カテゴリ: ベガルタ仙台2021


スタッツ

スタッツ

スターティングメンバー

TACTICALista_2021312245

前半


仙台の保持仕組みと現実

返ってきた手倉森誠。
仙台から代表、五輪、ワールドカップ。そして、長崎へのトライを経て。
どうやら、この人は前回の仙台でさっぱり出来なかった保持を整理した。という話もあって期待半分。でも、長崎のあのメンバーで昇格出来なかった。
という不安感半分で始まったこのゲーム。
仙台は4-2-3-1 から3-1-4-2 みたいな形。
TACTICALista_2021312245 (1)

狙いはざっくりとこんな感じで、DHを落とし3バックにして数的有利を作り、SHが絞ってIH化でDHをピン止め。
アンカーと化した上原をフリーしてそこから展開。
みたいな。
でも、現実はそうは行かなかった。残念。

TACTICALista_2021312245 (2)

広島は、というか城福さんは長崎のテグさんを調べつくしていた。
という感じで、この変形の対策を用意。
最終ラインのケアはシマオが展開できないので放置し2トップは両脇のCBに対して対応する。
上原は青山が1列上がって捕まえる。
サイドハーフはサイドハーフで対応。
4-3-1-2みたいな形の守備配置で対応してきたので仙台は保持局面で困って前進出来なかった。

4-4-2で撤退する仙台

なので、保持より非保持局面が多くなる。

TACTICALista_2021312246

広島の保持は2トップがドウグラスが前で張り、ジュニオールサントスがその後ろや裏を自由に動く仕組み。
そして、ジュニオールの動きと連動してサイドハーフが中に入ったり中に開いたりと連動。
ジュニオールのためにみんなが連動して動く。
こういう仕組みを作るのが上手い城福さん。そして、ジュニオールのようなクセのある選手を組み込むのが趣味な城福さん。
さすが。

ただ、仙台は去年より4-4での耐久度を上げてきた。
なので、そこまで崩れるシーンは無くしぶとく焦れず守る。
確かに仙台の守備は前に出ていかない。2トップはCBにはいかずDHに圧力をかける。
なので、即回収とはならないもののしぶとく守る。
正直、CBが弱い仙台はこういう形の方がいいんじゃないかと思う。思うだけ。

シマオ退場後のお話

それは、給水直後だった。
スローイン奪われて早めにジュニオールに渡りカウンターの形に。
この試合唯一の懸念アピvsジュニオールを作られ簡単に外される。
それをフォローに行ったシマオが後ろからスライディング。それがボールに行かずDOGSO判定で退場。

仙台は吉野と関口を1列下げて4-4-1に変更。

ただし、ここでやってしまったのは、ボランチに下がった関口がどこまで前に圧をかけるかを整理出来なかった。
なので、関口が行き過ぎ空けたスペースをジュニオールに使われ決められてしまった。
スペースを与えると規格外なジュニオール・サントス。恐るべし。

そんな感じで仙台はひとり退場。そして、ビハインドという形で折り返す。

後半


耐え忍ぶ。そして、サイドから刺したい!

後半頭から氣田に代えて松下を投入。
関口を右サイドに置いて、4-4の撤退からカウンターを狙う!という変更。

ただ、皆川は前線で起点にならずロングボールのターゲットでも勝てる回数が少なく、
また、マルティノスも思ったよりも前に運べない。

なので、運べるのは関口サイドからに限定されたのは残念だった。
あと、守備もジュニオールにスペースを与えず丁寧に対応。
横のスライドもラインの上げ下げも良かったので、広島が保持から決定機にいったのは85分の場面のみ。
そして、その場面はクバのわけのわからないセーブで防ぐ。
それ以外の決定機は奪われてカウンターの形でジュニオールサントスにスペースを与えたものだった。

なので、去年よりも守備は良くなってそうだし守れそう。失点も減るんだと思う。

仙台の保持時の配置変更からの同点弾

カウンターの形が思ったより作れない仙台は保持を強化。
配置を何回か変えたけど、ここで取り上げるのは最後の配置。
石原を左サイドバック。
真瀬を右のサイドハーフに。
という配置。この配置で仙台はボールを前進出来るようになっていた。

TACTICALista_2021312246 (1)

仙台の保持はDH落としだったが、石原の場合非対称。
石原が中に入ってCB化し3バック。
右は蜂須賀が右サイドバックのままタッチラインに張る。
中央がシマオじゃなくて平岡でビルドアップ出来るので2トップは無視できず、中央による。
寄ったところを左右のCBから運んでいく。
また、
上原が下がらなくなったので、松下が一列高いトップ下の位置でゴール前に飛び出せる。
と攻撃に厚みを出しビルドアップも安定。
そして、同点弾。

TACTICALista_2021312246 (2)

同点弾の場面はその3バックから上原が下がって右に1個ずれていく。
さらに、松下、石原平岡、関口でひし形生成。
この時に、松下に川辺が、下がった上原に青山が食いついたのでバイタルががっつり空く。
それを関口が見逃さず侵入しゴールが生まれた。
素晴らしい配置転換とボランチを上手く引き出してそこを使えた素晴らしいゴールだった。

ただ、広島としては、リードしていて残りアディショナルタイムだけ。
という中での対応としてはちょっと安易だったかなと思う。
青山は前に出ていき上原を捕まえる役だったので川辺がもう少しうまくケア出来れば防げたかなとは思うシーンだった。

最後に

手倉森さんの仙台らしい、劇的なゴールだった。
アウェイで退場し、ビハインドだったところから勝ち点1ゲットは大きい。
手倉森さんを信じれば救われる。不思議な神通力。
だと、思ってたけど、見直したらちゃんと理由があった。
そこは手倉森さんの成長だと思う。(見ている僕の成長かもしれないけど)

あとは、この同点弾が生まれた背景は石原の中央に配置する動きや関口のカットインは木山さんが去年仕込んでいったものでもある。

僕は冗談で去年は黒歴史とか去年なんか無かった!とかいうけども、ちゃんと去年トライしたこともの血となり肉となっていてちょっとだけ感動した。
そうやって、僕らは歴史を刻んでいく。
まー良かったとは言えないけど、良かったナイスゲームだったと思う。

次はルヴァンを挟んで王者川崎をホームに向かえる。
凄く難しいゲームになるけれども、どこまで通用するか楽しみ。

ハイライト


どうも、あけましておめでとうございます。
21年一発目の記事は編成記事です。

なお、20年の振り返りはしません。あまりにも悲惨であり、
あまり書くことも無く、監督も変わっているので、今年にはあまり繋がらないしなので。。。(苦笑)

選手の出入りについて

DF GK

FW MF

ポジション振り分けについて


ポジション振り分け


4-2-3-1or4-4-2 を想定。
4-2-3-1でも4-4-2でも守備時は4-4-2になると思うのでたいして変わらないじゃない(暴論)

GK

クバの残留がなにより大きい。
債務超過で契約が難しいとの報道があったがそれを覆してくれた。
もちろん、1stチョイスは当然クバになる。
2ndになるのは、小畑であろう。
高卒新人の去年はいい意味で期待を裏切り問題なく先発をこなしていた。
さすがにクバと比べてしまうと見劣りはあるが、比べる相手がスーパーなだけであり何も問題ない。
3rdは大卒の井岡と全く持って未知数の202cmの大巨人ストイシッチが争う形になるだろう。

何も問題が無いと思われる。
また、202cm ストイシッチが入ったころで夏にクバ移籍みたいな話もできたが、個人的にはそうではなく
練習の問題じゃないかと思う。これまでも4人体制でやっているため、練習メニューを変えずにすむとかそんなところじゃないかなとも思います。たぶん。


CB

キムジョンヤがチームを去り、常田がレンタルから完全移籍への移行となったがそれ以外に変化なし。
そして、シマオ・マテの残留が(以下クバと同文)
シマオが中心に平岡、アピ、照山と揃う。
シマオと平岡の3シーズン目のコンビは何も問題ないであろう。
ただし、今年も過密日程で彼ら二人だけに頼るようだとコンディション的に難しくなる。
そこでこの二人に割って入りたいのが。
去年スタメンでも十分にやれるところを見せた今年1年目のアピと
育成レンタルを経て成長した姿を見せた照山の若い二人になる。
特に照山の展開力はこの4人のなかではずば抜けており課題の強度の面がクリアできれば、仙台にとって大きな武器となると思う。

また、吉野もCBは出来るため層は厚いポジションであり、質/量ともにそろっているポジションである。


SB

パラ、柳、飯尾が抜けたSB。
去年も左サイドバックの永戸が抜けた穴を埋めきれず、柳を緊急に補強したが、今年も左サイドが薄いか。
新加入の秋山に期待がかかる。
とはいえ、今年は去年左サイドバックにコンバートされた石原や両サイドできる蜂須賀がいるためバックアップは去年よりも充実。
右も蜂須賀以外に真瀬が加わったが、去年SHとしてJ1を経験しているため問題ないとも思う。
また、最終ラインどこでもできる、長倉が岐阜から加わった。(ただし質的にはどこまでやれるのは不明)
なので、秋山がSBできないとなると両SB共に選択肢が狭くなる。
また、秋山もSBより前目の方が輝きそうな選手ではある。なので心配なポジションの一つではある。

ただし、左サイドバックなので、守備の強度よりもクロスの精度があれば良いとなる方がテグさんのタスクはこなせる。
なので、クロスを上げられない守備的なサイドバックよりは、秋山の方がフィットするんでは無いかとは思っている。

DH

今年はここが去年の1枚から2枚固定になると考える。
1アンカー+1トップはCBに負担がかかりすぎて守備構築が難しかったなーというのが去年の感想で、
せめて、2トップ+1アンカーならば。。。とも思う。なので、守備を安定させるために2DHというのが僕の考えである。

そして、このポジションは、
初めて1シーズンフルで戦えた椎橋。
そして、去年DHとして才能を開花させた浜崎
と主力二人が仙台を去ったためダメージが大きいように見えるが
攻守に走れるBox to Box の上原を獲得できたのはこのふたり抜けたダメージを軽減。
そして、去年1年間怪我と戦った富田も戻ってこれそうで実質の補強となるだろう(ガナーズ理論)
当然松下もいるし、吉野も去年怪我で大半離脱したためリベンジに燃えていることであろう。

ということで、松下を軸に富田、吉野、上原がポジションを競う事になるのかなとも思う。
また、CBにアピあたりが、シマオからスタメンを奪ってしまえばここのポジションにシマオを置ける。
鉄壁の4-4のブロック!!みたいなのも見てみたい気もする。
ここも質/量ともに問題はないと思う。

SH

サイドハーフが一番戦力が充実している。
放出が0であり、加入がマルティノス、氣田を獲得。大卒の加藤も加わった。
さらに、謎のガーナ人オッティくんも左のウインガーらしい。
そこに、石原、関口、佐々木、田中、クエンカと揃っている。
ハッキリ言って強い。サイドハーフの質/量は仙台史上No1なんじゃないかと思うくらい。
タスクバリエーションも豊富である。
どういう並びになるのかいい意味で分からない。競争。


OH

2トップとして、並列に並ぶのか、1-1として直列に並ぶのかは蓋を開けるまでわからない。
まーどちらとしても大した問題じゃない。
どうせ、守備時は並列になるのだからね。
直列と並列で違うのは皆川じゃない方のタスクが変わるだけである。
OHがあるとすると誰が入るか。本職がOHです。という選手は見当たらない。
長崎を見てるとここはパスの出し手よりは受け手が入る方が多かった。
ルアンのようなセカンドストライカー、もしくは名倉、氣田のようなアタッカーだったので
そうなると、佐々木、田中、クエンカ、氣田、加藤あたりが候補になるのだろうとは思う。


FW

ここが一番薄い。
長沢を抜かれたのがクッソ痛い。
そして、ゲデスもレンタル延長できなかったのも痛い。
ジャーメインが殻を破りそうで破る前に居なくなったのも痛い。
山田も完全移籍に移行できなかったのも痛い。
西村もCSKAとの契約が1年半残っており、レンタル延長出来るか不透明(というか、たぶん厳しい)
とにかく辛いのがこのポジション。

横浜FCから獲得した皆川が軸となる。
というか、前線で納められるのが皆川しかいない。
そして、去年1年間使ったもののこなせるタスクが未だによくわからない赤﨑しかいない。
たぶん、左ウイングが本職の謎のガーナ人オッティをこのポジションで使う予定なのだろうが、
彼もYoutubeを見るに収められるタイプではない。

なので、並列の2トップにしろ、直列の1トップ1OHにしろ、皆川フル稼働が前提になりそう。
皆川フル稼働は、西村が残留したとしても解決されない。
並列なら相方に赤﨑orオッティが入り、直列ならば、OHで上げた枠になるのだと思う。

出来れば赤﨑に1トップができるように仕込みたい…
それが出来れば名古屋でも鹿島でも川崎でももっと彼はやれたんだろう。
出来ないからここにきたわけで…という話な気がする。

ということでFWは残念ながら質/量ともに足りない気がする。 21年シーズン最大の懸念点がこのポジションである。
手倉森さんがキャンプを見て補強も十分あるという趣旨を話しているがそれはたぶん、このポジションだと思う。
納められる選手大募集である。


まとめ

債務超過。

結果が出なかった20年シーズン。
木山さん解任。
オフ早々に流れた主力の大量離脱の報道。
そういう悲観な状態から始まったので、ここまで戦力を揃えられた事は驚きである。
特にシマオ+クバの残留は想定外だった。

そして、主力が抜けたところ適切な対応が出来たと思う。
債務超過の中で制限があるにも関わらず、強化部と手倉森さんは頑張ってくれた。
ただし、やはりFWが厳しい。
ここは、様子を見ながら補強していく必要があるんだと思う。

それ以外は満点付けてもよい出来。
あとは、手倉森さんがどうチームを作り込んでいくかにかかっている。

今年の目標は残留になる。
決して簡単では無いミッションではあるが、十分に達成できる可能性がある戦力を集めたんじゃないかと思う。

↑このページのトップヘ