。
CFW西村は良い面もたくさんあった。
攻撃面ではウイングよりもやりやすそうで、ボールを上手く引き出しペナ角取ったり出来ていたのだが、奪い返すことが出来なくなったのでその特徴もなかなか活かせなかった。

最後に

COVID-19の影響でリーグが中断。
そして、再開後いきなりミッドウィークを挟む3連戦というハードスケジュール。
かなり大変だったと思う。その中でメンバーを変えながら1勝1敗1分 勝ち点4を得る事が出来たのはポジティブだったと思う。
ただし、やはり質が足りず勝ち切れない試合だったの事実。
この日も失点には触れていないが、安い失点だったしJ1で戦うCBであればあれはなんとかしないといけない場面であった。
また、守備面だけでなく攻撃面でも決め切れるシーンは何度かあったがトラップミスやシュートミス等ちょっと勿体ないミスがあった。
そういう質の部分を上げていくのが今後の課題とはなる。
ただし、2月かなり心配した状況からはかなり改善していた。
それは本当に良かった。
まだ始まったばかりでこれから質も上げて勝てるチームになっていくことを願っている。

ハイライト

↑このページのトップヘ